FC2ブログ

引用のご作法7● 「〜たり〜たり」

 パクリ回答。
【日本語文法で、「〜たり〜たり」を使うときは】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13209447698
===========引用開始
kai********さん 2019/6/2219:16:24
下記のサイトを閲覧したうえでの質問だと思います。

https://www.tomojuku.com/blog/tari/
❝これは、学生の作った文です。
(例1)きのうは、郵便局に行ったり、コーヒーを飲んだりしました。
どこがおかしいのでしょうか。
例示・並列の「~たり(~たり)する」の注意点として「~」の部分は、同じグループの言葉が来なければなりません。
「郵便局へ行くこと」と「コーヒーを飲む」ことは、 母国語話者にとって、同じグループとは思えません。
しかし、以下のような文は違和感がありません。
(例2)休み時間は、コーヒーを飲んだり、たばこを吸ったりします。
(例3)きのうは、
・・・・・郵便局に行ったり、銀行に行ったりする用事があって、忙しかった。
つまり、並べる事柄が、同じグループならいいわけです。❞

「同じグループ」というのは、
「郵便局に行くこと」と「銀行に行くこと」とが、「どこかに行く」という類似の動作である。
「コーヒーを飲むこと」と「タバコを喫うこと」とが、嗜好品の飲食という面で共通している。
など、なんらかの類似性、共通性がなければならないという意味で使っているのだと思います。

このサイトでおかしいとしている(例1)は、必ずしもおかしいとは思えません。
この例文は、昨日の行動を並立したものであり、“昨日の行動”という面では共通性があるからです。

【並立助詞の反復】と呼ばれる表現の方法であり、
ある事柄や現象を並立して述べなければならないとき、並立であることを明示した組み立てにしなければなりません。
それは、そうしなければ叙述の前後が照応した流れにならないからです。
前の語句の状況説明で「たり」を用いたら、あとに続く並立語句にも「たり」をつけなければなりません。
この点がポイントなのです。

(例文1)がこの表現の用法から外れているとは思われません。「同じグループで使う」という説明には大いに疑問があります。
文脈で類似性または共通性があればいいだけです。
===========引用終了

【ネタ元】
 例によって、丸写しを繰り返すうちに、いつも間にか出典がなくなる。何度繰り返しても、自分の意見にはならない。
【「と」の使い分けについて教えていただきた】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14191456784
===========引用開始
kai********さん 2018/6/718:38:09
言葉には、文法とは別に、守らなければならない<語法>があります。
社会生活で、規範とは別に、立ち振る舞いの作法があるのと同じで、<語法>はいわば<文脈の作法>と言えます。

重要な語法のひとつに【並立助詞の反復】があります。

ある事柄や現象を並立して述べなければならないとき、並立であることを明示した組み立てにしなければなりません。そうしなければ叙述の前後が照応した流れにならないからです。
前の語句の状況説明で「と」を用いたら、あとに続く並立語句にも「と」をつけなければなりません。

例:
○「たり・たり」
……「トラブルにあっ“たり”、不安になっ“たり”する」「飲ん“だり、食べ“たり”して……」
○「とか・とか」
……動詞型:「行く“とか”行かない“とか”」
……名詞型:「青“とか”赤“とか”の違いで……」
○「と・と」
‥‥‥「動詞型“と”……名詞型“と”が……」
○「のと・のと」
……「家は買う“のと”借りる“のと”、どっちが得なのか」

その他、下記のような助詞も該当します。
「でも・でも」「やら・やら」「だの・だの」「にも・にも」「つけ・つけ」「のも・のも」
「のか・のか」「とも・とも」「かれ・かれ」「しろ・しろ」「の・の」「わ・わ」など。

なお、「並立語句を省略する用法」もありますが、説明は省略します。
また、前後の文脈が整って、互いに照応した状態を「常山(じょうざん)の蛇勢(だせい)」というそうです。

‥‥…奥秋義信『残念な日本語』毎日新聞社、2011年を参照
===========引用終了
スポンサーサイト



中止形の「おり、」「おらず、」〈2〉 引用のご作法●扱い

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【22】
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1971566092&owner_id=5019671

mixi日記2019年04月07日から

 下記の続き。
【中止形の「おり、」「おらず、」】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12453418767.html

 ↑の【中止形の「おり、」「おらず、」】はけっこうよく書けた気がする。
 でも世の中には誤解している人が多い。
 やむをえない部分もある。国語辞典を見ても、「ニュートラル」な用法とは書かれていない。それ以前に、一応敬語の問題で国語辞典を頼るのはセンスが悪くないか。だって、現状の国語辞典はほとんどが3分類で解説している。微妙な敬語の問題は5分類のほうがわかりやすいと思うよ。
 かと言って例の「敬語の指針」を見ても、「おる」は謙譲語IIとしか書いていない。それじゃ解決しないよ。

 知恵袋にこれに関する質問が出た。回答してみたけど、質問者は謙譲語II説を信じたようだ。困ったもんだ。 別にいいけど。
【しておりとしていて、どのように使い分けますか?】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13208696063
 それはさておき、画期的なコメントを発見した。
===========引用開始
kaijin21_1さん       2019/6/421:33:25

【ご参考】
「おる」は「いる」の謙譲語です。
厳密に言えば、軽い謙譲および軽い丁重を表します。「~ておる」も同様です。
◇軽い謙譲
..・母がそのように申して“おりました”
..・叔父が九州に住んで“おります”
◇軽い丁重
..・昨夜から雨が降り続いて“おります”
..・中学生がグラウンドで野球に興じて“おります”
..・遅れて“おりました”電車は、お隣の駅を出発して“おります”

●謙譲語以外の用法
「~ておる」には特殊な用法もあります。
①卑罵(ひば)語・・・そんな所で何をし“ておる”のだ
②尊大語・・・・・・元気でやっとる(やっ“ておる”)か
..これらは、謙譲の精神とは似ても似つかぬ表現ですが、あくまでもぞんざいな話し言葉、ないしは方言です。謙譲語、卑罵語、尊大語の「~ておる」から尊敬語を作ることはできないのです。
③連用中止の形
(動詞の連用形で、読点をつけるなどして文を途中で一旦中止し、さらに次の文節に続けていく用法)
..・情勢は緊迫し“ており”、予断を許さない、
このような改まった文の中で用いられる「~ており」は、自分を低めた表現ではありませんが、連用中止の「緊迫してい、」は言いにくいけれども、「緊迫していて、」よりも改まった雰囲気を出したい、というわけで、やむなく採用されたものです。
「おる」の本来の用法、すなわち謙譲語であることを意識する人の中には、「~ており、」の使用を好まない人もいるくらいです。
④主語がモノ・コトで、敬意ゼロで文を作成するのに重宝されています。
主語が、取り立てて高める必要のない、もの・こと・動物など、人物の場合は、敬意を払わなくてもよい存在の場合、「ておる」が使われています。
軽い丁重語、すなわち謙譲語としての「おる」の働きが「ており」にも生きているということです。 
===========引用終了

 なかなかいいことを書いている……なんて感心してはいけない。例によってネタ元がある。単なる泥●回答でしかない。
【「~しており」の過去形ってなんですか?】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10171079255
 このときは、〈野口恵子氏の著書より抜粋・引用〉と明記している。引用を繰り返すうちになぜか自分の言葉になる(笑)。これもよくあるケース。
 しかも引用のしかたがメチャクチャ。「野口恵子氏の著書」が出典になると思っているのだろうか。困ったもんだ。
 連用中止形の〈おり、〉を〈このような改まった文の中で用いられる「~ており」は、自分を低めた表現ではありません〉と明記している文献は珍しい。
 ただし、〈「おる」の本来の用法、すなわち謙譲語であることを意識する人の中には、「~ており、」の使用を好まない人もいるくらいです〉の真偽は不明。〈1〉で見たとおり、新聞ではあれほど多用されている。当方も〈使用を好まない〉が、それはジジムサいから。
 もっともこのかたの引用のしかたはいつもムチャクチャだから、原典にあたらないとムヤミなことは書けない。原典は……わかんねえよ

引用のご作法68 どのおかたもこのおかたも

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【21】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967475896&owner_id=5019671

mixi日記2018年08月12日から

 テーマサイトは下記。
【おっぱいって、元々は乳房と母乳のどちらを指す言葉だったのですか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10651169.html

===========引用開始
おっぱいという日本語ですが、乳房と母乳の両方を指す言葉として一般的に用いられており、どちらの意味にも非常によく使われていると思います。

でも、おそらくはどちらか一つの意味を指す言葉として用いられはじめ、そこから派生して両方の意味に使われるようになったのではないかと推測します。
それでは、最初は乳房と母乳のどちらの意味で使われていたのでしょうか?
===========引用終了

 語源の話はさぁ。
 たしか高島俊男先生の著作で読んだ話。
 日本の言語学の大家である金田一京助(以下敬称略)が長男の春彦に「言語学(国語学だったかな)の道へ進みたい」という相談を受け、
「大いにけっこうだが、手を出してはいけないことがふたつある」
 と言ったとか。
 ひとつは「語源」の話。もうひとつが……忘れた。とにかく「語源」の話は深入りしてもロクなことがないらしい。
 そのとおりだと思う。現在に伝わっている語源の諸説のうち、信頼できるものは少ない。困ったことに、もっともらしいものほどマユツバだとか。それはうさんうさい世界だ(笑)。

 で、本題。
「語源」の話とはちと違って、「おっぱい」が製造工場を指すか生産物を指すか、という話(コメント中にあったフレーズ。ヒドい書き方だと思うがきれいな表現なので使わせていただいた)。なんだか卵と鶏の話めいて、ドッチデモイイヨ感が濃厚。わかるのであれば語源から考えるのが素直だろう。
 当方がネットで閲覧できる語源関係の資料で信頼しているものはごく限られる。下記はそのひとつ。
http://gogen-allguide.com/o/oppai.html

 ほかにどんなもっともらしい説があっても、ここの記述と食い違うようならマユツバと考えるほうが無難。この辞典は著作権のルールが独特で、たしか以前は出典を明記しようが、リンクを張ろうが引用禁止だったと思う。現在の利用規約は少しゆるくなった印象だけど、どこまで許されるのかは不明。
 ただ、通常の方法ではコピーできないんだから、コピー禁止と考えるほうがよいのでは。ってことで、ビビリは再転載もできずにいる(泣)。
 No.4で大胆なコメントが入る。堂々と引用している(泣)。まぁ、リンクを明記していれば別にダメではないかも。
 でもさ。これって全面否定のために引用しているよね。それはそれでまずいんじゃないかな。
 いえその、当方も同様のことをすることがたまーにあるから、あまり強いことは言えないけど。

 それにしても全否定したうえで「改めて考察してみるに、次のわたしの説のほうが余程真実に近いはず」って、フツーの人にはなかなか書けないよな。しかも語源関係で。よほどの大家でなきゃ……。
 だってさあ、現代人が字面を見て思いつくような説は、すでに誰かが思いついているんじゃないかな。まともな説なら。細かいことを書きはじめると長くなるからやめるけど、相当ホニャララなのでは。
 これがもっと説得力のある説なら、流布していって、ヘタすると定説になるんだろうな。おっそろしい。

 No.5に『日本国語大辞典』の記述が引用されている。こちらは通常の引用ルールだと思うから、〝孫引き〟する。
===========引用開始
乳汁、また、乳房(ちぶさ)をいう幼児語。
*随筆・於路加於比〔1859~60頃〕三「乳汁をおっぱいとは、ををうまいの約りたる語なるべく」
*吾輩は猫である〔1905~06〕〈夏目漱石〉七「泣く事と、寝小便をする事と、おっぱいを飲む事より外に何も知らない」

[日本国語大辞典]の性質から言って、上記の例文が初出と考えられるので、どちらかというと乳汁を指しているのでしょう。「広辞苑」などは両方を指すとしていますが、用例はあげていません。19世紀半ばでは「乳汁」だったのでしょう。 
===========引用終了

 フツーに考えればそうでしょうね。
 赤ちゃんにとっては、製造工場はあまり重要ではない。重要なのは生産物でしょ。もちろん、生産工場のぬくもりや雰囲気も含めて……って考え方もできるけど、それは二の次。
〈「おおうまい」の略〉なんだから、生産物でしょうに。
 成人男性の興味の対象としてこの言葉が使われるようになったのは、あとの話だろう。それが正確にはいつ頃のことか。知らないって。そんなのは誰にもわかりません。

 で、ネット情報がどうなっているか検索してみた。
【おっぱい 語源 乳房 乳汁】の検索結果。約 6,790,000 件
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84+%E8%AA%9E%E6%BA%90+%E4%B9%B3%E6%88%BF+%E4%B9%B3%E6%B1%81&oq=%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84+%E8%AA%9E%E6%BA%90+%E4%B9%B3%E6%88%BF+%E4%B9%B3%E6%B1%81&aqs=chrome..69i57.485j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 何がなんだかわからん(泣)。
 ちょっと思うところがあって、検索ワードをかえる。
【おっぱい 語源 おおうまい】の検索結果。約 223,000 件
https://www.google.co.jp/search?ei=k-dvW8H_H8Ll-Aac2Z_IAw&q=%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E3%80%80%E8%AA%9E%E6%BA%90%E3%80%80%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%84&oq=%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E3%80%80%E8%AA%9E%E6%BA%90%E3%80%80%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%84&gs_l=psy-ab.3...98662.98662.0.99618.1.1.0.0.0.0.186.186.0j1.1.0....0...1c.2.64.psy-ab..0.0.0....0.LrER48Zapfg
『語源由来辞典』からひいている記事が多い。
 うーん。ってことは通常の引用ならOKなんだろうか。それでもちゃんと引用元を書いているのが多くて、ちょっとだけホッとした。
 なかには、無断でひいているものもある。とくにヒドいのは質問サイト。こういうのは排除できないのかね。
 もちろん個人のブログでもやっている人はやっている。たとえば下記。
【「おっぱい」 の由来】
http://www.yuraimemo.com/41/

引用のご作法67 駅へは約10キロメートルのコウテイだ。

 何年も前から同様のことを繰り返しているらしい。
 ホニャララ回答。
【駅へは約10キロメートルのコウテイだ。】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1081463435
===========引用開始
kai********さん 2018/7/2819:24:16
この場合の「コウテイ」は、「行程」と書きます。


[ご参考]国語辞典によれば、
工程
◆三省堂国語辞典(第7版)「[工程](名)①〈仕事/工事〉のはかどりぐあい。②工事などを進めていく手順・段階」
◆明鏡国語辞典(第2版)「【工程】〔名〕作業を進めていく順序・過程。また、その進行の程度。『自動車の製造―』『―管理』」
◆広辞苑(第6版)「【工程】①作業の手順。またその進み具合。②生産過程を多くの段階に分けて分業を行う際の、それぞれの加工段階」
行程
◆三省堂国語辞典(第7版)「[行程](名)①みちのり。『三日の―』②旅行の日程。『東京、横浜を回る―』」
◆明鏡国語辞典(第2版)「【行程】①目的地までの道のり。②旅行などの日程。『無理のない―を組む』③ピストンなどの往復距離。ストローク」
◆岩波国語辞典(第7版)「【行程】①足や車で行く距離。みちのり。『一日の―』②旅行などの日程。③ピストンが端から端まで動く距離」
などという様子で、地点の移動の長さや順序、すなわち旅行などの日程や予定を表しています。 
===========引用終了

 フツーの人がやったのなら、複数の辞書をひいたマジメな回答って可能性もある。でも、ネットに転がっていないような辞書の記述をこんなに揃えるのは、フツーの人にはむずかしいだろうね。
 パクリの常習犯がやると、下記からもってきたのでは……という疑惑も生じる。
 だって、このかたの回答の半分くらいは出典を示したツギハギ。そうでない場合はやらかしているんだから。
 やはり下記からのコピペだろう。

【毎日ことば 「工程表」と「行程表」 どこが違うのか】
http://www.mainichi-kotoba.jp/2015/01/blog-post_3.html
===========引用開始
まず「工程」で代表的なものを引いてみます。

◆三省堂国語辞典(第7版)「[工程](名)①〈仕事/工事〉のはかどりぐあい。②工事などを進めていく手順・段階」

◆明鏡国語辞典(第2版)「【工程】〔名〕作業を進めていく順序・過程。また、その進行の程度。『自動車の製造―』『―管理』」

◆広辞苑(第6版)「【工程】①作業の手順。またその進み具合。②生産過程を多くの段階に分けて分業を行う際の、それぞれの加工段階」

(略)

次に「行程」のほうは

◆三省堂国語辞典(第7版)「[行程](名)①みちのり。『三日の―』②旅行の日程。『東京、横浜を回る―』」

◆明鏡国語辞典(第2版)「【行程】①目的地までの道のり。②旅行などの日程。『無理のない―を組む』③ピストンなどの往復距離。ストローク」

◆岩波国語辞典(第7版)「【行程】①足や車で行く距離。みちのり。『一日の―』②旅行などの日程。③ピストンが端から端まで動く距離」

などという様子で、地点の移動の長さや順序、すなわち旅行などの日程や予定を表しています。また、内燃機関の作動距離も意味していますので、非常に動的なニュアンスを持っている言葉と言えるでしょう。
===========引用終了

引用のご作法66 鬼籍に入る

 匠の技だなぁ。
 まず、辞書の一部を引用する。
 ついでに、辞書の別の記述を、あたかも自分の言葉のように書きかえる。これでパクリではないと言い張るつもりなんだろうか。かわった感性の人だ。
 おそらく、剽窃、パクリと「引用」「要約」がどう違うのかまったくわかっていないのだろう。
 
 ホニャララ回答から抜粋。
【鬼籍に入る を辞書でひくと「入る」はイルで】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14191099684
===========引用開始
kai********さん 2018/5/3017:46:42
>鬼籍に入る を辞書でひくと「入る」はイルであってハイルと読んではいけないと書いてあります。

➡現代語では「はいる」と読むのが一般的ですが、「いる」という読み方は、文語的な言い方です。
しかし、古くから広く世間で使われている慣用句には、今でも文語のままの読みをするものがいくつかあり、「鬼籍に入る」もその一つです。
「気にいる」「堂にいる」「有卦 (うけ) にいる」など慣用的な表現では現在でも多く「いる」と読まれています。

デジタル大辞泉
鬼籍(きせき)に入(い)・る:死んで鬼籍に名を記入される。死亡する。
[補説]この句の場合、「入る」を「はいる」とは読まない。
大辞林 第三版
きせきにいる【鬼籍に入る】:死んで過去帳に記入される。死亡する。

「常用漢字表」には「入る」=「はいる」の音訓が掲げられているとおり、「読んではいけない」のではなく、習慣的に用いられている読み方なのです。
===========引用終了

 盗んでいるのは下記の部分。
〈「気にいる」「堂にいる」「有卦 (うけ) にいる」など慣用的な表現では現在でも多く「いる」と読まれています。〉
 ほかにも辞書の記述を書き換えているとしか思えない箇所がある。パクルならもっと地味なものを狙えばいいのに。

【ネタ元】
https://kotobank.jp/word/%E5%85%A5%E3%82%8B-436522
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説

い・る【入る】

[動ラ下二]「い(入)れる」の文語形。
[補説]1は文語的な言い方で、現代語ではふつう「はいる」を用いる。しかし、「気にいる」「堂にいる」「有卦(うけ)にいる」など慣用的な表現の中では現在でも多く用いられる。 
===========引用終了
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード