FC2ブログ

2018年~2019年の朝日新聞から

 リンク先に関しては下記参照。
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12563157097.html

 チェックしていたものの半分ぐらいは、何をチェックしたか不明(泣)。

【朝日新聞から総索引(2002年~)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-244.html

18-10-11
 これからの日本囲碁界をしょって立つ一力遼八段(21)と芝野虎丸七段(18)が6日、第25期阿含・桐山杯の決勝で相まみえた。主要タイトル戦の決勝で激突するのは初めて。気迫と気迫がぶつかる勝負は中終盤にかけて右肩上がりの盛り上がりを見せ、ライバル物語の嚆矢(こうし)を飾る記念譜となった。(夕刊/9面)
 大出公二記者。そうか。1年前の記事だとこんなことになるのか。時の流れは早い。引用したのは、リードの全文。なんと申しましょうか。間違いではないだろうが……。書き手は何歳なんだろう。ふた昔ぐらいの前の観戦記ならアリかもしれないが。
 2018年も2人とも勝ちまくっていたが、不思議なことにこの年の初対局。過去の対戦成績は芝野の3勝2敗だった。
 まず細かいことを書くと「主要タイトル戦の決勝」ってさぁ。主要タイトルは番勝負だよね。これは書きかえがむずかしいんでまだいい。
「中終盤にかけて右肩上がりの盛り上がり」って言うのか?
「ライバル物語の嚆矢(こうし)を飾る」って言うのか?
 前者は安っぽい、後者は気取りすぎにしか思えない。文中には「他に類を及ぼさず生還すれば白よし」なんて表現も出てくる。勘弁してもらえないかな。
 これだけジジムサイ言葉を使っておいて「しょって立つ」はないでしょうに。

18-11-11
 紀平は、女子にとっては難易度が高いトリプルアクセル(3回転半)を得意としており、この日のフリーで2本決めた。(朝刊/1面)
 記者不明。これもこの1年で状況が大きくかわった。ふーん。「ジャンプ」の話じゃないんだ、って話はおく。「難易度」はやめてほしい。一般的な話の中ではもはやしかたがないかもしれない。でも体操やフィギュアの競技の話ではナシだろう。

19-06-29
パ・リーグ最多得点の西武打線を手玉にとり、リーグ最少の防御率は1・66になった。(朝刊/18面)
 照屋健記者。「防御率」がイチバンいいのはなんて言うんだろう。「率」なんだから、「最少」はナシ。「高低」で言うなら「最低」しかないだろうな(笑)。無難なのは「リーグトップ」か「リーグ1位」だろう。

19-07-05
 視聴率は及ばなかったが、記者は「インハンド」をより、興味深く見た。(朝刊/23面)
 岩田智博記者。別のドラマと2作を比較している。読点を削除して〈「インハンド」をより興味深く〉なら多少マシ。フツーは〈「インハンド」のほうを興味深く〉あたりだろう。ヨリ+修飾語の例として相当ハイ(ロウ?)レベル
19-10-19
「私は悪女じゃないですからね」。目を細め、ニヤリと続けた。「いや。ちょっとその気もあるかもね」
 まったくわるい女(ひと)だ。だから、引かれるんだ。(朝刊/t1面)
 真野啓太記者。尾野真千子のインタビュー。結びにちょっと気取りたかったんだろう。でもね。そういうのは……(800字略)。常用漢字の功〝罪〟の話かも。「ニヤリと続けた」って、話はパス。本文中ずっと「悪い」と書いていて、最後だけ「わるい」にしたのはどんな意図があるのだろう。これもパスしておく。
 まず問題は「その気」をどう読むか。「そのキ」でも意味が通じそうだが、これは「そのケ」だろう。ルビを打ちたくないなら、「その傾向」とでもするしかない。それじゃニュアンスがかわると言うなら、はじめからちゃんと書きなさい。
 もっと罪が重いのは「引かれるんだ」。これは「惹」を使わないと意味が通じない。初見では「ドン引きされる」のような意味だと思った。ルビを打ちたくないなら、「魅力的なんだ」ぐらいにするしかない。それじゃ……。(以下略)

19-11-12
親友同士 知床と京都へ 
(朝36刊/面)
 加藤勇介記者。これはほとんど因縁かも。引用部は見出しで、本文には「10年超の親友という2人が」ともある。〈10年超の親友〉の話はおく。問題は「親友同士」の重言感。「従兄弟同士」ならフツーの気がするが「2人は従兄弟同士」だとどうなんだろう。「友人同士」とはまず言わない。「友人関係」ならアリ。見出しに関しては「2人の親友」とか「意外な親友」とか……元のままにするしかないか。

19-11-15
高評価に笑顔が絶えなかった。(夕刊/8面)
 書き手はソフトバンク担当 藤木健記者? ってどういう立場の人?
 これは下記絡みか。
【2019年10月31日の朝日新聞から 高評価 好評価】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12541100283.html

19-11-19
今では「完全に弾ける」そうです。演奏シーンは、西谷弘監督が獅子雄を一番魅力的かつ衝撃的に見せる方法を考え抜き、姿を360度からぐるりと映す演出ヌなったそう。(朝刊/16面)
 記者不明。これが一部で問題視されている〈伝聞の「そうだ」の「だ」の省略形〉ですか。
【「~だそう。」は言葉足らず? 毎日ことば〈1〉〈2〉】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12538324932.html
 引用文の場合は「~だそうだ」ではないけど、直前に「そうです」があるんでかえたのの、だったら、もっと根本的にかえることを考えるべきでは。
スポンサーサイト



2019年6月8日の朝日新聞から

○○すぎる 2題 美人すぎる まさかすぎる イクラ丼すぎる

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【22】
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1971566092&owner_id=5019671

mixi日記2019年06月09日から

【参考日記】
【「~すぎる」の反対語は?〈1〉&〈2〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-995.html
376)突然ですが問題です【日本語編29】「すぎる」のナゾ──【解答?編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1739.html

「美人すぎる」はすでに世間に受け入れらた気がする。
 ここまで広まってしまっては、どうにもならない。
 たださぁ。こういうのを野放しにすると、もっとヒドい使い方が登場する。

【「気持ち的には楽になりました」大切なバイクが盗まれた→1年後にケニアで発見、同様のケースも】
https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5654890&media_id=128&from=category_news
【ネタ元】2019年06月07日
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1906/06/news095.html
===========引用開始
 ライダーにとって恋人や相棒のように大切な存在であるバイクを盗まれてしまった男性が、まさかすぎる場所で愛車を発見したとTwitterで報告して、大きな注目を集めています。 
===========引用終了
 しかもmixiのニュース一覧のタイトルは「愛車盗難、まさか場所で発見」。通常、3月に開催されるのでは。

【イクラ丼すぎる?かき氷に反響 のっているのは流行の…】
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5654721
【ネタ元】2019年6月8日
https://www.asahi.com/articles/ASM6736JHM67TNAB002.html
 朝日新聞デジタルですか。
 しかもタイトルに。
 記事本文を読むと「イクラ丼すぎる」とは書いていない。新聞のタイトルは、通常整理部がつけるはず。つまり、記者が●●なのではなく、整理部の担当者が●●ってこと。

2019年07月20日の朝日新聞から

 毎月恒例にしていた朝日新聞チェックをやめたのはいつだたろう。
 同じようなネタしかないので飽きた。(←オイ!)

 その後も気になった記事はストックしているけど、書く気にならない。(←オ~イ!)

19-07-1
 朝刊36面。
https://www.asahi.com/articles/DA3S14104631.html
===========引用開始
コンサル会社長、再逮捕へ 国の助成詐取容疑 企業主導型保育

2019年7月20日05時00分 

 企業主導型保育事業をめぐる融資金詐欺事件で、東京地検特捜部に逮捕された福岡市の経営コンサルタント会社「WINカンパニー」社長の川崎大資(だいし)容疑者(51)が、複数の保育所の助成に関して虚偽の報告を重ね、国の助成金を不正に受給していたことが関係者への取材でわかった。特捜部は近く、助成金を不正受給…
===========引用終了

 問題は「コンサル会社長」。
 当方の知る限り、この書き方はナシ。「コンサル会社社長」だろう。「コンサル会社」という醜悪な略称に関してはおく。
 単なる慣例なんだろうが、「○○市市長」を「○○市長」とするのはアリらしい。
「研究所長」というのも、アリらしい。こちらは「研究所所長」にしてほしいけど。
 だが、「会社社長」を「会社長」(一発で変換できた!)にするのはナシのはずなんだけどなぁ。 

2017年07月12日の朝日新聞から

http://www.asahi.com/articles/DA3S13031484.html
===========引用開始
(ことばの広場 校閲センターから)「コーヒーになります」

 「こちら、コーヒーになります」。飲食店で注文品を持って来た店員から、こんなふうに言われたことはありませんか?
 当欄には、「目の前に置かれた物がこれからコーヒーに変わるようだ」といった違和感を訴える読者の声が多く届きます。
 辞書を見ると、三省堂国語辞典は動詞「なる」の「あたる。相当する」の意味の使用例に「コーヒーになります」を挙げています。一方、岩波国語辞典は「1980年ごろから広まった俗用」とし、明鏡国語辞典は「きつねうどんを注文した客にきつねうどんを出すような、他の可能性が考えにくい場合には不自然になる」と説明します。
 岐阜大学の洞澤伸(ほらさわしん)教授(言語学)はこうした言い回しを「バイト敬語」と呼びます。「コンビニ敬語」「ファミレス敬語」とも言われますが、主にアルバイトの若者たちが接客業全般で使っているからだそうです。
 「です」と断定するのは強すぎ、「ございます」だとかしこまりすぎと感じるのでその間を狙っている、と分析します。
 「レシートのほうはよろしかったでしょうか」「千円からお預かりします」という表現も同類です。店の指導ではなく「先輩や仲間が使っている」「よく耳にする」から使うとのこと。業務が無難にこなせる便利な表現と考えられているようです。
 「……のほう」「千円から」は、国語に関する世論調査(文化庁)で96年度から3回取り上げられ、「気になる」と答えた人の割合が増え続けています。最新の2013年度ではそれぞれ6割超、5割超に。ロイヤルホストは03年から一定期間、バイト敬語を「禁止語」として店内に掲示していました。
 ただ、テレビでは「テーマはこちらになります」、駅では「1番線に参りますのは東京行きとなります」とも聞くという読者の指摘もあります。世代や場所に限定されない新しい丁寧な表現として定着しつつあるのかもしれません。
 (板垣茂)

 ◇ことばに関して日頃お考えのことをお寄せ下さい。メールはkotoba-hiroba@asahi.comへ。

===========引用終了

 こんなとおりホニャララことしか書けないなら、わざわざ記事にする意味がないのでは。
 まぁ、三省堂国語辞典の記述を知ったのは収穫だけど。

 ちなみに「~になります」に関しては下記かな。
 こんなとおりいっぺんのことしか書けないなら、わざわざ記事にする意味がないのでは。
 まぁ、三省堂国語辞典の記述を知ったのは収穫だけど。

 ちなみに「~になります」に関しては下記かな。ずいぶん古いなぁ。
【バイト敬語/若者言葉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1818.html
190【「~になります」考】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-11855775056.html
 長い話なんで、まとめにあたり〈4〉の部分だけ引用する。諸般の事情もあるもんで(笑)。

 さらにちなみに、↑の紙面の一番大きな見出しは〈「バイト敬語」定着の兆しも〉。いったい何年前の記事なんだろう。「兆し」だと20年以上前じゃなかろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「~になります」についてのまとめ。
 過去のリンクを張るが、たどらなくていいように要点を抜粋していく。
 いろいろな資料を目にして、何がなんだかわからなくなっている。

●「変化を表わす」(本来の用法)
 まず「~になります」の本来の用法を確認しておく。
 本来の用法は「変化を表わす」もので、典型的なのは「あと5分で3時になります」のような形。これの仲間と考えられるものに以下のようなものがある。
  1)(会計時の)合計で○○円になります
  ※1品で「○○円になります」だと、下記の問題視されている用法になるらしい。
  2)この子は来月3歳になります
  ※(すでに3歳になっている子のことを)「この子は3歳になります」という用法もある(これはちょっと分けて考えるべきかも)。
「~になります」が目の敵にされた結果、こういうまともな用法まで妙な感じに聞こえる印象がある。そこまでいくと「言葉狩り」に近づく。

●料理を運んできて「~になります」
 これが一般に問題視されている例。
 ただ、メニューの表示が曖昧な場合はアリとする説もある。
 これに関しては、〈2〉にいただいたコメントのリンク先が詳しい。
http://www.surugadai.ac.jp/sogo/media/bulletin/Ronso31/Ronso31honda.pdf
================================引用開始
(2) a. こちらが若鶏のプロヴァンス風になります。
   (NHK アナウンス室ことば班(2005: 63))
  b. こちらが和風セットになります。
  (矢澤(2004: 31))
 (2a)については,「メニューで料理名を見ただけでは予想がつかない,不確定なもの を指して言う場合には,さほど違和感がないかもしれません」という観察(NHK アナ ウンス室ことば班(2005: 63-64))がある。
================================引用終了
 (2b)に関しては、〈3〉で詳しく引いた。
 むずかしく考えずに、(2a) と同様と考えておく。要は、「料理名だけではわからないでしょうがこういうものです」くらいの意味らしい。
 ただ、そんなことを言いだすと、わかるかわからないかは個人差があるので全メニューが「~になります」でもおかしくないってことになりかねない。
 ありふれたコーヒーに見えても、店主がとんでもないこだわりをもっている特殊なコーヒーなら、「(これが当店自慢の)コーヒーになります」もアリになる。
 そんな微妙な考え方をする必要があるのだろうか。
  まあ、「こんな粗末な(期待外れかもしれない)もので申し訳ない」という下手に出る意識から出た言い回しなら、大目に見るべきだろう。「この子は3歳にな ります」もこのニュアンスに近い。そういう殊勝な言葉づかいも、マニュアルどおりの言葉になると「とにかく下手に出ておけばいい」という感じになりやすい んだけど。

●「~になります」にひそむ心理1
「~になります」には責任転嫁のニュアンスがあるらしい。
「お届けは来月になります」ならフツーの言い方だろう。
「そんなに細かい注文をつけられると今月中の納品はむずかしく、来月になります」になると責任転嫁の気配が濃厚になる(「言い訳」とも言う)。
 これについてはいろいろな言い方がある。
・結果としてそうなったという客観性を強調し、行為者の主体性をぼかす(Wikipedia/↑〈1〉 )
・非人為的な推移(『問題な日本語』/↑〈3〉)
 多くの場合、使うほうはそういうことは考えていない。むしろ、先に書いたように(本来は)下手に出ている。しかし、受け取る側はそういう気配を微妙に感じて不快になることがある。「~になります」が嫌われる背景には、この意識があるんじゃないだろうか。

●「~になります」にひそむ心理2
「~になります」にかわる言い回しはいくつかあるが、一般的なのは「~です」と「~でございます」だろう。
 敬度で考えると、
「~です」<「~になります」<「~でございます」
 だろう。
 客商売だと「~です」が使いにくい気持ちはわかる気がする。それなら「~でございます」を使えばいいと思うが、これを嫌う人も多いらしい。
 理由は、〈2〉で教えてもらった論文だと〈「高級店であればまだしも,ファミレスやコンビニで使うには堅苦しすぎる」と感じる〉らしい。職業差別じゃないかな。
〈3〉で見た『問題な日本語』にいたっては、〈「ございます」が用いられなくなったことを受けて〉と決めつけている。根拠は見当たらない(泣)。使う人は使うと思うよ。
 もうひとつ、「お~になります」との混同って説も捨てきれない。このあたりは〈2〉に詳しく書いた。

●遠慮がちな結論
「~になります」は文法的には間違っていない。料理をもってきたときなどに使うのは相当ヘンだと思うが、何も言う気はない。接客業の慣用句と考えればいい。
 ただ、接客の基本を考えてほしい。これだけ「~になります」が問題視されてしまうと、たとえ正当化する論理があっても使うべきではない。よけいなトラブルの元だもん。「それはおかしい」と指摘する客を論破して何かいいことあるの?
 どこかで読んだ気がある人は記憶力を誇っていい。下記で書いた結論をベースにしている。
693)【バイト敬語の話──「よろしかったでしょうか?」考 3】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2303.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1819433261&owner_id=5019671
「~です」では敬度が足りないと思うなら「~でございます」でいいじゃない。それで「バカ丁寧すぎる」と言うクレーマーは相手にしなければいいだけ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年10月~12月の朝日新聞から

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【14】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1935528999&owner_id=5019671

【索引】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-244.html

●朝日新聞から──番外編 よく目にする誤用の御三家
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-122.html

●朝日新聞から──ではない 世に誤用の種は尽きまじ
「7割以上が間違ったら、もうそれは誤用ではない」のか?
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-194.html


【2016年10月〜12月】

16-10-01
2日
黒よしのはずと伊田解説者は断定した(朝刊22面)
 春秋子記者。以後の観戦記。通常「はず」と「断定」はしない。

16-10-02
5日
 宮木あや子さんの小説「校閲ガール」の主人公は出版社の校閲部員だ。赤鉛筆を手に原稿と格闘する。「ドラマ向きだな」と思って読んだが、実際にドラマ化された。きょうから日本テレビ系で放映が始まる▼「私の職場でも話題になった作品。校閲という目立たない仕事が本になるのかなと思いながら書店で手に取りました」(朝刊1面)
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12209999602.html
 天声人語。


16-12-01
18日
単に▲5六歩よりは後手王に迫っている反面、形が重い。(朝刊23面)
 後藤元気記者。記者ハンドブックに従うなら「半面」。だが、一般社会で目にするのは圧倒的に「反面」が多い気がする。新聞はどうする?
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード