fc2ブログ

情報整理バラエティー ウソバスター!

 下記の仲間。
【日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html

■「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作
(読売新聞 - 01月12日 03:13)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=717881&media_id=20

================================
 テレビ朝日系で10日に放送された情報バラエティー番組の中で、「インターネット上で流れている情報」として紹介されたブログが、実際は番組制作スタッフが作成したものだったことが11日、わかった。

 この番組は、テレビ朝日制作で10日午後7時から放送された「情報整理バラエティー ウソバスター!」。

 一般に流れる様々な情報の真偽を検証し、クイズ形式にした内容で、「NEWSの語源は英語の東西南北の頭文字」「干支(えと)のイノシシは、中国や韓国ではブタ」「サケとシャケの違いは加工の有無」などと書かれた六つの雑学ブログが、出題のネタ元として画面付きで紹介された。

 しかし、番組終了後に、これらのブログをインターネットで見た視聴者が、いずれも同じ昨年12月10日に作成されていることに気づいて「あまりにも不自然」と指摘。同社も番組スタッフが撮影用に作ったブログであることを認めた。

 同社広報部では、「実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した。そのことをテロップやナレーションで伝えるべきだった。視聴者に誤解を与えかねない表現となり、申し訳ない」としている。
================================

 オンタイムで途中から番組を見はじめ、なんかあやしげだけどおもしろかったので後半はビデオ録りした。
 昨日の夕方にネットで騒ぎになっていることに気づいた。ずいぶん早い時期に問題になってたらしい。制作が『発掘!あるある大事典』と同じ会社なんですか……。

http://alsoku.blog47.fc2.com/blog-entry-389.html

 昨晩ビデオ録りした当該部分を視聴。
「インターネット上で流れている情報」としてあげられたのは下記の6つ。
1)NEWSの語源は英語の東西南北の頭文字
2)地下鉄の路線に曲線が多いのは運転手の居眠りを防ぐため
3)セメダインの語源は「攻め出せ、メンダイン(当時の人気接着剤名)」
4)サケとシャケの違いは加工の有無
5)爪楊枝の後ろの部分の切れ目は折って爪楊枝置きにするもの
6)干支(えと)のイノシシは、中国や韓国ではブタ
 
 捏造云々の話はおいておく。
 1)~6)に関して解説があった。どうにもあやしい。

1)はウソ。非常によくできた話だけど、newにsがついただけのこと。解説が妙でかえってわかりにくかった。もともとはフランス語で「新しい」にsをつけて「新しい情報」の意味にしたのをマネたとのこと。ホント?

2)は嘘。直進すると私有地の地下を進むことになり、莫大な権利金がかかる。そりゃそうだろう。

3)ものすごくウソくさいけどホント。セメダイン社が認めてるんだからしょうがない。以前『トリビアの泉』で紹介されたらしい。記憶にないorz。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q149166249

4)シャケはサケの「東京弁」なのでウソとのこと。江戸っ子はサシスセソの発音が苦手だったから。ホントか? 少なくとも北海道では「シャケ」のほうが一般的なはず。「シャケ」か「秋味」で、「サケ」のほうがマイナーだった気がする。

5)これはウソ。何度かテレビで見たことがある。

6)これはホント。ただ、解説には疑問がある。

 でさ。
>実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した

 バカすぎる。ほかにいくらでもやり方があるでしょうが。
 個人的には、テレビの本質は「ヤラセ」だと思っている。「脚色」と「ヤラセ」って区別がむずかしい。そうでなくても取捨選択というフィルターがかかるんだから、ウノミにはできない。
 たとえニュースであってもそうなんだから情報バラエティーなんて本気で見るものじゃない。
 だからと言って、何をやってもいいってわけではない。今回の手口は「捏造」と言われても弁解ができない。「実際のブログ作成者」が確定できれば話は別だけど。まあ、テレビウソとか言われたんじゃ、たとえ実在していても確定はむずかしいのでは。
 誰か調べてください。
スポンサーサイト



「漫画全巻ドットコム」……こういうのもあるのね

 マンガ関連のトップは下記です。
【『このマンガがすごい2008』】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-65.html

漫画全巻売り上げ1位は「20世紀少年」-TORICOがランキング発表
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=712833&media_id=27

================================
 秋葉原に本社を置くTORICO(台東区)は1月5日、同社の運営する「漫画全巻ドットコム」の2008年年間売り上げランキングを発表した。調査期間は2008年1月1日~12月31日で、性別は男性52.4%、女性47.6%。ランキング上位20位は以下の通り。

1位 20世紀少年 (1-22巻+21世紀少年 上下 全巻)
2位 ルーキーズ (1-24巻 全巻)
3位 スラムダンク [新書版] (1-31巻 全巻)
4位 ワンピース (1-52巻 続巻)
5位 クローズ (1-26巻 全巻)
6位 花の慶次[完全版] (1-15巻 全巻)
7位 ルーキーズ[文庫版] (1-14巻 全巻)
8位 のだめカンタービレ (1-21巻 続巻)
9位 スラムダンク[完全版] (1-24巻 全巻)
10位 ドラゴンボール[新書版] (1-42巻 全巻)
11位 クローズ外伝セット (全3冊)
12位 ワースト (1-21巻 続巻)
13位 キン肉マン[文庫版] (1-18巻 全巻)
14位 ナルト (1-44巻 続巻)
15位 花の慶次[文庫版] (1-10巻 全巻)
16位 神の雫 (1-18巻 続巻)
17位 ワンナウツ (1-19巻 全巻)
18位 ブリーチ (1-36巻 続巻)
19位 銀魂 (1-25巻 続巻)
20位 花より男子[新書版] (1-37巻 全巻)
 
 同社広報担当者は「映画化で人気に火がついた『20世紀少年』は、ピーク時には月間2,000セット以上を売り上げた。テレビドラマで話題となった『ルーキーズ』は上半期断トツ1位で折り返し、下半期も順調に売り上げを伸ばし2位にランクインした」と話す。また、「名作『スラムダンク』『ワンピース』『クローズ』が年間を通して堅調な売り上げをみせたほか、ドラマ関連の『のだめカンタービレ』(8位)、『花より男子』(20位)、パチンコ関連『花の慶次』(6位、15位)、アニメ関連『ONE OUTS』(17位)などメディア化された作品が上位を占める結果となった」(同氏)とも。
================================

【漫画全巻ドットコム】
http://mangazenkan.com/

 年末にすべりこませたものに続いて、マンガのランキングネタ。
 いやあ、これは壮観です。「ピーク時には月間2,000セット以上」ってすごい数字だよ。
『ルーキーズ』関連の強さが圧巻だけど、これは昨年がピークって気がする。
 そう考えると、息の長さが驚異的なのは『スラムダンク』『ドラゴンボール』かな。年末のランキングもそうだけど、ちゃんとコメントを考える気持ちのゆとりがない(泣)。

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード