若干批判的な記述を含むモロモロ お品書き

 ちょっと事情があって、いままで書きちらかしてきた悪口雑言をまとめておく。

●文化庁関連
【文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2220.html
【「国語に関する世論調査」(文化庁)関連の日記】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2999.html
    【表記の話15──「違和感」「異和感」 】
    http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2832.html

●朝日新聞
【朝日新聞から総索引(2002年~)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-244.html

●辞書関連
【やっぱりWeb辞書は嫌い〈2〉〈3〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2919.html

●読書感想文
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3169.html
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-category-18.html

●バイト敬語/若者言葉
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1818.html

●ネット記事全般
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12208386093.html

●『問題な日本語』
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12208184916.html

● アルク関連 ※20161208更新
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12208185032.html

●日本語教師関連編
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12216951375.html

●tobiはこうして汚れていく お品書き
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12219169180.html

●番外編 パクられた?・引用していただいた記録 【20161130更新】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12223357148.html
スポンサーサイト

各位殿 各位様 お客様各位 お取引先様各位

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【11】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1906376407&owner_id=5019671

mixi日記2014年01月23日から

「誤用」の例としてあげられる言葉のひとつに「各位殿」「各位様」ってのがある。ネット検索するととんでもないことになる。
 個人的には「重言」だとは思うが、「誤用」とは思わない。
「二重敬語」ではない。
「二重敬称」って説は正しい気もするが、微妙。そもそも「二重敬称」の定義って何?
「過剰敬語」と言えるか否かは微妙。

 まず典拠になりそうなものをあげる。
http://kotobank.jp/word/%E5%90%84%E4%BD%8D?dic=daijisen&oid=03022800
■Web辞書『大辞泉』から
================引用開始
かく‐い 〔‐ヰ〕 【各位】

大ぜいの人を対象にして、その一人一人を敬って言う語。皆様。皆様方。多く、改まった席上や書面で用いる。「会員―にお知らせします」
◆「各位殿」という表現は、敬意が重複することになるので、好ましくない。
================引用終了

■Web辞書『大辞林』から
================引用開始
かくい【各位】

二人以上の人を対象にして,それぞれの人に敬意を表す語。みなさまがた。 「関係-」 〔「各位」はすでに敬意を含んでいる言葉であり,「各位殿」などとする必要はない〕
================引用終了

 辞書の解説を見る限り「各位殿」はよくないらしい。理由は『大辞泉』によると〈敬意が重複する〉から。『大辞林』によると、〈「各位」はすでに敬意を含んでいる〉から。
 いくつか気になることがある。「殿」って「様」と同様に使えるのか。なんで「各位様」って言わないのか。前者に関してはWeb辞書『大辞林』の説明がわかりやすい。
http://kotobank.jp/word/%E6%AE%BF?dic=daijisen&oid=00524300
================引用開始
どの【殿】

( 接尾 )
〔名詞「との(殿)」から〕
人名や官職名などに付けて,敬意を添える。 「山田太郎-」 「部隊長-」 〔古くは,「関白-」「清盛入道-」など,かなり身分の高い人に付けても用いた。現在では,目下に対してや事務的・公式的なものに用いることが多く,少なくとも,目上に対しての私信にはほとんど用いない〕
================引用終了

 バイブルにしている『敬語再入門』には記述が見当たらない。『敬語』のほうに下記があった。
【読書感想文/『敬語』(菊地康人/講談社学術文庫/1997年2月10日第1刷発行)──予想していたことではあるが……。】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2415.html

================引用開始
【引用部】
 「……各位」(たとえば「読者各位」)は、一人ずつを高める趣の表現。「位」がすでに(元
来は中国語)人を高めて指す言い方なので、「各位様」と使うのはおかしい。(P.246)
■Web辞書『大辞泉』から
(略)
 ということは「お客様各位」も重言なんだろうか。でも「顧客各位」「利用者各位」はマズいんじゃなかろうか。
================引用終了

 Web辞書とほぼ同様の記述だが、悪い例としてあげられているのは「各位様」。こういう言い方もあるのだろう。いずれにしても悪い例なんだから、あまりこだわるのはやめよう。

 これで終わりなら話はラクなんだけど、もう少し掘り下げてみる。
 Web辞書と『敬語』の記述から、「各位殿」「各位様」はよろしくないことがわかった。

【疑問1】「各位殿」「各位様」の類いをなんと呼ぶべきか。
「二重敬語」と呼ぶのはおかしい。文化庁の定義に従うなら、「二重敬語」は動詞がらみ限定だろう。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2550.html
 
「過剰敬語」ってのも実は正確な定義はない。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2551.html
「お嬢様はお手紙をお書きになっていらっしゃる」でも問題がないと言われると何も言えない。
 まあ、「重言」の一種と考えるのが妥当かもしれない。ただ、敬称とか美化語に関する「重言」は一筋縄にはいかない。

【疑問2】敬語がダブるとダメなのか。
 もし、敬語がダブるから「各位殿」「各位様」はダメ、だとすると、「お客様」「お父様」も二重敬語になる。「ご尊父様 」は三重敬語になる。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2457.html

【疑問3】「お客様各位」「お取引先様各位」もダメ?
「各位殿」「各位様」がダメなら「各位」にすればいい。「関係者各位」と「関係各位」のどちらが正しいのかは知らない。
 じゃあ「お客様各位」「お取引先様各位」はどうするの?
 辞書も専門家も、「各位様」のことにふれても「○○様各位」にはふれていない。論理的には同じことだと思うが、感覚的には「○○様各位」のほうがずっと異和感がない。
 この「様」をとるのは相当抵抗があるよ。
「お客各位」はおそらく×。
「お客様(へ)」くらいかな。
「お取引先各位」は間違いではないかもしれない。でも当方なら迷わず「様」を入れる。
 敬語の問題に関しては、「無知ゆえのバカ丁寧」のほうが「物知りゆえの無礼風」よりマシな気がするから。



【各位殿 各位様 お客様各位 お取引先様各位】〈2〉

〈1〉の最後の数行は少し乱暴なので、改めます。
================引用開始
 じゃあ「お客様各位」「お取引先様各位」はどうするの?
 辞書も専門家も、「各位様」のことにふれても「○○様各位」にはふれていない。論理的には同じことだと思うが、感覚的には「○○様各位」のほうがずっと異和感がない。
 この「様」をとるのは相当抵抗があるよ。
「お客各位」はおそらく×。
「お客様(へ)」くらいかな。
「お取引先各位」は間違いではないかもしれない。でも当方なら迷わず「様」を入れる。
 敬語の問題に関しては、「無知ゆえのバカ丁寧」のほうが「物知りゆえの無礼風」よりマシな気がするから。
================引用終了 
  ↓
 じゃあ「お客様各位」「お取引先様各位」はどうするの?
 辞書も専門家も、「各位様」のことにふれても「○○様各位」にはふれていない。論理的には同じことだと思うが、感覚的には「○○様各位」のほうがずっと異和感がない。
「様」をとればいいと一概には言えない。
「お客各位」はおそらく×。
「お客様(へ)」くらいかな。
「お取引先各位」なら×ではないかもしれない。
 これも「お取引先様(へ)」くらいだろうな。ほかにも書き方はありそうだ。
 どうしても「お取引先各位」か「お取引先様各位」のどちらかを選べということなら、個人的には「様」を入れる。
 敬語の問題に関しては、「無知ゆえのバカ丁寧」のほうが「物知りゆえの無礼風」よりマシな気がするから。


 下記も一応辞書だよな。
http://www.weblio.jp/content/%E3%81%8A%E5%AE%A2%E6%A7%98%E5%90%84%E4%BD%8D
================引用開始
お客様各位
読み方:おきゃくさまかくい

複数の顧客に対して敬意を表する場合に用いることば。
================引用終了

引用のご作法16相当 了解 了解です 了解した 了解しました 了解いたしました──大門圭介御用達?

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【10】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1880457960&owner_id=5019671

mixi日記2012年12月07日から。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1883696520&owner_id=5019671

「了解」は対人関係の非円滑用語 目上・上司にはなじまない……基本的には賛成。
「了解」は目上の人には使わないほうが無難。最大の理由は、そういう風に考える人が増えたから。こうなると論理的に正しい正しくないの問題ではなくなる。
 だって、「了解いたしました」ならさほど問題がないはずだから。
『明鏡国語辞典 第二版』にある「ぶっきらぼうで敬意が不足」は何に対するただし書きなのかな。おそらく「了解」に対するものだろう。
「了解いたしました」を「ぶっきらぼうで敬意が不足」と考えるのはホニャララだろう。

>ところが、倍の敬意を表そうとしても〈了解〉は、「よろしい」と許可をあたえる時の大門部長刑事の使い方が本義である。
 笑ってしまった。いきなり「大門部長刑事」って、アリですか。西部警察ネタがわかる人は……。ちなみに、部下が殉職したときの大門部長刑事(こんな肩書きあるのかな)の心情が「ダンチョウの思い」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9

「了解」って言ってたかな?
「わかった」のほうが似合う気がする。「オッケー」でないことはたしか。仮に「了解(した)」と言っていたとしたら、一種の軍隊用語だろう。「ラジャー」の日本語訳は「了解」。「承知」としている映画があったら教えてね。
 団長の一人称は「自分」だったし、ビキビキの体育会系のキャラだった。だから「了解」なんだろう。
 松嶋菜々子演ずる三田灯(みたあかり。ジャガイモの品種ではありません)は「承知しました」だった。なぜ「承知いたしました」ではなかったのかは謎。

 
【よくある誤用20──誤用ではないけれど…… なるほど 了解 参考にする】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2509.html
================引用開始
了解
「了解」「了解です」だと相当軽い感じです。気軽な相手ならOKでしょうが、目上には×。「了解しました」「了解いたしました」だとさほど問題がない気もしますが、これも「了解 マナー」あたりで検索すると、山ほどヒットします。こうなると、使わないほうが無難でしょう。
 かわりにどう言えばいいか。「承知しました」くらいでしょうか。「承知いたしました」「かしこまりました」のほうが丁寧ですが、少し堅苦しいような。
ただ、「承知しました」は某大ヒットドラマのせいで、一時期ギャグになっていました。もう使っても大丈夫でしょうか……。
================引用終了


【ネタ元1】NEWSポストセブン
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121207-00000010-pseven-life(リンク切れ)

http://m.news-postseven.com/archives/20121207_158501.html
================引用開始
「了解」は対人関係の非円滑用語 目上・上司にはなじまない
NEWS ポストセブン 12月7日(金)7時6分配信
「了解しました」――会社で頻繁に耳にする言葉だが、実は、目上の人に使うにはふさわしくない言葉なのだという。われらタテ社会の「ひっかかる言葉」を、作家の山藤章一郎氏が考察する。

 * * *
 いまや、オフィスにも、メールにも、猫にも杓子にも「了解」がのし歩いている。メールで〈り〉と打てば〈了解〉と転じ、部下が上司に〈了解〉を連発する。

 上司「これ明日までに頼みます」

 部下「了解しました」

「りょうかい【了解 諒解】
1:物事の意味・内容・事情などを理解すること。
2:理解した上で承認すること。

 近年、目上の人の依頼、希望、命令などを承諾する意に使う向きもあるが、慣用になじまない。(ぶっきらぼうで敬意が不足)『分かりました』『承知しました』のほか『かしこまりました』『承りました』などを使いたい」

『明鏡国語辞典 第二版』(大修館書店)のただし書きである。

「ぶっきらぼうで敬意が不足」

 10年前の同じ辞典の第一版には、ない。二版にわざわざ挿入されている。

〈ポライトネス〉という理論がある。対人関係を円滑にするための〈社会的言語行動〉をいう。敬語などがとくに、円滑をみちびく。〈ポライトネス〉に依れば〈了解〉は、対人関係の非円滑用語となる。不快を、強く訴える人もいる。

「了解」「了解です」「了解しました」――これがなぜ、組織、会社、目上、上司に「なじまず」配慮に欠けるのか。

 日本語は、面倒くさくすれば敬意を高めるという性質を持つ。

〈拍〉が少ないと軽い侮りさえあたえかねない。「了解いたしました」といえば〈4拍〉になる。〈2拍〉の倍の敬意である。

 ところが、倍の敬意を表そうとしても〈了解〉は、「よろしい」と許可をあたえる時の大門部長刑事の使い方が本義である。

 それを部下が上司になり代わって使うと、「です」をつけようと「しました」を足そうと、オレを軽く見てるのか、と上司、先輩は思う。

 少し、詳しくいう。部下は上司から〈依頼〉〈命令〉をあたえられる。すると部下は、意味を考え、咀嚼し、理解=understandして、肯定して、声を発する。「了解」と。いわれた上司は思い屈する。「きみはな、理解しなくていい。私は、ヤレと命令してる。考えるヒマがあったら、すぐ実践せよ」

『家政婦のミタ』は記憶に新しい。崩壊寸前の阿須田家の家政婦・松嶋菜々子は、家族の者に命ぜられると口が裂けても「了解です」とはいわなかった。「承知しました」

※週刊ポスト2012年12月14日号
================引用終了

「了解」は対人関係の非円滑用語 目上・上司にはなじまない
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=125&from=diary&id=2248539



了解 了解です 了解した 了解しました 了解いたしました──大門圭介御用達?〈2〉

 Yahoo!知恵袋でよく目にするのが下記のベストアンサー。全文は末尾の【ネタ元2】参照。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12110710987
 
 このベストアンサーが何を根拠にしているのかはよくわからない。
 いろいろな資料が並んでいるが、これはすべて「週刊ポスト」から抜粋したものなのだろう。記事内容のどの箇所が回答者の意見にどのように反映しているのかさっぱりわからない。記事の一部がネット上に抜粋されていたもの(【ネタ元1】)は〈1〉で見た。注意深く読むと、【ネタ元1】のアチコチをつなぎ合わせて、回答者の意見にしている観がある。
〈「よろしい」と許可をあたえる時の大門部長刑事の使い方が本義である〉
〈考えるヒマがあったら、すぐ実践せよ〉
 など、パクリと言われてもしかたがない部分がある。

 ムチャクチャな引用をすることが多い人だが、辞書の記述くらいは信じようとは思った。しかし、この辞書の記述も「週刊ポスト」にあったもの。なぜ引用部から外してあるの? こうなってくると酩酊感が強くて何がなんだが……。
『大辞泉』のWeb辞書の正確な記述は下記の【ネタ元3】参照。

 〈1〉に書いたとおり、『明鏡国語辞典』が「ぶっきらぼうで敬意が不足」としているのは「了解」という言い方についてだろう。「了解(いた)しました」が、「ぶっきらぼうで敬意が不足」なんてことはないはず。真偽は『明鏡国語辞典』の編集部に確認しないとわからない。
 いずれにしても目上への「了解(いた)しました」を×にする根拠にはなりにくい。仮に部下が理解し承認することを求めていない横暴な上司なら、「分かりました」も×になるはず。
 ここで辞書が問題にしているのは、部下が「了解」とこたえることだろう。だから「ぶっきらぼうで敬意が不足」ということになる。「了解です」にも多少その印象がある。「了解(いた)しました」なら、そんな印象にはならないはず。
 辞書の記述を見る限り、「了解」と「理解」は通じるところが多い。それがなぜ〈「よろしい」と許可をあたえる時の大門部長刑事の使い方が本義〉になるのか、当方にはサッパリわからない。そう明記してある辞書があったら教えてほしい。
「理解する」と「わかる」もほぼ同義だろう。もし「理解も了解もしなくていいからとっとと返事をしろ」みたいな理由で「了解(いた)しました」が×なら、「わかりました」も×になるはず。「承知(いた)しました」も×じゃないかな。「かしこまりました」だってあやしくなる。相手が言っていることがわからないのに「ハイ」と言うのは「生返事」とか言って、相当失礼な態度のはずなんだけなぁ。

 ホニャララな抜粋を信じることにして、「週刊ポスト」の記述を順に見ていく。 ピントがずれている気がするのが、原文の責任か引用者の責任か、当方には判断できない。

●アメリカ戦争映画&刑事ドラマ発祥説
「了解」は、元々は軍隊用語だろう。
 その下地があったから、アメリカの戦争モノが入ってきたとき、「ラジャー」の訳語として「了解」が採用されたのでは。ちなみに『コンバット』って映画作品なの?
 刑事ドラマでも「了解」かな。現代の警察官が実際にどう言っているのかは知らない。限りなくリアルさを追求したはずの『踊る大捜査線』で使っていた印象はない。
「西部警察」だと、大門部長刑事の言葉遣いはやや特殊だったからなあ。1人称は「自分」だったし、「~であります」とか使ってなかったっけ。「了解」「了解した」も使っていた気はする。戦場も警察の連絡もできるだけ簡潔にするはずだから。
 だから「了解」が上司が部下に使うとは言えない。部下の巽&鳩村(舘ひろし)や山県(柴俊夫)が大門に対して「了解」ってシーンもあったと思う。戦争モノでも、無線の応答なら部下が上司に対して「了解」って言ったはず。もちろん余裕のあるときは「了解しました」「了解であります」などと言ったかもしれない。
 軍隊や刑事ドラマでは目上に使わなかった……ではなく、話が逆だろう。簡潔を重んじるために使われた「了解」は、元々は一種の業界用語として軍隊などで上下関係抜きで使われていた。でも「ぶっきらぼうで敬意が不足」に感じられるから、現代では目上には×ってこと。「了解です」も「ぶっきらぼうで敬意が不足」気味だから×。「了解(いた)しました」が×なのは、濡れ衣トバッチリを受けているだけって気がする。

●国立国語研究所・山田貞雄研究員の解説。全文は【ネタ元4】参照。
 抜粋の意図不明。
〈「了解」に敬意は含まれていないが、あらたまった漢語なので、使う人は〈敬意〉を含むと勘違いしているのではないか〉。
 そういう考え方をするなら、「承知」も「了承」も×だろうね。語尾を別にすると、敬意を含んでいるのは、謙譲語の「承る」「承りました」あたりだろう。「かしこまりました」も敬意を含んでいるけど、これが謙譲語か否かというのは別の話になるのでパス。
【ネタ元4】で肝心なのは、〈本来待遇の意味を含まない「了解しました。」が,どうして「ぶっきらぼう」に感じるのか,と探究しても,理屈で余りはっきりとは説明はつかない〉ってこと。要は、論理的な理由はないってこと。
 もうひとつ大事なのは下記の部分。
================引用開始
結局思い当るのは,日常の言語生活上の,円滑なコミュニケーションに肝心なのは,もっとふさわしい言葉があれば,そちらの方がよい,とすべき,ということです。いうまでもなく,「わかりました。」「かしこまりました。」「承りました。」など,別にもっと良い言い方が,いろいろあるではないか,その場合には,それに譲ればよい,ということです。
================引用終了

●梶原しげる・元文化放送アナウンサー…『ひっかかる日本語』(新潮新書)の著者
「逡巡はいらない、すみやかにただ実行せよ。だから「かしこまりました」というべきである。」……つまり生返事をすすめている。こちらのほうが軍隊っぽい。放送局って怖い。
〈「了解です」「感謝です」は、親愛も敬意もそなえていないように響く〉……それはわかった。じゃあ「了解(いた)しました」ならOKだよね。

●元自衛隊のレンジャー部隊隊員のお笑いコンビ「弾丸ジャキー」の武田テキサス
 要は自衛隊内の符丁の話。上官とか下士官とか関係ないよね。つまり、〈「よろしい」と許可をあたえる時の大門部長刑事の使い方が本義〉なんてことはないことがよくわかる。

 下記を見ると、『敬語』http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2415.htmlは「了解」をすすめてないらしい。
http://okwave.jp/qa/q2329408.html
================引用開始
「了解しました」でも「了解いたしました」でも、敬語としては問題ありません。ただし、#3の方のおっしゃるとおり「了解」自体に尊敬の意味が含まれていないこと、また一般的な日本の大人社会を考えると、「かしこまりました」などを用いた方が無難でしょうね。
参考文献 菊地康人 「敬語」 講談社学術文庫
================引用終了
 原本をあたったが、見当たらない。「索引」にもない。
「参考文献」としか書いてないから、実際にはどんなことが書いてあるのかわからない。これだからネット上の情報って嫌い。いつか探してやる。
 もしこの論理が成り立つなら、「承知(いた)しました」も避けたほうがいいことになりそう。そんなバカな。

 結論。
 目上に「了解(です)」はやめたほうがいい。「了解(いた)しました」を×にする論理的な理由はない。
 しかし、ここまで「了解(です)」「了解(いた)しました」の評判が悪くなってくると、例によって使わないほうが無難。
 国立国語研究所がおすすめの「わかりました」「かしこまりました」「承りました」あたりを使うべきだろう。当然のことだけど、まず相手の言っていることは理解してね。
 ネット記事では「わかりました」も×なんて主張も目にする。根拠もなくそんなこと言われてもさぁ。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2851.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1910542980&owner_id=5019671 

【ネタ元2】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12110710987
================引用開始
「りょうかい【了解..諒解】」の意味を辞書で見ます。

○『明鏡国語辞典 第二版』
①物事の意味・内容・事情などを理解すること。②理解した上で承認すること。.
近年、目上の人の依頼、希望、命令などを承諾する意に使う向きもあるが、慣用になじまない。(ぶっきらぼうで敬意が不足)『分かりました』『承知しました』のほか『かしこまりました』『承りました』などを使いたい。
○『大辞泉 第二版』
物事の内容や事情を理解して承認すること。了承。

「了解」とは、<部下が上司から依頼・命令を与えられ、部下は意味を考え理解して返事をする>ということになります。しかし、上司は、<部下が理解し承認すること>を求めているのではなく、<考える暇があるなら命令したことを直ぐ実践すること>を望んでいるわけです。
..この「了解」の意味がわかっていれば、丁寧の意を込めて「しました」「いたしました」をつけても、目上や上司になじまず、配慮に欠けるのがおわかりになると思います。この語は、目上や上司が「よろしい」と許可を与える場合の使い方が本義です。

週刊ポスト連載2012.12.14号「現場の磁力―第295回」丸の内・
〈会社で〉サラリーマン・OL諸君「了解しました」といってはいけない<抜粋>
***************
..今の40代が小学生時代『太陽にほえろ!』というドラマがあった。七曲署のボス・石原裕次郎が現場からの報告に「了解」と応える。また、『西部警察』で大門軍団の部長刑事の渡哲也が同様に「了解」と返事をして、明快だった。警察アクションの脚本を書いてきた柏原貫司シナリオ作家協会会長によれば、テレビでそれまで〈了解〉なんてなく、アメリカから輸入した戦争映画『コンバット!』が初めかな。一気に多用されはじめたのは『太陽にほえろ!』の頃からで、私もあの作品では〈了解〉をいっぱい使いました。しかし不思議だね。いま、ボスも大門団長もいなくなって、〈了解〉は下が上に使う言葉に逆転した。不快を感じるのは、そのねじれのためではないですか――とのこと。
●国立国語研究所・山田貞雄研究員の解説
①「了解」は漢語であるが、「本を読む」より「読書」のように、漢語はなんとなくあらたまった感じを与える。「了解」に敬意は含まれていないが、あらたまった漢語なので、使う人は〈敬意〉を含むと勘違いしているのではないか。
②さらに「了」は、「終了」の「了」で、「分かることが終了しました」「きっぱり理解し終わりましたッ」と、歯切れの良さを含む。それが、上司に対して元気がよく、明るく見えるだろうと、錯覚しているのではないか。
●梶原しげる・元文化放送アナウンサー…『ひっかかる日本語』(新潮新書)の著者
①上司の命令、下達は、そもそも部下に理解をもとめているものではない。実践するように伝えているだけである。逡巡はいらない、すみやかにただ実行せよ。だから「かしこまりました」というべきである。
②「了解です」「感謝です」は、親愛も敬意もそなえていないように響く。短い応答で親愛を示すのはまちがっている。上司は短い軽躁な言葉で表現されたくない。もっと慎み深く丁重に対せよ。
●元自衛隊のレンジャー部隊隊員のお笑いコンビ「弾丸ジャキー」の武田テキサス
自衛隊のレンジャー部隊では、タテ社会の典型で本来なら「了解」はダブーであるが、記号としての「了解」としてこれを使っている。教育期間は、すべて簡潔に「了解」であり、「了解しました」などと言わない。記号、合図なので、レンジャー部隊に入れば返事は「レンジャー」になる。『準備はできたか』『レンジャー』。名前も呼ばれない。作戦ごと、訓練ごとに番号がつく。
***************
※週刊ポスト2012年12月14日号
http://www.news-postseven.com/archives/20121207_158501.html
「了解しました」――会社で頻繁に耳にする言葉だが、実は、目上の人に使うにはふさわしくない言葉なのだという。われらタテ社会の「ひっかかる言葉」を、作家の山藤章一郎氏が考察する。≪週刊誌記事の抜粋版≫

【補足】
★「部長刑事」とは聞いたことがないと、枝葉末節のイチャモンをつける先生がいますが、これからは自分でお調べになったらいかがでしょうか。センセイ<wikipedia>をご覧。
★「了解」と「諒解」で意味が違うという珍説
「りょうかい」は本来「諒解」と書いていましたが、戦後の国語政策で「諒」が「当用漢字表」に掲げられていなかったので、「了解」と書き換えるようになっているだけで、意味の違いはありません。<ただし、Chinaでは意味が異なるらしい>
================引用終了


【ネタ元3】『大辞泉』のWeb辞書
http://dic.yahoo.co.jp/detail?p=%E4%BA%86%E8%A7%A3&stype=0&dtype=0
================引用開始
りょう‐かい〔レウ‐|リヤウ‐〕【了解/×諒解】
[名](スル)

1 物事の内容や事情を理解して承認すること。了承。「―が成り立つ」「来信の内容を―する」

2 《(ドイツ) Verstehen 》ディルタイ哲学で、文化的、歴史的なものを生の表現とみなし、その生を追体験によって把握すること。理解。

[用法] 了解・理解――「彼は友の言う意味をすぐに了解(理解)した」「その辺の事情は了解(理解)している」など、意味がわかる、のみ込むの意では、相通じて用いられる。◇「了解」には、相手の考えや事情をわかった上で、それを認める意がある。「暗黙の了解を得る」「お申し越しの件を了解しました」◇「理解」は、意味や意図を正しくわかる意が中心となる。「文章を理解する」「何を言っているのか理解できない」◇「了解できない」は、意味はわかるが承認できないの意になり、「理解できない」は単に意味がわからないの意になる。◇類似の語「了承」は「了解」とほぼ同じに使うが、「了解」よりも承認する意が強い。「上司の了承を得る」「双方とも大筋で了承した」
================引用終了


【ネタ元4】「了解しました。」は敬意表現にならないか。
http://www.ninjal.ac.jp/QandA/vocabulary/ryokai/
================引用開始
質問

取引先と電話で話していて,「了解しました。」と使っていたら,上司から,「目上にあたる相手に『了解しました。』は失礼だから,止めるように。」と言われました。調べてみたのですが,インターネットなどにいろいろな記述があるものの,はっきり分かりません。判断の決め手はあるのでしょうか。

回答

最初に,形式からだけみると,文末を「しました。」と敬体にしているので,最低限度の丁寧を保っている,といえます。さらに「いたしました。」にすれば,謙譲が加わって,もっと敬意度が高まります(「了解いたしました。」)。では,これで果たして十分な敬語,どこに出しても結構な敬語として認知を得られるのでしょうか。

次に「了解」という言葉の意味が,敬意表現にふさわしいかどうか,が問題になるでしょう。一見,「了」が「すっかり~し終わる」の意味を添えているかに見えますが,実は,「了」には「解」と同じように「よくわかる・さとる」という動詞の用法があります。ですから,この二字の漢語は,類似の動詞を重ねた言い方になっていると思われます。少なくともそこには,待遇を表わす要素は含まれていません。

さて,日本語での漢語の用法は,短くてすむ,とか,抽象度が増す,その場での「あらたまり」が増す,などという副次的な効果が期待され,それを何となく感知して,日常の言語生活でも無意識に漢語を選んだりする場面があるでしょう。

ここでも,「了解しました。」は,本来「すっかり分かりました。」や「よくわかりました。」の意味だったはずですが,その実質的な意味をいちいち意識することもなく,使っていることは多いでしょう。その最たるものが,電話や無線などの通信,業務上のやり取りなどで,相手の言ったことが分かった,という証拠に短く「了解。」と返事をすればよい,という用法です。

このことを従来の使い方を主として説明する国語辞典では,「相手からの指示・命令に納得した返事として用いられることがある。」として,緊急出動命令への返答を例に,時にはそういう使い方もあるよ,といった注を与えています(三省堂『新明解国語辞典』)。

一方,現代的な運用を主に解説しようという国語辞典では,「近年目上の人の依頼・希望・命令などを承諾する意に使う向きもあるが,慣用に馴染まない(ぶっきらぼうで敬意が不足)。」と表現上の注を与えているものもあります(大修館書店『明鏡国語辞典』)。なお,ここでは,無線通信などの返答の用法を,別の語釈として立てています。

これらの辞書は,書かれた時代も著者の世代や記述態度も異なるわけですが,結局同じ「了解」の性質を,それぞれ別の角度から説明してくれている,ともとれるでしょう。

結局思い当るのは,日常の言語生活上の,円滑なコミュニケーションに肝心なのは,もっとふさわしい言葉があれば,そちらの方がよい,とすべき,ということです。いうまでもなく,「わかりました。」「かしこまりました。」「承りました。」など,別にもっと良い言い方が,いろいろあるではないか,その場合には,それに譲ればよい,ということです。

ですから,本来待遇の意味を含まない「了解しました。」が,どうして「ぶっきらぼう」に感じるのか,と探究しても,理屈で余りはっきりとは説明はつかないけれども,おそらく無線通信や業務・作業の際の返答の用法が,なにかしら影響を及ぼしているのかもしれない,といった程度で、明確には分からないままです。それはそれでよいことにして,それよりも,その場にもっとふさわしい言葉を,沢山の手持ちの言葉の駒から,あれやこれや,抽斗の中から衣類を引っ張り出して選ぶように使えばよい,ということでしょうか。使うのを止めるべき理由に,外にもっとふさわしい言葉があるから,でもよいわけです。

山田貞雄(2012.11.1)
================引用終了




「了解」「了解です」「了解しました」「了解いたしました」〈3〉


 それにしても、あの電波はなんとかならんのか。気持ち悪いことこのうえない。
(略)

「了解」が軍隊でどのように使われていたか証言を得てきた。
 証言者は……正確に書くのはむずかしいから「親戚」とでもしておこうか。たしか特攻隊見習いみたいな立場と聞いたことがあるけど、陸軍か海軍かは聞いていない。陸海軍の両方に航空隊があったなんて知らなかった(泣)。
 なにぶん高齢で口数が少ない人なんで、正確な聞き取りはできていない。しかも当人もそんな昔のことは……って感じだった。(←オイ!)
・「了解」はフツーに使われていた
・上官、下士官関係なく「了解」を使っていた
・「了解です」「了解であります」は使った記憶がない 
 要は自衛隊とほぼ同じ。まあそうでしょうね。

「了解。」って言い切りが特異なことは、ほかの言い方と置きかえるとわかる。「理解。」は見聞したことがない。「承知。」は時代劇限定かな。「かしこまり。」って、マンガのキャラのギャグであったような……。このあたりは慣例としか言えない。


「了解」「了解です」「了解しました」「了解いたしました」〈4〉
mixi日記2014年02月02日から

 少し前に、「了解(いた)しました」を貶めるネットコラムがあった。ありふれた話なので、全文はひく気にならない。
【「了解しました」はNG。正しい敬語の基本】
http://getnews.jp/archives/505408

 ニュース日記を読むと、疑問を感じている人が何人かいた。そりゃそうだろう。久しぶりにいくつかの日記に乱入(誤用だって)してみた。下記は一例。
(略)

 勢い余って質問板を立ててみた。なんだかなぁ……。
【「了解しました」「了解いたしました」が不適切な理由】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8456636.html

 根拠になりそうなことが『敬語』に書いてあるらしいことは〈2〉で書いた。
http://okwave.jp/qa/q2329408.html
================引用開始
「了解しました」でも「了解いたしました」でも、敬語としては問題ありません。ただし、#3の方のおっしゃるとおり「了解」自体に尊敬の意味が含まれていないこと、また一般的な日本の大人社会を考えると、「かしこまりました」などを用いた方が無難でしょうね。
参考文献 菊地康人 「敬語」 講談社学術文庫
================引用終了

 念のためもう一度『敬語』を確認してみた。やはり見当たらないが、もしかすると、以前チェックした下記なのかもしれない。なんだかなぁ……。
 これが根拠になる? 
「謙譲語性は感じられよう」を否定する気はない。でも「結局、謙譲語性はすでに薄く(あるいは失い)、ただ改まった言い方として使われていると捉えるべきことになろう」が結論だろう。
 謙譲語性がわずかに残っている「承知(いた)しました」のほうがふさわしい、という考え方を否定する気はない。でも、そのことが「了解(いた)しました」を×にする理由にはならないだろう。

【読書感想文/『敬語』2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2415.html
================引用開始
【引用部】
 なお、「持参」「承知」は、「参」「承」という字を含むので、謙譲語性が感じられる面もある(とくに「持参いたしました」「承知いたしました」「承知いたしております」というような場合は、もちろん「いたす」の力にたすけられるところもあろうが、謙譲語性は感じられよう)。が、「昼食は各自持参のこと」「上記の金額を……持参人へお支払いください」(小切手の文面。ちなみに「持参人」という語は関係法規にも見える)、「あなたも承知しておいてください」などのように、謙譲語とは言えない使い方をする場合も少なくない。さらに「ご持参ください」「ご承知の通り」のように尊敬語として使う場合もある(私自身の感覚では、相手とくに目上に「ご持参ください」と言うのは抵抗があり、使わないほうが無難だという気はするが)。結局、謙譲語性はすでに薄く(あるいは失い)、ただ改まった言い方として使われていると捉えるべきことになろう。(P.346~347)
 どこで切ったらよいかわからず、ズルズルと引用してしまった。この「どこで引用をやめたらいいかわからん感覚」は、清水読本の読書感想文を書いたときに近い。
「参」「承」は謙譲語性は薄い、ということを、著者の文体で書くとこういうことになるのだろう。こうなる最大の原因は、著者の知識量があまりにも多いこと。こういう書き方をすると批判しているようにも見えるかもしれないが、決してそんなつもりはない。批判に読めるとしたら、書き手の人損?だろう。
================引用終了

【追記】
 ちょっと気になって、「承知」以外に「承」のつく言葉にどんなものがあるか調べてみた。
 大前提として「承る」と読めば謙譲語。
 下記を見れば明らかなように「うける」を「承ける」と書くこともできる(新常用漢字音訓表外字)。
http://kotobank.jp/word/%E5%8F%97%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%BB%E8%AB%8B%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%BB%E6%89%BF%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%BB%E4%BA%AB%E3%81%91%E3%82%8B?dic=daijirin&oid=DJR_ukeru_-010
 当然のことだけど、「受ける」「請ける」「承ける」「享ける」は謙譲語ではない。
 さて、「承」のつく熟語。話をわかりやすくするために、「〜する」の形にできるものは「〜する」にする。
  継承する
  承継する
  承合する(初めて聞いた)
  承前
  承諾する
  承認する 
  承服・承伏する

 これらの言葉がどの程度謙譲語性があるのかは、言葉の神様に訊かないとわからない。
 おそらく、「承ける」の意味合いのものは謙譲語性がほとんどない。「継承する」「承継する」「承前」あたりがこれだろう。
 一方、「承る」の意味合いのものは、多少謙譲語性がある気がする。だが、「謙譲語か」訊かれれば、NOと言うしかないだろう。
 これらの言葉を謙譲語としている辞書があったら教えてください。 



「了解」「了解です」「了解しました」「了解いたしました」〈5〉

 質問板にはいろいろ貴重なコメントをいただいた。だが、残念なことに「了解しました」「了解いたしました」が不適切な理由になりそうなものは……。
【「了解しました」「了解いたしました」が不適切な理由】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8456636.html

 いままで見たもののなかでは、下記1)がイチバンいいと思う。
「了解」「了解です」「了解しました」「了解いたしました」〈2〉に書いたことを再掲しておく。

1)【「了解しました。」は敬意表現にならないか。】
http://www.ninjal.ac.jp/QandA/vocabulary/ryokai/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
〈「了解」に敬意は含まれていないが、あらたまった漢語なので、使う人は〈敬意〉を含むと勘違いしているのではないか〉。
 そういう考え方をするなら、「承知」も「了承」も×だろうね。語尾を別にすると、敬意を含んでいるのは、謙譲語の「承る」「承りました」あたりだろう。「かしこまりました」も敬意を含んでいるけど、これが謙譲語か否かというのは別の話になるのでパス。
【ネタ元4】で肝心なのは、〈本来待遇の意味を含まない「了解しました。」が,どうして「ぶっきらぼう」に感じるのか,と探究しても,理屈で余りはっきりとは説明はつかない〉ってこと。要は、論理的な理由はないってこと。
 もうひとつ大事なのは下記の部分。
================引用開始
結局思い当るのは,日常の言語生活上の,円滑なコミュニケーションに肝心なのは,もっとふさわしい言葉があれば,そちらの方がよい,とすべき,ということです。いうまでもなく,「わかりました。」「かしこまりました。」「承りました。」など,別にもっと良い言い方が,いろいろあるではないか,その場合には,それに譲ればよい,ということです。
================引用終了
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 新たに2)を見つけた。これは3エントリーにわたる力作。
「軍隊用語っぽい」に関しても〈2〉に書いた。
================引用開始
 軍隊や刑事ドラマでは目上に使わなかった……ではなく、話が逆だろう。簡潔を重んじるために使われた「了解」は、元々は一種の業界用語として軍隊などで上下関係抜きで使われていた。でも「ぶっきらぼうで敬意が不足」に感じられるから、現代では目上には×ってこと。「了解です」も「ぶっきらぼうで敬意が不足」気味だから×。「了解(いた)しました」が×なのは、濡れ衣トバッチリを受けているだけって気がする。
================引用終了

2)【「分かった」の敬語 その2 (「了解いたしました」「了承いたしました」「うけたまわりました」)】
http://dora0.blog115.fc2.com/blog-entry-45.html
================引用開始
了解いたしました。
この表現は、結構良く見かけます。
「あなたの言うことを良く理解したよ」という気持ちを表明する意味では、かなり適切な熟語である気がします。
でも、あまり好まない人も多いですよね。
「軍隊用語っぽい」「くだけた感じがする」など、批判的な感情を持つ人が結構います。
不快に思う人がいるのなら、なるべく避けておいた方が良いですよね。
================引用終了

 
 ただし、どちらも「了解しました」「了解いたしました」が不適切な「論理的な理由」にはなっていないと思う。現段階ではやはり〈2〉に書いたことを結論にするしかない。
================引用開始
 結論。
 目上に「了解(です)」はやめたほうがいい。「了解(いた)しました」を×にする論理的な理由はない。
 しかし、ここまで「了解(です)」「了解(いた)しました」の評判が悪くなってくると、例によって使わないほうが無難。
 国立国語研究所がおすすめの「わかりました」「かしこまりました」「承りました」あたりを使うべきだろう。当然のことだけど、まず相手の言っていることは理解してね。
 ネット記事では「わかりました」も×なんて主張も目にする。根拠もなくそんなこと言われてもさぁ。
================引用終了

 ただ、「わかりました」も要注意って気がしてきた(×とまで言う気はない)。
 理由は2)【「分かった」の敬語 その2 (「了解いたしました」「了承いたしました」「うけたまわりました」)】や、質問板のhakobuluさんの発言をご参照ください。



「了解」「了解です」「了解しました」「了解いたしました」〈6〉

 質問板のやり取りはなかなか終結しない(泣)。
 どこでどう情報が漏れたのか、「はてな」からメールが来た。いままでこのメールマガジンは来ていたのか、記憶が……。

================引用開始

?--------?-------?-------?-------?-------?-------?-------?--------?
はてなメールマガジン 『週刊はてな』 http://www.hatena.ne.jp/
発行日:2014年2月13日号 発行者:株式会社はてな
バックナンバー http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenamagazine/archive 
公式Twitter https://twitter.com/hatenapr
?--------?-------?-------?-------?-------?-------?-------?--------?

☆━…‥★ 「了解」は失礼?
日本語マナーについてのブログ論争が盛り上がる ★‥…━☆

はてなダイアリー「アスペ日記」に投稿された
『「了解」は失礼か?』という記事をきっかけに、
はてなブックマークや様々なブログで議論が巻き起こりました。
NHKニュースのサイトにまで掲載された問題ですが、あなたはどう思いますか?
このブログ論争についてのまとめを、週刊はてなブログでご紹介しています。

「了解」は失礼? まとめ(週刊はてなブログ)
→ http://htn.to/C8Q27t
最初に投稿されたブログ記事(アスペ日記)
→ http://htn.to/nxsazx
目上の人に「了解」は失礼?(NHKニュース)
→ http://htn.to/t8d7Lo
================引用終了

 NHKニュースを見ても「了解(いた)しました」を×とする論理的な理由は書かれていない。全文は末尾に。
 乗りかかった船だから、リンク先のブログにコメントを入れてみた。
 返信があるんだろうか? ワクワク。

【「了解」は失礼か?】
http://d.hatena.ne.jp/takeda25/20140209/1391937000

【■[言葉]「目上には「了解」ではなく「承知」を使う」は誤用】
http://d.hatena.ne.jp/tokoroten999/20140209/1391950190

【■「承知」は謙譲の意味を持つか否かについて再度調べてみた】
http://d.hatena.ne.jp/tokoroten999/20140211/1392116309

【目上の人に「了解」は失礼?】
http://htn.to/t8d7Lo
================引用開始
目上の人に「了解」は失礼?
2月11日 0時05分

職場の上司や先輩など目上の人から何か指示を受けたときに、「了解しました」と答えるのは失礼かどうか、という議論がインターネットで話題になっています。
「了解しました」「承知しました」、職場であなたは使い分けていますか?

ネットで話題になっているのは「『了解』は失礼か?」というタイトルのブログ記事で、この記事に反応して「「目上には『了解』ではなく『承知』を使う」は誤用」というタイトルのブログ記事も注目を集めました。
職場の上司や先輩など目上の人に「了解」ということばを使うことが、失礼に当たるかどうかについていろいろな角度から考察したもので、読んだ人たちからは「普通に『了解』って使っていた」「内部の業務連絡ではいいが、外部とのやり取りではだめ」など、自身の経験に基づいた多くの意見が寄せられています。

「了解」は「軽い」
「了解」が失礼かどうかを考える前に、こうした議論はいつごろから始まったのでしょうか。
日本語の用法などを研究しているNHK放送文化研究所専任研究員の塩田雄大さんによると、「例えば『明鏡国語辞典』(大修館書店)の平成22年発行の第2版では、『了解』ということばについて『近年、目上の人の依頼などを承諾する意に使う向きもあるが、慣用になじまない』と記述されており、理由としては『ぶっきらぼうで、なじまない』とあります。しかし同じ辞典の平成14年発行の初版にこうした記述はありません。このように複数の辞典を見比べると、『了解は目上に使ってはいけない』という明示は、10年ほど前から台頭してきたらしいことがうかがえる」ということです。
「語感としては、『了解』には、『了解!』という感動詞的な用法もあることから、『承知』に比べるとやや軽いといえます。より軽い用法では『了解でーす』、あるいは最近メールやSNSでは『りょ』と記すこともあるようです。こうした守備範囲の広さが、『了解は目上に使ってはいけない』という考えにつながっているのではないでしょうか」(塩田雄大さん)。

理由は「無難」だから?
では肝心の、実際のビジネスの場などで「了解しました」と使ってよいのかどうか。
企業のビジネスマナー研修などを手がけている東京都内の「ジェイック」によりますと、特に若い社員の間で「了解しました」と返事をする人が増えているそうです。
この会社では以前から「目上の人からの依頼などに答えるときは『承知しました』または『かしこまりました』を使うように」と研修などで指導しているということで、理由としては「『了解』ということばには相手が言っていることを認めて『あげる』という意味が含まれるので、特にビジネスの現場では『了解』は避けることが望ましい」ということです。
企業のマナー研修に講師を派遣している「日本サービスマナー協会」でも、「『承知しました』『かしこまりました』を使うよう指導しています。ビジネスの現場では、上司や先輩が『当たり前だ』と思っている習慣に合わせることが大切です」とのことでした。
日本語の用法としては諸説あるようですが、目上の人に従うほうがいわば「無難」という考えが、さらに「了解しました」の分を悪くしている、とも言えそうです。
================引用終了



「了解」「了解です」「了解しました」「了解いたしました」〈7〉

「了解しました」「了承しました」「かしこまりました」「承知しました」「承りました」

mixi日記2014年08月15日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=5019671&id=1930962314

 こういう記事を読むと腹立たしいのを通り越して情けなくなってくる。
 基本的には間違っていない気もするが、ツッコミどころが多すぎる。こうやって●●が拡散していくのだろう。
 順番に見ていく。

■了解しました
〈「了解しました」は、同僚もしくは目下に対して使う言葉〉なのか?
「同僚もしくは目下」なら丁寧語にはしない「了解」でもよいのでは。
〈尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼〉……敬語にはいくつかの種類がある。3分類で考えるなら、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」。この書き手は「謙譲語」というものを知らないで敬語について書いているのだろうか。
「了解いたしました」なら謙譲語だから〈お客様や目上に対して〉×にする論理的な理由はないと思うけど、こんなに評判が悪くなるとやめたほうがいいだろうな。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3065.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1930959067&owner_id=5019671

■承知しました
「承知しました」を尊敬語にしている資料があるなら是非教えてほしい。
 一般には謙譲語扱いされている。しかし、「承知しました」を謙譲語にしている辞書類はないはず。もしあるなら教えてほしい。謙譲語性が高いとは思うけど、謙譲語とは言えそうにない。
 とりあえず反証として『敬語』の記述をあげておく。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2415.html
================引用開始
 なお、「持参」「承知」は、「参」「承」という字を含むので、謙譲語性が感じられる面もある(とくに「持参いたしました」「承知いたしました」「承知いたしております」というような場合は、もちろん「いたす」の力にたすけられるところもあろうが、謙譲語性は感じられよう)。が、「昼食は各自持参のこと」「上記の金額を……持参人へお支払いください」(小切手の文面。ちなみに「持参人」という語は関係法規にも見える)、「あなたも承知しておいてください」などのように、謙譲語とは言えない使い方をする場合も少なくない。さらに「ご持参ください」「ご承知の通り」のように尊敬語として使う場合もある(私自身の感覚では、相手とくに目上に「ご持参ください」と言うのは抵抗があり、使わないほうが無難だという気はするが)。結局、謙譲語性はすでに薄く(あるいは失い)、ただ改まった言い方として使われていると捉えるべきことになろう。(P.346~347)
================引用終了
 ついでに書いておくと、〈頻度は大変多い〉なんて書くと恥ずかしいので要注意。頻度を使いたいなら「高い」が一般的。

■了承しました
 何を根拠に、こんなことを断言しているのだろう。
 まあ、主観で書かせてもらうと「了承(いた)しました」自体をあまり使わない気がする。目上(お客様を含む)に対して「ご了承ください」みたいな使い方が一般的だろう。ということは、「了承(いた)しました」を目上に使うのはやめたほうがいいのかもしれない。
〈お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が正しい使い方〉……なぜ、「承知しました」の項にこの記述がないのか(笑)。なぜ「承りました」の項がないのか(笑)。ちなみに「承る」は謙譲語Iの代表選手。
 感覚としてはわかる。注文は「承る」ことが多い。指示は「承知する」ことが多い。
 そうなると、お客様には「承りました」で目上には「承知(いた)しました」になることが多い。
 でもね。お客様の指示などに「承知(いた)しました」と言っては×なの?
 目上から依頼に対して「承りました」と言っては×なの?
 そんなバカな。
 お客様と目上を分けて考えるのは相当むずかしいと思う。

■かしこまりました
「かしこまりました」は「承知しました」と同様、お客様にも目上にも使えるらしい。でもさ。少し前に〈お客様へは「承りました」〉と書いてあるんですけど。謙譲の度合いが高い印象があるが、実はこの「かしこまりました」も謙譲語ではないらしい。謙譲語としている辞書があったら是非教えてほしい。
【「かしこまりました」は謙譲語なのでしょうか】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8499357.html

■「かしこまりました」「承知しました(承りました)」使用例
 書き方があまりにもグチャグチャなんで細かいツッコミはやめておく。

■結論
「了解」「了承」は目上には使わないほうが無難。「~しました」をつければ丁寧語で、「~いたしました」をつければ謙譲語になるが、とにかく使わないほうが無難。ただ、同格や目下に対して「了解(しました)」はOK。
「承りました」「承知しました」「かしこまりました」は、謙譲語として広く使える(辞書的には謙譲語ではないものもあるが)。
 ほぼ同様に使えるが、あえて厳密な使い分けを考えるなら……。
「承りました」「承知しました」は、ほぼ同様に使える。注文などを「受けた」くらいの意味合いが強い。
「かしこまりました」は命令や指示などを「理解して従う」くらいの意味合いが強い。
 ただし、厳密な使い分けはないので、さほど神経質になる必要はない。お好きなのをどうぞ。
「承る」には「聞く」の意味もあり、「貴重な話を承りました」などと使う。これは「承知しました」「かしこまりました」にはできない。「貴重な話をありがとうございます」くらいのほうが一般的だし感じがいい気がするけどさ。


【ネタ元】U-NOTE
【どう違うの?「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」】
http://u-note.me/note/47489406?page=2
================引用開始
どう違うの?「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」

 ビジネス上で、「分かりました」という意味合いで使われる言葉に「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」などがありますね。皆さんはその意味と使い分け方を理解できていますか?いざという時に、どれを使ったらいいのだろう?と悩んでしまうことはありませんか?ここでは、「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」の違いとビジネスシーンでの使い分け方をお伝えしていきたいと思います。

■了解しました
 「了解しました」は、同僚もしくは目下に対して使う言葉です。「了解しました」というのは、「了解」に「しました」をつけることで丁寧語になりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。

■承知しました
 「承知しました」は尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。

■了承しました
 「了承しました」は、何かを「承諾」したときに使います。「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。お客様や目上の人に使ってはいけません。この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が正しい使い方です。

■かしこまりました
 「かしこまりました」、は「承知しました」と同様、お客様や目上の人に使えます。

 覚えておくべきは「かしこまりました」と「承知しました(承りました)」上記のように、「かしこまりました」「承知しました(承りました)」は、目上の人やお客様に対して使える言葉となります。この2つはビジネスシーンにおいても非常によく使われますので覚えておきましょう。

■「かしこまりました」「承知しました(承りました)」使用例

× 打ち合わせの件、了解しました。
○ 打ち合わせの件、承知しました。

×(上司に対して)鈴木様(お客様)への連絡の件、了解しました
○(上司に対して)鈴木様(お客様)への連絡の件、かしこまりました

×(お客様に対して)ご依頼いただきました○○の件、了承いたしました。
○(お客様に対して)ご依頼いただきました○○の件、承りました。

 「かしこまりました」「承知しました」の違いはあるの?普段使う敬語として、「かしこまりました」「承知しました」の2つが良いというのはわかったけれど、その2つの違いは?というのは以下のような違いがあります。
「かしこまりました」は、「理解して受ける」という意味があります。

「承知しました」は「目上の人の命令などをうけたまわる」という意味があります。

上記のニュアンスの違いを覚えておくと、普段からより敬語を使い分けやすくなると思いますので、覚えておくと良いでしょう。
おわりに

 社会人になると、まず初めに身につけなければいけないマナーが正しい言葉遣いです。しかし日本語の敬語は難しいものです。ビジネス面での正しい言葉遣いをしっかりと身に着けるためにも、普段から常に意識していくことが大切です。
================引用終了

 了解がXという説が広まった過程に関しては下記が詳しい。
【「了解しました」より「承知しました」が適切とされる理由と、その普及過程について】
http://liginc.co.jp/246919

 要するにほぼネット限定の俗説なのでは。ちゃんとした文献を示しているのを見たことがない。こういう例がどれだけあるのだろう。
 小谷野敦の言葉を借りるなら、バカが意見を言うようになった典型かもしれない。
【『同期の桜―お言葉ですが…8』──バカが意見を言うようになった】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-925.html



了解しました 了解いたしました
了承しました 了承いたしました
かしこまりました
承知しました 承知いたしました
承りました

世に誤用の種は尽きまじ 総集編〈1〉〜〈3〉

 ちと事情があって、古い日記をまとめる。
 いただいたコメントもかなり興味深い。この頃はmixiも活気があったなぁ。…(  = =) トオイメ

【世に誤用の種は尽きまじ〈1〉】
mixi日記2008年08月09日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=896040364&owner_id=5019671&org_id=897188119

あなたの日本語間違ってますよ!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=571857&media_id=10

=====================================
●「憮然」「檄を飛ばす」…

 先日、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」を見て「へえ~っ」と思った人も多いだろう。「憮然」の意味は「腹を立てている様子」ではなく、正解は「失望してぼんやりしていること」。「檄を飛ばす」は「元気のない者に刺激を与えて活気付けること」と思いがちだが、実は「自分の意見や考えを広く人々に知らせて同意を求めること」の意味だ。調査ではどちらも7割以上の人が間違って理解していた。

 こうした紛らわしい言葉はほかにもある。

●おっとり刀…のんびりしている様子をイメージしてしまうが、正解は急な用事などで取るものも取りあえずかけつけるさまをいう。刀を腰に差す余裕もなく手に持っている姿からきた言葉だ。

●辛気臭い…陰気な雰囲気の相手に「なんやその辛気臭い顔は!」などと言ってしまいそうだが、実は思い通りにならず、気分が晴れないさまの意味。

●したり顔…知ったかぶりしている表情ではない。「したり」は物事が成功したときなどに発する言葉。したり顔は得意そうな顔つきのことをいう。

●臍(ほぞ)を噛む…どうしようもないほど悔しい思いをするようなときに使ってしまいがちだが、本当は後悔するという意味。

●慇懃(いんぎん)…「慇懃無礼」という言葉があるから、相手を見下したような態度だと思ってしまうが、慇懃はへりくだって丁寧なさまや礼儀正しいことをいう。ちなみに「慇懃を重ねる」は親しく交際するの意味。

●広言…「あちこちで広言するな」などと言いふらすことのように使ってしまうが、本来の意味は調子よく大きなことを言うこと。

●業腹…「あいつは業腹な性格だ」など人の性格だと勘違いしがちだが、実は非常にしゃくにさわること。「こちらから謝るのは業腹だ」と使う。

 賢くなった――?

(日刊ゲンダイ2008年8月5日掲載)15489
=====================================

 本文にはないけど、mixiニュースの見出しは「間違いがちな言葉 本当の意味」になっている。あのー。これって「間違えがち」ですよね……と細かいツッコミを入れてみる。このテの文章で間違いがあると相当恥ずかしい……と自分の首を絞めてみる(泣)。
 これは日刊ゲンダイの責任ではなく、mixiの責任か? ついでに書くと「本当の意味」もちょっと異和感がある。フツーは「正しい意味」だろう。
 先日の文化庁の発表に関しては7月25日の日記に書いた。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=881031344&owner_id=5019671

「おっとり刀」は有名。と手元の『広辞林』を索いて青ざめる。漢字で書くと「追っ取り刀」だとばかり思っていた。たしか、誤用関係の本にそう書いてあった。世の中には恥知らずが多いようだ。正解は「押っ取り刀」。ちなみに「押っ取る」という言葉もあり、「急に手に取る」という意味。なるほどそれはわかりやすい。
 ところで、「取るものも取りあえず」って、たまに目にするけど、よく考えると訳のわかんない言い回しだな。「かけつけるさまをいう」は余計なことを書きすぎ。もしそうだとすると、「おっとり刀で駆けつける」はビキビキの重言になる。「(急な用事などで取るものも取りあえず)何かをするさまをいう」くらいが無難。
 ウーム。「辛気くさい」は誤解していた気がする。ただ、この正用と誤用の差はかなり微妙だろう。
「広言」なんて言葉は見たことも聞いたこともないorz。似たような意味の「公言」ならよく見る。こちらは、「人前で隠しだてすることなく堂々と言うこと」。『広辞林』には、「一般に通じる言葉」という意味も出ている。公用語ってことですかい。

 こうして細かく見ていくと、この記事は相当ヘンだ。


【世に誤用の種は尽きまじ〈2〉】
mixi日記2008年08月10日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=897188119&owner_id=5019671&org_id=896040364

 8日の夜、暦の上では9日の朝、バカなことをしでかしてしまった。
「世に誤用の種は尽きまじ」のタイトルで日記を書き、ニュースから検索できる形にした。アップした直後からそこそこ足跡がつく。
 ふと思い立って、同じニュースから検索できる日記がどんな内容なのかチェックしてみた。いちいち確認したわけではないが、書き手が若いのが意外だった。最年少は18歳(mixiの規則上、これ以下はない。正確には「未満」だろうが、なぜか「以下」のほうがシックリ来る。あるいは一番いいのは「これより下」なのかな)。ほとんどが20代だった。
 若い世代が言葉に興味をもっていることを喜ぶべきだろうか。まあ、フツーに考えれば、年寄りはニュースに絡めて日記なんて書かないか。ってことはtobirisuは20代の感覚? ほんの少しだけ若返ったー(←いい加減にしろ)。
 ザッと読んだところ、3つに大別できる。

1)意味不明派
 ただ足跡が欲しいんだろうな。記事をそのまんま引用して終わりなんて人もいる(マイミクに紹介したかったのかな。それなら数行程度はコメント入れるでしょうに)。もっと極端になると、全然違う内容の日記を書いている。
2)無知お手上げ派
 ニュース内容を見て、「知らなかった」と落ち込んでいる。あんなのフツーの人は知らないよ。
3)無知開き直り派
 7割以上が間違ったら、もうそれは誤用ではない、と嘯いている。一理なくはないんだけど、誤用は誤用。 
 思うところがあって、そういう書き方をしている日記に片っ端から乱入する。

【乱入コメント】=============================
 突然の乱入失礼します。
 どんなに使用者が増えても、
 誤用は誤用です。
=====================================
 
 ウワー。好青年で知られるtobirisuとは思えない感じの悪さ。
 まともに反応したかたがいた。
「たしかに言葉の問題をまじめに考えられているかたには不愉快な書き方でした。申し訳ございません」
 いや、その。そんなに真っ向から反省しなくてもいいのよ。これも定型文なのか?
 なかにはゴチャゴチャ反論してくるかたもいた。
 さらに感じ悪くダメを押す。

【ダメ押しコメント】===========================
 少し挑発的に書きます。
 いろいろな研究をした学者がそう言うなら「そうでしょうね」と聞く気にもなります。
 当方の数少ない経験をもとにして書かせていただくと、若い人で「言葉がかわっていくのは当たり前」と言う人は、ほとんどが「無知の開き直り」です。
「それは誤用だ」と言われても、「だってそう言うしー」のレベルです。たとえば当方がリンクを張った
 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=881031344&owner_id=5019671

 を全部読んでも、同じことを言えますか。
 あるいは、下記のサイトを見ても、同じことが言えますか。

http://www.shos.info/doc/misuse.html

 口うるさいオヤジと思われても構いません。
 でも、それが言葉なんです。
 上記の2つのリンクに目を通してからなら、どんな暴言でも聞きます。
=====================================

 そのうちメンドくさくなって、いきなり「乱入&ダメ押し」をするようになった。いろいろおもしろい意見が聞けた。ただ、こういうことに興味を持つ割には日本語があやしい人が多い(しかたないか)。あまりにも日本語がおかしくて何を書いているのかわからない箇所を指摘したら、逆ギレした人がいた。

【無知の開き直りの例】==========================
>>tobirisu
んじゃーそれでいいやーw

だな
=====================================

 こんなかたに、まじめにコメントを入れたtobirisuがバカでした。

 で、本題に戻ろう。
 7割以上が誤用していたら、それはもはや誤用ではないのか?
 考え方しだいだろう。多数派なんだからOKと胸を張れる人はどうぞ。勝手に恥をサラしなさい。
 逆に考えれば、3割弱の人に「この人日本語が不自由?」と思われるんだよ。当方はそんなのは絶対にイヤだ。まして、目上の人とか知性の高い人は3割弱の側の可能性が高いのよ。ぜえったいにイヤだ。少なくとも、言葉にかかわる仕事をしている身としては、それは屈辱的すぎる。何より、そんなバカなことをしていたら、仕事にならん。
 マトモな文章を書くことに縁のないバカガキが勝手にそう思っているのなら、「どうぞご自由に」としか言いようがない。でも、ムヤミにそういうことを主張しないでほしい。
 結局のところ、いつも書いているとおり、「使える言葉がどんどん減っていく」ってことになる。アタシャそれが情けない。
 昔、後輩が恥をかいた話を聞いたことがある。お偉いさんに仕事の進捗状況を訊かれ、「完全に煮詰まってます。アドバイスをいただけませんか?」と言ってしまったそうだ。
「オマエはオレをなめてんのかー!」と一喝され、延々と説教されたらしい。
 誤用ひとつにメクジラを立てるのもどうかと思うが、このお偉いさんはそういうキャラだからしかたがない。「煮詰まる」と「行き詰まる」を間違えると、こういうことが起こりかねない。
 実社会で使っちゃいそうで、使っちゃうと相手が逆上しかねない誤用って、ほかにもいろいろある。
「ご苦労様でした」
「役不足」
「枯れ木も山の賑わい」
 そういうのは知っておかないとダメだろ。

 言葉はかわっていくもの。そんなことはみんな知っている。別にどんな言葉も本来の意味で使うべきだなんて主張する気はない。もともとは誤用だがとっくに定着していると思われるものはフツーに使う。「とても」がアータラとか「全然」がコータラなんて話は聞き飽きた。これは前にも書いた。

「とても」は肯定・否定両方使う。
「全然」は否定にしか使わない。
「まったく」は原則として否定にしか使わない。「まったくそのとおり」とかならアリだろう。
「確信犯」は、誤用と言われるとムカツクので原則的に「確信犯的」の形で使う。
 ただ、過渡期にある言葉を、何も知らず誤用の意味で使うのはバカみたいだからやめたほうがいいってこと。

 似たような話で、以前日記に書いたことがある。あれは公開制限があるので転載する。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=859173054&owner_id=5019671

【トピ主のコメント】===========================
さっき ニュースで 野口みずき選手が 「これを言うと 勝てるってジンクスがある」とか言って 中国語で何か叫んでました

ジンクスって 普通に日本語に使われてますが 英語の意味は 悪いことが起きる、不運をもたらすって意味なんですよね~

ひと昔前までは 本来の意味で使われていたのに 今は反対の意味で 普通に使われてますね
=====================================

【「3」のコメント】===========================
そんなに難く考えることはないのではないでしょうか?
私は個人的には乱れとは感じませんが・・・

時代と共に言葉が変わるのは当たり前のことだと思います。特に今回は一般的にもジンクス≒おまじないというイメージが強くなって「今まさに言葉の意味が変わっていく環境に立ち会っている」と考えるとちょっと気持ちが和みませんか?
=====================================

 この「3」のコメントにカチンと来た。tobirisuの書き方は傲慢丸出しなので読み流してほしい。

【「3」のコメントに対するtobirisuの感想】=================
 これがネットコミュニケーションの怖いとこです。同じことでも、書き手のプロフィールによってニュアンスが大きくかわる。
 アンタ何歳なのよ。プロフィールを詐称してなければ、この人は21歳の大学生。中年のオヤジがこういうふうに語るなら聞き流してもいい。でもオマエが言うな。
 細かく書くよ。まず「難く」ってなんて読むのよ。常用漢字表なら「カタく」。ちょっと無理するなら「ニクく」。まさかと思うけど「ムズカシく」なのか? どうやったらそんな変換するのよ。と書いてやっと誤解に気づく。そんなに堅苦しく考えるなってことなのね。そんな無礼なことをよく書いたもんだ(無礼になるという感覚がないのね、可哀想に)。漢字で書くと「堅く」かな? 

>時代と共に言葉が変わるのは当たり前のこと

 口のきき方に気をつけろよ。んなことはみんなわかってるの。それはオマエが口にするのは、単に無知の開き直りでしかない。黙って先輩の話を拝聴しなさい。反論するならせめて辞書くらい索けよ。
「本来はそういう意味だということは知っていますが、私のまわりではどちらの意味でも使っています」くらいなら聞いてやってもいい。それなら事実の報告だからね。無知に基づく意見を垂れ流すのはやめようね。

>特に今回は一般的にもジンクス≒おまじないというイメージが強くなって

 もう少し日本語の勉強してから出直しておいで。

>と考えるとちょっと気持ちが和みませんか?

 なごむわけないだろ。小娘にそんな口を叩かれて納得する大人はいないよ。
 こちとら「環境に立ち会っている」気はないけど、「過渡期に直面して」戸惑って、苛立って、ムカツいてるよ。
 別に「若造が偉そうに書くな」と決めつける気はない。若くたって高い見識をもっている人はいる。ちゃんとした意見なら聞くよ。自分の無知を公言するような書き方は控えなさい、と老婆心ながら忠告しているだけだよ。
=====================================

 要約しよう。「まとまな日本語も書けないヤツが偉そうに開き直るな。単なる無知にしか見えんぞ」

 そもそも8日の夜に当方がこんなバカなことをしでかしたのは、日本語の問題を話せる知り合いを増やしたかったから。
 年齢や知識量はさほど関係ない。あんまりにも無知だと疲れるけどさ。
 要は、日本語に対する態度が常識的であること。自分の間違いや無知は素直に認められること(ネット上だと、これができないヤツがけっこう多い。そういう人って普段は間違いを指摘されたらどうしてんだろう)。その上で、知識量が豊富なら申し分ない。
 少しばかり知識があっても性格が歪んでいるのは論外……オ、オレのことか?
 σ(^_^;)アセアセ...


【追記】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 誤用の話に興味がある人は、下記の日記は読んでおいて損はないと思う。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=746503742&owner_id=5019671


【追記2】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「とても」「全然」「まったく」について再確認しておく。

「とても」は歴史的に見れば、昔は否定にしか使わなかった。芥川龍之介がそんなことを書いて物議を醸した記憶がある。
【芥川龍之介の「とても」】
http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070616/p1
 現在の出版・編集の現場では肯定でも否定でも○。

「全然」は歴史的見れば諸説ある。どうやら、昔は肯定でも否定でも使ったらしい。
 現在の出版・編集の現場では否定にしか使わない。なかには許容する人もいるかもしれないが、個人的には×。

「まったく」は原則として否定にしか使わない。ただし、「まったくそのとおり」のように異和感のない場合もある。

「赤い本」には以下のように書いた。
================================
【練習問題18】
 次の文のなかでヘンなのはどれで、なぜヘンなのか理由を考えてください。
  1)この料理は全然おいしい。
  2)この料理はとてもおいしい。
  3)この料理はまったくおいしい。

 副詞のなかには、後ろに決まった表現が来るものがあります。たとえば、「けっして」という副詞を使った場合、後ろに来るのは「~ない」などの否定形で、肯定形が来ることはありません。同様に、「全然」の後ろも否定形が来るのが一般的です。1)のように「全然」が使われているのに後ろが「おいしい」という肯定形では、「係り結ばず」になってしまいます。
 近年、話し言葉の中で使われる「全然+肯定形」が「言葉の乱れ」として取りざたされていることは、ご存じのかたも多いでしょう。将来的にはわかりませんが、現段階では、まだヘンな形と考えられます。「現段階では」と書いたのは、「〇〇+否定形」のルールはくずれていくことが多い気がするからです。
「とても」もかつては後ろに否定形を伴う言葉でした。しかし現在では、2)のように「この料理はとてもおいしい。」といっても問題はありません。
「まったく」は、微妙な段階にあるようです。3)の「この料理はまったくおいしい。」や「まったくタメになる。」はヘンなのに、「まったくそのとおりです。」という使い方なら問題は感じられません。「まったく」は、基本的には後ろに否定形が来るようですが、肯定形が来てもヘンではない場合もあるということです。
 このように考えると、「まったく+肯定形」は近々ふつうの表現になり、やがては「全然+肯定形」もヘンではなくなる可能性があると思います。
================================


【世に誤用の種は尽きまじ〈3〉】
mixi日記2015年10月27日から

「つぶやき」にもらったコメントを読んで、いろいろ考えてしまった。
 mixiの「つぶやき」ってあとから確認するのがけっこうたいへんなの。直リンク(ハイパーリンク?)を張るのが手間だし、あまり前だと探せない(泣)。うまい方法はありませんか?
 いまのうちにバックアップをとっておく。
http://mixi.jp/home.pl?from=global#!/voice/5019671/20151027113225

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ブログを更新しました。 『「性癖」という言葉の意味の変化』 ⇒ http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12088817884.html

@kuroracco

2015年10月27日 11:32

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

燃える闘魂
2015年10月27日 14:01
> 「意味が通じるから誤用ではない」「使用例が多いほうが正用」などのムチャクチャな話が出てきます。     まったくで、じゃあ「みんながやれば殺人もオッケーね!」と言いたくなります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tobirisu
2015年10月27日 14:35
> 燃える闘魂さん 「意味が通じるから誤用ではない」……あちこちのコミュでそんなふうに書いている人がたくさんいます。そのテの極論はパスしたい。問題は「正用だけど通じにくくなる」ことです(泣)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

燃える闘魂
2015年10月27日 15:37
> tobirisuさん     「極論」なんていう、それなりに意味はあるが極端であるという、そんな過剰な褒め言葉を充てたくありません。こんなの、「ライオンは犬だから植物だ」と同じレベルだと思います。  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

燃える闘魂
2015年10月27日 15:38
「正用だけど通じにくくなる」の悩みはたしかにあり、「○○が、おっと、これはよく△△って言われるけどそれは間違いね。ええと、それでその○○が」としないと、「間違ったと思われてしまう」という、あれですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 で、更新したブログの内容は下記。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「性癖」という言葉の意味の変化
2015-10-27 11:32:07NEW !
テーマ:2013教えて! gooに書いたこと
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8121419.html
 質問の内容。
==============引用開始
61歳の「男子」です。

このサイトでもよく見かけるのですが、
最近「性癖」という言葉が
もっぱら「性的な面での癖、嗜癖」という意味で使われているようです。

私の若い頃まではそれは
「性格のある部分に偏りがある」
とか
「くせ」という意味で
使われていたものです。
特別セクシャルなことを表す言葉ではなかったのです。

今でも昭和以前の文学などを読み返しても
いうまでもなくその意味で使われていることは
明瞭に認められます。
私の使っているいくつかの
辞書はどれも昭和に編纂されたものなのですが
それにも同様の意味しか
挙げられていません。

私はつい最近このサイトを見るようになって
このことばの使われ方が変化していることに
初めて気づいたのですが、
以来気になり、またその変化のきっかけなどについて
共時性などの点から興味をもっております。

この変化していく過程にお気づきになってた方はいらっしゃるでしょうか。
それはいつ頃お気づきになりましたか?

ウィキペディアでは21世紀初頭とあるのですが、
だとしたらその時なにかきっかけでもあったのでしょうか?

ご存知の方、お教えください。

==============引用終了

No.3
回答者:1311tobi 回答日時:2013/06/06 11:32
「性癖」の意味。
 質問者の感覚とほぼ同じです。
 現段階では「誤用」です。下記の辞書を見てもそう明記されています。この辞書の書き方には疑問点がいくつかありますが。
■Web辞書『大辞泉』から
https://kotobank.jp/word/%E6%80%A7%E7%99%96-546340#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
================================引用開始
せい‐へき【性癖】
性質上のかたより。くせ。「大言壮語する―がある」

◆「性」を性質の意ではなく性交の意ととらえ、誤って、性的まじわりの際に現れるくせ・嗜好、交接時の習慣・習性の意で用いることがある。
================================引用終了

 ちなみに『大辞林』の記述は下記です。
================================引用開始
せいへき0 【性癖】
性質の片寄り。くせ。
  誇大妄想の―
================================引用終了

 ただし、インターネットの普及によって、このようなありがちな「誤用」はあっという間に広まります。そうなると「意味が通じるから誤用ではない」「使用例が多いほうが正用」などのムチャクチャな話が出てきます。
 詳しくは下記をご参照ください。
【突然ですが問題です【日本語編121】── 性癖】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2398.html

【もうダメかもリスト】〈2〉──けっこう厳選(笑)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2266.html
「性癖」は、現段階では「【3】誤用が目立つ言葉 」あたりでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 tobiクンは基本的に〝薬舌〟なので、〈こんなの、「ライオンは犬だから植物だ」と同じレベル〉なんてヒドいことは書かない。書かないけど、そのとおりだと思う。
「言葉はかわっていくものです」とか言う人も多い。そんなことは当たり前だけど、それを書けるのは国語学の大家だけだと思うよ。
 ところが、mixiのコミュを見ても、質問サイトを見ても、「言葉はかわっていくもの」とかのたまっている大家が多い。
「人の命には、だいたい限りがあるものです」
「春が過ぎれば、たいてい夏が来るものです」
 そりゃそうだよ。
 おっしゃるの籠屋だホイサッサ。(←オイ!)

日本語アレコレの索引(日々増殖中)〈4〉

 索引〈1〉は下記。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html

 索引〈2〉は下記。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html

 索引〈3〉は下記。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html




 カテゴリーは下記。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-category-11.html

1)【総索引】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-132.html

2)【よく目にする誤用の御三家】(2008年03月16日)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-122.html


1501)突然ですが問題です【日本語編233】──「重言」に関するWikipediaの記述

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946651521&owner_id=5019671

1502)【「なんとか」と「どうにか」 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12081297235.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946722427&owner_id=5019671

1503)【痛恨の入力ミス──つまらんダジャレは嫌いだぁ134】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12081665619.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946751334&owner_id=5019671

1504)【「魅せられる」の活用────「れる」「られる」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3331.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946798272&owner_id=5019671

1505)【「せる」「させる」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3320.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946821935&owner_id=5019671

1506)【難い(がたい) 辛い(づらい) にくい 教えて!goo】辞書〈2〉(仮)
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12084207604.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946929582&owner_id=5019671

1507)【教えて! gooで庭三郎氏発見 改──チャレンジ日記 「ハ」と「ガ」〈6〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3321.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946979443&owner_id=5019671

1508)【チャレンジ日記──「ハ」と「ガ」】〈7〉
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12084812616.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946999299&owner_id=5019671

1509)【幕末の「真逆」──#あさが来た #びっくりぽん】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12085099158.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947023245&owner_id=5019671

1510) 12)【句読点の打ち方/句読点の付け方 その12──「  」と「  」の間に読点は必要か】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3322.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947039494&owner_id=5019671

1511)【Wikipediaの記述はどこまで信用できるのか?〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12100518223.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947173988&owner_id=5019671

1512)【「~させてもらう」は敬語なのか 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12088055524.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947180991&owner_id=5019671

1513)【「たかが~、されど~」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12087793462.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947228684&owner_id=5019671

1514)【「接続語」のナゾ〈1〉 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12088080760.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947240976&owner_id=5019671

1515)【378)「~してもらっていいですか」〈3〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3325.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947298870&owner_id=5019671

1516)【世に誤用の種は尽きまじ 総集編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3326.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947316929&owner_id=5019671

1517)【世に誤用の種は尽きまじ〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12090722306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947317265&owner_id=5019671

1518)【「断定調」と「断言調」──意味やニュアンスに違いがありますか?】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12090724559.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947404332&owner_id=5019671

1519)【2015年10月の朝日新聞から】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3327.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947439446&owner_id=5019671

1520)【◯抜き言葉 ◯足す言葉 新種の「ダ抜き言葉」発見】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12091452071.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947517645&owner_id=5019671

1521)【送り仮名の話〈1〉──取り扱う 取扱い 取扱説明書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12092898028.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947626992&owner_id=5019671

1522)【送り仮名の話〈2〉──取り引く 取引き 取引先 問い合わせる 問合わせ 問合せ先】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12092955962.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947630839&owner_id=5019671

1523)【竜虎 三羽烏 四天王 白波五人男……】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12095277530.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947670510&owner_id=5019671

1524)【「クドい」と「誤用」はまったくの別問題 拝見させていただく】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12095848702.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947818378&owner_id=5019671

1525) 突然ですが問題です【日本語編230】──誤用の意味の「敷居が高い」の言いかえ【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3297.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947856665&owner_id=5019671

1526)突然ですが問題です【日本語編231】──こんにちは/こんにちわ こんちは/こんちわ ちはー/ちわー ちはっ/ちわっ
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3304.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947859004&owner_id=5019671

1527)【「ぶり」の生態】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12096978439.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947924955&owner_id=5019671

1528)【しっかし……4 なんだかなぁ】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947931544&owner_id=5019671

1529)【ちょっと日記風に──『日本語の作文技術』の話】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12100513958.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947984346&owner_id=5019671

1530)【二義性、両義性のある言葉 ニュートラルな言葉 辞書〈1〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12098303973.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948018476&owner_id=5019671

1531)【「派」の話 接尾語・接尾辞 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12098365194.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948036452&owner_id=5019671

1532)【「すべからく」の話】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12099055381.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948082297&owner_id=5019671

1533)【「すべからく」の話〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12099268786.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948110651&owner_id=5019671

1534)【助詞の話12「ト」──○○に○○にと】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12099432096.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948125234&owner_id=5019671

1535)【二義性、両義性のある言葉 ニュートラルな言葉 辞書〈2〉──こだわる こだわり】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12099816658.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948150433&owner_id=5019671

1536)【「断定調」と「断言調」──意味やニュアンスに違いがありますか?〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12100801074.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948210025&owner_id=5019671

1537)【血がにじむような練習──ちょっとしたケガでも血くらいにじむ(←オイ!)】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12100788478.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948212236&owner_id=5019671

1538)突然ですが問題です【日本語編234】──プラス マイナス ニュートラル 芯が強い
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948230116&owner_id=5019671

1539)【たまには主観で語ってみる(笑)──「芯が強い」の類義語】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12101186941.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948256445&owner_id=5019671

1540)【究極の無国籍料理?】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948258805&owner_id=5019671

1541)【2015年11月の朝日新聞から】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3348.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948260576&owner_id=5019671

1542)【「すべからく」の話〈3〉──すべからくの名言にはすべからく【ネタ元】が……(泣)】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12101979738.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948312436&owner_id=5019671

1543)【~願う お/ご~願う ~願います お/ご~願います】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12102619738.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948361801&owner_id=5019671

1544)【読書感想文/『つい使ってしまうけれど、じつは間違っている72の表現 日本語力の基本』(野口恵子/日本実業出版社/2011年12月1日初版発行)】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948382865&owner_id=5019671

1545)【突然ですが問題です【日本語編235】──追及 追求 追究】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948385493&owner_id=5019671

1546)【見る・見せる・見させる】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12104049585.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948471032&owner_id=5019671

1547)【発破をかける 檄を飛ばす──つまらんダジャレは嫌いだぁ136】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12105445036.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948472970&owner_id=5019671

1548)【拝見させていただきます 拝見させていただきたい 拝見させてください】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12105560745.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948507308&owner_id=5019671

1549)【ネットにあふれるデタラメ記事(敬語関連) 事例6】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12107387110.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948508550&owner_id=5019671

1550)突然ですが問題です【日本語編236】──拝見させていただきます 拝読させていただきます 拝借させていただきます
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948572118&owner_id=5019671

1551)【「~させていただきます」の正しい使い方】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12105786722.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948598928&owner_id=5019671

1552)【「~させていただきます」の正しい使い方〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12105804075.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948600616&owner_id=5019671

1553)突然ですが問題です【日本語編231】──こんにちは/こんにちわ こんちは/こんちわ ちはー/ちわー ちはっ/ちわっ【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3304.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948727099&owner_id=5019671

1554)突然ですが問題です【日本語編232】──黒尽くめ 納得尽く 差し詰め 働き詰め【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3305.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948727474&owner_id=5019671

1555)突然ですが問題です【日本語編233】──「重言」に関するWikipediaの記述【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3334.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948727528&owner_id=5019671

1556)突然ですが問題です【日本語編234】──プラス マイナス ニュートラル 芯が強い【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3332.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948753251&owner_id=5019671

1557)【表記の話21──追及 追求 追究】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948766223&owner_id=5019671

1558)突然ですが問題です【日本語編235】──追及 追求 追究【解答?編】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12108309416.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948783623&owner_id=5019671

1559)【拝見させていただきます 拝見させていただきたい 拝見させてください〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12109141270.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948815295&owner_id=5019671

1560)【2015年12月の朝日新聞から】

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949085757&owner_id=5019671

1561)【「できる」「得意」「上手(じょうず)」「うまい」──ほめ言葉の迷宮〈4〉 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12113319695.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949191543&owner_id=5019671

1562)【突然ですが問題です【日本語編237】──~に恋する ~に恋をする ~を恋する ~を恋う 】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949219095&owner_id=5019671

1563)【突然ですが問題です【日本語編238】──「前」の意味 前方 以前】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949246600&owner_id=5019671

1564)【扱う──辞書の限界】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12137118261.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949252852&owner_id=5019671

1565)【前(まえ・ぜん)と後(うしろ・ご) 先(さき・せん)と後(あと・ご)】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12113891855.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949263128&owner_id=5019671

1566)突然ですが問題です【日本語編239】──「きく」〈1〉 聞く 聴く
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949281624&owner_id=5019671

1567)【彼女に恋する 彼女に恋をする 彼女を恋する 彼女を恋う】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12114605133.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949314227&owner_id=5019671

1568)【彼女に恋する 彼女に恋をする 彼女を恋する 彼女を恋う】〈2〉
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12115346146.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949365957&owner_id=5019671

1569)【「違うかもしれない」「違うのかもしれない」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12137116376.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949396784&owner_id=5019671

1570)突然ですが問題です【日本語編240】──おられる ~ておられる いらっしゃる
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949441542&owner_id=5019671

1571)【表記の話23──良く行く 良く見る よく行く よく見る】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3352.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949504448&owner_id=5019671

1572)【寒中見舞い を装った……】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949529534&owner_id=5019671

1573)【反対語の混迷〈4〉 「重厚」の反対語】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12117870964.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949550072&owner_id=5019671

1574)【「といっても」と「とはいえ」 辞書〈1〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12120091066.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949686276&owner_id=5019671

1575)【昔のことはみんな忘れてしまった。一番好きだった先生の名前(  )思い出せない さえ すら まで だって 】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12120076489.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949687361&owner_id=5019671

1576)【「といっても」と「とはいえ」 辞書〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12122901162.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949887376&owner_id=5019671

1577)突然ですが問題です【日本語編241】──大切 大事 重要
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949911552&owner_id=5019671

1578)【〝お〟珍しくもございませんが、どうぞお子さま方へ〈1〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12123472760.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949953674&owner_id=5019671

1579)【〝お〟珍しくもございませんが、どうぞお子さま方へ〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12137112494.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949966211&owner_id=5019671

1580)【2016年01月の朝日新聞から】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3350.html

1581)【「~すぎる」の反対語は?〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12124726098.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950018787&owner_id=5019671

1582)【「といっても」と「とはいえ」 辞書〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12126519802.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950137185&owner_id=5019671

1583)【「○○が間違えた」「○○を間違えた」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12126521435.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950145601&owner_id=5019671

1584)【応募者全員{ガ/ニ}もれなくもらえる】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12126879195.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950173696&owner_id=5019671

1585)【応募者全員{ガ/ニ}もれなくもらえる〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12127672196.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950245696&owner_id=5019671

1586)【この文章のヒドさは「ボキャ貧」以前の問題では ネット記事】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12128442081.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950267515&owner_id=5019671

1587)【応募者全員{ガ/ニ}もれなくもらえる〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12128469630.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950299649&owner_id=5019671

1588)【突然ですが問題です【日本語編242】──のほう】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950409275&owner_id=5019671

1589)【「大丈夫ですか」考〈2〉 ネット記事】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12130979460.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950468953&owner_id=5019671

1590)【ハの後ろは否定形になりやすい傾向はあるのでしょうか】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12131191326.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950493795&owner_id=5019671

1591)【引用のご作法44 何かの間違いだと思いたい(泣)】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12131704698.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950499666&owner_id=5019671

1592)【突然ですが問題です【日本語編243】──必要】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3347.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950625269&owner_id=5019671

1593)突然ですが問題です【日本語編238】──「前」の意味 前方 以前【解答編?】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3339.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950643041&owner_id=5019671

1594)【【表記の話24──聞く 聴く】辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12133418517.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950645629&owner_id=5019671

1595)突然ですが問題です【日本語編239】──「きく」〈1〉 聞く 聴く 辞書【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3340.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950650823&owner_id=5019671

1596)突然ですが問題です【日本語編240】──おられる ~ておられる いらっしゃる【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3341.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950651446&owner_id=5019671

1597)【大切 大事 重要 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12133667250.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950665683&owner_id=5019671

1598)【バイト敬語の話 ~のほう 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12134545666.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950670311&owner_id=5019671

1599)【2016年02月の朝日新聞から】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3351.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950710087&owner_id=5019671

1600)【焼イモを焼いた】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12135156454.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950772468&owner_id=5019671

1601)【「~ていません」「~ませんでした」】☆日本語教師☆〈3〉
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12135188967.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950773910&owner_id=5019671

1602)突然ですが問題です【日本語編241】──大切 大事 重要【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3345.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950884532&owner_id=5019671

1603)【「~したほうがいい」 「~するほうがいい」 「~しないほうがいい」〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12138406940.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950999045&owner_id=5019671

1604)【新聞報道ってこんなレベルなの?】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3357.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951006998&owner_id=5019671

1605)突然ですが問題です【日本語編244】──「主に」の品詞
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3354.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951053647&owner_id=5019671

1606)突然ですが問題です【日本語編245】──すごい すごく
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3355.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951058870&owner_id=5019671

1607)【「とんでもございません」はNG! 間違えやすいビジネス敬語5選】ネットにあふれるデタラメ記事
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12139586036.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951088423&owner_id=5019671

1608)【突然ですが問題です【日本語編246】──必要 要る〈2〉 】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3359.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951125537&owner_id=5019671

1609)【「彼女は美人だ」の「だ」の働き】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12140454065.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951146153&owner_id=5019671

1610)【要る 必要 入り用 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12141164535.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951196199&owner_id=5019671

1611)突然ですが問題です【日本語編236】──拝見させていただきます 拝読させていただきます 拝借させていただきます【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3358.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951404869&owner_id=5019671

1612)突然ですが問題です【日本語編242】──のほう【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3346.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951424326&owner_id=5019671

1613)突然ですが問題です【日本語編247】──質す 正す 同義語
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3360.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951428768&owner_id=5019671

1614)【切る 切れる 切ることができる 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12143683988.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951474815&owner_id=5019671

1615)突然ですが問題です【日本語編243】──必要 辞書【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3347.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951507450&owner_id=5019671

1616)【続「主に」の使い方──教えて! gooの「お礼」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12144020525.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951515970&owner_id=5019671

1617)【〈「拝+させていただきます」は誤用〉ですか? その2──教えて! gooの「お礼」】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9223392.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951516023&owner_id=5019671

1618)【揚げ足鳥カッパの日本語力】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951529644&owner_id=5019671

1619)【2016年03月の朝日新聞から 枠だけ確保】欠番

1620)【※下ネタ厳禁 「入れる」「出す」辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12145671355.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951620432&owner_id=5019671

1621)【「主に」の品詞と働き】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12146301275.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951636850&owner_id=5019671

1622)【送り仮名の話〈3〉──行う 行なう】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12146227952.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951663510&owner_id=5019671

1623)【すごい すごく すごい+用言〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12146301584.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951668109&owner_id=5019671

1624)突然ですが問題です【日本語編248】──組みする 与する 組みしやすい 与しやすい
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3361.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951699900&owner_id=5019671

1625)突然ですが問題です【日本語編249】──早速 早々 いち早く
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3362.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951726132&owner_id=5019671

1626)【すごい すごく すごい+用言〈4〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12148538335.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951726934&owner_id=5019671

1627)【目立つ 際立つ 引き立つ 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12147786092.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951750017&owner_id=5019671

1628)突然ですが問題です【日本語編244】──「主に」の品詞【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3354.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951811679&owner_id=5019671

1629)突然ですが問題です【日本語編245】──すごい すごく【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3355.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951821595&owner_id=5019671

1630)突然ですが問題です【日本語編246】──必要 要る〈2〉 【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3359.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951843152&owner_id=5019671

1631)【表記の話24──正す 質す 糾す/糺す】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12149289820.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1951853329&owner_id=5019671

1632)【だからネット記事は嫌い 「にくじる」がXの根拠をあげてみなさい 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12151619138.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952043794&owner_id=5019671

1633)【重文&複文 と 接続助詞 と デス・マス体の関係】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12151950961.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952069185&owner_id=5019671

1634)【助詞の話12「ハ」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12152259778.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952090073&owner_id=5019671

1635)【助詞の話12「ハ」の話のキッカケ】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12152279156.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952092124&owner_id=5019671

1636)【すごい とても 辞書 毒アリ編】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952162879&owner_id=5019671

1637)【2016年04月の朝日新聞から 枠だけ確保】
http://mixi.jp/vie

1638)【すごい とても 辞書 毒抜き編】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12155492567.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952305370&owner_id=5019671

1639)【すごい すごく すごい+用言〈1〉~〈4〉】 総集編
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3363.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952346240&owner_id=5019671

1640)突然ですが問題です【日本語編250】──句読点の打ち方 『記者ハンドブック』の場合
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3364.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952359337&owner_id=5019671

1641)【表記の話25──利く 効く 10人ではきかない】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12156453333.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952400005&owner_id=5019671

1642)突然ですが問題です【日本語編247】──質す 正す 同義語【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3360.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952418102&owner_id=5019671

1643)【「モ」の話 意外性 強調 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12156904976.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952434673&owner_id=5019671

1644)【断然と全然】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12157685922.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952469676&owner_id=5019671

1645)【ラの働き ノの働き】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12158000346.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952520126&owner_id=5019671

1646)【人称と接尾語のラの関係 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12158222469.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952538402&owner_id=5019671

1647)【場所を表わすニの働き 二の特殊用法? 資料編】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12162697906.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952850468&owner_id=5019671

1648)【場所を表わすニの働き 二の特殊用法?】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12162885042.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952868773&owner_id=5019671

1649)突然ですが問題です【日本語編251】──ワープロソフトで文章を作成( )編集する
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3365.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952905077&owner_id=5019671

1650)【爆笑=大笑いじゃない!?実は間違って使っていた日本語ランキング】ネット記事
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3375.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952992495&owner_id=5019671

1651)【爆笑=大笑いじゃない!?実は間違って使っていた日本語ランキング】ネット記事 〈2〉
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3366.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953031730&owner_id=5019671

1652)【2016年05月の朝日新聞から 枠だけ確保】欠番
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953087634&owner_id=5019671

1653)【「先生ニお電話をいただきました」 二の特殊用法?】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12166419612.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953115757&owner_id=5019671

1654)【「先生ニお電話をいただきました」 二の特殊用法?〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12166767374.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953140279&owner_id=5019671

1655)突然ですが問題です【日本語編252】──多人数 大人数 多勢 大勢
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3367.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953171324&owner_id=5019671

1656)【表記の話25────組みする 与する 組みしやすい 与しやすい】辞書 記者ハンドブック
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12169013017.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953211586&owner_id=5019671

1657)【人称と接尾語のラの関係 辞書〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12169523845.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953333148&owner_id=5019671

1658)【ネットで生まれた俗説だから、若い世代のほうが毒されている 目上に「了解しました」は失礼?】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12187430873.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953415246&owner_id=5019671

1659)【アクセス解析の記録──どなたかざっと訳してくれませんか】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12171027184.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953436468&owner_id=5019671

1660)【アクセス解析の記録② 悪いことはできない】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12171044479.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953437690&owner_id=5019671

1661)突然ですが問題です【日本語編253】──金がない 貧乏で情けない 金なんか要らないわけではない
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3370.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953496256&owner_id=5019671

1662)【謙譲語+尊敬語 ご覧になっていただく おられる ご存じ ご確認してくださる】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12187430116.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953505124&owner_id=5019671

1663)【「例文.jp」の怪 そにょ1「本日はご来店いただきまして誠にありがとうございます」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12176368245.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953736521&owner_id=5019671

1664)【2016年06月の朝日新聞から 枠だけ確保】 欠番

1665)【「例文.jp」の怪 そにょ2 拝見いたしました】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12187236667.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953811785&owner_id=5019671

1666)【ネットにあふれるデタラメ記事(敬語関連) 事例13 間違い以前の問題】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12176607172.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953819763&owner_id=5019671

1667)【焼き直し……にもなっていない】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12187429501.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954126728&owner_id=5019671

1668)【百歩譲って 一歩譲って 半歩譲って 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12186378836.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954171764&owner_id=5019671

1669)【「彼女を愛している」と「彼女のことを愛している」の違い 教えて! goo 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12022556601.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954173917&owner_id=5019671

1670)突然ですが問題です【日本語編254】──「こと」と「もの」 形式名詞の迷宮
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3371.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954175669&owner_id=5019671

1671)【「こと」と「もの」 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12181757261.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954177153&owner_id=5019671

1672)【ワープロソフトで文章を作成(  )編集する 資料編】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12164085210.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1952952283&owner_id=5019671

1673)【突然ですが問題です【日本語編248】──組みする 与する 組みしやすい 与しやすい】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3361.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954186203&owner_id=5019671

1674)【早々(と) 早速 いち早く 我先に】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12181888137.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954186481&owner_id=5019671

1675)【やっぱりWeb辞書は嫌い〈3〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2919.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954200194&owner_id=5019671

1676)【ワープロソフトで文章を作成(  )編集する 本編】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12164085491.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954200718&owner_id=5019671

1677)突然ですが問題です【日本語編249】──早々 早速 いち早く【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3362.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954252547&owner_id=5019671


1678)13)【句読点の打ち方/句読点の付け方 その13──『記者ハンドブック』の場合 〈1〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3372.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954386699&owner_id=5019671

1679)【「第一」の使い方】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954428298&owner_id=5019671
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12185363511.html

1680)【13)【句読点の打ち方/句読点の付け方 その13──『記者ハンドブック』の場合 〈2〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3374.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954453934&owner_id=5019671

1681)【2016年03~06月の朝日新聞から】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3373.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954466822&owner_id=5019671

1682)【「先生ニお電話をいただきました」 二の特殊用法? 辞書〈3〉──「ニ」か「カラ」か】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12187324721.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954504554&owner_id=5019671

1683)突然ですが問題です【日本語編255】──お仕事(  )お疲れさまです お仕事(  )頑張ってください
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954524966&owner_id=5019671

1684)【助詞の話 お仕事(  )お疲れさまです お仕事(  )頑張ってください】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12186665800.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954524998&owner_id=5019671

1685)【「案外」と「意外」辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12187484837.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954581070&owner_id=5019671

1686)突然ですが問題です【日本語編250】──句読点の打ち方 『記者ハンドブック』の場合【解答?編】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954591093&owner_id=5019671

1687)突然ですが問題です【日本語編251】──ワープロソフトで文章を作成( )編集する【解答?編】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954591393&owner_id=5019671

1688)【「多人数」と「大人数」】辞書
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12190506649.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954593263&owner_id=5019671

1689)【アクセス解析の記録③】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12189308027.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954705022&owner_id=5019671

1690)【「次第」「しだい」の使い方 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12189329210.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954715370&owner_id=5019671

1691)【彼女(のこと)を愛している〈2〉──彼女のことを感心していた 彼女に感心していた】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12192210224.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954832951&owner_id=5019671

1692)【この説明はあまりにも……。間違えがちな慣用句ランキング ネット記事】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12190866100.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954836191&owner_id=5019671

1693)【助詞の話──「勝ち負け」を示す「ニ」と「デ」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12192024744.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954910058&owner_id=5019671

1694)【「ウチの嫁or奥さん」が間違っているワケ……「間違い」ではないと思うよ コメントのやり取りから──配偶者の呼称 妻編〈4〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12195126211.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954932590&owner_id=5019671

1695)【「性癖=性的な嗜好」という意味で使っている段階でアナウンサー失格】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12194218107.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955077509&owner_id=5019671

1696)【2016年08月の朝日新聞から 枠だけ確保】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955171592&owner_id=5019671

1697)【イラッと来るのは暑さのせいかしら ほだされる】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12196327591.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955217668&owner_id=5019671

1698)【「乗りかかった船」 辞書 乗りかける 乗りかかる】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12196846508.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955265952&owner_id=5019671

1699)【以上 以下 以外 以内 超 未満】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12197480965.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955305041&owner_id=5019671

1700)【13)【句読点の打ち方/句読点の付け方 その13──読点の打ち方の実例】

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955428174&owner_id=5019671

1701)【二義性、両義性のある言葉 ニュートラルな言葉 辞書〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12200248802.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955488815&owner_id=5019671

1702)【「~ている」「~ていた」 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12201124085.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955554320&owner_id=5019671

1703)【2015年度(平成27年度) 「国語に関する世論調査」 今回の目玉は「ラ抜き言葉」?
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12202189729.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955628723&owner_id=5019671

1704)【引用のご作法53 態度 と 姿勢 辞書】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3391.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955652818&owner_id=5019671

1705)【【2015年度(平成27年度) 「国語に関する世論調査」】〈2〉 目覚めが悪い 寝覚めが悪い】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12203207394.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955691369&owner_id=5019671

1706)【なんで どうして 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12203380439.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955707336&owner_id=5019671

1707)【tobiはこうして汚れていく 】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12204139599.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955754121&owner_id=5019671

1708)【詐欺の続報 】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12204202637.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955754420&owner_id=5019671

1709)【【板外編16】「カラ」と「ニ」の話〈2〉 辞書?】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12204782117.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955778832&owner_id=5019671

1710)【2016年09月の朝日新聞から 枠だけ確保】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955824520&owner_id=5019671

1711)【ネット記事 大恥はどっち。こういう記事は調べて書こうよ。】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12206493698.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955895137&owner_id=5019671

1712)【「けっこう」「かなり」「まあまあ」「割に(割と)」「意外に(意外と)」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12206516540.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955917499&owner_id=5019671

1713)【【板外編16】「カラ」と「ニ」の話〈3〉 辞書?】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12207579079.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955957521&owner_id=5019671

1714)【すごい スゴい やばい ヤバい】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12199393965.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955436230&owner_id=5019671

1715)【ネット記事 大恥はどっち。こういう記事は調べて書こうよ。〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12224963960.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956011213&owner_id=5019671

1716)【若干批判的な記述を含むモロモロ──『問題な日本語』編】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12208184916.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956031495&owner_id=5019671

1717)【「王道」をめぐって】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12208627890.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956062399&owner_id=5019671

1718)【濡れ衣御三家】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12209087603.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956090103&owner_id=5019671

1719)【外人 外国人 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12210035296.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956151604&owner_id=5019671

1720)【濡れ衣御三家〈2〉 新御三家登場(笑)】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12210645757.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956162981&owner_id=5019671

1721)【「怖い」と「恐ろしい」 辞書〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12210659109.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956197258&owner_id=5019671

1722)【すこぶる」 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12210807744.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956198290&owner_id=5019671

1723)【tobiはこうして汚れていく〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12210968129.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956216571&owner_id=5019671

1724)【「最も」「もっとも」の迷宮】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12212113539.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956290941&owner_id=5019671

1725)【tobiはこうして汚れていく〈3〉 わかるかたはわかる。でも、わからんヤツは……】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12212908006.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956345457&owner_id=5019671

1726)【チャレンジ日記──「は」と「が」〈9〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12213829189.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956404702&owner_id=5019671

1727)【tobiはこうして汚れていく〈4〉 ネット記事】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12213989735.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956416470&owner_id=5019671

1728)【昔話の「~と。」「とさ。」という話し方は方言か okwave】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12214323743.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956437715&owner_id=5019671

1729)【助詞の重複 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12214332604.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956438187&owner_id=5019671

1730)【「も」と「をも」 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12214619470.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956459582&owner_id=5019671

1731)【懺悔の記録……彼がいきなり私のあそこにキスしてきた】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12215680945.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956494194&owner_id=5019671

1732)【若干批判的な記述を含むモロモロ──日本語教師関連編】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12216951375.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956614552&owner_id=5019671

1733)【tobiはこうして汚れていく〈5〉 わかるかたはわかる。でも、わからんヤツは……その2】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12214606303.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956762812&owner_id=5019671

1734)【中止法の使い方 教えて! goo これも「近接回避」か】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12221973912.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956947535&owner_id=5019671

1735)【「近接回避」の話】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12222114464.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956958292&owner_id=5019671

1736)【「社長はご飯を食べています」を尊敬語に 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12223163242.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957026379&owner_id=5019671

1737)【パクられた?・引用していただいた記録。】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12223357148.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957041588&owner_id=5019671


1738)【石原さとみの「校閲ガール」を校閲 「ウチなら不採用」……わざわざ書かなくてもわかるから(泣)。】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12211469406.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956249722&owner_id=5019671

1739)【「ぐうかわ」「ゆめかわ」…若者言葉に「かわいい」新語続々】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12210645757.html
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12210645757.html


1740)【】


1741)【若干批判的な記述を含むモロモロ──アルク編】


http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12208185032.html

1742)【若干批判的な記述を含むモロモロ──ネット記事編】


http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12208386093.html

1743)【tobiはこうして汚れていく〈6〉 わかるかたはわかる。でも、わからんヤツは……その2】1733)のダブリ?

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957149039&owner_id=5019671

1744)【tobiはこうして汚れていく〈7〉 そんなの濡れ衣だよ】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12225052714.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957149290&owner_id=5019671

1745)【人となり の使い方 OKWAVE 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12226311278.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957235084&owner_id=5019671

1746)【「ガ」と「ヲ」 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12226330340.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957237018&owner_id=5019671

1747)突然ですが問題です【日本語編252】──多人数 大人数 多勢 大勢──【解答?編】

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957248412&owner_id=5019671

1748)【すべて 全部etc.…… 教えて! goo 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12227217314.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957293685&owner_id=5019671

1749)突然ですが問題です【日本語編253】──金がない 貧乏で情けない 金なんか要らない──【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3370.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957313888&owner_id=5019671

1750)【確証する 教えて! goo 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12227779773.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957334937&owner_id=5019671

1751)【「と」「ば」「なら」「たら」の使い分け】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12227801747.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957337110&owner_id=5019671

1752)ネット投稿の光と影【光の部】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12228665747.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957393055&owner_id=5019671

1753)【「健闘」の使い方 教えて! goo 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12229799738.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957468770&owner_id=5019671

1754)【「乗ったまま」の使い方】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12225515579.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957510735&owner_id=5019671

1755)【まま ながら つつ 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12230411821.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957511464&owner_id=5019671

1756)【「立ち返る」と「立ち戻る」の違い】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12231246207.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957529551&owner_id=5019671

1757)【引く 引っ張る 張る 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12231524371.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957565697&owner_id=5019671

1758)【ネット投稿の光と影【影の部】】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12231246207.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957562577&owner_id=5019671

1759)【「幼少」の使い方 教えて! goo 辞書】
http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12231924758
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957615996&owner_id=5019671

1760)【私個人 個人的にも 個人的には 教えて! goo】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12231930872.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957616048&owner_id=5019671

1761)【二義性、両義性、多義性の話 】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12232649161.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957660481&owner_id=5019671
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード