FC2ブログ

チャレンジ日記──「は」と「が」 毒抜き編 〈1〉〜〈9〉

 下記のシリーズです。
【 日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html


mixi日記2009年04月25日から
 最近、まったく別のトピで【「は」と「が」】をテーマにしたトピが相次いで立った。

【この二つ文の違うところ】(日本語が上手く話せません。 トピック)
(2009年04月23日 23:48)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41976504

【「は」と「が」】(言語学 トピック)(2009年04月24日 20:18)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41999401

 前者はすぐに終わったが、後者が意外なほど伸びている。
 いままでこういうやり取りを何度見たかわからない。
 とくに「☆日本語教師☆」のコミュではしつこいほど繰り返されている。
 そのことは「3」の段階でリンクを張ってコメントを入れたけど、わかりにくかったせいか誰も読んではいないみたい。「19」で丁寧にリンクを張った人がいるけど、やっぱり誰も読んじゃいないみたいorz。

 この件に関しては以前(2008年09月17日)日記に書いた。
 あまりにも毒があったんで、内容を非公開にした。
【チャレンジ日記──「は」と「が」】(友人まで公開)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=936154320&owner_id=5019671

 トピに放り込むために、一部コメント部から加筆し、毒を抜いてリライトする。
これを書いたときには、この問題は「日本語教師」が扱う問題ではないと思った。もう少し正確に書くと、手に負える問題じゃないだろう。言語学か国語学の分野ではないかと思った。
 偶然か必然か今回は言語学のトピでやり取りが続いている。「日本語教師」のコミュよりははるかに意味のあるコメントが多い気がするが、やはり無理だろう。mixiで扱うような問題ではない気がする。

================================
 ちょっとした成り行きで「は」と「が」について書く気になった。
 いくらなんでも無謀だよ。国語学なんかの専門家が何十年だか知らないがずいぶん長い間研究しても結論が出ない話なんだよ。
 それがmixiだと大胆な方々が論争をしている。

【1】☆日本語教師☆「が」 「は」(2008年09月09日) 
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=34847505&comment_count=13&comm_id=19124
【2】☆日本語教師☆「は」と「が」(2008年02月06日)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27764805&comment_count=5&comm_id=19124
【3】☆日本語教師☆「は」と「が」(2008年02月07日)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27800832&comment_count=11&comm_id=19124

 何より恐ろしいのは、【3】の「1」のコメントのリンク先。
 このコミュ内だけで、同じようなトピがどんだけ立ってんだよ。
 検索もせずに立てる人も悪い(何回も同様のトピを立てている人は何者?)が、過去のトピも教えずに自説をズラズラ並べることに熱中している人も相当おかしい。
 そもそも、なぜ「日本語教師」のコミュでこんな話で盛り上がるのかがわからない。これって「言語学」とか「国語学」のジャンルの問題だろう。ためしに「言語学」のコミュで検索してみた。そんなテーマのトピはない。そりゃそうか。ちゃんと日本語をわかっている人なら、mixiで扱うべきテーマでないことはわかるはずだも。
 たとえば高校の教師がませたガキにこんな質問をされたら、答える必要あるの? それ以前に、正確に答えるだけの知識をもってるの?
 無理だよ。ホントに基本的なことだけ説明して、あとはいい参考書を教えて「自分で研究しなさい」って言うしかないでしょ。
 たとえば、数学の先生が高等数学の超難問に関する質問をされても、答える必要はないでしょう。そのくらいメンドーな問題ってこと。サラリと答えることができればカッコいいのだろうが。
 まあ、「日本語学習者」に質問されたら答える必要があるんだろう。どう答えてるんだろう。どれどれ。うわー、何言ってるか全然わからん。なかでもすごいのは【2】。コメント「141」まで伸びて、結論はどうなった? ケンカになってるorz。
 
 これほど危険なテーマとわかって何か書こうとするtobirisuもチャレンジャーだよなあ。
 他者と意見交換するよりはずっとマシだと思う。半端な知識の持ち主同士が意見を交換しても、なんの役にも立たない。平行線になるかケンカになるか。そんなバカなことするより、資料本の情報を交換をするべきだろう。
 こういうのは、先生の立場の人間が講義をするしか有意義な情報にはならないと思う。もうひとつ可能性があるとすると、ドンキホーテが叩き台を提出してツッコミを待つ。そしてボロボロにされて泣きながら帰る……ということで少し書いてみる。


 さて、ここまでは単なる悪態と予防線です。本題はここから。
 マトモなアプローチで書いている書籍は山ほどあるだろうから、通常とは少し違うアプローチで書く。まず、一般人は専門書ではなく、辞書を索くべき。「は」も「が」もいくつかの働きがあるが、主格につく場合に限って引用する。厳密に言うと主語とか主格とかって安易に使っちゃいけないんだけど、ここではフツーに使ってしまう。
 インターネット辞書『大辞泉』はあまりよくないので、『大辞林』から抜粋する。これも単に辞書の抜粋なんで、フツーに日本語を知ってる人はパスしてほしい。

=====================================
は(係助)
[1]特に一つの物事をとりあげて提示する。
・お酒―ぼくが買う
・食事―もうすんだ
[2]題目を提示して、叙述の範囲をきめる。
・象―鼻が長い
・ぼく―学生だ
・今日―よい天気だ
[3]二つ以上の判断を対照的に示す。
・行き―よいよい、帰り―こわい
・親に―孝行、友人に―信義
[4]叙述を強める。
(ア)〔補説〕 格助詞・副詞などに付いて意味や語勢を強める。
・たいてい―、そのまま帰る
・君と―もう会わない
(イ)〔補説〕 動詞・形容詞の連用形、および助詞「て・で」に付いて一続きの叙述の一部分を強調する。
・絶対に行き―しない
・なるほど美しく―ある
・まだ書いて―いない
・真実で―ない
[5]〔補説〕 「…(で)は…(だ)が」の形で譲歩の気持ちを表す。活用語の連用形に付くこともある。
・雨も、降り―降ったが、ほんのわずかだ
・ごめんどうで―ございますが
[6]動作・作用の行われる条件・事態を表す。現代語では「ては」の形で用いられるが、古語では「ずは」「くは」「しくは」などの形をとることもある。
・不正があって―ならない
・おこられて―大変だ
・会社として―万全の備えをするつもりです


が(格助)
体言および体言に相当するものに付く。
[1]主格を表す。古語では従属節の主格表現にのみ使用されたが、中世の頃より用法が広まり、一般に主格を表すのに用いられるようになる。
・ぼく―やります
・花―美しい
・先生―書いた本
[2]希望・能力・好悪などの対象になるものを表す。
・リンゴ―たべたい
・あの人―好きだ
[3]指示語に付いて、接続詞のように用いる。
・それ―ね、また大変な人なんだ
[4]連体修飾格を表す。「の」と同じ。現代語では文語的表現のみに用いる。多く、所有・所属・同格などの関係を表す。
・我―校の名誉
・梅―香
=====================================

 ちなみにこのテの専門書なんて手にしたこともない当方は、「は」と「が」って話になると、反射的に先日(9月15日)の日記でもふれた『日本語練習帳』を思い出してしまう。
 この名著?には、「は」の働きが4つあると書いてある。

1)問題(topic)の下に答えを持ってくるよう予約する
2)対比
3)限度
4)再問題化

 済みません。当方には、これが辞書以上のことが書いてあるとはとうてい思えないんだけど。
 1)がどういう意味なのかわかる人、教えてください。『大辞林』の[1]([2]もかな?)をものすごくむずかしく書いているだけなんて書いたら怒られる?
 2)は『大辞林』の[3]のこと。2つ並べるとは限らず、「猫は嫌い」と書くだけで言外に「○○は嫌いではない」とにおわすことがあるってのは、辞書にはないといえばないけど。そんなことフツーわかるだろう。
 3)は『大辞林』の[4]だろう。「限度」と「強調」のどちらが適切なのかはわからない。
 4)はグチャグチャ書いているけどサッパリわからない。当方には2)か3)に入るものって気がする。

 今度は「が」について見てみよう。
「が」の働きは2つあるとのこと。

1)名詞と名詞をくっつける
2)現象文をつくる

 1)は『大辞林』の[1][2]を無理矢理まとめてわかりづらくしている気がする。
 2)も『大辞林』の[1]だろ。
 
 このあと、『日本語練習帳』は「ハとガを同じと思わないこと」と解説している。そりゃ違うに決まっているけど、この記述を読んだ限りではどう違うのかどうにも理解できないのは、当方の理解力に問題があるのだろうか。
『日本語練習帳』ってそんなに真剣には読んでいなかったことに気づいた。文章の書き方に関するところはしっかり読んだが、ほかの部分は「何言ってんだか」って態度だった。
 今回辞書の記述と見比べながら「は」と「が」の説明を読んでビックリした。これって辞書に書いてある以上のことはほとんど書いてない。もちろん、入門者向けにそういうふうに書いたんだろう。それにしても、アンマリ。
 しかも、ものすんごくわかりにくい。これを読んだ当時より、当方が数段バカになっているのかもしれないが……否定できないorz。
 当時は、「素人にもわかりやすく噛み砕いて書いている分中身が薄い」という印象を持った。そのなかで、「は」と「が」に関してはうまくまとめている、と思った。じっくり読み直して、とんでもない勘違いだったとわかった。

【tobirisuの...ψ(。。)メモメモ...】
 ひょっとすると、ここからが本題? そうかもしれない。
 文法のことをガチャガチャ書く気はない。そんなことをすると、わかっていたはずのことまでわからなくなる。「は」と「が」が違うことは、長年日本語を使っている人ならわかるはずだ。その違いを本気で知りたければ専門書を読みなさい。ああいうトピで、知りたければ『○○』を読みなさい、というコメントがほとんどないのはどういうことなんだろう。訳のわからない個人的な意見を並べるのと、どちらが有効な情報か判断できないの? そうは言っても、『○○』を読みなさいと教えてもらっても読まないだろうな。

 ただ、覚えておいたほうがいいことがいくつかある。

1)希望・能力・好悪などの対象になるものを表す「が」は「を」でもいい
『大辞林』の「が」の記述中
[2]希望・能力・好悪などの対象になるものを表す。
・リンゴ―たべたい
・あの人―好きだ
 の「が」は、近年「を」にする人が多い。個人的にはイヤだけど、多くなっているんだからしょうがない。
「この店では新鮮な魚(  )食べられる」(能力……というより「可能」のほうが正確だと思う)
『大辞林』に従うなら、(  )に入るのは「が」。しかし、「を」と書く人も多い。辞書でも、そのことを認めているものがある。このヘンは「赤い本」に詳しく書いた。

2)初出の「が」、既出の「は」
 初出だの既出だの言うからメンドーに見える。昔話を思い出してほしい。

  昔々、あるところにおじいさんとおばあさんガ住んでいました。
  ある日、おじいさんハは山へ柴刈りに、おばあさんハ川へ洗濯に……。

 こういうこった。最初に出てくるときは「が」だけど、次に出てくるときは「は」。日本語ってそういうものなの。理由をちゃんと説明するのはものすごくむずかしい。
『日本語練習帳』の「ハとガを同じと思わないこと」の記述の中には、このことをうんと難解にしている(としか思えない)部分がある。なんでそんなことをしたのかは知らない。
 このことをトピに書いたことがあるけど、「そうじゃないこともある」とか反論された。下記のトピ参照(「2」と「3」)。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27871409&comm_id=19124
================================
むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさん( )おりました。
ある日、おばあさん( )川へせんたくに行きました。

この( )に何が入ると思いますか。これは坪田譲治の「うりひめこ」の冒頭なんですけど,二つとも「が」が入っているんです。

最初の( )は「が」しか入らないと思われますが,「あるところ」が「深い山奥」であれば,「は」を入れてもおかしくないでしょう。

新聞のニュースや小説の書き出しを見ますとね,修辞テクニックの問題なんでしょうけど,こういう一般に日本語教育で言われるセオリー通りではないものが結構あるんです。

出来上がった問題の正解は一つだけじゃないかもしれないという視点は必要だと思います。
================================

 それはそういう使い方をする人もいるってこと。そういう特別な文学作品をもってきて語られてもなあ。句読点の話をしているときに、野坂昭如の小説をもってきて「例外もある」と語っても意味がないでしょう。

3)「が」の後ろにはムヤミにテン(読点)を打ってはいけない。
 こういうふうに書けば、誰だって「でも〈は〉の後ろならいいのね」と感じる。それは「は」に対比の働きがあるから。フツーはわかるわい。
 テンの話に関しては「伝言板」の「句読点の打ち方」を見てほしい。いけね。この部分は書いてないや。これも「赤い本」を見てね、と書くと「いい加減にしろ」って言われそうなんで、赤い本から抜粋しておく。

 以下に書いたのは句読点の話で、直接「は」と「が」の話とは関係ないので省略。興味のある方は下記をご覧ください。

【伝言板 板外編2──読点と使い方の2つの原則と6つの目安】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-145.html



【チャレンジ日記──「ハ」と「ガ」〈2〉】

mixi日記2011年11月02日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1791581415&owner_id=5019671


 直接的には下記の続きだろうな。
【チャレンジ日記──「は」と「が」 毒抜き編】(2009年04月25日)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1148330346&owner_id=5019671

 テーマトピは下記。
【「[N] がありますか」と[「N] はありますか」】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=65898419&comm_id=398881

 下記のコメント欄もご参照ください。
突然ですが問題です【日本語編79】──この近くに駐車場{ハ/ガ}ありますか。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1790973508&owner_id=5019671


 以前にも書いたように、「ハ」と「ガ」全般のことを語ろうとしたら、相当量の専門書や論文を読まないと無理だろう。少なくとも当方はそんな恐ろしいことをする気はない。
 ただ、具体的な例文を出して、「どちらが適切か」「どちらが自然か」を考えることなら、できなくはない気がする。
 今回は「適切」「自然」という書き方をする。「不適切」はたいていの場合ヘンだが、「不自然」はそれなりの文脈を用意すればOKになることが多い……くらいに考えてほしい。

 まず、質問文を一部加工して転載する。機種依存文字を使うのはやめてもらえないかな。
================================
 Japanese for busy people�を使用して日本語を教えています。教案を作っているうちに、助詞の「が」と「は」について自分も混乱してしまい、整理できない点が出てきました。

 Lessonn9(存在文)[Target dialogue]
 かとう:すみません。【この近くに駐車場がありますか。】
 店の人:ええ、ありますよ。
 かとう:どこですか。
 店の人:あそこにコンビニがありますね。駐車場はあのコンビニのとなりです。
 かとう:どうもありがとう。

 最初の【この近くに駐車場 が ありますか】と言う文ですが、私は【この近くに駐車場 は ありますか】の方が自然に感じてます。
 
 新しい情報を提示する際の助詞は「は」ではなく「が」を使うと教科書内でも説明しています。私もその点は理解しています。

 練習問題にも
 ・この近くにバス停がありますか。
 ・この近くに郵便局がありますか。
 のように、「が」を使用して所在を聞く練習問題が掲載されています。

 質問�→質問1)
 みなさまは、会話の最初の一文として【この近くに駐車場 が ありますか】と【この近くに駐車場 は ありますか】では、どちらの文がより自然だとお考えでしょうか。自分の感覚だけで指導するのが少し心配になったので質問をさせていただきました。(地方出身者なもので、それが関係してるのだろうかと考えました。)

 質問�→質問2)
 この会話文のように、所在を聞くときの質問文では、やはり新しい情報の提示と言うことで、「が」を使用して質問をすると指導する方がよいのでしょうか。
================================

 コメント[1]に出てくる〈相手が「駐車場」という施設を知っていると確信している〉をめぐって、以下のコメントが混乱している気がする。コメント[2]と[4]の間でトピ主の理解が大きくかわっていることを知っている人は何人くらいいるのだろう。この点にこだわると話が煩雑になるので無視する。
 下記【事例3──通93】参照。※公開制限あり
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1790846512&owner_id=5019671

  【テーマ例文】
  この近くに駐車場(  )ありますか。

【テーマ例文】の(  )に入るのは「ハ」か「ガ」か。
 これはコメント[0]に出てくる『Japanese for busy people I』にあるもの。コメント[3]に出てくる「華東師範大学出版の聴解の教科書」も、同様の例文を「ガ」にしているらしい。
 個人的な感覚だと「ハ」だと思う。でも「ガ」が間違いと言い切る根拠もない。つまり、自然なのは「ハ」。「ガ」は決して不適切ではないが、「ハ」よりもちょっと不自然。なぜそうなるのかは不明だけどさ。
 では、2冊の教科書?はなぜあえて不自然な「ガ」を使っているのか。
 理由は2つ考えられる気がする。
  1)何も考えてないホニャララ本だから
  2)学習者を混乱させないため

 1)の可能性が高いが、それではミもフタもないので、あえて2)と考えることにする。


●存在文だから疑問文も「ガ」にしちゃえ(←オイ!)
  1) この近くに駐車場(  )あります。
  2) この近くに駐車場(  )ありますか。
 
 1)は存在文(でいいのかな?)の基本形で、「ガ」が自然(「ハ」は不自然)。
 これを2)の疑問文すると、なぜか「ハ」が自然になる(「ガ」はほんのちょっと不自然)。
 理由を簡単に説明できるならするべきだけど、けっこう難問。だったらどっちも「ガ」で通したほうが学習者が理解しやすいのでは。
 教科書制作サイドがそう考えたのだとすると、ホニャララ本なんて失礼なことは書けない。

 ただし、存在文であっても下記の場合は「ハ」のほうが自然になる。5)あたりになると、「ガ」は不適切な気さえする。理由は不明。上記の教科書ではどう扱っているのでしょ。さすがにこれを全部「ガ」で押し切るのは無理だろう。
  3) この近くに駐車場(  )ありません。
  4) この近くに駐車場(  )ありませんか。
  5) この近くに駐車場(  )ありませんよね。

 個人的には、3)は否定文だから、という仮説を根深くもっている。存在文の「ガ」より、否定文の「ハ」のほうが強いってこと(ホントか?)。4)や5)が「ガ」になりにくいのも、「ありません」の影響だと思う。
 もしそうなら、〈存在文は基本的に「ガ」だけど、否定文は「ハ」になる傾向がある〉で済む。否定文ではない疑問文はどう扱うべきなのだろう。
 下記参照。
続【「は」と「が」】──雨が降るそうです/雨は降らないそうです
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=42113447&comm_id=2748


●道などを訊くときの前提
 コメント[5]に〈そもそも道を聞くなんてことは、相手が多分知っているだろうと思っているからできる〉とある。そうなると、既知(既出)だから「ハ」が自然。常識的にはそのとおりだと思う。ただし、そういう「前提」ではあっても「確信」ではないだろう。
 そうではないという非常識?な考え方もできる。
 以下は某所に書いたこと。これは「未知(未出)」だろう。でも「ハ」が自然。
================================
 わかりやすくするために、うんと極端な例をあげます。
 車を運転している当方が、まったく未知の土地で駐車する場所を探しているとします。人通りが少なく、やっと出会ったのが、どう見ても運転とは縁のない老婆です。当方が老婆に声をかけます。(  )に入るのは「ガ」でしょうか「ハ」でしょうか。
「もしご存じだったら教えてほしいのですが、この近くに駐車場(  )ありますか」
 当方は「ハ」が自然だと思います。しかし、老婆が〈近辺の「駐車場」の場所を知っている〉と確信しているからではありません。むしろ「たぶん知らないだろうな」と思っています。
================================


●前後の助詞との関連
 〈「ハ」と「ガ」のどちらが入るか〉を考えるとき、前後の助詞の話も重要になってくる。ここでは前後に「ハ」や「ガ」があるかないかだけを考える。厳密に考えると、役割分担みたいなことになりそうだが、無視する。
「論理」で考えるとむずかしいから、「生理」で考える……と言ってもいい。
  6) 来週の月曜日ハ、予定(  )ありますか。
  7) 来週の月曜日ですガ、予定(  )ありますか。
  8) 来週の月曜日、予定(  )ありますか。
  
 6)は両方OKだけど、「ガ」のほうが自然に感じる。
 7)は両方OKだけど、「ハ」のほうが自然に感じる。
 8)は両方OK。しいて言えば「ハ」って気がするが、理由が説明できないから個人的な趣味でしかない。
 こういうことは、話し言葉だとそんなに神経質になる必要はないかもしれないが、書き言葉だとけっこう気になる。
 直前に「ハ」や「ガ」があるから……以外の理由があるのだろうか。↑の老婆への質問も、「ハ」が相当イヤなのは直前の「ガ」の影響もありそうだ。
 こうでも考えないと、某所に書いた下記の説明ができない(泣)。
================================
 ちなみに、下記だと「ガ」のほうが自然だと思います。
「確信」なんて関係ありますか? 既知とか未知とか関係ありますか?
「この近くにハ駐車場(  )ありますか」
================================
 ってことで、下記を9)にする。
  9) この近くにハ駐車場(  )ありますか。


●疑問詞との組み合わせ
 以下はほぼヨタ話……と言うより詭弁に近い。
 疑問文と「ハ」と「ガ」って話になると、〈疑問詞を使う場合は「ガ」〉という説が出ることがある。
  10) 誰ガ担当者ですか。
 たしかにハにはしにくい。ほとんど「不適切」だろう。
 語順を入れかえる。
  11) 担当者ハ誰ですか。
 これならガにはしにくい。ほとんど「不適切」だろう。
 つまり、〈疑問詞を使う場合は「ガ」〉ではなく、〈疑問詞に直接つくのは「ガ」〉ってことじゃないかな。〈疑問詞の前に来るのが「ハ」で、疑問詞の後につくのが「ガ」〉と言うべきかな。疑問詞の前に来ると〈主題のハ〉になる、とも言える。
 このあたりのことも、〈続【「は」と「が」】──雨が降るそうです/雨は降らないそうです 〉のトピに出てくる。雑音も多いけど、役に立つトピだ。

 ここから妙な論理展開を思いつく。
  12) どこガ駐車場ですか。
    ※ちょっと不自然な気もするけど、「ハ」よりはマシ。
  13) 駐車場ハどこですか。
    ※11)と同様で、ガにはしにくい。ほとんど「不適切」だろう。
 この流れで考えると、下記は「ハ」のほうが自然だろう。
  14) 駐車場ハどこにありますか。
  15) 駐車場ハありますか。

【テーマ例文】に関しては、「ハ」でも「ガ」でもOKとしか言いようがないだろう。「どちらが自然」なのかは論理的は説明できない。
 あえて理由をつけるなら、「ガ」がOKなのは存在文の変形と考えることができるから。
「ハ」がOKなのは、↑のような理由から。簡単に言うと、「(後ろに)疑問詞を内在している文型」だからかな。15)に「この近くに」がついていると考えればOK。厳密に言うと、「駐車場ハどこにありますか」なら前段は「この近くで」だろうけど。
 o( ̄ー ̄;)ゞううむ
 我ながら強引だ。穴がいろいろありそうだけど、許して。やっぱヨタ話レベルだな。
 フツーに考えたら、「ハ」と「ガ」の問題なんてわかんないよ。なんで【テーマ例文】は「ハ」が自然なんだろう。

 
 矛盾点を探してみた。例外はどこまでもつきまとう(泣)。
  a あそこ{ハ/ガ}さっきから話題の駐車場です。→既知だけど「ガ」が自然
    「さっきから話題の駐車場」を「目的地の○○」にするともっとハッキリする?
  b さっきから話題の駐車場{ハ/ガ}あそこです。→既知だけど両方OK?
  c 駐車場{ハ/ガ}どこか教えてください。→疑問詞の前だけど両方OK?


【チャレンジ日記──「ハ」と「ガ」〈3〉日本語】
「ほぼお手上げ」ってことで話を済ませようと思ったが、妙な例文を見つけたんで【テーマ例文】の3)にする。素朴な疑問なんだけど、このベストアンサーみたいな解説って、日本語学習者が理解できるのだろうか。「近接回避」(仮称)なんていい加減なことを言わずに。「ハがついたほうが主題……」とか書くほうが正確だとは思う。でもこれがイマイチ理解できない当方の立場は……(泣)。
【A社に外国人の社員さんがいますか】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186851806

【テーマ例文】
1)この近くに駐車場{ハ/ガ}ありますか。  
2)今月の26日に空室{ハ/ガ}ありますか。
3)A社に外国人の社員さん{ハ/ガ}いますか。

 2)はトピに出てきた例文を少し加工した。元の文は「今月の26日ですガ、部屋ガ空いていますか」。これだと「ガ」の「近接回避」のために「ハ」のほうが自然だろう。
 1)~3)はほぼ同じ構文だと思う。
  (場所/時)に(物/人){ハ/ガ}(ありますか/いますか)
 個人的な感覚では、どれも「ハ」のほうが自然。「ガ」を自然にするためにはそれなりの文脈が必要になる。具体例が意外に難物で……。
 理由はまったくわからないが、1)2)は「ガ」でもさほど異和感がないのに、3)には相当異和感がある。
 ついでに書くと、1)は「この近くに」でもいいと思うし、2)は「今月の26日に」でもいいと思う。しかし、3)は「A社にハ」と「ハ」を入れるほうがずっと自然な気がする。そうなると、「近接回避」(仮称)のルールに従い、「社員さんガ」のほうが自然になる。
 おそらく、〈会社は無数にあるけど、ほかでもない「A社にハ」いるのか〉ってことなんだろう。
 一方1)の〈この近く〉と対比される言葉はそれほど多くはない。仮に〈駅前にハ云々〉がすでに話題になっているのなら、「この近くにハ」にしたくなるけど。2)の〈今月の26日〉は1)と3)の間くらいかな。
 ↑のYahoo!知恵袋でイチバン過激な意見は、〈「A社に外国人の社員さんがいますか。」は不自然な日本語〉で〈現実性の乏しい作文〉であり〈実際に使うタイミングはありません〉としている。気持ちはわからなくはないけど、ここまで断言する勇気はない。それなりの文脈があればOKになるはず……とは思いながら、適切な文脈が思いつかない。
 1)2)に比べて3)の異和感が強い理由もわからない(泣)。


【チャレンジ日記──「ハ」と「ガ」〈4〉

 テーマトサイトは下記。
【日本語の「が」と「は」の違いについて教えてください。】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1494031699
================================引用開始
日本語の「が」と「は」の違いについて教えてください。
外国人に日本語を教えています。

「質問はありますか?」という問いに対して答える文として、
A「質問はありません」 もしくは B「質問があります」ということを教えた際に、

どうしてAのときは「は」で、Bのときは「が」を使うのかと聞かれました。
わたしにはうまく答えられなかったので、どなたか教えてくださると助かります。

よろしくお願いいたします。

補足
ありがとうございます。「質問はありますか」が一般的でないなんて驚きました。まずは自分の日本語を見直さないといけないですね。

それでもよくわからないのですが、「質問があります」のとき「が」になる理由は、2)形容詞述語文内に書かれている“強調“ですか?
================================引用終了

 最初のコメントが削除されたので、質問者の【補足】が浮いている。
 たしか、「質問ありますか?」は×で、「質問ありませんか?」にするべきとしていた。これはこれでひとつのテーマになりそう。たしかに「質問ありませんか?」のほうがいい気がするが、「質問ありますか?」が×とは思えない。
 本題は、下記の問題とほぼ同様だろう。ちとウッカリして、このトピの話を回収していなかった。

【続【「は」と「が」】──雨が降るそうです/雨は降らないそうです】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=42113447&comment_count=76&comm_id=2748
 
 当方がトピ立ての際に書いたコメントが下記。
================================引用開始
1)明日、父が帰ってきます。
2)明日、父は帰ってきません。

3)明日、雨が降るそうです。
4)明日、雨は降らないそうです

 1)は「は」でもいいのかもしれません。
 しかし、2)~4)は「は」を「が」にかえる(逆に「が」を「は」にかえる)と不自然な気がします。

 このようになる理由をおわかりの方はいらっしゃいませんか。
 疑問は主として2つあります。
A 肯定文と否定文で「が」が自然になったり「は」が自然になったりするのはなぜか
B 1)だけが「が」でも「は」でも不自然でない気がするのはなぜか
================================引用終了

 いろいろあって、仕切り直して書いたコメント[60]の一部が下記。
================================引用開始
 タチの悪いイタズラをしでかした犯人を捜すために先生が子供に訊く……くらいの状況を考えてください。
先生「あのイタズラをしたのは太郎ですか、次郎ですか」
三郎「太郎はしてません。次郎がしました」
 ※三郎の言葉は「次郎がしました。太郎はしてません」と入れかえることも可能でしょう。
 ※この例文だと、既出(旧情報)&初出(新情報)は無関係だと思います。「文脈のよる」とも言えない気がします。

 さらにこれは次のような形も考えられます。
先生「あのイタズラをしたのは太郎ですか、次郎ですか」
太郎「ボクはしてません。次郎がしました」
 ※太郎の言葉は「次郎がしました。ボクはしてません」と入れかえることも可能でしょう。
 ※第三者と当人では違いがあるのかないのか不明です。とりあえずいまのところは、違いはないようです。

 こうなると、「肯定文では〈が〉になりやすく、否定文では〈は〉になりやすい」と言えるのでは……という気がします。
================================引用終了

 コメント[62]以降で、興味深い話になる。
 否定文だから「ガ」になるのではなく、〈No.1(複数犯のなかの主犯or単独犯)をマークするときに「ガ」〉になる、と考えられるらしい。
 だから、質問が「宿題をやってこなかったのは太郎ですか、次郎ですか」という形になると「ガ」と「ハ」が逆転する。
三郎「太郎はやってきました。次郎がやってきてません」
太郎「ボクはやってきました。次郎がやってきてません」
 この場合は、なぜか「次郎はやってきてません」でもさほどおかしくないのかもしれない。
 うーん。困った(泣)。

 ネット上で閲覧できる論文などを見ても、こういう考え方をしているものが見当たらない。論外なのかな。論文になると、当方の読解力を超えているという説もある。
 下記は前に別のトピで紹介されていた例。
http://park21.wakwak.com/~attire/research/hatogayousi.htm
http://www.pantomime.org/nihongo-tusin/note.html

 気になったのは下記の冒頭近くにある一文かな。
http://homepage2.nifty.com/arima-yty/misc/waga.html
>新しい話題は<が>だとか、否定になると<は>だとか、一元的な説明をあきらめているふしもあるようである。
 この場合「一元的な説明」がどういう意味かわからないが、「否定になると<は>」という考え方はあるらしい。

 適確な説明はできないが、「否定文では〈は〉になりやすい」と言えそうな気がする。
 そうとしか言えない例に遭遇した。
【チャレンジ日記──「ハ」と「ガ」〈2〉】に出てきた下記もそう。
================================引用開始
  1) この近くに駐車場(  )あります。
  2) この近くに駐車場(  )ありますか。
 
 1)は存在文(でいいのかな?)の基本形で、「ガ」が自然(「ハ」は不自然)。
 これを2)の疑問文すると、なぜか「ハ」が自然になる(「ガ」はほんのちょっと不自然)。
 理由を簡単に説明できるならするべきだけど、けっこう難問。だったらどっちも「ガ」で通したほうが学習者が理解しやすいのでは。
 教科書制作サイドがそう考えたのだとすると、ホニャララ本なんて失礼なことは書けない。

 ただし、存在文であっても下記の場合は「ハ」のほうが自然になる。5)あたりになると、「ガ」は不適切な気さえする。理由は不明。上記の教科書ではどう扱っているのでしょ。さすがにこれを全部「ガ」で押し切るのは無理だろう。
  3) この近くに駐車場(  )ありません。
  4) この近くに駐車場(  )ありませんか。
  5) この近くに駐車場(  )ありませんよね。

 個人的には、3)は否定文だから、という仮説を根深くもっている。存在文の「ガ」より、否定文の「ハ」のほうが強いってこと(ホントか?)。4)や5)が「ガ」になりにくいのも、「ありません」の影響だと思う。
 もしそうなら、〈存在文は基本的に「ガ」だけど、否定文は「ハ」になる傾向がある〉で済む。否定文ではない疑問文はどう扱うべきなのだろう。
================================引用終了


【チャレンジ日記──「ハ」と「ガ」〈5〉

 コメントを回収しておく。なんで皆さんこんなメンドーな話が好きなんでしょうね。どっちもOKではダメだんだろうか。
 テーマトサイトは下記。
【授業はありませんか? 授業がありませんか? この2つの文章は自然でしょうか?】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1295608092

【tobiクンのコメント】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「授業はありませんか?」「授業がありませんか?」

結論だけを書くと、2つとも不自然とは言えません。
個人的には「授業ハありませんか?」のほうが自然に感じます。文脈によっては「ガ」が自然なこともあるでしょう。
日本語学習者向けの教科書には、下記の例文が出ているそうです(詳しくは下記のリンク先参照)。

この近くに駐車場がありますか。
今月の26日ですが、部屋が空いていますか。

おそらく「存在文」の「ガ」と同様に扱うためと思われます。これは下記の②と同じ形でしょう。ご質問の例は④ですよね。

①授業があります。……「存在文」の基本形
②授業がありますか。……「存在文」の疑問文
③授業がありません。……「存在文」の否定文
④授業がありませんか。……「存在文」の否定文の疑問文

①~④をすべて「ガ」にするほうが学習しやすいので、そうしているような気がします。それで大きな問題はないと思います。
こういう事実を無視して、④は「ハ」のほうが自然とするのは無理を感じます。
個人的には、②~④は「ハ」のほうが自然だと思います。しかし、その理由を論理的に説明するのはむずかしいので、強く主張する気はありません。過去にいろいろな説明を目にしましたが、ニュアンスの違いはきわめて微妙で、少なくとも当方が納得できる説明は見たことがありません。
この問題に関しては、SNSのmixiのトピでかなり突っ込んだやり取りをしたことがあります。専門的な話も出ましたが、結局は「よくわからない」としか言いようがありません。「文脈しだい」ということでしょう。


以下は、「あえて説明するなら」という話です。余談とお考えください。ご質問の例は下記の4)と同様だと思います。
詳しくは下記をご参照ください。なお、文中で「不自然」としているものでも、やや特殊な文脈を用意すれば「不自然」ではなくなりそうです。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-592.html
以下は一部の抜粋(重言)。
================================引用開始
1) この近くに駐車場(   )あります。
2) この近くに駐車場(   )ありますか。

1)は存在文(でいいのかな?)の基本形で、「ガ」が自然(「ハ」は不自然)。
これを2)の疑問文すると、なぜか「ハ」が自然になる(「ガ」はほんのちょっと不自然)。
理由を簡単に説明できるならするべきだけど、けっこう難問。だったらどっちも「ガ」で通したほうが学習者が理解しやすいのでは。
教科書制作サイドがそう考えたのだとすると、ホニャララ本なんて失礼なことは書けない。

ただし、存在文であっても下記の場合は「ハ」のほうが自然になる。5)あたりになると、「ガ」は不適切な気さえする。理由は不明。上記の教科書ではどう扱っているのでしょ。さすがにこれを全部「ガ」で押し切るのは無理だろう。
3) この近くに駐車場(   )ありません。
4) この近くに駐車場(   )ありませんか。
5) この近くに駐車場(   )ありませんよね。

個人的には、3)は否定文だから、という仮説を根深くもっている。存在文の「ガ」より、否定文の「ハ」のほうが強いってこと(ホントか?)。4)や5)が「ガ」になりにくいのも、「ありません」の影響だと思う。
もしそうなら、〈存在文は基本的に「ガ」だけど、否定文は「ハ」になる傾向がある〉で済む。否定文ではない疑問文はどう扱うべきなのだろう。
================================引用終了

下記も参考になると思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1294434767


【追記】
 余計なことかもしれないが、〈初出の「が」、既出の「は」 〉について補足しておく。
 mixiのトピに書いたら、〈日本語ってそういうもの〉ではない、と反論されてビックリしたことがある。あんまり古いことなんで、どこに書いたのか忘れてしまったorz。
 そんなのは当たり前で、もしこれが絶対的なルールなら、長編小説の冒頭で「ガ」を使ったあとは「ハ」は使えなくなる。それは困るだろう(笑)。
 そもそも、〈ある日、おじいさんハは山へ柴刈りに、おばあさんハ川へ洗濯に……。 〉だって「対比?」の「ハ」じゃないかって気がする。
 これが〈ある日、おばあさんガ川へ洗濯に行ったときのことです。 〉なら「ガ」のほうが自然だろう。
 ただね。
 入門者に、「ハ」と「ガ」の違いに興味をもってもらうには好例だと思っている。
 いきなり「主題」だ「主語」だと始めるより、ずっとマシじゃないだろうか。



【教えて! gooで庭三郎氏発見 改──
チャレンジ日記 「ハ」と「ガ」〈6〉

mixi日記2015年10月15日から

 下記を書き直しました。
【教えて! gooで庭三郎氏発見】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12068140547.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945601510&owner_id=5019671

 ちょっと驚いたんだけど、教えて! gooに、庭三郎氏が参加しているらしい。
 これはmixiに金谷武洋氏が参加していることを知って以来の衝撃かも。
【第20回 「は」と「が」はどう違う?】
http://blog.goo.ne.jp/shugohairanai/e/89f68f5696c3dcad4cbdf059d39da6a3

 庭三郎氏に関して当方も詳しいことは知らないが、下記あたりを参照してほしい。日本語教師の世界ではかなり知られた人らしい。Macintoshだとフツーにアクセスすると文字化けするのがタマにキズ。
【庭 三郎 の 現代日本語文法概説】
http://www.geocities.jp/niwasaburoo/

 下記で初めて知った。「なりすまし」の可能性もあるが、ほかのコメントを読むとどうも本物らしい。今後は勉強させてもらう。
【「しつつある」という表現について】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9050839.html

 教えて! gooでのHNはnwsaburoo。
 ほかに下記あたりでコメントしている。専門家がこういう平易な文章で解説してくれると助かる。せっかくのコメントが、グダグダのコメントに埋もれてしまっているのが残念。
【「私は花が好きだ」の「花が」】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9048593.html
==============引用開始
こんにちは。

以前、「学校文法」について書いたものをコピーします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7878213.html

(前半省略)
学校文法のことを少し書いておきます。
ここでの問題は、「学校文法」というものの内実です。これもくわしく書くと長くなるので、はしょって書きますが、学校文法というのは非常に不完全な、説明能力の限定された文法です。

ここでまた、たとえを出して説明します。今、中学で教えている学校文法というのは、算数にたとえれば、自然数の範囲で四則演算(+-×÷)をやっているようなものです。足し算は自由にできますが、引き算の練習では負の数が出ないように、(5-3)のような練習問題しかできません。(3-5)はできないのです。同様に、かけ算は自由にできますが、割り算は必ず割り切れるものだけにします。分数はまだ知らないのです。余りが出るのは美しくないでしょう。

このたとえと同じで、中学で習う文法の練習問題は、必ず答えがすっきり出るような例文ばかりです。日常的な、実際の日本語の中の、学校文法の枠組みでは答えが出にくいものは、慎重に排除されています。
上の「ハ・ガ文」はまさにそのようなものです。

学校文法は、子どもに日本語の中の規則性をごくかんたんに教えるには、それなりに教育的価値のあるものですが、不合理なところがいろいろあり、現在の文法研究者で学校文法を良いものだと思っている人はほとんどいないでしょう。
なんと言っても、戦前の、日本語の文法研究がまだ始まったばかりと言ってもいい時代に作られた枠組みを、そのまま教えているのです。古典文法の理解のためには、それなりに役立つのでしょうが、それにもいろいろ批判があります。早くやめたほうがいいのですが、一つの体制が確立してしまうと、その改革には非常に大きな労力が必要で、一部の文法研究者が取り組んでいるようですが、難しい問題です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「主題」も「対象語」も「補語」も「目的語」も、学校文法の用語にはありません。それらが分析のための用語として使われるようになったのは、戦後のことです。(「目的語」は英文法の用語です)
現実の日本語を、納得がいくように分析することは、学校文法では無理なのです。残念ながら。

saburoo
==============引用終了

 ほかに、同じnwsaburoo名義でAmazonのレビューも書いている。これを読むだけでタダモノではないことがわかる。残念なことに当方にはやや難解。
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A3V4N23K6JCVYA?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview

 ブログもあるのね。これは要チェックかも。
http://blogs.yahoo.co.jp/niwasaburoo


 ちなみに、以前〈「ハ」と「ガ」の違い〉に関し、自分の手に余るので庭三郎氏のサイトから引用した(コメントNo.3)。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9003546.html
 No.4で大胆な感想を書いた人がいる。

==============引用開始
#3さんが専門家?の説明を紹介していますので、若干、感想を。
第一印象は、わたしのような頭の悪い人間にとっては、あまりに煩雑すぎる・・・ですね。
挙げている参考文献が膨大なのですが、なるべくたくさん取り込もうとして、そうなってしまったような気もします。
まあ、それは好き好きですからとやかく言うつもりはありませんが、解説文自体も、結構、回りくどい印象を受けます。
たとえば、ほんの一例ですが、
------------------------------------------------------
「は」の用法の基本:
1 何かを頭の中に思い浮かべて、それについて情報を述べたり、質問したりするとき。 
    えーと、財布、財布、、、あ、ここにある。 → 財布はここにある。
   (人を探して)陳さーん、陳さーん。陳さんはどこへ行ったんだ?

2 話の場にあるもの、話に出てきたものなどについて情報を述べたり、質問したりするとき。
   あ、おいしそうなお菓子! (食べてみて) このお菓子はおいしいね。
   もしもし!(あなたは)どちらへいらっしゃいますか?
   「これはどこにおく?」「それはあっちに持って行って。」
   「中学の時の先生が亡くなったって聞いて悲しくなっちゃった。」「その先生は何歳だったの?」

3 一般的な事実(真理)などを述べるとき。(「が」の用法1との違い)
    学生は学校に毎日通う。
    電車は線路を走る。
    植物は肥料をやるとよく育つ。
    雨は冬より夏にたくさん降る。(東京では) cf. 雨が降っている。(今、目の前で)
(1・2・3は結局、「話し手(と聞き手)がその場で頭に思い浮かべられるもの」とまとめることができる。) 
   
4 何かの部分や「~は~が」文の「~が」について、特に対比の意味を持たせて言いたいとき。
私は中国語は少しわかる。(韓国語はぜんぜんわからない。)
    象は、鼻は長いが、足は短い。 
    私は日本酒は好きだけれど、ウイスキーは好きじゃない。
------------------------------------------------------
のような記述があります。4つも例を挙げる必要がありますかね。まあ、親切心からだと思うので、文句は言いたくないのですが、絞り込んだほうが本質が理解しやすくなることは結構多いでしょう。
単純に、
【○○は】⇒○○を主題提示して、「○○」に関して「は」以降で話を展開する用法。
と言えば済むと思うのですけどね・・・。
文中の表現を使っても、『1 何かを頭の中に思い浮かべて、それについて情報を述べたり、質問したりするとき。』だけで全て網羅できているでしょう。
誤解なさらないでいただきたいのですが、必要性があるなら、いくら回りくどくても長くても良いと思います。
しかし、無闇に長けりゃ良いということにはならないはず。
==============引用終了

 大前提として、この引用は庭三郎氏のサイトのどこにあるのだろう。
 ずいぶん探してしまった。なぜか検索してもヒットしにくい。
 下記からたどれる。
【5.「は」について 】
http://www.geocities.jp/niwasaburoo/09wa.html 
【補説§5】
http://www.geocities.jp/niwasaburoo/09wahosetu.html
§5.2 「は」と「が」の基本
 
 どちらの説が説得力があるのか当方にはわからない。
 ホントにひとつに集約できるのなら、それに越したことはない。
 いろいろあげているのは、ひとつだけでは網羅できないからじゃないかな。ほかの専門家の説を見ても、いくつもあげている。
 たとえばかの『日本語練習帳』の記述(「たとえ」の後に読点を打ってはいけない)。
 この名著?には、「は」の働きが4つあると書いてある。
 入門者向けにかなり絞り込んでいるけど、それでも4つある。よく読むと内容にはいろいろ問題を感じるんだけどさ……。
【チャレンジ日記──「は」と「が」 毒抜き編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-592.html
 以下は一部の抜粋(重言)。
==============引用開始
1)問題(topic)の下に答えを持ってくるよう予約する
2)対比
3)限度
4)再問題化

 済みません。当方には、これが辞書以上のことが書いてあるとはとうてい思えないんだけど。
 1)がどういう意味なのかわかる人、教えてください。『大辞林』の[1]([2]もかな?)をものすごくむずかしく書いているだけなんて書いたら怒られる?
 2)は『大辞林』の[3]のこと。2つ並べるとは限らず、「猫は嫌い」と書くだけで言外に「○○は嫌いではない」とにおわすことがあるってのは、辞書にはないといえばないけど。そんなことフツーわかるだろう。
 3)は『大辞林』の[4]だろう。「限度」と「強調」のどちらが適切なのかはわからない。
 4)はグチャグチャ書いているけどサッパリわからない。当方には2)か3)に入るものって気がする。

 今度は「が」について見てみよう。
「が」の働きは2つあるとのこと。

1)名詞と名詞をくっつける
2)現象文をつくる

 1)は『大辞林』の[1][2]を無理矢理まとめてわかりづらくしている気がする。
 2)も『大辞林』の[1]だろ。
 
 このあと、『日本語練習帳』は「ハとガを同じと思わないこと」と解説している。そりゃ違うに決まっているけど、この記述を読んだ限りではどう違うのかどうにも理解できないのは、当方の理解力に問題があるのだろうか。
==============引用終了

 冒頭の金谷武洋氏だって、ひとつにはしていない。考えれば考えるほど例外が出てくるのに、あくまでも「ひとつで済む」と考えるんですかね。それで済むならラクでいいなぁ。
 しかも、そのあと〈感心な点〉をあげている。
 ここまで〝上から目線〟で高飛車な書き方ができるのは、よほどハイレベルの専門家なのだろう。

【20190617追記】
 やはり「よほどハイレベルの専門家なのだろう」。そうでなきゃコメントNo.31のような書き方はできない。
【次の文で、どれが主語、動詞、目的語でしょうか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11135069.html




チャレンジ日記 「ハ」と「ガ」〈7〉

 テーマサイトは下記。
【「~がありますか?」と「~はありますか?」の違い】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9082804.html
==============引用開始
お店に入って、店員に「Advilがありますか?」って聞くなんて不自然な日本語でしょうか?

そのセリフはどうしても間違ってる気はしますが、なぜ間違ってるかちゃんと説明できず困っています。

これは100%ミスですか?それとも、「Advilがありますか?」が正しい日本語の場合もありますか?

ご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。
==============引用終了

 こういう問題に深入りしてはいけないと思いつつ……No.9のコメント(下記)に反応してしまう。
==============引用開始
「は」と「が」の違いについての質問はくり返し続いています。わたし自身も回答者の一人になったことがあります。しかし、これぞ回答としてふさわしいという回答には、(自分の回答も含めてですが)お目にかかっていません。もし、そういう回答があれば、それを引用したり、更に補足するだけで回答が成り立ってしまうはずです。
 ところで、今回の皆さんの回答を読んで、面白いことに気づきました。ひとつは、No.5の方の回答で、既に何回か目にしているのですが、 「変形生成文法」とでもいうのでしょうか、ほとんど理解不能の点が多かったのですが、今回の質問に関して

(15) お尋ねの文としては 基本的に次のふたつの表現に分かれるかと考えます。:
  (そ) このお店ハ Advilガ ありますか?
  
  ☆ (そ)の 《このお店ハ》は つうじょう省かれないものと思われます。中心主題が何であるかを提示しなければならないゆえ。
 と述べられています。

 《このお店ハ》をつけるとすれば、「このお店ハ、Advilガ ありますか?」になりやすいということです。
 そして、このことは、ほとんど関係なく挙げられたNo.4のかたの
   「この近くに駐車場(  )ありますか。」
が、中国で出版されたという日本語指導の教科書では「この近くに駐車場<が>ありますか」になっている事とが、偶然にも同形になっていることです。「この近くに」は「この近くにハ」と変形する事は可能です。
 『このお店ハ Advilガ ありますか?』
 『この近くにハ 駐車場ガ ありますか。』
 教科書は中国人が編集したのかどうかは知りませんが、意外に日本人的語感を持っているのではないでしょうか。

 実はわたしも、この質問を初めて読んだときは、「Advilは」が普通だろうと思ったのですが、今は「が」かも知れないと思えてきました。しかし、どちらか断言出来るほどの見識は持ち合わせていません。
 おそらくこれからも、「は」か「が」かという問題は続くでしょう。
 その解決のヒントは次のようなところにあるかも知れません。

  http://www.geocities.jp/niwasaburoo/09wa.html
    5.3 主題化
==============引用終了

 末尾のリンク先の庭三郎氏のサイトは、非常に勉強になると思う。
 以前、同じように紹介した(コメントNo.3)ところ、痛烈に批判されてしまった(No.4)。世の中にはいろいろな考え方があるようだ。
 語気の荒いこの批判が、不当なのか正当(妥当?)なのかは関知したくない。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9003546.html

 で、本題は下記の話。
  このお店ハ Advilガ ありますか?
  この近くにハ 駐車場ガ ありますか?

 これはかの有名な「象は鼻が長い」の話になりそう。
 ほかに「うなぎ文」だの「こんにゃく文」だの、泥沼が待っている(泣)。

 一般的な「ハ」と「ガ」の話に加え、当方は2つの仮説を持っている……なんて大層なものではなく、「理由はよくわからないけどなんとなくこんな傾向があるのでは……」と思っていることが2点ある。

I 否定文は「ハ」になりやすい
 ↑の〈4〉参照。
 たぶん「ハの排他性」がキーワードになるが、むずかしいので考えたくない(泣)。

II 意味がウンチャラより「近接回避」が重要では
 ↑の〈3〉参照。

 IIに関して、再度まとめておきたい。
1)このお店にハ Advilハ ありますか?
 これを原形と考える。これも「間違い」ではないが、通常は下記のほうが自然だろう。
2)このお店にハ Advilガ ありますか?
 ハを省略してみる。 
3)このお店に Advilガ ありますか?
4)このお店に Advilハ ありますか?
 こうなると微妙。個人的には、4)が自然に感じるが、3)も「間違い」とは思えない。2)からの流れで考えると、2)のハを省略したものと考えるなら3)のほうが自然なのかもしれない。
 さらに「このお店に」を省略する。
5)Advilガ ありますか?
6)Advilハ ありますか?
 これが元々の質問の文。こうなると「このお店に」がなくなったせいか、5)に対する異和感が強くなる。

 1)から2)にかわる段階でハがガになる。2)から4)にかわる段階でガがハになる。
 それぞれの役割がコロコロかわるからだろうか。もちろん、それぞれの文で「主題がウンチャラ」「主語がナンチャラ」と分析することも可能だろう。
 当方はそんなメンドーな話は遠慮したい。「近接回避」と考えるのが簡明では。
 下記の場合も同様だろう。
  この近くにハ 駐車場ガ ありますか?

 これが下記になるとさらに混迷が深くなる。
7)今月の26日{に/にハ/φ(、)}空室{ハ/ガ}ありますか?
 φは無助詞を表わす。
 7)の場合はφもありうる。当方の語感だと、下記が自然。

今月の26日に空室ハありますか?
今月の26日φ(、)空室ハありますか?
今月の26日にハ空室ガありますか?
 前の2つはハが自然に感じる。理由は、存在文の単純な疑問文はハが自然に感じるから。それ以上は考えたくない。
 3つ目だけガが自然に感じる。理由は「近接回避」。それ以上むずかしいことは考えていません。

 あえて避けてきたが、
Advilφ(、)ありますか
今月の26日{に/にハ/φ(、)}空室φ(、)ありますか?
 という形もありうる。
 無助詞に関してはテーマサイトのコメントNo.8参照。
■■■■■■■■■■■■■■引用開始
「無助詞」「助詞の省略」に関して補足しておきます。
 mixiで「この近くに駐車場(  )ありますか。」についてやり取りしたとき、「無助詞」の話も出ました。
「この近くに駐車場ありますか。」という文も可能でしょう。
「ハ」と「ガ」ではニュアンスが大きく違うと主張するかたは、無助詞だとどう考えるのでしょうかね。
 当方は下記のように考えています。

「この近くに駐車場ありますか。」は話し言葉的ですし、疑問文なので無助詞でも自然なのでしょう。
【学者の言葉〈1〉──無助詞文あるいは助詞の省略】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2295.html
 以下は一部の抜粋(重言)。
==============引用開始
 (15)(19)(20)あたりはたしかにφのほうが自然な気がするが、別の理由があるのでは。
 何も考えずに思いつくことをあげていく。
●「無助詞文」になりやすいのは話し言葉である。
 これは大前提で、論文の冒頭に書いてある。ただ、文字で書かれている小説のセリフは話し言葉か書き言葉か、と厳密に考えると泥沼にはまる可能性が高いのでスルーする(個人的には話し言葉だと思う)。
●「呼びかけ」(「注意喚起」と考えるほうがいいらしい)は「無助詞」になりやすい。
●「目上の人」に対しては「無助詞文」になりにくい。
 同じ内容でも、「親しい同格以下の人に話す場合」は「無助詞文」になることがある。言葉づかいがラフになればなるほど、その傾向が強くなる。相手が子供だと、「無助詞文」だらけになることもある。
●「省略」(もしくは「無助詞」)が「省略」(もしくは「無助詞」)を呼ぶ傾向がある。
●「聞き手の情報を求める文」と言うか、要するに疑問文だと「無助詞文」になる傾向が強い。
 こういうことをどこかに書いてあるのかな。
 あとは考えはじめると泥沼が待っている予感。
(略)
==============引用終了
■■■■■■■■■■■■■■引用終了







チャレンジ日記 「ハ」と「ガ」〈8〉

 下記へのコメント。
【「は」と「が」の違いについて教えてください 私は外国人です 私が外国人です 私は好きです】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9464945.html
==============引用開始
「は」と「が」の違いについて教えてください

私は外国人です
私が外国人です

私は好きです
私が好きです

私はやろうか?
私がやろうか?

日本人はどういうふうに使い分けているのかを聞かれて困っています
こんなものは感覚ですが、外国人にはその感覚がわからないため、使い方を苦労しているそうです

基本的に「は」や「が」という助詞は、名詞の後ろに置き、直前の名詞が主語になることを意味しているということはわかっているようですが、使い分けがよくわからないそうです

どっちを使っても伝わるといえば伝わりますが、

私はやろうか?
は、おかしいのに
私がやろうか?
は、おかしくない

この理由についても説明に困りました

使い分けるときに、基本となるルールみたいなのは、法則はあるのでしょうか?
==============引用終了

【tobiクンのコメント】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
No.3
回答者: 1311tobi 回答日時:2016/10/18 14:55
「は」と「が」の話はちゃんと書こうとすると論文になります。
 実際にそういう書籍も相当数出ています。
 教えて! gooに限っても、下記のような状態です。
〈「は」「が」〉の検索結果。
https://oshiete.goo.ne.jp/search_goo/result/?MT= …

 個人的には「は」と「が」の違い全体について書こうなんて考えません。部分的なことしか考えませんが、それでも下記のようになります。
【チャレンジ日記──「は」と「が」 毒抜き編 〈1〉〜〈7〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-592.h …

 外国人のかた向けの解説で、「私{△は/が}やろうか?」限定ということで少し書きます。以下、デアル体で失礼します。

「は」と「が」の違いはいろいろある。「まったく違う」と考える人もいるくらい。
 質問の件に関しては、まず「私{は/が}やります」で考える。
 これを、こういう答えになるのはどういう質問か、という角度から考える。

1)「あなたはこの仕事をやりますか?」「(私は)やります」
 「彼はこの仕事をやりますか?」「(彼は)やります」
※実際には(私は)(彼は)はつかないほうが自然かも。

2)「誰がこの仕事をやりますか?」「私がやります」

 つまり、「誰が」にスポットがあたったときは、「私が」になりやすい。
 一方、誰かが「やる」か「やらない」かにスポットがあたったときは、「私は」になりやすい。

 この場合の「は」は「主題」(「主語」でもいいでしょう)を示す「は」などと言われる。たいていの「は」の働きは「主題」を示す。
 このほかに、「対比」の「は」というのもある。
「彼はやりません。彼女もやりません。でも私はやります」
 といった場合はほかの人と「対比」している。
 ほかにもいろいろな状況は考えられるが、それを知りたければ専門書を読むことをすすめる。

 さて、「私{は/が}やります」の使い分けはわかったことにして、「私{△は/が}やろうか?」の話。
 これも想定質問を考える。

「誰かこの仕事をやってくれる人はいませんか?」「私がやろうか?」
「誰がこの仕事をやってくれるくれるのですか?」「私がやろうか?」
 これは↑と同様。

 一方「私はやろうか?」という答えになる質問は想定しにくい。だから「私はやろうか?」という言い方が不自然なのでは。
「やる」か「やらない」かにスポットが当たっているのに、そこを疑問形にしたのではヘンなことになる
 ちょっと強引ですが、この程度の説明でわかってもらえませんかね。




チャレンジ日記 「ハ」と「ガ」〈9〉

mixi日記2016年10月27日から

 テーマサイトは下記。
【『は』と『が』についてです】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9479241.html
==============引用開始
我々が取材に出かけている間、彼ら(は/が)勝手に創造を膨らませていて、伝言ゲームの末に総局長の耳まで届いたニュースはすっかり変わり果てていた。

この文の答えは『は』でした。
しかし、『彼ら(は/が)勝手に創造を膨らませていて』は理由節ではないかと思います。もし理由節だったら、『彼らは』ではなく、『彼らが』のほうを使うべきではないかと思います。ぜひ、お教えいただきたいと思います。
==============引用終了

 以前から繰り返されている「は」と「が」の問題。少しでも新しい観点があるとつい口を挟みたくなるから困る。
 ち先日も下記にコメントを書いた。
【「は」と「が」の違いについて教えてください 私は外国人です 私が外国人です 私は好きです】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9464945.html

 今回の問題について考えていいて、ちょっと新しい発見があったんで、書いておく。
 質問の場合は「は」で「が」でもOKだろう。〈答えは『は』でした〉ってどういう意味なんだろう。こんな恐ろしい穴埋め問題があって、正解が「は」なんだろうか。そんなバカな。
 どこかからもってきた文で、原文は「は」だったくらいの意味なんだろうな。それは「答え」ではない。だって「が」でも問題はないのだから。
 そもそも元の文がグチャグチャすぎて、どっちでもいい、って感じになる。
「理由節」って初めて聞いたけど、「理由」を示す従属節くらいなんだろう。皆さん、「従属節」と聞いてジンマシンは出ないのだろうか。
 理屈をこねることはできる……できるけどさぁ、ということで話を始める。
 もっとシンプルな話から始める。
 例の昔話。
==============引用開始
むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさん( )おりました。
1)ある日、おばあさん( )川へせんたくに行きました。
==============引用終了

 よく言われるのは、未知の「が」と既知の「は」の話。
 ↑の例なら、最初の空欄は未知なので「が」、次は既知なので「は」になる。
 初心者向けの導入話としてはそれでいいと思う。
 現実には違うよ。だってこれが本当なら、最初に「が」を使ったら、そこから先は「は」しか使えなくなる(笑)。
 
 2つ目の文を少しかえる。
  2)(ある日のこと)おじいさん( )山へ柴刈りに、おばあさん( )川へ洗濯に行きました。
 この場合は、どちらも「は」が素直。これは「既知」だからって言うより、「対比」だろう。
 両方の人物が並列だから、どちらも「は」になる。
 これがどちらかに重心をずらすと少しかわる。
  3)おじいさん( )山へ柴刈りに行っている間、おばあさん( )川へ洗濯に行きました。
 こうなると、1つ目が「が」で、2つ目は「は」が自然になる。理由は……よくわかりません。そういうものなの、ってことにしておく。3)で終わっていればこのとおりなんだが、下記になると、事情がかわる。
  4)おじいさん( )山へ柴刈りに行っている間、おばあさん( )川へ洗濯に行くと、川上から大きな桃( )流れてきました。
 こうなると、3つとも「が」が自然。理由はわからんって。さらにかえてみる。
  5)おじいさん( )山へ柴刈りに行っている間、おばあさん( )川で洗濯に夢中になっていたので、大きな桃( )流れていってしまいました。おしまい。(←オイ!)
 こうなると、1つ目が「が」のまま、3つ目は「は」。2つ目は「が」が自然な気もするが「は」でもさほどおかしくないだろう。
 質問の原文は5)と同じはず。だから、〈「が」が自然な気もするが「は」でもさほどおかしくないだろう〉ってことになる。
 3)の構造が優先と考えるなら、「は」になる。
 4)の構造に近いと考えるなら、「が」になる。
 どう考えるかは、その人しだいだろう。
 どちらが正しいとか、どちらが正解なんてことはない(はず)。
スポンサーサイト



テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

「持っている」 「ある」 「いる」【1】【2】【3】 

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

「持っている」 「ある」 「いる」【1】

【初出】mixi日記2010年04月20日から。

 テーマトピは下記。
【(人が)ある?いる?】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=52212744

 トピ主の「0」を全文転載する。
================================
10年ほど前ですが、ニューヨークで出回っていた日系のフリーペーパーに
英語では、子供が3人いることを、"I have three children" 
というので、それをそのまま日本語に訳して、
「子供を3人持っています」 
と言う文章にするのは間違いだというのが載っていました。
子供は人ですから、正しいのは
「子供が3人います」
と書かれてました。

ところが、最近ミクシーでは、「子供を○人持っています」とか、
「子供を3人持つ母親です」という文章をよく見かけます。

どちらも(どちらが)正しいのでしょうか? 自分としては子供を3人持つ。。という表現には少し違和感を感じられるのですが、(間違った表現でなければ)どういった状況で「持つ」を使うのでしょうか? よろしくお願いします。
================================

 とりあえず答えだけ書こう。「持っている」でも「ある」でも「いる」でも間違いではない。
 どういう状況で使うかは一概には言えない。主として書き手(「語り手」を含む)の趣味の問題で、文脈にもよる。
 それ以上の答えがあるのだろうか。

 ……で終わるとアンマリなので少し書く。
 間違いではないが、当然ニュアンスの違いはある。
「子供を3人持っています」はいかにも直訳調で不自然な感じがある。さらに言えば、ちょっと堅苦しいので個人的には使わない。mixiでそういう言い方をする人がいる……のかもしれない。でもしない人もいる。それだけのこと。
 もっと極端にすると「子供を3人有しています」になる。これだって間違いではない。「子供を3人擁しています」まで行けば、さすがに誰が見てもヘンだろう。でも間違いとは言えない気がする。
 このあたりに関しては下記参照。
【板外編3】文語調の表現は避ける
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-43.html

 個人的には「持っている」(有している)はできるだけ使わないようにしている。
 もちろん例外はある。「妻子持ち」「病気持ち」「癇癪持ち」のような慣用句的な場合も別。トピのコメントで言うと、「4」には素直に同意できる。あとは……。
※いけね。「4」ではなく「5」だ。
「持っている」(有している)を平易な表現にすると、「いる」になる場合と「ある」になる場合がある。
 原則的には、生物は「いる」で、無生物は「ある」だろう。
※これは「動物」と「それ以外」のほうがいいのかもしれない(↓のコメント欄参照)。

 うんと単純な例で考える。

1)部屋の中に(    )がいる。
2)部屋の中に(    )がある。

「子供」などの生物は1)。「家具」などの無生物は2)。これが原則。
 古くは生物でも「ある」と言ったかもしれないが、そんなことに(「を」だな)関知する気はない。
 植物(ex.観葉植物)は生物だけど2)だろうな。ほかにも例外は多数あるだろう。そんなことまで考慮したら話が終わらないorz。
 ただ、そんなことを理由に「日本語は曖昧」とか「日本語は難解」とか言われても困る。
 そんなこと言い出したら、無生物にまで性別をつける言語の立場はどうなる(笑)。

 以下はヨタ話。
 下記を「いる」もしくは「ある」を使って書きかえなさい。
1)彼は3人の子供を持っている。
2)彼は3匹の猫を持っている。
3)彼は土地つきの家を持っている。
4)彼は盆栽が趣味で100鉢持っている。


【追記】
 本題から離れてモメゴトみたいになっている。一方は下記でホニャララなコメント書いて、しかも【消し逃げ】した●●でしょ。かかわりたくない。
【第一の決め手? 一つ目の決め手? 2】-2 ※毒抜き編
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1448301518&owner_id=5019671

【追記2】
 トピのコメント「30」で補助動詞の話が出てしまった。その話が始まると、また迷走していくような……。

>「そこにタクシーがいるよ」というのは、そこにタクシーが「走っているよ」の最後の部分、~(して)いるよと簡略されたものと理解して宜しいのでしょうか?

 少し前から気になっていたが、全然整理できない(泣)。
1)たくさんのタクシーがとまってイル、はどう考えるべきか。
2)ゴミが放置されてイル、はどう考えるべきか。
3)「動物が~アル」のパターンはありやなしや。
※あった(笑)
 「門の前に大きな犬がつないでアル」
 ただし、「つながれて」だと「イル」 
4)補助動詞で考えて、動きのあるものが「~イル」になりやすく、動きのないものが「~アル」になりやすいのは、この問題の本質にかかわるのでは?

【追記】
 mixi日記にいただいたrさんのコメントが興味深いので、本人の承諾も得ずに転載する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
rさん 2010年04月20日 18:40
ある・いる の違いは、生物・無生物ではないと思います。
(自力で)動くか、動かないか。

あちらのトピにも書き込まれていましたが、例えば無人のタクシーが駐車場に止まっていたら「車がある」、運転手さんが乗っていてすぐに発進できる状態にあれば「タクシーがいる」と言いますよね。

同じように駐機場のヘリコプターは「ある」、空を飛んでいる時は「ヘリコプターがいる」。

「じゃ、ロボットは?ラジコンカーは?大好きなぬいぐるみのクマちゃんは?」などと因縁をつけないように。それらはケースバイケースです(笑)

では、ヨタ問題に真面目に答えます:

1) 奴にはガキが3人いやがる。
2) 彼ん家にはニャン子が3匹いてます。
3) 彼には土地付きババつきの家があります。
4) じじ…  やめときます。

失礼しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
tobirisu2010年04月20日 19:58
rさん

 そうか。
「生物・無生物」より「(自力で)動くか、動かないか」のほうが正確か……微妙。
 走ってきた車は「いる」で、運転手が降りたとたん「ある」? アイドリングしてたら?
 自由研究の結果を発表してください。昼休みの間に校門の前を通過した車は何台いましたか? これはさすがに「ある」でしょう。
 
>「じゃ、ロボットは?ラジコンカーは?大好きなぬいぐるみのクマちゃんは?」などと因縁をつけないように。それらはケースバイケースです(笑)
 はい、わかりました。
 では生後間もない赤ん坊はどうでしょうか。
 寝たきり●●はどうでしょうか。
 死にかけてピクリともしない人は……(←やめんか!)

 ふむ。死体は「ある」で、「死んだ人」は「いる」のような気がする。

>では、ヨタ問題に真面目に答えます:
 ど、どこがマジメなんだぁだぁだぁ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
rさん 2010年04月20日 22:14
もぉ 動けるって、そういうことぢゃありませ~ん!泣

死んだ人はもはや指一本動かせませんけど、あくまでも「人」ですから、いるんです。
死んだ魚、死んだ狸、死んだありんこも同様。


運転手が降りた途端でも、まだぬくもりがあるからダメ(!)
アイドリングは環境に悪いからダメ。
そして自由研究の通り過ぎた車はやっぱり「は~い、先生、3台しかいませんでした」と答えると思います。

生物・無生物と分けると、大きなカテゴリーである植物が例外になってしまうので、やっぱりうまくないとおもうのですが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
tobirisu2010年04月20日 23:34
rさん

 少しまじめに書きます。
「死んだ人」は「いる」。「死体」は「ある」。
「死んだ動物」は「いる」。「動物の死骸」は「ある」。

 通り過ぎた車は「○台だった」。「あった」か「いた」かの二択なら、当方の感覚では「あった」です(これは譲れないかも)。

>生物・無生物と分けると、大きなカテゴリーである植物が例外になってしまうので、やっぱりうまくないとおもうのですが。
「動物」と「それ以外」がいいのかもしれません。
 この「動物」に「動く物体」を含めるか否かがまた悩ましい。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「持っている」 「ある」 「いる」】【2】

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1486031711&owner_id=5019671

mixi日記2010年11月08日から

 直接的には下記の続きだろうな。
【「持っている」 「ある」 「いる」】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1466830181&owner_id=5019671

 テーマトピは下記。
【(人が)ある?いる?】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=52212744

 どこからか本来のテーマを離れ、「持つ」「持っている」の特性の話になっている。これはこれで興味深い(笑)。ただ、これは学者の論文の領域って気がしてくる。
 まず、【1】で書いたヨタ話について。
================================
 下記を「いる」もしくは「ある」を使って書きかえなさい。
  1)彼は3人の子供を持っている。
  2)彼は3匹の猫を持っている。
  3)彼は土地つきの家を持っている。
  4)彼は盆栽が趣味で100鉢持っている。
================================

【回答例】
  1)-2 彼には3人の子供がいる。
  2)-2 彼には3匹の猫がいる。
  3)-2 彼には土地つきの家がある。
  4)-2 彼は盆栽が趣味で100鉢ある。
 通常の「いる」「ある」の使い分けとほぼ同様。ただ、2)4)には異和感がある。
 2)は「彼は3匹の猫を飼っている」が素直だろう。どんなに家族と同様とか言っても「猫がいる」はヘンで、「子供がいる」と同列には扱えない。
 ところが、これが
  1)-3 彼の家には3人の子供がいる。
  2)-3 彼の家には3匹の猫がいる。
 だと異和感が薄れるのはなぜ?
 4)も同様に「彼の家には盆栽が100鉢ある」だと何も問題がないだろう。これは「彼は」が「彼の家には」になることによって何かがかわっているから。
 あれ? 一般的な考え方だと、2)の主語は「彼」で2)-3の主語は「3匹の猫」か?
 やはり学者の仕事かな?

 気を取り直して本題に入る。
「持つ」「持っている」「持たない」「持っていない」の関係。
 とりあえず「持っていない」がアリなので、「知っている」「知らない」の話とは切り離す。
275)【知る 知らない 知っている 知っていない】日本語
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1551147702&owner_id=5019671

「子供」だと話がまぎれるので、「携帯電話」で考える。「子供」だと「作る」「作らない」「いる」「いない」を使うほうが自然な感じがする。
  5)彼は携帯電話を持つ
  6)彼は携帯電話を持たない
  7)彼は携帯電話を持っている
  8)彼は携帯電話を持っていない

 【1】でふれたように、「持つ」と同じような意味のやや文語的な表現に「有する」「擁する」がある。「持つ」の類いは状態性が強い動詞なので、「持つ」と「持っている」にはほとんど差がない気がする。
  5)-2 彼は携帯電話を(有する/擁する)
  6)-2 彼は携帯電話を(有さない/擁さない)
  7)-2 彼は携帯電話を(有している/擁している)
  8)-2 彼は携帯電話を(有していない/していない)
 6)-2と8)-2はほとんど×だろう。7)-2は微妙な気がするけど間違いではない。
 ( ̄~ ̄;) ウーン
 やはり否定形は不自然になりやすいのだろうか。

 ここまでを踏まえて、やっと本題の「抱える」の話に入る。
 Web辞書を見ると、微妙に書き方が違う。

■Web辞書(『大辞泉』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%81%88%E3%82%8B&dtype=0
================================
かか・える〔かかへる〕【抱える】
[動ア下一][文]かか・ふ[ハ下二]
2 自分の負担になるものをもつ。厄介なもの、世話をしなければならないものを自分の身に引き受ける。「多くの負債を―・えて倒産する」「妻子を―・えて路頭に迷う」
3 人を雇う。雇って使う。「運転手を―・える」
================================

■Web辞書(『大辞林』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%81%88%E3%82%8B&dtype=0&dname=0ss
================================
かか・える[かかへる] 0 【抱える】
(動ア下一)
[文]ハ下二 かか・ふ
[2]人を雇って家族や会社の一員とする。召しかかえる。
庭師を―・える
大勢の店員を―・えている大店
[3]自分の負担となるような人を家族の一員としてもつ。
両親と五人の子供を―・えて、生活に追われる
病人を―・えている
[4]処理・解決しなければならないことをもつ。
巨額の借金を―・えて経営が行きづまる
難問を―・えている
紛争の火種を―・えている
================================

「抱える」の対象は3つに大別できるだろう。
  家族(の類い)/借金(の類い)/社員(の類い)
『大辞林』は「家族」と「借金」を別にしているが、『大辞泉』は「負担になるもの」でまとめている。「家族」を負担と考えるか支えと考えるかは大きな問題だが、その話はパス。
 この類いを否定形で「抱えない」にするのは不自然だろう。
 問題は「社員」。これは「抱えない」にできなくはない(「雇わない」あたりのほうが自然な気がするけど)。

 否定形を使うか否かで、ここまであげた動詞を見てみる。
  持たない △
  ※対象によってはやや不自然になる場合がある(ex.子供)
  有さない ×
  擁さない ×
  抱えない △
  ※「家族」「借金」は×。「社員」は△


【「あり」「おり」「はべり」「いまそかり」──】
「持っている」 「ある」 「いる」〈3〉

mixi日記2011年01月30日から

 タイトルは、本文とあまり関係ありません。(←オイ!)

 で、テーマサイトは下記。
【あるの尊敬語など】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=59690195

 質問の雰囲気を残したいので全文を転載する(さすがに余計な改行は削除する)。
================================
敬語を勉強している者ですが、
ある問題で
A 王さんはご兄弟がいらっしゃいますか。
B いいえ、_______。私は一人っ子です。

私はおりません。と書きましたが、問題の答えはございません。でした。
いろいろと調べているうちに、ござります。は

1.居る、行くの尊敬語
2.あるの丁寧語 とありました。

ございません、も言えるのかどうか意見を聞きたくトピックを作成させていただきました。
それから「ある」の尊敬語ってあるんですかね。
質問はおありになりますか。等
よろしくお願いいたします。
================================

 要約すると質問は2つだろう。
A 「いいえ、ございません。私は一人っ子です。」と言えるか否か。
B 「ある」の尊敬語は何か

 つい最近考えたこと。
 偶然か必然か、敬語表現にはいろいろな意味で使えるものが多い。「行く」と「来る」なんて紙一重って気がする。英語のcomeの話を絡めると収拾がつかなくなり、tobiクンの大嫌いな下ネタの話にも手が届く……。
 以下、非常におおざっぱに書く。基本的にWeb辞書の『大辞泉』を信用?する。『大辞林』の記載と大きく異なる場合は注記する。辞書の引用は末尾参照。
 メンドーな話になるのでやめようと思った(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1663229795&owner_id=5019671のコメント欄を参照)が、結局書いておく気になる。できるだけ簡単に済ませたい。
 
1)いらっしゃる
  本動詞としては「行く」「来る」「居る」の尊敬語。
  「おいでになる」という意味らしい。
  補助動詞としては「ある」「いる」の尊敬語。
 本動詞(仮にこう呼ぶ)の「居る」はリンク先を見ると「おる」らしいので、「いる」の尊敬語ではない。ホントかよ。でも「居る」の意味に〈「いる」の古風な、または尊大な言い方〉とあるから、「いる」の尊敬語の意味もあるんだろう。ここで「おる」と「いる」の話を始めるとエラいことになるのでやめておく。同じようなもの、と考えて問題はないだろう。
 補助動詞の「ある」の尊敬語の用例を思いつかないが、『大辞林』も同じように書いてあるんだから、たぶんあるんだろう。

2)おいでになる
  本動詞としては「行く」「来る」「居る」の尊敬語。
  「いらっしゃる」という意味らしい。
  補助動詞としては「……ている」の意の尊敬を表す。
 本動詞としては「いらっしゃる」と「おいでになる」はほぼ同じもののようだ。補助動詞としては、なぜ「おいでになる」が「尊敬語」でなくなったのかは不明。これも「尊敬語」じゃないかね。「尊敬語」と「尊敬を表す」を同じ意味で使っているなら、辞書として相当ヤバいのでは。ただ、『大辞林』も「尊敬を表す」にしているってことは、何か深いわけがあるんだろう。さらに、「ある」の意味がなくなったのはなぜ?
 誰か「いらっしゃる」の〈「補助動詞」の「ある」の尊敬語の用例」〉を教えてください。きっとそれはこの辞書に記述を信じるかぎり、絶対に「おいでになる」にはできないのだろう。
 ちなみにここまでの『大辞泉』の記述は、『大辞林』もほぼ同じ。パクリとも思えるほど同じ。
 違いがあるとすると、『大辞林』は「いらっしゃる」の本動詞の意味を〈「行く」「来る」「居る」の尊敬語〉にしている(この「居る」が「いる」なのか「おる」なのかは不明)。そいでもって「おいでになる」の本動詞の意味を〈「来る」「行く」「いる」の尊敬語〉にしている。「居る」と「いる」をどう使い分けているんだろう。この段階ですでに気が狂いそうになっている。責任者出てこーい!

 さて、気を取り直してここからが本題。
「ございます」が何かと考えると、元々は「ござる」だろう。
「ござる」の「丁寧語」が「ござります」で、その変形が「ございます」。このあたりの詳しい話は本題には関係なので省略する。

3)ござる
  本動詞としては「いる」「ある」「行く」「来る」の意の尊敬語。
         「ある」の意の丁寧語。「5」の意味はパス。
  補助動詞としては「ある」「いる」の意の丁寧語。

4)ござります
  本動詞としては「来る」「行く」「いる」の意の尊敬語。
  「いらっしゃいます」という意味らしい。
  本動詞としては「ある」の丁寧語。「ございます」という意味らしい。
  補助動詞としては
  「ある」「いる」の丁寧語の「ござる」を、さらに丁寧にいった語。

5)ございます
  本動詞としては「ある」の意の丁寧語。「あります」より丁寧な言い方。
  補助動詞としては「ある」の意の丁寧語。

 蛇足と言えば蛇足だけど、3)はちょっと注意が必要。この「丁寧語」はほぼ古語の世界で、現代語の「丁寧語」とはちょっと意味合いが違う。
 現代語の感覚だと、「ござる」は常体で、「丁寧語」は「ございます」になる(はず)。昔は、「ござる」が「丁寧語」だったのだろうか。辞書によると、現代語の「ます」「です」に相当するのは「はべり」「候ふ」だったらしい。そうなると「ござはべり」「ござ候ふ」は二重敬語なんだろうか(笑)。知らね。

 「ござる」→「ござります」→「ございます」
 と見比べていてわかること。
・「ござる」→「ござります」の段階の変化
「ある」の尊敬語の意味がなくなっている。そもそも「ある」の尊敬語と丁寧語の両方の意味があるのが微妙すぎてどういうことなのかわからない。
・「ござります」→「ございます」の段階の変化
 本動詞としては「来る」「行く」「いる」の意の尊敬語の意味がなくなっている。
 補助動詞としては「いる」の丁寧語の意味がなくなっている。

■辞書を信じたとりあえずの結論。
A 「いいえ、ございません。私は一人っ子です。」と言えるか否か。
 前半部の意味するところは通常「いいえ、いません」だろう。
 この「いません」を「ございません」にできるか否か。
「ございます」には「います」の意味はないので、「言えない」。
 ただし、「いいえ、ありません。私は一人っ子です。」がアリだとすると話はかわってくる(下記参照)。

B 「ある」の尊敬語は何か
 本動詞の「ある」の尊敬語はない。
 あえて言うなら「ござる」。ただし、尊敬語なので、自分のことには使えない。
「○○先生には受賞歴がござる」
 ならOKなんだろう。これが現代語としてどの程度自然なのかは当方には判断できない。忍者のハットリくんがこんな言葉づかいをしていたような……。
「ございます」には「ある」の尊敬語の意味はない。したがって「○○先生には受賞歴がございます」は丁寧語ではあっても尊敬語ではない。
 補助動詞の「ある」の尊敬語は「いらっしゃる」。用例は不明。

 ここまでを踏まえると、トピの質問&回答コメントにはヘンなところがいくつかあることがわかる(略……細かくあげようとすると気が遠くなる)。

■辞書を踏まえた当方の主観
「いいえ、ありません。私は一人っ子です。」はアリか。
 個人的には、使わない。しかし、「間違い」と断言する気はない。
 そうなると、「いいえ、ございません。」が間違いとする根拠はなくなる。
 関連する話は下記かな。
174)【「持っている」 「ある」 「いる」】日本語しつもん箱
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1466830181&owner_id=5019671
331)【「持っている」 「ある」 「いる」】【2】日本語
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1617788120&owner_id=5019671
【「持っている」 「ある」 「いる」】【1】【2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1212.html

 辞書を信じると、「○○先生には受賞歴がござる」は尊敬語で、「○○先生には受賞歴がございます」は尊敬語ではないらしい。ホントにそうなんだろうか。納得できないけど、辞書に逆らう勇気はない。
 まあ、たしかに「当方は文法は嫌いでございます」は尊敬語ではないか。


http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%8B&stype=0&dtype=0&dname=0na
================================
いらっしゃ・る
[動ラ五(四)]《動詞「いらせらる」(下二段)が変化して五段(四段)活用化したもの》
1 「行く」「来る」「居る」の尊敬語。おいでになる。「休日にはどこへ―・るのですか」「先生が―・った」「明日は家に―・いますか」
2 (補助動詞)
(動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて)「ある」「いる」の尊敬語。「原稿を書いて―・る」
(形容詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形、また形容動詞の連用形に付いて)補助動詞「ある」「いる」の尊敬語。「いつもお若くて―・る」「ご健康で―・る」
◆連用形が丁寧の助動詞「ます」に続くときには、「いらっしゃいます」の形をとる。また、語源は「入らせらる」であるから、「居らっしゃる」と書くのは誤り。
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B&stype=0&dtype=0
================================
おいで‐に‐な・る【▽御▽出でになる】
[動ラ五(四)]
1 「行く」「来る」「居る」の尊敬語。いらっしゃる。「日曜日は教会へ―・るそうです」「もう―・るころだろうとお待ちしておりました」「明日はお宅に―・りますか」
2 (補助動詞)動詞・形容詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、…ている、の意の尊敬を表す。「調べものをして―・る」「ご機嫌よくて―・る」
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%94%E3%81%96%E3%82%8B&stype=0&dtype=0
================================
ござ・る【御座る】
[動ラ四]《四段動詞「ござある」の連体形「ござある」の音変化》
1 「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「お奏者はどこもとに―・るぞ」〈虎明狂・餅酒〉
2 「ある」の意の尊敬語。おありになる。
「茗荷(めうが)をこし召さぬほどに、御失念は―・るまい」〈虎清狂・鈍根草〉
3 「行く」「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「いや、誰ぞと存じたれば、やれやれようこそ―・ったれ」〈虎清狂・禁野〉
4 「ある」の意の丁寧語。あります。ございます。
「奏聞申サウズル事ガ―・ル」〈天草本伊曾保・イソポが生涯〉
5 正常な状態でなくなる。
1)恋をする。ほれる。
「内儀は―・ったふりしてしなだれかかれば」〈浮・夫婦気質・下〉
2)食べ物が腐る。
「この魚はちと―・った目もとだ」〈滑・膝栗毛・初〉
3)(「腹がござる」の形で)腹が減る。
「なんと、腹が少し、―・ったぢゃあねえか」〈滑・膝栗毛・四〉
6 (補助動詞)補助動詞「ある」「いる」の意の丁寧語。…でございます。…ております。
「おざれ事で―・らう」〈虎清狂・鈍根草〉
◆室町時代から江戸時代までは広く用いられたが、否定形には室町時代には「ござない」が、江戸時代では「ござらぬ」が使われた。また、江戸時代に入ると「まする」「ます」を伴う形がしだいに一般化し、現代では特殊な場合を除いて「ございます」の形が普通になった。
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%94%E3%81%96%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99&stype=0&dtype=0
================================
ござり‐ま・す【御座ります】
[動サ特活]《「ござる」の連用形に助動詞「ます」が付いてできた語》
1 「来る」「行く」「いる」の意の尊敬語。動作・存在の主を敬って用い、高い敬意を表す。いらっしゃいます。
「申し、頼うだ人、―・するか」〈虎寛狂・粟田口〉
2 「ある」の丁寧語。ございます。
「都にないと申す事が御座らうか。都には―・せう」〈虎寛狂・末広がり〉
3 (補助動詞)補助動詞「ある」「いる」の丁寧語の「ござる」を、さらに丁寧にいった語。
「ことのほかおもしろう―・する」〈虎寛狂・秀句傘〉
◆活用は「ござりませ(ござりましょ)・ござりまし・ござります(ござりまする)・ござります(ござりまする)・ござりますれ・〇」。現代では「ございます」よりも古風な言い方。
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%94%E3%81%96%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99&stype=0&dtype=0
================================
ござい‐ま・す【御座います】
[動サ特活]《「ござります」の音変化。近世江戸以来の語》
1 「ある」の意の丁寧語。「あります」より丁寧な言い方。「おあつらえ向きのお品が―・す」「何も―・せんが、どうぞ召し上がれ」
2 (補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。「すでにお願いして―・す」「いかがお過ごしで―・しょうか」「ただ今ご紹介いただいた田中で―・す」「おめでとう―・す」「いっそ死にとう―・す」
◆活用は「ございませ(ございましょ)・ございまし・ございます・ございます・ございますれ・〇」。「ござります」より丁寧の度合いが低く、打ち解けたときに用いられ、さらに、なまって「ござえます」「ごぜえます」ともなる。また、「さようでござい」などの「ござい」は「ございます」のぞんざいな言い方。2の「…でございます」の形は口語文体の敬体の一で、「です」体・「ます」体・「であります」体に対して「でございます」体とよばれることがある。
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E4%B8%81%E5%AF%A7%E8%AA%9E&stype=0&dtype=0
================================
ていねい‐ご【丁寧語】
敬語の一。話し手が聞き手に対し敬意を表して、丁寧にいう言い方。現代語では「ます」「です」などの助動詞、古語では「はべり」「候ふ」などの補助動詞をつけていう。
◆「(で)ございます」は「ます」「です」よりも高い敬意を表す。
================================


【追記】
 あまりにも訳がわからないので、「4」のコメントを入れる。
 ほぼ1日後、「5」「6」のコメントが入る。
(略)

文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【7】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1789673749&owner_id=5019671

mixi日記2011年11月25日から

 文化庁が平成19年(2007)2月2日に発表した「敬語の指針」というものがある。
http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/soukai/pdf/keigo_tousin.pdf
  ↓
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/sokai/sokai_6/pdf/keigo_tousin.pdf
「形容詞+です」などはそのはるか昔に発表したものなので、いわば集大成的なものなのだろう。敬語の問題などを考えるときには非常に有意義だが、よくわからない記述も多い。
 

【事例1】【伝言板【板外編7】デス・マス体が書きにくいワケ1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-277.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1114634130&owner_id=5019671
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
〈文化庁は昭和27年の段階で「大きいです」「小さいです」の形を認めています。 〉の根拠になるリンクが2つとも切れている。油断も隙もない(泣)。
 代わりになりそうなのは……2007年の「敬語の指針」の28ページの下記の部分かな。
================================
4 丁寧語
「です「ます」を付ける上で留意を要する点は特にない。( 高いです。」のように形容詞に「です」を付けることについては抵抗を感じる人もあろうが,既にかなりの人が許容するようになってきている。特に「高いですね「高いですよ「高いですか」などという形で使うことに抵抗を感じる人はほとんどいないであろう。)
================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【事例2】221)突然ですが問題です【日本語編10】──「~させていただく」【解答編】

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n132890
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1500159854&owner_id=5019671
================================
1)相手が所有している本をコピーするため,許可を求めるときの表現
  コピーを取らせていただけますか。
2)研究発表会などにおける冒頭の表現
  それでは,発表させていただきます。
3)店の休業を張り紙などで告知するときの表現
  本日,休業させていただきます。
4)結婚式における祝辞の表現
  私は,新郎と3年間同じクラスで勉強させていただいた者です。
5)自己紹介の表現
  私は,○○高校を卒業させていただきました。
6)ビストロSMAPでの中居クンの口上
  なんでも作らさせていただきます。
================================
 上記の例1)の場合は,ア),イ)の条件を満たしていると考えられるため,基本的な用法に合致していると判断できる。2)の例も同様だが,ア)の条件がない場合には,やや冗長な言い方になるため,「発表いたします。」の方が簡潔に感じられるようである。3)の例は,条件を満たしていると判断すれば適切だが,2)と同様に,ア)の条件がない場合には「休業いたします。」の方が良いと言えるだろう。4)の例は,ア)とイ)の両方の条件を満たしていないと感じる場合には,不適切だと判断される。5)の例も,同様である。ただし,4)については,結婚式が新郎や新婦を最大限に立てるべき場面であることを考え合わせれば許容されるという考え方もあり得る。5)については,「私は,卒業するのが困難だったところ,先生方の格別な御配慮によって何とか卒業させていただきました。ありがとうございました。」などという文脈であれば,必ずしも不適切だとは言えなくなる。
 なお,ア),イ)の条件を実際には満たしていなくても,満たしているかのように見立てて使う用法があり,それが「…(さ)せていただく」の使用域を広げている。上記の2)~5)についても,このような用法の具体例としてとらえることもできる。その見立てをどの程度自然なものとして受け入れるかということが,その個人にとっての「…(さ)せていただく」に対する「許容度」を決めているのだと考えられる。
================================

●第2段階の説明(中級向け)
「敬語の指針」は一応の解説にはなっています。ただ元々の問題が微妙なんで、スッキリしない部分が残ります。
 結局どうすればいいのかがわかりません。
 よく見る解決策として、「〜いたします」にすればいい、というのがあります。
 そのとおりだと思います。↑の「敬語の指針」の例で言うなら、下記のようになります。

1)取る→?
2)発表する→発表いたします
3)休業する→休業いたします
4)勉強した→勉強いたしました
5)卒業した→卒業いたしました

 2)〜5)はこの形でOKでしょう。でも1)はどうしますか?
 悪い例としてあげられることが多い「歌わせていただきます」場合はどうしますか?

 結論としては、「〜いたします」にできるものはそうすればいいことが多い、くらいでしょうか。「誤用」だとか「クドい」だとかメクジラを立てるのはどうかと思います。

 「~させていただく」がすべておかしいわけではないので、個々の例で判断するしかないということでしょう。

 その際には以下の点に注意するとよいでしょう。

①「許可」「受益」の2つの要件を満たしているか
②「〜いたします」で十分ではないか
③敬語ではない形にして考えてみる

 具体例は下記をご参照ください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13101909118
※なんで削除されたのだろう?

突然ですが問題です【日本語編10】──「~させていただく」【解答編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1286.html


●第3段階の説明(上級向け)

 敬語関連の名著と言われる『敬語再入門』に重要な記述があります。
 下記の引用部だけではわかりにくいかもしれません。詳しくは同書をお読みください。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2327.html
================引用開始
【引用部】
 ところが、謙譲語IIの代表選手「──いたす」は、「──する」型(サ変)の動詞でなければ使えない、また、文末以外では使いにくい、という制約があります。つまり、先程の例なら「開発いたしました」と言えますが、「新製品を作りました」は、「──する」型動詞でないので「作りいたしました」と言えないし、「新製品を開発した業者です」も、文末ではないので「開発いたしました業者です」は不自然です。この「いたす」の守備範囲の不足を補うように「作らせていただきました」「開発させていただいた業者です」と言う、という面がありそうです。「守備範囲の広い謙譲語IIの形」を求める心理が潜在的にあって、そこに「させていただく」が入り込もうとしているのです。(P.196)
 つまりそのなんだ。こういうのを読んでしまうと、「プチ発見」のはずが単なる勉強不足になるってことだ(泣)。
================引用終了

Yahoo!知恵袋だと下記のBAが参考になると思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1362602693

下記もご参照ください。
【法則10 ベタベタ敬語ナンバーワン「させていただく」は控えめに】
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120416/122404/



【事例3】246)【「やる」 「あげる」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1378.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1523098273&owner_id=5019671
================================
2 世代や性による敬語意識の多様性

 言葉遣いや言葉についての考え方は,世代によって,あるいは性によって異なる場合が少なくない。敬語の使い方や敬語についての考え方もその例外ではない。
 例えば,「植木に水をあげる」と言うか「植木に水をやる」と言うかについて,文化庁「国語に関する世論調査」(平成18年2月調査)においては,「あげる」と言う男性回答者の割合は,10代・20代では30~40%台であるのに対して,50代・60代以上では5~10%台であって世代による違いが見られる。同じ質問について女性回答者は,多くの世代において「あげる」と答えた人の割合が男性より高いが,同時に男性と同様の世代差も見られる。また「ふだん「弁当」という言葉に「お」を付けるかどうか」について「お弁当」と言うと回答した人の割合は,すべての世代を通じて,男性は10~30%台にとどまるのに対して,女性はすべての世代で約70~80%台の高い割合である。
 こうした敬語の使い方についての世代や性による違いに関して,本指針は以下の2点を指摘する。
 一つは,敬語の使い方の違いには,その敬語についての理解や認識の違いが反映していることを考慮すべきだということである。例えば,「植木に水をやる」を適切な言葉として選ぶ人は,「あげる」に謙譲語的な旧来の意味を認め「植木」はその種の言葉を用いるべき対象物ではないと考えている可能性がある。一方,「あげる」を使うと答える人は,この語の謙譲語的な意味が既に薄れていると考え,同時に「やる」という語に卑俗さ・ぞんざいさを感じてこれを避けている可能性がある。現代は,この二つの考え方が言わば拮抗している時代であろう。「植木に水をあげる」という場合の「あげる」は,旧来の規範からすれば誤用とされるものであるが,この語の謙譲語から美化語に向かう意味的な変化は既に進行し,定着しつつあると言ってよい。
 敬語の使い方や意見の異なりを考える際,例えば「あげる」と「やる」についての理解や認識にこうした違いがあるように,それぞれの使い方や意見のよりどころとなっている別の理解や認識があること,つまり,自分自身とは異なる感じ方や意見を持つ人が周囲にいることに留意する必要がある。
================================

 ところで、この文化庁の「敬語の指針」はどこまで信用できるのだろう。
 少なくとも〈「参る」や「申す」は,謙譲語IIに当たる敬語である〉はおかしい。「申す」は謙譲語のこともあれば、そうでないこともある。「申し上げる」の形にしないと、謙譲語とは言いきれないはず。
「お申し出」の類いが謙譲語でないのは、複合語だからではなく、「申す」自体が謙譲語でないことがあるからだと思う。


【事例4】337)【「ご持参ください」は失礼な言い方か】Yahoo!知恵袋
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1637.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1622163409&owner_id=5019671
================================
(前略)「参る」や「申す」は,謙譲語IIに当たる敬語である。しかし,「御持参ください」,「お申し出ください」,「お申し込みください」などといった表現の中に含まれる「参る」や「申す」は,謙譲語IIとしての働きは持っていないと言ってよい。したがって,これらの表現を「相手側」の行為に用いるのは問題ない。
================================

【事例5】413)【「~ない」形の形容詞の迷宮──【2】「とんでもございません」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1814.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1674741224&owner_id=5019671
=====================================
実は、H15年度、文化庁が「とんでもございません」が気になるかどうか調査したところ、およそ7割の人が「気にならない」と答えたのです。これらのことから、文化庁はH19年2月「敬語の指針」の中で、【褒められたことに対し、謙遜して否定する場合の言い方としては、問題がない】と発表しました。
=====================================

 文化庁が認めたのでは、「誤用とはいいきれない」と考えるしかないのでしょう。
 しかしながら、個人的には当分は認めたくありません。自分では使わないし、校正の仕事で目にしたら、修正します。ただ、世の趨勢がそこまで来ていることは覚えておくことにします。

 個人的には、
「申し訳ございません」は誤用とはいえない(自分で使うのはできるだけ避ける)
「とんでもございません」はほとんど誤用(自分では使わない)
 と考えることにします。下記のトピをご参照ください。


【事例6】443)【「召し上がってください」「お召し上がりください」は二重敬語か】

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1855.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1691635798&owner_id=5019671
================================
(2) 「二重敬語」とその適否
 一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」という。例えば「お読みになられる」は「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で,更に尊敬語の「……れる」を加えたもので,二重敬語である。
「二重敬語」は,一般に適切ではないとされている。ただし,語によっては,習慣として定着しているものもある。
【習慣として定着している二重敬語の例】
 ・(尊敬語)お召し上がりになる,お見えになる
 ・(謙譲語I)お伺いする,お伺いいたす,お伺い申し上げる
================================

 こんな書き方でわかるのかな。
 Wikipedaのように「不規則動詞一覧」をつけてくれないと誤解されるよ。そうでなくても、当方のレベルだと「同じ種類の敬語」ってあたりで躓きかける。
 たとえば、「召し上がりました」は「召し上がる」(尊敬語)+「ました」(丁寧語)だから二重敬語ではないってことだろう。



文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題〈2〉

mixi日記2013年01月27日から
【事例7】突然ですが問題です【日本語編2】──「お疲れさまです」「ご苦労さまです」  解答編
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1300.html
================引用開始
3 「ねぎらい」と「褒め」の問題

【27】 時間外に仕事を教えてくれた上司に「どうも御苦労様でした。」と言ったら,「御苦労様はないだろう。」と笑われてしまった。それで,書類作成に追われた上司が帰る時には「御苦労様」以外の言い方を考えてみたのだ が,適切な表現が浮かばず,そのままになってしまった。そういう気持ちを表したい場合には,どうすれば良いのだろうか。

【解説1】仕事について教えてくれた上司に対しては,「どうもありがとうございました。 (大変助かりました。)」と感謝の表現にすれば良い。また,書類作成に追われた上司に対しては,「(本当に)お疲れ様でございました。」などと言えば良いだろう。
【解説2】「御苦労様」は,基本的には,自分側のために仕事をしてくれた人,例えば, 配達をしてくれた店員などに対して,「ねぎらい」の気持ちを込めて用いる表現である。(なお,このような場合に「お疲れ様」と言うのは不自然である。)ねぎらいは, 上位者から下位者に向けたものとなるため,目上の人に対しては,「御苦労様(でし た)」を用いない方が良い。
これに対し,「お疲れ様」は,「ねぎらい」の気持ちを込めて使われる表現ではあるが,一緒に仕事をした後など,お互いに声を掛け合うような場合にも多く用いる表現 である。(なお,このような場合に「御苦労様」と言うのは不自然である。)そのよう な状況であれば,「お疲れ様」ではなく「お疲れ様でございました」などを用いると いうような丁寧な言い方であれば,だれに対しても使える表現である。したがって, 仕事上の上司であっても使うことができる。
要するに,時間外に仕事を教えてくれた上司に対しては,「御苦労様でした」というねぎらいの言葉ではなく,「ありがとうございました」と感謝の気持ちを表す言い方に変えた方が良く,一緒に書類作成に追われていた上司に対しては,「お疲れ様で ございました」と,気持ちを込めて表現すれば良いわけである。
ただし,このような定型的な表現ではなく,例えば「おかげ様で仕事が少し分かる ようになってきました。」などと,別の観点に立った表現を使うことで,上手に自分の気持ちを相手に伝えることも可能である。(P.45~46)
================引用終了

「敬語の指針」の最後の段落部は正論だけど、わざわざこんなことを書く意味があるのだろうか。
「可能ではある」けど、独自の言い方をするのがむずかしいから、こういう「定型的な表現」が求められているのでは。その「定型的な表現」のなかで何が適切か、何が無難かということを説明した結論がこれって……。
「AとBのどちらがいいですか。ほかにいい言い方はありませんか」
 という質問に対して、
「そんな紋切り型ではなく、独自の言い方を工夫しましょう」
 って答えてるんだよな。スパルタ式だな~。



文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題〈3〉

「敬語の指針」ってあんまりにも長いもんで通してマジメに読む気にならないけど、やっぱいろいろヘンなとこがあるみたい。

【事例8】「敬語の指針」P.39に下記の記述がある。
http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/soukai/pdf/keigo_tousin.pdf
================================引用開始
4 自分側に「お・御」を付ける問題

【16】自分のことに「お」や「御」を付けてはいけないと習ったような気がするが,「お待ちしています」や「御説明をしたいのですが」などと言うときに,自分の動作なのに,「お」や「御」を付けるのは,おかしくないのだろうか。
これは,どう考えれば良いのだろうか。

【解説】自分側の動作やものごとなどにも,「お」や「御」を付けることはある。自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば,謙譲語Iとして,「(先生を)お待ちする。」「(山田さんに)御説明をしたい。」など,「お」や「御」を付けることには全く問題がない。また「私のお菓子」など,美化語として用いる場合もある。
「お」や「御」を自分のことに付けてはいけないのは,例えば,「私のお考え」「私の御旅行」など,自分側の動作やものごとを立ててしまう場合である。この場合は,結果として,自分側に尊敬語を用いてしまう誤用となる。
================================引用終了

【20190407一部を書きかえました】 
 詳しくは下記をご参照ください。
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12452630150.html

 これ相当マズいんじゃない?
 大前提として、自分の行動や持ち物につく「お/ご」は2種類あることを説明するべきでは。
 まず、動詞について謙譲語になる場合。
 もうひとつは、名詞について謙譲語や美化語になる場合。
 ↑の説明が悪いのは、美化語と謙譲語の説明がないこと。
「結果として,自分側に尊敬語を用いてしまう誤用」がどういうことか、この説明でわかるのだろうか。
 たとえば、「お考え」。「先生のお考え」なら尊敬語で問題がないだろう。「私のお考え」の場合は美化語とも謙譲語とも考えにくい。そうなると、「自分側に尊敬語」を用いているような感じになるので「誤用」になるということなんだろう。
 かなり言葉足らずだと思う。
 名詞につく「お/ご」は尊敬語、謙譲語、美化語の3通りがある。いずれの場合も「お/ご」がつきにくい言葉がある。これはある程度は理屈をつけられるが、最終的には「慣習」によるとしか言いようがない。詳しくは『敬語再入門』の詳細なリストを見てほしい。
 ただ、名詞につく「お/ご」は、尊敬語か美化語か不明のものや、謙譲語か美化語か不明のものもある。さらに言えば、美化語の適否は使い手の性別やキャラクターにかかわってくるので、一概には判断できない。

■相手側の事物につく場合
 基本的には、尊敬語と考えるのがわかりやすい。美化語とまぎらわしいものもある。
■自分側の事物につく場合
1)相手に関わる事物
 基本的には、謙譲語と考えるのがわかりやすい。これも美化語とまぎらわしいものもある。「相手に関わる事物」はやや曖昧だけど、ほかに言いようがない。
「敬語の指針」の〝<向かう先>を立てる場合〟がわかりやすいと思う人は、そちらで考えてもいい。
『敬語再入門』は〈「主語」「補語」「高める」をキーワードにして説明〉している。こちらのほうがわかりやすいと思うが、あまりにも長すぎて引用できない(泣)。
2)相手に関わらない事物
 謙譲語ではないので美化語になる。美化語の適否は相当微妙な例が多数ある。

 少しだけ具体例をあげておく。
 たとえば、「敬語の指針」に出てくる「私の御旅行」(「御」は相当イヤなので、以下は「ご」と書く)。
 たしかに「私のご旅行」は基本的に×だろうが、下記ならどうだろう。
「わたくし、来月お友達とご旅行にいきますのよ」
 言葉遣いの丁寧な(ある程度の年の)女性なら、この程度の言葉は使うのでは。
「お友達」も「ご旅行」美化語だろう。「敬語の指針」が「私の御旅行」を誤用としている理由はわからない。

 あるいは、「おビールをお持ちしました」。
 外来語に「お/ご」をつけるのは間違いと主張する人もいる。原則的にはそうだと思うが、客商売では「おビール」のほうがフツーでは。「お酒」もフツーだろう。しかし、「おウイスキー」「お焼酎」 とは言わない。このへんは「慣習」としか言えない。
 で、「おビール」の「お」はなんなのか。
 一般には美化語だろう。「暑い時期のおビールはホントにおいしい」と呟く人もいるだろうしね。
 しかし、「お客様のおビール」と考えるなら尊敬語だろう。
 支払いが済むまでは、店に所有権があると考えるなら謙譲語?
 正体は不明だが、小料理屋の女将さんやクラブのママさんが「おビールをお持ちしました」と言うなら、別に不自然とは思わない。
 でもね。苦み走った板さんや、バーの渋いマスターが「おビールをお持ちしました」と言ったら、相当不気味だろう。まぁ、それでも間違いではないだろうが。

 名詞につく「お/ご」だけでもこんな感じになる。動詞につく「お/ご」に関してはもっとたいへんなことになる。それは↑に書いた【自分の行動などにつく「お/ご」】 あたりで許してほしい。

 下記の「おみやげ」とか「手紙」との違いを説明するのはけっこうむずかしいかも。
【自分の行動などにつく「お/ご」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2437.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1859751167&owner_id=5019671

2)名詞につくもの
 名詞につく「お/ご」も尊敬語と考えられがちだが、謙譲語のときと、美化語のときがある。
 たとえば、「先生からのお手紙」の「お」は尊敬語。これが「先生へのお手紙」になると手紙を書いたのは自分だから、「お」は謙譲語になる。
「近頃の若い方はメールばかりで、お手紙なんてお書きにならないようです」なら、美化語だろう。これは過剰敬語気味か。
『敬語再入門』のP.124に、もっと適切な例がある。
================================引用開始
 なお、一つの語がいくつかの用法をもつ場合もあります。§48では、「お手紙」のように尊敬語・謙譲語I両方の用法をもつ主な語をリストしましたが、その中でも「おみやげ」などは、「先生からのおみやげ」(尊敬語)・「先生へのおみやげ」(謙譲語I)のほか「子どもへのおみやげ」のように美化語としても使います(あるいは、初めの二つも美化語と見てしまったほうがよいのかもしれません)。(P.124)
================================引用終了


文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題〈4〉

「敬語の指針」に関するメモ。
 一般に「敬語の指針」と呼ばれているもののほかに、「叩き台」「答申案」がネット上に転がっているらしい。どこがどう違うのかは知りません(笑)。

■「敬語の指針(たたき台)」(平成18年11月○○日 文化審議会国語分科会報告案)
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_shouiinkai181002_siryou_2.pdf

■「敬語の指針(答申案)」(平成19年1月15日 文化審議会国語分科会)
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/kokugo_bunkakai190115_siryou2.pdf#search='%E6%95%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E6%8C%87%E9%87%9D+%E7%AD%94%E7%94%B3%E6%A1%88'

■「敬語の指針」(平成19年2月2日 文化審議会答申)
http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/soukai/pdf/keigo_tousin.pdf

「敬語の指針」に基づいてつくられたと思われるサイトが下記。動画が見られなくなったのは残念だが、動画部分の下の〈「敬語の基本」理解度チェック〉をたどるとわかりやすい解説がある。
■敬語おもしろ相談室
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/keigo/index.html



文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題〈5〉
Googleのコーパス?的な利用法 直裁 直截 お揃いですか お運び漏れ〈1〉~〈3〉
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3020.html
(2014年05月29日)

【事例9】
1)【「敬語の指針」】(P.50)平成19年(2007年)2月
 検索でヒットするのは、【第五話「間違いやすい敬語(2)」 ~尊敬語あれこれ】だが、ほぼ同じ内容なので、「敬語の指針」をひいておく。

http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/keigo/guide.pdf
================引用開始
6 いわゆる「マニュアル敬語」の問題

【解説1】「御注文の品はおそろいになりましたでしょうか。」という表現は,敬語が誤っ て使われている。「お......になる」というのは尊敬語の形であるため,「おそろいにな る」では「御注文の品」を立てていることになってしまうからである。したがって, 「御注文の品は,そろいましたでしょうか。」,あるいは「御注文の品は,以上でよろ しいでしょうか。」などと言えば良いだろう。

【解説2】マニュアル敬語は,言葉の上のサービスの質を,ある水準に保つために考えら れている。したがって,そのような敬語を使う人が,それぞれの言葉に,どのような 気持ちが込められているのかをよく考えれば,その有効性が期待できるものである。 ただし,それを真に生かすためには大切な条件がある。使う側,また指導する側が, マニュアルという「型」を基礎としながらも,絶えず表現について考え,工夫を重ね ていく姿勢を持つことである。マニュアル敬語にかかわる問題の多くは,この実践の 欠如に起因すると言えるだろう。
 しかし,こうしたマニュアル敬語は,アルバイトの若者や,彼らが働くレストラン やコンビニエンスストアなどだけに特有の問題では決してない。敬語の使い方に問題 はなくても,お客の顔を全く見ないまま接客を済ますなど,態度が言葉を裏切ってい る大人も世の中には少なくない。形だけの敬語では,敬意は伝わらない。相手の表情 や動作ににじみ出た気持ちを察知する,相手の言葉にしっかり耳を傾ける,そしてそ の場面の意味と相手の気持ちを十分に踏まえた上で,敬意を言葉に乗せて表す,その ような姿勢を持つことが何よりも大切だと言えよう。
================引用終了

 さらに根本的なことを書くと……。
 1)【「敬語の指針」】(P.50)平成19年(2007年)2月 の書き方はあまりにもホニャララじゃないか?
 だって、テーマは「マニュアル敬語」でしょ? なぜ「御注文の品はおそろいになりましたでしょうか。」の話になる。これだけを対象に、「マニュアル敬語」について語る気か? まさか。
 しかし【解説2】を読むに、その「まさか」らしい。これって、「マニュアル敬語」の解説になっているのかな。〈マニュアルという「型」を基礎としながらも,絶えず表現について考え,工夫を重ね ていく姿勢を持つことである〉……ある意味名言だな。そのとおりだと思う。で、マニュアルってどういうものだかわかっているのだろうか。そんな姿勢が必要だと、マニュアルにならないと思うよ。



文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題〈6〉
747)【「ご挨拶にお伺いさせていただきます」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2357.html

mixi日記2012年04月03日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1835110167&owner_id=5019671

 テーマサイトは下記。
【これって正しいですか? 「ご挨拶にお伺いさせていただきます」】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1383384438

 テーマトピは下記。
【「ご挨拶にお伺いさせていただきます」はなぜヘンな言い方ですか】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=68622653

 当方が立てたテーマトピの「0」を一部省略して転載する。
================================引用開始
「ご挨拶にお伺いさせていただきます」はなぜヘンな言い方ですか

 下記のサイトを読んで疑問に思いました。
【これって正しいですか? 「ご挨拶にお伺いさせていただきます」】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1383384438

1)ご挨拶にお伺いさせていただきます
2)ご挨拶にお伺いいたします
3)ご挨拶にお伺いします
4)ご挨拶に伺わせていただきます

 1)~4)のうち、どれがダメな二重敬語で、どれが許容されている二重敬語で、どれが「くどい言い方」なのでしょうか。
================================引用終了

 テーマサイトに出てきた4つの例文について考える。どれも「間違い」ではないはず。当然どれが「正しい」という問題でもない。ただ、細かく見ていくとちょっと(では済まない?)違いがあって、どこまで許容できるのかは個人差があるだろう。
 Yahoo!知恵袋を読んでやや混乱した。2)~4)は修正案として提示されているのだが……。
 トピにいただいたコメントを読んでかなりわかったような気がする。いただいたコメントを参考(誤用?)にしつつ(「いいとこ取り」とも言う)、例によってクダクダと書いていく。

「原形」とも言えるのが「伺う」。
■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E4%BC%BA%E3%81%86&stype=0&dtype=0
================================引用開始
うかが・う〔うかがふ〕【伺う】
[動ワ五(ハ四)]《「窺う」と同語源。目上の人のようすをうかがいみる意から、その動作の相手を敬う謙譲語となる》
1 「聞く」の謙譲語。拝聴する。お聞きする。「おうわさはかねがね―・っております」
2 「尋ねる」「問う」の謙譲語。「この件について御意見をお―・いします」
3 「訪れる」「訪問する」の謙譲語。「明朝、こちらから―・います」
4 神仏の託宣を願う。「御神託を―・う」
5 《「御機嫌をうかがう」の意から》寄席などで、客に話をする。また、一般に、大ぜいの人に説明をする。「一席―・う」
[可能] うかがえる
================================引用終了

 例文になっているのは〈3 「訪れる」「訪問する」の謙譲語。〉だろう。より厳密に言うと謙譲語I。
 これを謙譲語Iの「お~する」と組み合わせたのが「お伺いする」。通常ならバキバキの二重敬語だが、一般には許容されている。
629)【文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1798665663&owner_id=5019671
「敬語の指針」p.30から====================引用開始
(2) 「二重敬語」とその適否
 一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」という。例えば「お読みになられる」は「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で,更に尊敬語の「……れる」を加えたもので,二重敬語である。
「二重敬語」は,一般に適切ではないとされている。ただし,語によっては,習慣として定着しているものもある。
【習慣として定着している二重敬語の例】
 ・(尊敬語)お召し上がりになる,お見えになる
 ・(謙譲語I)お伺いする,お伺いいたす,お伺い申し上げる
================================引用終了

「お伺いする」だけではなく「お伺いいたす」「お伺い申し上げる」まで許容されている。「習慣として定着している」か否かの基準は不明。
 2)ご挨拶にお伺いいたします
 3)ご挨拶にお伺いします
 は文化庁が許容したものを丁寧語(~ます)にした形なので、「許容されている二重敬語」ってことになる。
 ちなみに「お伺いいたす」は「伺い」+「お~する」+「~いたす」の三重構造と考えることもでき、この段階でクドいと言えば相当クドい。
 二重敬語のうえに三重構造は×、と考えることもできる。その一方で、文化庁が許容しているから○、と考えることもできる(たしかに「定着している」って気はするし)。
「お伺いいたす」を〈「お伺いする」+「~いたす」〉と考えると、「拝見いたす」(「拝見する」+「~いたす」)と同様と言えなくはない。三重構造の「お伺いいたす」に相当するなら「ご拝見いたす」ではないのか、って話は無視する。

 4)ご挨拶に伺わせていただきます
「伺う」+「させて」+「いただく」+「ます」
 これは「ご挨拶に」を除くと「拝見させていただきます」と同様と言ってもよいだろう。
  伺う→「訪れる」の謙譲語I
  させて→使役などの意味の助動詞「させる」の連用形+助詞「て」
  いただく→「もらう」の謙譲語I
  ます→丁寧語
「敬語連結」であって「二重敬語」でさえない。その意味では非難される理由はない。
 悪名高き「させていただく」が使われているが、「訪れる」ことに関する許可を求め、そのことによって「受益」がありそうだから問題はないだろう。ただ、これがオススメできるかと言うと疑問。
【関連トピ紹介】10──敬語の話2 「~させていただく」は是か非か
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=45983063
 2)と4)に関しては、「拝見いたします」「拝見させていただきます」と微妙に関係していると思う。下記のコメント[4]までを参照してほしい。[5]以降はお好みで……。
【「拝見する」の使い方──「拝見いたします」「拝見させていただきます」は二重敬語?】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=67150294&comm_id=398881

 最後は元々の例文。
1)ご挨拶にお伺いさせていただきます
 これは4)の「伺う」を「お伺いする」(許容されている二重敬語)にかえたもの。
 文化庁が許容しているのだから、「間違い」とは言えない。ただ、これは4)よりもさらにクドい(はず)。


 ここから先は当方の主観(いえその、ここまでも主観が入っているけど……)。 
 質問したトピでは、ほぼ全員が「ご挨拶に伺います」派。Yahoo!知恵袋に出てきた例文は全滅(笑)。みなさん厳しい。「ご挨拶に」が影響している観もある。
 最もシンプルな形とも言える「5)ご挨拶に伺います」を加えて比べてみる(Yahoo!知恵袋にこの形が出ていないのはなぜなんだろう)。
1)ご挨拶にお伺いさせていただきます
2)ご挨拶にお伺いいたします
3)ご挨拶にお伺いします
4)ご挨拶に伺わせていただきます
5)ご挨拶に伺います

 このうち、1)2)3)は許容されている二重敬語を含む。たとえ許容されていても二重敬語は避けるべき、という考え方もアリだろう。
 クドさの程度で考えると、たぶん以下のようになる。下に行くほどクドくなるという意味。二重敬語を使っていない4)の位置づけは微妙かも。
5)ご挨拶に伺います
  ↓
3)ご挨拶にお伺いします
  ↓
2)ご挨拶にお伺いいたします
  ↓
4)ご挨拶に伺わせていただきます
  ↓
1)ご挨拶にお伺いさせていただきます

 個人的な感覚では、3)が許容できるか否かの境界線で、2)はアウトだろう。このへんはかなり微妙で、過剰気味の敬語が蔓延していると、5)では敬度不足ととられかねない。
 これが「ご挨拶に」を「明日、(読み方は「みょうにち」もしくは「あす」。この文脈だと「あした」はちょっとヘン)」にすると、敬語の重複感が軽減するのでちょっと事情がかわる。「明日、」だったら、3)は許容範囲で、2)も相手によってはアリかも、って気になる。

 敬語の重複感に関して『敬語再入門』http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1824714512&owner_id=5019671は下記のように書いている。著者は「敬語の指針」を作成した(主要)メンバーのひとり。この本は信頼してるんだけどさぁ……。
================================引用開始
このように、各語がそれぞれ敬語になり、それをつなげただけのものは、二重敬語と呼ぶべきものではありません。実際、「お読みになっていらっしゃる」は正しい敬語です。「お嬢様はお手紙をお書きになっていらっしゃる」も、四つの別の敬語をつなげただけで、四重敬語などとは言いません。この文も、多少くどくはありますが、問題のない敬語で、言葉の丁寧な人なら、この程度の敬語は使います。(P.148)
================================引用終了

 やはり個人差は大きい(笑)。こういう風に言われちゃうと……たぶん「言葉の丁寧な人」なら「ご挨拶にお伺いさせていただきます」程度の敬語も使うんだろうな。
 少なくとも「敬語の指針」や『敬語再入門』を見る限る、「お伺いいたす」は許容範囲だし、「ご挨拶」や「させていただきます」との併用を×にする根拠はない気がする。そうなると、「クドい」「クドくない」は個人の好みで判断するしかない、ってことになるのだろうか。
「ご挨拶にお伺いさせていただきます」は相当クドくて相当ヘンだと思う。Yahoo!知恵袋でもmixiのトピでも、細かい点は別として、これを支持している人はいない。でも……ちゃんと説明するにはかなりの力業が必要になりそう。なんかハガユい。
 
 結論。
 やっぱり文化庁の「敬語の指針」は嫌いだ。(←オイ!)

考え方が間違っている──「ら抜き言葉」は問題ナシな人62.3%

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【10】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1880457960&owner_id=5019671

mixi日記2013年04月23日から

 まず、どういう質問をしたかという点が問題。
「ラ抜き言葉」として「見れる」「食べれる」をあげるのと、「考えれる」「忘れれる」をあげるのでは相当数字がかわってくる。そこは考えてほしい。
「自分で使うか」と「使っても問題はない」も相当違う。たとえば当方は、自分ではよほどのことがないかぎり使わない。でも他者が「使っても問題はない」と思う。
 さらに言うと、話し言葉と書き言葉では大きく違ってくる。そのあたりを無視してもらっては困る。
 結果は大差ないとも言えるが、文化庁の調査のほうがずっと信頼できる(当然か)。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/h22/pdf/h22_chosa_kekka.pdf

 別に「ラ抜き言葉」がどういうものかわかって使っているのなら、「ご自由に」と思う。最大の問題は、否定するにしても肯定するにしても、どういうものが「ラ抜き言葉」なのかわからずにアーダコーダ言う人が多すぎること。
 最低限、下記あたりをクリアしてからにしてほしい。
【文法資料】「走られる」?「走れる」?
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=72783683&comm_id=56314

 個人的は下記のように考えている。相当昔の話だが、ほとんでかわってないのは、もはや頑固じじいの域?(泣)
11)【世に誤用の種は尽きまじ──2】(2008年08月10日)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3326.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=897188119&owner_id=5019671

【ネタ元】
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130423-00006068-shunkanrn
================引用開始
「ら抜き言葉」は問題ナシな人62.3% 「ら入り」への嫌悪感も

先日、取材で新入社員のマナー研修などを行う講師に会い、最近のマナー違反で気になるものは? と聞きました。答えは「全世代共通して『ら抜き』言葉が増えていること」。

「見れる」や「食べれる」の「ら抜き言葉」についてどう思いますか?-リサーチパネル
新入社員に「見れる」、「食べれる」などの「ら抜き」言葉を避けるよう指導しても、30~40代の社員たちが「ら抜き」を使う職場では、指導も無意味だと嘆いていました。

秘書や受付、営業、接客など言葉づかいやマナーにうるさい職種の場合は自主的に「ら抜き」を徹底するそうですが、その他の職種では気にしないケースが増えているそう。30~40代といえば、面接なども担当する世代。

さらにその上の50代にも「ら」抜きが増えてきているというから驚きです。「今の50代はまさにバブル世代。新しい言葉やカタカナ語などを取り入れてきた世代。20代のように『ら抜き』を使うことにも抵抗がないのです」とのことで、職場における「ら抜き」の浸透が進んでいると考えられます。

「『見れる』や『食べれる』の『ら抜き言葉』についてどう思いますか?」というネット調査でも、

・使うべきではない:37.7%
・使っても問題はない:62.3%
(リサーチパネル調べ、回答者数14万7365人)

と、6割以上が寛容な意見を持っているという結果が出ています。

「使うべきではない」派からは、「なんとなく頭悪そう」、「気持ち悪い」、「耳障り」、「幼児みたい」、「使う人の頭のレベルがわかるので身内には使わせたくない」など散々な言われようの「ら抜き」。

一方の「使っても問題ない」派は、「言葉は進化するもの。 『ら抜き』に関しては今が転換期で、50年後には完全に『ら抜き』が当たり前になっているだろう」と時代の流れと主張。

ほかにも、「むしろ『ら』が入ってるほうがくどく感じてきた」、「自分の育った地方では、方言的な問題なのか“ら”など誰も使わない。なので、遠い標準語圏の問題かなーという認識」などのコメントが書き込まれました。

「使っても問題はない」の都道府県別データでも北海道70.8%、青森県70.6%と北の地域で多く、関東圏で少ないなどの地域差が見られ、方言の影響も少なからずあるようです。

世代別では「使うべきではない」が10代は24.30%ともっとも少なく、20代26.60%、30代30.90%……と徐々に増えていきます。「使うべきではない」が過半数を超えるのは60代の50.40%から。50代までは「使っても問題はない」と考える人のほうが多いことが読み取れます。

ちなみに「ら抜き」に寛容な職業トップ5は、学生71.5%、パート・アルバイト67.3%、派遣社員・契約社員65%、会社勤務(一般社員)64.3%、専業主婦63.9%。

人前で話す機会が比較的多い会社経営者や弁護士などの専門職は「見られる」、「食べられる」と言い、学生や派遣、一般社員、主婦は「見れる」、「食べれる」を日常に浸透させつつあるようです。

(文・トシヒ子)
================引用終了



「ら抜き言葉」は問題ナシな人62.3% 「ら入り」への嫌悪感も
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=151&from=diary&id=2405044

助数詞の話──「1年」と「1年間」の違い 日本語

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【7】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1789673749&owner_id=5019671

mixi日記2012年02月05日から

 助数詞関係のバックナンバー。
473)【助数詞の話──「城」「国」の数え方】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1701334422&owner_id=5019671

655)【ゴミ箱4】【病院を数える助数詞】日本語しつもん箱
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1807775696&owner_id=5019671
 これじゃ「ひらがな多字」のカミツキhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1791606657&owner_id=5019671と大差ないかな(泣)。それだけは許して。


 テーマトピは下記。
【一年間と一年】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=67721510

 大前提として、「1年」の「年」をどう呼ぶか。他の流派もあるようだけど、「助数詞」と呼んでおく。「量詞」というのは、どうやら中国の呼称らしい。
 ただ、「1年」「1年間」の「年」が助数詞か否かは微妙な気がする。
 
■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B9%B4&dtype=0&dname=0na&stype=1&index=14342500&pagenum=1
================================
ねん【年】

【1】[名]
1 1年。とし。「―に一度の祭り」
2 「年季」の略。「―が明ける」

【2】[接尾]助数詞。
1 年号・年数を表すのに用いる。「平成七―」「西暦一九九五―」
2 年齢・学年を表すのに用いる。「人生五〇―」「五―に進級」
================================

 一般の「1年」は名詞。
「年号」「年齢」「学年」を表わす(「年数」は「3年目」などのこと?)ものは助数詞らしい。ってことは、「2年(間)」「3年(間)」と増やせるのは「助数詞」なんだろう。
 ↑の「473)」の法則で考えても、「3年」は「3つの年」とは違うようなので、「〈つの〉抜き」でなく助数詞だろう。
 本題とはあまり関係ない気がするので「助数詞」と考え、これ以上は踏み込まない。
 質問にある「1年」は「年数」と考えるのが素直だろう。【1】1の「1年」は無視する。ホントはマギレをなくすために「5年」などで考えるほうがよい気がするが……。 
 さて、「1年」と「1年間」の違い。これは当然「間」がポイントになる。
 つい最近、同様の質問をどこかで目にした記憶があるが、当方の検索能力では見つけられない。関係するサイトも見当たらない(泣)。

■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E9%96%93&dtype=0&dname=0na&stype=1&index=03799400&pagenum=1
================================
かん【間】
【1】[名]
1 物と物、場所と場所とを隔てる空間的な広がり。また、その距離。「天地の―」「その―約八キロ」「目睫(もくしょう)の―に迫る」
2 ある時点とある時点とのあいだ。あるひと続きの時間。「その―の事情はわからない」「ボールが外野を転々とする―に」
3 すきま。間隙(かんげき)。「多忙の―を縫って出席する」「―に乗じる」
4 心の隔たり。「―を生じる」

【2】[接尾]名詞に付いて、ある物事・時間・場所と他の物事・時間・場所とのあいだ、人と人との関係などの意を表す。「五日―」「東京、大阪―」「学校―の連絡」「夫婦―のもめごと」
================================

「1年間」の「間」は「5日間」の「間」と同じだろう。ということは「接尾語」になる。
 ただ、これで「5日間」の説明になるのかな。何と何の間なの? 意味は【1】2の「あるひと続きの時間」だろう。
 
 ここまで踏まえて「1年」「1年間」の違いを考える。
 質問を一部加工して転載する。
================================
 インドネシア人の学生に日本語を教えています。
「日本に来て一年間が過ぎました。」 という作文を書きました。
「一年」が正しいのは分かるのですが、 「一年」と「一年間」の使い分けの指導ができません。

  例
  1)サッカーを1年以上している。○
  2)サッカーを1年間以上している△?
  3)日本語の勉強を1年した。○?
  4)日本語の勉強を1年間した。○
================================

 3)は「○?」ではなく「○」だろう。
 やや不自然なのは2)。「1年間以上」は間違いではないだろうが、ちょっと引っかかる。
 原文の「1年間が過ぎました」もちょっと引っかかる。ホントにかすかにだけど。
 微妙すぎてうまく説明できそうにないが、「1年の間」(「1年中」の意味ではなく)と言いかえることができるか否かで考えてはどうだろうか。
  0)’日本に来て1年の間が過ぎました。△?
  2)’サッカーを1年の間以上している×
  4)’日本語の勉強を1年の間した。○

「1年」と「1年間」はほとんど同じだが、なぜか「1年間以上」(「以下」「未満」「以内」なども同様)になると異和感が生じる。
「1年」は単に「1年」だが、「1年間」になると「期間」のニュアンスが強くなる。そのことと、「1年間以上」に生じる異和感の関連性は……わからないorz。
 ちゃんと説明ができないのなら、「1年」と「1年間」はほぼ同じとするしかない気がする。
 こんなみっともない結論じゃリンクも張れない(泣)。

【20120211追記】
「1年(間)」だと普通名詞とまぎらわしいので「5年(間)」で考え直してみた。

  0)日本に来て5年間が過ぎた。○△?
  1)サッカーを5年以上している。○
  2)サッカーを5年間以上している△?
  3)日本語の勉強を5年した。○
  4)日本語の勉強を5年間した。○

「5年間」を「5年の間」にしてみる。
  0)’日本に来て5年の間が過ぎた。△?
  2)’サッカーを5年の間以上している×
  4)’日本語の勉強を5年の間した。○

 0)0)’がなんでヘンなのかは不明。
「あるひと続きの時間」だから過去のこのには使いにくいのか……とも思ったが、違うようだ。「あっという間の3年間だった」とかはよく聞くフレーズ。「10日間の熱闘に終止符が打たれた」なんてのもおなじみ。
 もうひとつの可能性が「間」と「過ぎる」の相性の悪さ。
  5)日本に来て5年間になる、だとほんの少しヘン。△?
  5)’日本に来て5年の間になる、だとかなりヘン。×
  6)日本にいたのは5年間だ、だと自然。○
  6)’日本にいたのは5年の間だ、だと自然。○

「5年の間以上」(「以下」「未満」「以内」なども同様)を自然にする方法。「の間」を後ろにもってくるといいようだ。
  2)’サッカーを5年の間以上している×
  2)’’サッカーを5年以上の間している○

 こんなことがわかっても、「間」の性質は何もわからない(泣)。

 さらに疑問が……。

  7)5年間、ありがとうございました。

 これは「5年の間」にはできても「5年」にはしにくい。なんで?



【助数詞の話──「1年」と「1年間」の違い 日本語】 〈2〉

 下記のコメントを回収する。
【〇ヶ月に渡り~と〇ヶ月間渡り~】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10119262520
================引用開始
「〇ヶ月に渡り~」と「〇ヶ月間渡り~」のどちらが正しいか

文脈にもよるかもしれませんが、「〇ヶ月間渡り~」は「に」を入れて「〇ヶ月間に渡り~」でないとおかしいと思います。
「〇ヶ月に渡り~」と「〇ヶ月間に渡り~」はほとんど同じで、厳密にどう違うか当方にも正確なところはわかりません。
「間」が入るほうフォーマルな印象なので、賞状なら「〇ヶ月間に渡り~」のほうがよいと思います。
詳しくは下記をご参照ください。
【助数詞の話──「1年」と「1年間」の違い 日本語】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2305.html

以下はやや余計な話です。
こういう場合の「渡り」は、漢字で書くなら「亘り」と書くべきと主張する人がいます。詳しくは省略しますが、当方もそのとおりだと思います。
漢字にせずに、ひらがなで「わたり」と書くほうがよいと思います。

こういう場合の「ヶ」は、正式な文章ではあまり使われません。
賞状なら「か」か「カ」と書くほうがよいでしょう。
詳しくは下記をご参照ください。
【複数の場所を示すのに「2箇所」、「2ヶ所」、「2ヵ所」、「2個所」、「2か所」とする表現は、どれが正しいのでしょうか?】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1194937816
================引用終了


 下記も回収。
【「~に3日かかる」と「~に3日間かかる」】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10119441090

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「~に3日かかる」と「~に3日間かかる」の違い。

どちらでも「間違い」ではないでしょうが、「~に3日間かかる」には少しだけ異和感があります。
今回の質問のおかげで微妙な異和感の理由がわかりました。ありがとうございます。

まず、つい最近書いた回答をひきます。
【「〇ヶ月に渡り~」と「〇ヶ月間渡り~」のどちらが正しいか】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011926252...
================引用開始
「〇ヶ月に渡り~」と「〇ヶ月間に渡り~」はほとんど同じで、厳密にどう違うか当方にも正確なところはわかりません。
「間」が入るほうフォーマルな印象なので、賞状なら「〇ヶ月間に渡り~」のほうがよいと思います。
詳しくは下記をご参照ください。
【助数詞の話──「1年」と「1年間」の違い 日本語】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2305.html
================引用終了

「~に3日かかる」と「~に3日間かかる」の場合もほとんどかわらないと思います。
ただ、個人的には「~に3日間かかる」には少しだけ異和感があります。
おそらく、リンク先にひいた辞書にあるとおり、「間」は「あるひと続きの時間」だからでしょう。
「工事は3日(間)続いた」のように、「3日」の「間」、ずっと継続しているなら異和感はありません。
「かかる」の意味を確認します。

http://kotobank.jp/word/%E6%8E%9B%E3%82%8B?dic=daijisen&oid=0297020...
================引用開始
14 時間・費用・労力などが必要とされる。費やされる。要する。「手の―・る仕事」「完成に一〇年―・る」
================引用終了

http://kotobank.jp/word/%E6%8E%9B%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%83%BB%E6%87%...
================引用開始
12 費用・労力・時間などを要する。費やされる。入用になる。 「これを作るには金も時間も-・る」 「修理するには一〇万円以上-・る」 「手間が-・る」 「暇が-・る」
================引用終了

「期間内の継続」のニュアンスより、かかった「時間の総量」を表わすニュアンスがあるようです。このため、「間」と「かかる」の相性がよくないのでは。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード