fc2ブログ

2008年5月の朝日新聞から

5-1
9日
日ごろは他人事節の目立つ福田首相も、ギョーザには「断じてうやむやにできない」と強い言葉を繰り返した。(朝刊1面)
 天下の「天声人語」。強い口調で繰り返した割には、ほとんどうやむやになってませんか? そんな政治絡みの話にコメントする気はない。気になったのは「他人事」に「ひとごと」ってルビが打ってある点。わざわざこんなルビを打つってことは、それだけ「たにんごと」と誤読することが多いってことなんですね。あーあ。

5-2
13日
 朝刊の1面・34面に常用漢字の追加素案が出ている。
 いいよ、そんなことしなくて。もう心身に染み付いているから(「ある程度」ですけど)、この柔軟性を失った旧式の脳みそには、いまさら新たに220字も登録できないよ。

5-3
20日
 田中律子と筧利夫をリーダーに各4人ずつの女性チームと男性チームに分かれて競う。(朝刊32面)
 書き手は菅野俊秀記者。テレビ番組の紹介欄。「各~ずつ」に関しては、けっこう微妙な場合もある。そもそも重言は罪が軽いんだし、これは許容してもいいか、と思うこともある。具体例は忘れた(キッパリ)。しかし、ここまでベタだとさすがに呆れる。どっちかとれよ。

22日(朝刊20面)
 朝刊20面を読んでいて、頭がクラクラしてきた。順番に見ていく。

5-4
韓国に苦杯
 書き手は稲垣康介記者と思われる。卓球(女子)の試合結果の記事の見出し。文章を読むだけでは、韓国と日本のどちらが格上なのかは不明。どうも、ほぼ互角らしい。
 実力が互角の場合、「苦杯を喫する」「苦杯を嘗める」を使えるのだろうか。語感の問題なので、辞書はあまり役に立たない。当方の語感では、「大関が平幕に苦杯を喫する」ことはあっても、「大関が横綱に苦杯を喫する」ことはありえない。「とりこぼし」ほどは強くはないが、格下に負けたニュアンスがある。考えすぎだろうか。

5-5
外四つとなったが、「遠い上手より近くの上手」の格言が生きる。
 琴欧州が朝青龍を破った一番の解説。「遠い上手より近くの上手」なんて間抜けな格言があるのだろうか。まず語呂が悪い。「遠い」「近い」か、「遠くの」「近くの」の組み合わせにしないと語調が整わない。さらに、格言にするなら「遠い下手より近くの上手」とかじゃないと美しくないだろ。まあ、「遠い下手」ってのはありえないとは思うけど。
 だったら、「上手は近くとれ」くらいじゃないかな。これは格言というより、原則? 教え?

5-6
白鵬 連敗阻止 
 上の記事のすぐ下にある見出し。
 これも相当おかしい。あえて言うなら「連敗回避」くらいかな。フツーは他者の連勝を阻止したりする。少しひねれば、他者の連敗を阻止するのもギャグとしてならアリかも。
 
5-7
25日
 ダックスは各サイズごとに、毛によっても短毛のスムース、長毛のロング、剛毛のワイヤーに分けられる。(朝刊s2面)
 書き手は本多昭彦記者。「剛毛のワイヤー」……と笑うところではない。まず「各サイズごと」。だからこういうベタな重言を使うのはやめようよ。「ごと」をとって「各サイズで」はなんか落ち着きが悪いので「サイズごとに」とするのが無難か。ところで、この文章を読む限り、ダックスのサイズはスタンダードとミニチュアの2種類。ということは、2×3といいたいのかな? わかりましぇーん。ちなみに、文中にも出てくるJKC(ジャパンケンネルクラブ)では、「ダックスフンド」と言ってることを、最近知った。英語読みを優先させているらしい。

5-8
28日
 ろとは白ではなく、もちろん黒。白黒をずばりといわないこの言い回し、狭い碁界だけの比較的新しい表現かと思ったら、300年も昔の元禄時代のこっけい俳諧にあると読者が教えてくれた。
 〈ろのまけとばかりはゆるせ碁の助言〉
 助言は「じょごん」と読む。(朝刊14面)
 碁の観戦記。書き手は春秋子記者。わけわかんないよー。「読者が教えてくれた」と言うのだから、どこか別のところで書いたことがあるのだろう。俳諧にあったら、「碁界だけ」じゃなくなるの? だって碁の様子を詠んでるんだから、単なる囲碁用語でしょ。しかも、これが「比較的新しい表現」なの? ちなみに当方が碁の関連の文章を読みはじめてけっこうたつけど、初めてみた。そのくらいマイナーな言葉なのかな。少なくとも、書き言葉ではほとんど見ない。滑稽俳諧の句意もちょっとわからない。「じょごん」の正誤も不明。
 さて、本題はそこではない。なんで黒が「ろ」なの? 「くろ」「しろ」ともに「ろ」がつくんだから、略称にはなってないでしょう。むしろ、「烏鷺の戦い」(囲碁の異称)とか言うときは、「う」が黒で、「ろ」が白でしょ。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

北2/北海道で買ったもの1

mixi日記2007年05月04日から

KUMAw.jpg


幸福キティw


エゾリスキティw


 近頃、増殖を続ける地域限定製品のなかでも、キティがすごいって話は聞いていた。そのテのホームページを見て、あまり多さにのけぞった。北海道のおみやげ店で、その気になって探すと、あるわわるわ。キティだの、スキーしているスヌーピーだの、メロンかぶっているドラえもんだの。まりもっこりのうわさは聞いていたが、同じテイストのじゃがいもっこりってなんなんだよ! 宿泊したホテルのオリジナルキティまでありやがった。そのほかにも、バカなものがいっぱいあった。
1)KUMAブランド
 笑いました。某有名ブランドの「PUMA」のパクリなんだけど、これはオミゴト。「UUMA」や「BUTA」もありやがんの。「NIKE」をパロった「KANI」もあった。たしかにスペルが微妙に似ているが笑える。えらくウケてTシャツやらなにやら買ってしまった。帰ってきてググってみたら、「楽天」で扱っていたorz。
2)キティあれこれ
 数あるオリジナルキティのなかで、いちばん光ったのは「愛国―幸福」バージョン。「愛国―幸福」のキップがブームになったのって、いつだったでしょ。なんせ、なんでもストラップにしてしまえばアリって時代だから。動物シリーズのなかで一番可愛かったのはエゾリスバージョンかな。クリオネ、丹頂鶴、JR乗務員バージョンなんかも買ってもうた。

【続きは】↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=424396662&owner_id=5019671∨g_id=423448800

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

北1/北海道で食べたもの

mixi日記2007年05月03日から

 4月27日~5月1日まで帰省。
 4泊あるとなげーや。
 ってわけで、今回はけっこう写真を撮ったんで、日記ではないけど、記録の意味でかいておく。
 まずは今回食べたもののなかから。 

1)新橋の豚丼

新橋

 店の人は帯広で3番目ぐらいに古い、と語っていた。「3番目ぐらい」ってのがなかなか謙虚でよろしい。豚丼のメニューはいくつかある。
  フツーの豚丼700円/豚丼(肉盛)900円/
  豚丼(肉・ライス特盛)1000円/
  豚丼スペシャル1500円/豚丼超スペシャル2000円
 こういう場合、下から2番目のランクを食べることにしている(深い意味はない)。店の人も、一番下のランクはすすめたがらなかった。モノが出てきて理由は見当がついた。下から2番目でこれだと、一番下のはきっとショボいぞ。ガイドブックにのっていたのも豚丼(肉盛)だったが、顔がかなり違う。
 そもそも豚丼がこんなに騒がれはじめたのは、いつ頃からなんでしょ。高校生まで帯広で過ごしたが、その頃はそんな話はなかった。たしかに、街中の食堂には必ずといっていいほど豚丼のメニューはあったはずだが、食べた記憶はなし。火付け役は間違いなく駅前のぱんちょう(やっぱ行列ができてた)だが、ほかにも店は多数ある。今回訪れた新橋は、実家から歩いて5分ほどだが、こんな店があるのはまったく知らなかった。
 この数年の間に帰省のときに食べたのは、ぱんちょう、おーく(「かしわ」だったかな)と今回の新橋。味は好きずきとしかいいようがない。新橋の特徴は、色でわかるように、若干焦げ気味なこと。
 ちなみに、豚丼に関してジモティーの話を聞いてみた。地元の人はどこで食べるか? 家で食べるんだって。「いい肉買ってきて市販の豚丼のタレを使えば、ウマいのができる」。ミもフタもない。
 ちなみに、我が家でもときどき作ります。タレはどうするかって? エ●ラで十分。どうも本場の豚丼は甘いのよ。エ●ラに醤油と唐辛子を少し加えるぐらいが好みなもんで。

2)ふくいホテルのレストラン
福井1
福井2

 駅前にある小さなホテのレストラン。内装はまるで喫茶店。カフェなどではなく、あくまで喫茶店。ウッディなんていまどきの雰囲気ではなく、木造り。詰めれば30人ぐらい入れるかな、ぐらいの喫茶店。料理が美味との評判を聞いて、行ってみました。
 これは穴場かも。各種ランチが880円で揃っている。家人が注文した「ベジタブル洋定食」(写真がうまく撮れなかったのが悲しい)がなかなかの味。オニオンスープをひと口飲んで、うなってしまう。やっぱり十勝のタマネギはうまい。スープ炊き玄米は、やわらかめのリゾットのようで、滋味深い味だった。
 次回は宿泊して朝ご飯を食べてみたい。

3)和商市場(釧路)の勝手丼
 ちょっと目的があって釧路方面に遠征した。ちょうど昼時だったのでうわさの勝手丼を食べてみた。簡単に言うと、100円~の発泡スチロールの容器に入ったご飯を買って、自分で好きなトッピングを選ぶ。手巻き寿司感覚でオリジナルの海鮮丼を作り、市場のほぼ中央に設けられたテーブルで食べる。これはアイデアの勝利でしょうね。
 具は、テーブルスペースのまわりの何軒かで売っている。
 どんなものをのせたかというと、イクラ(大振りの木製レンゲ1杯300円)、ホタテ100円、ブドウエビ(大きめのボタンエビ。正確には種類が違うとのこと)500円、サンマ(刺身状数切れ)100円、ウニ500円などで、2杯分の具2700円でけっこうなものができた。オマケでつけてもらった明太子もおいしゅうございました。目についたのは、ホタテ丼を作っていた人。小さめのご飯が、ホタテ&小柱で埋め尽くされていた。これで具は推定600円。これはアリだよな。ウニはたいした量ではないから、いっそ1舟(1500円ぐらい)ガッサリのせたっていい。難は、見た目があんまりよくないこと。だから写真を撮るのはやめたんだけど、あとから考えると、具材の売り場を撮影しておけばよかったんだよな。
4)ジンギスカン
 帯広で食べるなら、イチオシは郊外にある「白樺」。ここは何回か行ったことがあるけど、いつ食べてもおいしい。今回は時間がなかったので、市内の平和園に行った。道内に10軒近く展開している店で、ジンギスカン専門店ではなく、焼肉店。ジンギスカンは1人前310円、410円、510円の3種類。ボリュームがけっこうあるので、2人前は食べるのけっこう大変。帯広ではジンギスカンの相場はこんなもんです。味に関しては、個人の好みもあるんだろうけど、「白樺」の圧勝。今度機会があったら、やっぱり「白樺」に行きたい!

【続きは】↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=423448800&owner_id=5019671

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

2008年4月の朝日新聞から

8日
満を持して打ち込んだ黒45を、陳は軽視していたようだ。(朝刊21面)

 囲碁の観戦記。書き手は内藤由起子記者。
 以前にも書いたけど、mixiにアップするようになってからのことなのか、覚えていない。調べるより書いちまったほうが早い(そういう態度ってどうなんだろう)。これを誤用とがめるのは酷だろうな。この表現を気にするようになったキッカケは、たしか村松友視の本を読んだこと。これが、プロレス雑誌に頻繁に出てくるもんで、けっこう気になっていた。。
 たしかに「(猪木が)満を持してリングに飛び込んだ」みたいなアナウンサーの言葉に、「飛び込んだ」んなら満を持してないだろ、みたいなツッコミを入れていた。
 じゃあどう使えばいいかと言うと、よくわからない。おそらく、「相手のスキをうかがいなら、満を持す」ならOKなんだろう。あるいは、「ここで満を持していた猪木がリングに飛び込んだ」でもいいのかな。

29日
 朝刊34面に、第一生命が調べた「大人になったらなりたいもの」が紹介されている。男子の8位が「料理人」。初めてトップテン入りしたとのこと。その原因が「レストランを舞台にしたドラマ『バンビ~ノ!』(日本テレビ系)の影響ではないか」としている。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-080428X109.html?C=S
http://www.asahi.com/life/update/0428/TKY200804280349.html

 それは違うでしょ。これに関してはビストロSMAPの影響が大きいと思う。でも、あれはずいぶん前からやってるなー。でも、対象が小学生以下なんだから、『バンビ~ノ!』の影響ってことはないでしょう。マンガの影響っていうのもどうだろ。グルメマンガが隆盛を極めたのは何年も前だよな。あの頃は『ミスター味っ子』あたりはけっこう影響力があったかもしれない。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

北海道といえば浮かぶものランキング

 北海道ネタってジャンルが必要かな。
 取り急ぎ下記の続きです。
【最近おいしかったもの25──北海道物産展めぐり3】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-160.html


北海道といえば浮かぶものランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=744061&media_id=45
=====================================
 大自然がいっぱいで、国内旅行先として人気の高い北海道。あなたは「北海道」と聞くと、最初に何を思い浮かべますか? 「北海道といえば浮かぶものランキング」の1位は《さっぽろ雪まつり》。まさに、現在開催中の《さっぽろ雪まつり》は、今年で60回目をむかえた北海道を代表する冬のイベントです。冬の北海道に行くなら、一度は見てみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 2位は《旭川市旭山動物園》。動物本来の行動や生活を見せる「行動展示」を導入したことで一躍有名になり、近年では国内でもトップレベルの来園者数を誇る動物園です。冬期開園中の見どころといえば、園内をペンギンが歩きまわる「ペンギンの散歩」が有名ですよね。また、今日2月7日は、映画『旭山動物園物語』の公開日。まだ行ったことがないという人も、すでに行ったことがある人も《旭川市旭山動物園》の舞台裏に興味がある人はチェックしてみては?

 3位以降は、《夕張メロン》、《ジンギスカン》、《ラーメン》、《毛ガニ》と北海道の味覚がズラリと並ぶ結果に。特に北海道といえば《ラーメン》を思い浮かべる人は多いようで、「好きなご当地ラーメンランキング」では、1位に札幌ラーメン、6位と8位に旭川ラーメンや函館ラーメンがランク・インするなど、圧倒的な人気を誇っています。

 ランキングを見るだけでも、楽しいイベントや観光地はもちろん、おいしいものや大自然がいっぱいの北海道。北海道への旅行を考えるなら、ランキングを参考に食べたいものや行きたい場所など、ポイントを絞って計画するとよさそうですね。
=====================================

「北海道といえば浮かぶものランキング」は以下のとおりらしい。例によって名称の後ろの数字の意味は不明。
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/011/hokkaido_spot/ 

1) さっぽろ雪まつり 100
2) 旭川市旭山動物園 90.6
3) 夕張メロン 85.1
4) ジンギスカン 80.5
5) ラーメン 76.5
6) 毛ガニ 70.6
7) 札幌市時計台 70.1
8) 北の国から 65.4
9) ラベンダー 65.4
10) キタキツネ 64.8
11) 生キャラメル 62.3
12) アイヌ民族 58.3
13) ジャガイモ 54.4
14) すすきの 53.4
15) 摩周湖 52.0
16) 鮭 51.5
17) 流氷 49.5
18) 五稜郭 49.2
19) 洞爺湖 48.9
20) 牧場 46.8
21) クラーク像 45.3
22) サッポロビール 44.9
23) 北海道日本ハムファイターズ 43.8
24) 北方領土 43.1
25) 小樽運河 41.7
26) トウモロコシ 38.7
27) スキー 38.4
28) 襟裳岬 38.4
29) ヒグマ 38.3
30) 釧路湿原 37.9

 いろいろ書きたいことはあるけどパス。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

2008年3月の朝日新聞から

●2月の朝日新聞から(残りもの)
2-5
26日
 朝刊29面の記事によると、ジュンク堂書店の池袋店で、草思社支援のフェアが行なわれているそうな。新●舎が倒産しても、文●社が再建を買い取っても書店側の反応は冷淡だったけど(当たり前か)、草思社ともなると話が違う。草思社ってけっこうベストセラーを出してるよね。
『清貧の思想』(中野孝次)、翻訳書の『他人をほめる人、けなす人』あたりは、当方だって記憶にある。
『声に出して読みたい日本語』(斎藤孝)がミリオンを記録した01年度の売り上げが28億円で、昨年度は13億5000万円だったとか。あのさ。そういう突風時と比べても意味ないでしょ。『声に出して読みたい日本語』の定価が1260円らしい。6掛けとして756円。200万冊(続編を入れたらもっと売れたはず)売れたとして、約15億円。ってことは、売り上げだけで見れば、あの突風以外はそんなに落ち込んでいないってことじゃん。つまり、意地悪く考えると、もしあの突風が吹かなければ7年ほど前にあの出版社は倒産していたってこと?
 そう考えると、突風が吹いていないほかの出版社はどうなっちゃうの? マンガ雑誌をもってない出版社はヤバいと言われるようになってから、もう20年くらいたつ。取次っていう特殊なシステムとそれに乗じた自転車操業でかろうじて生き残ってきたんじゃなかろうか。
 ええと、そもそもこの記事が気になったのは、注目すべきデータが出ていたから。
1)90年代半ばに約2万3000店あった書店が、現在は約1万7000店
 これを激減というべきはか否かは、なんとも言えない。その分、書店の機能をもったコンビニが増えてるんだから。
2)書籍の新刊点数は06年で約8万点(『出版年鑑2007』)
 年8万点って、多いか少ないかピント来ない。でも365日休みなく発行しても毎日200冊以上って考えると多いよなあ。しかも、雑誌は別なんだから。
 この8万冊って数字は90年に比べて倍増らしい。冊数は倍増したけど、販売額は2割増の約1兆円にとどまったとのこと。これがどういうことかわからない人は、出版にくわしい知り合いにでも聞いてください。当方の文章力ではとでも説明しきれない。ただ、利益率がものすごく低下していることは間違いない。
2)草思社の昨年度の新刊は過去最多の108点
 90年代には前半は50点前後だったから、ほぼ倍増だよね。販売額はどのくらいかわったんだろう。2割増くらいですかね。つまり、出版界全体の縮図ってことですか?

●3月の朝日新聞から
3-1
2日
 難易度高いです。(t4面)
 イラストレータの書いたコメントだから、うるさいことを言うのは申し訳ないかもしれない。でもさ、「高いです」はないでしょ。それだけならわざわざメモされるような不幸な目にはあわなかった。どこかのトピで目にして以来、「難易度」って言葉がちょっと気になっている。正確には「難度」だろう、って指摘はごもっともだと思う。でも、フツーに「難易度」って言うもんな。

5日 
3-2
 羽生以外のA級棋士(名人を含む)同士の昨年1年間の対戦を合算すると、木村は15勝7敗で堂々の勝率第1位。(朝刊12面)
 将棋の観戦記。書き手は剣記者。言いたいことはなんとなくわかる。「同士」や「合算」を使う意味がわからないけど。そのあとに、木村が羽生との対戦成績が通算3勝10敗で現在5連敗中とある。要は、羽生以外には勝っているといいたいだけでしょ。こういうのを、数字を出せば説得力がますとは言わない。おそらく勝率第1位の羽生を除いて、「勝率第1位」とうたうことに意味があるとは思えない。
 あえて修正すると、次のようになる。
【修正案】
 羽生以外のA級棋士(名人を含む)との昨年1年間の対戦を見ると、木村は15勝7敗で大きく勝ち越している。

 この日の観戦記はとくにひどい。このほかにも妙な表現が出てくる。
3-3
 華々しく立ち回ってギリギリの勝負になるのだが、タッチの差で押し切られてしまう。(朝刊12面)。
 競走ならわかるよ。でも相撲で惜敗することを「タッチの差で負ける」とは言わないでしょ。じゃあ将棋はどうでしょう。
3-4
 飛車が横に逃げると、先手王が△1六角▲3九玉△1七馬で詰むのが痛い。(朝刊12面)
 玉が詰んだら負けなんだから、「痛い」もヘッタクレもないでしょ。

9日
3-5
 最終回も、満身のパンチを打ち込んだ。(朝刊21面)
 亀田選手を倒して一躍時の人になった内藤大介選手の防衛戦のレポート書き手は広部憲太郎記者。「満身創痍」とか「満身の力を込めて」とかはアリ。でも「満身のパンチ」はね……。「渾身のパンチ」は「渾」が常用漢字表外だからなー。と思いつつ新聞の用字用語を調べて驚いた。「渾身」は「満身」か「全身」に書きかえろってなってる。おーい。

3-6
25日
 去年よりも目標は一つ上の日本一。(朝刊19面)
 プロ野球の記事。書き手は福角元伸記者。論理的に説明するのはむずかしいが、明らかにおかしい。「目標は、去年よりも一つ上の日本一」ならアリ。原則で考えると読点が必要だが、なくてもいいだろう。もしくは、「去年よりも一つ上の日本一が目標」もアリだろう。

3-7
27日
 先発に復帰する上原にグライシンガー、内海に高橋尚で1カードに2人ずつ勝ちを計算できる左右の先発投手が立てられる。(朝刊19面)
 野球の話。書き手は福角元伸記者(この人大丈夫なんだろうか)。それでなんで開幕3連敗する……ってのは別の話か。相当想像力を働かす必要がある文だよな。通常1カードは3試合だよな、ってとこから考える必要がある。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

愛のある会話?15──身“削り”も工芸の技法

mixi日記2009年01月29日から

2008年12月02日の続きです(たぶん)。
あちらが一応「14」の扱いなんで、これが「15」です。

【おにーちゃんの知恵袋4なのか?──「男前」再び】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1011774245&owner_id=5019671


 tobirisu(以下 「T」)の頭を見て家人(以下 「D」)がしみじみ言う。
「白髪が増えたわね」
 否定できない。白髪のない黒々のフ・サ・フ・サが自慢だったのに、めっきり白いものが目立つようになった。無理とは知りつつ、できれば「苦労してるのね」とひと言添えてほしかった。
T「白髪の量に関してはあんまり言われたくないんだけど……」
D「それはどういう意味かな……」
 ただならぬ殺気に身の危険を感じ、あわてて話を戻す。
T「ほっ、ほかのところはそうでもないけど、襟足が妙に白いんだよなー」
D「たしかに目立つわね」
〈キミのように万遍なく目立つ場合は、「目立つ」とは言わないもんな〉
 そう思ったが、そのことを素直に口にできるほどtobirisuは心臓が毛深くない。どこかに心臓用の増毛剤は売ってないのか。ことえりは「増毛」も「増毛剤」も知らないようだ。やはり「ゾウモウ」と読むのは誤りなんだろうか。これは前にも書いたけど「マシケ」と読む地名です。その絶景ぶりを、かの松尾芭蕉も句に詠んでいる。(←ツマンネエぞ!)
【トップ画の話4】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1021265032&owner_id=5019671

T「それより気になるのは、頭頂部のハダガ(漢字では「肌髪」と書くと思われる)なんだよな。このところこっちも急に目立ってきて」
D「ホントだ。ハダガの肌色が地肌と同化して、区別がつかなくなってる」
 なんでそういうときだけノリがいいのかな。そこまで言うならツッコミ入れてよ。少しは否定しろよ。なんかムカツく。
T「オレも染めようかな」
D「“染め”じゃなくて、“塗り”でしょ」
 オレの頭は伝統工芸品か? コケシかよ!!

テーマ : 本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ
ジャンル : ブログ

このクールのドラマから09-01~03-9

キイナ 不可能犯罪捜査官』第3回。
 もうどうでもよくなってきた。
 ドラマの序盤、平岡祐太の「死亡保険で入るお金で手術したら目が見えるようになる」ってセリフで、家人があきれる。「それってさぁ……」
 そりゃわかるって。あんなこと言わなければならない必然性はないでしょうに。ああいうのは伏線とは言いません。ネタバレと言います。
 肝心のポイントがバレバレだからあとはどうでもいい。
 ちょっと引っかかったのは点字のメッセージ。「オレハイキテル」って7字だよな。画面の点字は4~5字分しかなかったと思うのですが、気のせい? 最近の点字は漢字もあるんだろうか(マサカ)。解読表を1字ずつゆっくり見せてくれなかったのは、そのあたりをごまかすため?
 作中でベッパンって言葉を聞くたび、妙な気持ちになる。「特別班」のことらしいが、なんでそんなわかりにくい略称に……。ちなみに印刷業界で「ベッパン」といえば「別版」のことで、意味は……省略。

 第1回の犯人は続いて『ヴォイス』でも犯行及んでいたが、今回の連続出演は山崎樹範。この人は『ヴォイス』のレギュラーで刑事だよな。こんなとこで犯罪に手を染めていいのだろうか。
 もうひとつの共通点。
ヴォイス』の遠藤雄弥と『キイナ』の平岡祐太のセリフの棒読みぶりは丙丁つけがいたいほどヒドい。あんなものだったかな。役作りであえてやってる? ミステリーつながりでついでに言えば(←オイ!)『トライアングル』の稲垣吾郎のセリフ回しもかなり異様に感じられる。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

愛のある会話?14──「男前」再び

mixi日記2008年12月02日から

【おにーちゃんの知恵袋3なのか?──なぜ「左前」なんだ?】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-69.html

 扱いとしては、下記の続きでもある。
【愛のある会話?13──瞬殺再び】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-169.html


 一部タイトルにミスがありました。どうもつい身近な言葉を使ってしまう……。
「(洋服の)男物と女物では○○が違う」の○○に入る言葉は何か。
「前合わせ」「合わせ」「打ち合わせ」「前立て」……諸説が飛び交う。「おくみの重ね方」が違うことはわかる。謎は謎のまま、迷走は続く。 

 この問題に関して、服飾関係に詳しい家人(以下D)はまったく別な感想をもっていた。悩めるtobirisuちゃん(以下T。「当方」のTとも読めるすばらしいネーミング)を冷ややかな目で見ていた節がある。

D「日本語にはないのかもしれないよ」
T「そんなことはないだろ」
D「じゃあなんて言うのよ」 

 なんという強引な論理展開。しかし、まったく反論できない(泣)。たしかに、これだけ考えても出てこないということは、ないのかもしれない。服飾事典なんかを調べても出てこない。

T「じゃあ男と女で洋服のホニャララが違うのはなんでだよ」 
D「そんなの知らないわよ。……そもそも、女物の洋服にボタンがついたのは割と最近のことじゃないの?」
 そういえば、昔の西洋の女性はドレス姿だった。多くは背中側で止めていた。
D「前でとめる場合も、ボタンじゃなくて紐とかじゃなかった?」

 それは紐じゃなくてストラップだよ……反論の余地がないので、悲しく心の中で呟く。
 では、女性がボタン付きの服を着たとき、なぜホニャララが男性と逆になったのか。
 以下はまったくの推測です。どちらが何を言ったかを書くといろいろ差し障りがあるので、話し合いの結果ということで。
 西洋では男女が並ぶときに、男性が右、女性が左ということが多い。伝統的に右を重要視する文化なのになぜそうなるかは知らない。
 男女がそういう並びになったとき、ボタンの間から中が見えることがなきにしもあらずである。そういうはしたない姿を万が一にも殿方に見られることがないように、女性の洋服は左前になった。
 ではなぜ和服の場合に同様の配慮がされなかったか。日本では男女が並ぶなんてことはめったになかったからではないか。

T「うーむ。服は文化だ」
D「そんな当たり前のことを、あらためて何言ってるのよ」
T「いや、すごいなぁ、と思って」
D「そんなことより、洗濯物をもっとピシッと畳めないの? アイロンの掛け方も相変わらずヘタだし」

 そりゃ、キミはアイロンの扱いは抜群にうまいよ。あっ、ジュッはやめて、ジュッは熱いの……。

【続きは】↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1025465637&owner_id=5019671

【愛のある会話?15──身“削り”も工芸の技法】は↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1065602366&owner_id=5019671

テーマ : 本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ
ジャンル : ブログ

愛のある会話?13──瞬殺再び

 一応、下記の続き?です。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-38.html

 昨晩寝る直前、洗面所で歯を磨いて戻ると、リビングに妙なにおいが漂っているような気がした。たとえて言うと焼き納豆? もっと香ばしくて、決して悪いにおいではない(あとから考えると、昨日買ってきた焙煎したてのコーヒー豆の香りだと思う)。ツマミにボリボリかじってたもんな。
 キッチンに行くとにおいが薄まるってことは、発臭元?はリビングか? 家人に確認すると、無言で当方がさっきまで履いていた室内履きを指さす。
 こ、これかー!!
 どれどれ、クンクン。コフェ。うわー、鼻が曲がるーーー!!
 そうじゃないだろ。そんなに臭くないわい。
 ムカついたので、後ろから抱きしめつつ、チョークスリーパーの体勢に移行する。
 首は締めるなんてヒドいことはできないので、室内履きで優しく鼻と口を覆う。
 1秒弱で……体がピクンピクンしてんのはどうしたの? おい、大丈夫か? あれ口元からブクブク。洗顔フォームが残ってたの? 蟹さんみたいだよ。
 オーイ、誰か救急車ー!!

【続きは】↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1011774245&owner_id=5019671

テーマ : 本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ
ジャンル : ブログ

愛のある会話?12──祖母の言葉

 一応、下記の続きです。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-165.html

 tobirisuの祖母は日頃は非常に温厚な人だが、時々きつめの毒を吐く。とてもtobirisuの祖母とは思えないほどのきっつい毒を吐く。どうも最近自己認識の甘さを指摘されることが多いtobirisuです。

「甘塩っぱくすれば木のコッパでも食えるわ」
 とにかく濃い味つけが好きで、「料理の味が薄い」と文句を言うtobirisuの父に対して呟くように。

「命根性が汚いから長生きする」
 ずいぶん前に米寿の祝いのときだかに呟いた。この「命根性」という言葉がツボに入った。
 その後も命根性を存分に発揮して数年前に白寿の祝いを迎え、いまも元気です。さすがに多少ボケが入ったみたいですが、「あれは演技」と言う人が何人かいる。

「男の子は器量はじゃないからね」
 孫を育てるにも、祖母は厳しい一面をのぞかせた。幼い頃から、tobirisuはこう繰り返し戒められて育ってきた。そうか少しくらい器量がいいからといっていい気になってはいけないんだ、男は内面を磨かなければ。
 いい話だと思ったんで家人に話したことがある。あまりにもいい話なんで、家人が涙を見せた。と言うより、涙ぐむほど笑った。
「それって厳しい育て方なの?」
「そう思わないか?」
「やさしいおばあちゃんだね……」
 なぜそんなに笑う。意味がわからんぞー。

テーマ : 本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ
ジャンル : ブログ

生キャラメルの考案者は誰?

下記の続きです。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-160.html

 下記のmixiニュースを読んだのが昨日。
 そういうことでしたか、とちょっと納得。それでこの数日、花畑牧場をキーワドにした検索が増えていたのね。

>かつてのビジネス仲間から「生キャラメルを最初に作ったのは自分」と
>“告発”されている。
 そのビジネス仲間が誰だか知らないけど、それより半年前に別のところが発売してるんだから、「最初」のわけないでしょうが。少なくとも、北海道ではそれが常識のはずです。


この人物のオモテとウラ 田中義剛 類まれなる政治力
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=737972&media_id=10
================================
 細木数子流に言えば、「出るクギは打たれる」ということか。「生キャラメル」で“我が世の春”を謳歌している田中義剛(50)が思わぬ批判に見舞われた。報じたのは最新号の「週刊新潮」。タイトルは「花畑牧場田中義剛』の甘くない『悪評とトラブル』」で、要はかつてのビジネス仲間から「生キャラメルを最初に作ったのは自分」と“告発”されている。日刊ゲンダイ本紙の取材に田中は逃げ回っているから、告発はおおむね事実なのだろう。もっとも、その人が事業を続けていたとして、ここまで成功したかどうかは別問題。

 07年発売の生キャラメルは、当初50個つくっても返品されていたが、今じゃ1日約4万個でもすぐ売り切れる大ヒット商品になった。新千歳空港のみやげ物スイーツとして話題を呼び、新規直営店も拡大中、ネット通販や全国百貨店の北海道物産展のオファーも殺到。昨年10月には埼玉県内で「ニセモノ騒動」まで起きている。そのニセモノからメラミンが検出されたことから、田中側が刑事告訴する騒ぎにまで発展していた。

 所属事務所が100%株主となっている「花畑牧場」の牧場主になったのは94年。10年間も赤字で苦しんだが、ここ数年で年商60億円、従業員数700人以上のビッグビジネスへと押し上げた。

 かつて、ラジオ番組での共演を機に、和田アキ子の“付き人”を公言し、六本木界隈で夜のカバン持ちをしていた。人気番組の「アッコにおまかせ!」(TBS)や夜のゴールデンタイム初レギュラーも和田の番組だった。

 94年には当時21歳だったAV女優とのSMセックスを暴露されるなど、妙な事件に遭遇。

 同様の経験があるたけしのアドバイスに従い、「1回はやってしまいました」とざんげ会見で切り抜けた。

「義剛は昔から大御所への取り入り方がうまかった」とある芸能記者は語る。

「北海道の歌手時代は松山千春に心酔し、故郷青森出身の吉幾三を頼りに上京。タモリの番組にレギュラー出演が決まると、駆け出し共演者の嘉門達夫と共謀し、タモリに気に入ってもらおうと“画策”した。嘉門がスッポンポンになって大ひんしゅく買っているのを横目に、タモリの顔色をちゃんとうかがっている。島田紳助の東京のマンションにも昔からよく出入りしていたので、花畑牧場出身の里田まいを“おバカ”キャラでブレークさせるのにも、こうした“政治力”が役立った」

“親友”と認め合う東国原宮崎県知事とは、今も地域ブランド創出などで協力し合う仲だ。類まれな政治力を生かせば、次の道知事も夢じゃない!?

(日刊ゲンダイ2009年1月30日掲載)
================================

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

このクールのドラマから09-01~03-8

テレビネタってことで、下記の続きです。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-159.html

 2月2日。
『ヴォイス 命なき者の声』の第4話。
 ちょっと見るのに苦痛を感じてきた。毎回あまりにもアラが目立つ。
 今回の最大のナゾは、「プライドだか譲れない一線だかを守るために自殺ですか。しかもエビ食って」。出演者の熱演で無理矢理泣ける話にもっていってるが、どうやってもギャグです。ああいうのを興ざめっていうんじゃないの。
 警察にも家族にも友人にも相談することなく、医学生が大麻に手を染めたあげく、「エビ食って」自殺ですか。それじゃ単なるバカだよ。
 
 細かい点もいろいろ気になった。

・卒業旅行は原付で旅行
 原付って昔は2人乗り禁止だったはず。いまはOKなの?

・瑛太のコート
 グリーンのコートをトレードマークにしたいんだろうね。でも目上の人を訪ねたときはコートは脱ごうよ。

・指紋は水につけても流れない
 それは素人でも知ってます。未熟な法医学生だから知らなかったけですよね。警察のみなさんは何してるの?

・死者からの荷物
 一応配達日指定は不可能ではない。そんなに前に出荷するのが自然とは思えないけど。ガムテープも使ってなかったらしく、瞬時で箱があいたのにはビックリした。それよりなにより、なんでこのタイミングでバレンタインデーの話ですか。フツーなら9日に放映する話だろう。

 今回はミステリー仕立て(?)のドラマを3本チェックしているが、3本ともボロボロの気がしてきた。ちなみにあとの2本は『トランアングル』と『キイナ 不可能犯罪捜査官』。これがまた、なんとも……。

テーマ : ヴォイス~命なき者の声~
ジャンル : テレビ・ラジオ

愛のある会話?11──なんて知的な会話なんだ(←アリエネエ)

mixi日記2008年10月25日から

 一応、下記の続き?です。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-162.html

 たまたま新聞で「守護」って文字を目にした家人が妙なことを言い出す。
「どっちも〈まもる〉だけど、守と護じゃ、ずいぶんと印象が違うね」
 オイオイ、何を言いだすんだ、キミはそういうキャラじゃないだろ。
「護国神社とかだとカッコいいけど、守国神社じゃイメージよくないよね」
 たしかにそうだ。
「護身術もカッコいいけど、守身術じゃなんか保身術みたいでセコい感じがする」
 ウーム、反論の余地がない。なんか悪いものでも食ったのか?
「看護師と看守だとメチャクチャにギャップが大きい(笑)」
 うわー、それは決定打だ。全国看守協会からクレームが来そうだけど、それは否定できない。
 オチなしで申し訳ないけど、こういう知的な会話を交わすこともたまーにはあるんです。次は何年後だ?

 あのー、ところでことえり君。キミは看護士しか変換できないのかい? そりゃ昔は女性は看護婦で男性は看護士だったけど、いまは男女を問わず看護師だぞー。ことえり君はいつの時代の人なんだ?

【12は】↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=984154183&owner_id=5019671

テーマ : 本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ
ジャンル : ブログ

連載再開の『おせん』がジャニーズを真っ向批判!?

mixi日記2009年02月02日から

 一応マンガネタだから、1月20日の続き。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-163.html


連載再開の「おせん」原作者がジャニーズを真っ向批判!?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=737466&media_id=53
================================
 昨年4月から蒼井優主演で放送されたドラマ『おせん』(日本テレビ)。飲酒騒動を起こして謹慎していたジャニーズ事務所内博貴の連ドラ初出演でも話題となったが、ここにきてこの『おせん』に関する不穏な動きが出始めている。

「実は、ドラマ『おせん』放送開始と同時に、週刊イブニング誌上で連載していたコミックが突然休載になっていたんです。原作ファンの間では、ドラマ化の際に何らかのトラブルがあり、原作者・きくち正太がやる気をなくしてしまったのでは? との憶測が流れました」(ドラマライター)

 事実、きくちは後にドラマ化について、「(作品を嫁に出して)幸せになれるものと思っていたら、それが実は身売りだった」(『プレジデントファミリー』09年1月号)などと語っており、休載の原因がドラマにあることを暗にほのめかしている。休載が08年4月から12月にまで及んだことを鑑みても、そうとうショックを受けたということだろう。その後、夫人やファンの励ましを受け、「おせん」は「真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」と題して「週刊イブニング09年2月1日号」より新シリーズとしてスタート。ようやく過去の遺恨を吹っ切れたかと思われたのだが、ここでもひと悶着起きそうな雰囲気が漂っているのだ。

「連載再開後の物語は、テレビ局の人間が、番組で紹介するために料亭"一升庵"を訪れるところから始まります。一升庵のよさをわかってもいないのに企画を成立させるために強引に話を進めようとするプロデューサーが登場したり、『テレビに雑誌にマスコミ 信用しちゃいけねえ 期待もしちゃいけねえ』『わっちは別にかまいやせん 真っ当なことを真っ当につたえてくれんなら』というおせんのセリフが意味深ですよね。ラストは、予定していたメインパーソナリティが業界内の政治力によって『アイドル男性 Jニーズ事務所』のタレントと差し替えられそうになるところで、次号に続くのですが、Jニーズがジャニーズを指していることは明白。テレビ業界とジャニーズを真正面から批判するような内容なんですよ。これらのことから、内の起用はジャニーズのゴリ押しで、それも原作者の不信感を煽ったのではないかと憶測する声が高まっています」(同)

 これらの推測について「週刊イブニング」担当編集者に質問をぶつけてみたところ、「"Jニーズ事務所"というのは、単に日本の大手芸能事務所をイメージしやすくしただけで、他意はありません。内容についても、実際にあった事件をモデルにしたわけではありません」とのこと。だが、ここまで露骨に名指ししていることからも、ジャニーズ事務所と日本テレビに対する原作者きくち正太の意図が込められていると見るのが自然だろう。
================================

 この件に関しては、コミュでも意見がとびかっている。
【ドラマに対する作者からの答え(だと思うなあ)】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=39339894&comment_count=19&comm_id=56163

 なんかなあ。きくち正太に関しては、デビュー直後からチェックしていた。最初に「少年チャンピオン」の連載作を見たときには「鳥山明の再来」を感じた。ちょっと低迷している感があったけど主戦場を青年誌に移して人気が出てきたことはうれしかった。

 これってきわめて危険だよな。
 当方はきくち正太のファンだし、『おせん』も単発掲載の頃から愛読している。ただ、ドラマはドラマでおもしろく見た。テレビでやったらああいいうことになると思う。ああいう硬派な内容をテレビでやれば、どうしたってトーンは弱くなる。
 たしかにヒドい部分もあった。キャスティングもしかりだし、主要登場人物の名前をかえたのもどうかと思う。でもそれはしかたがないでしょうに。
『悪魔くん』の実写版が企画されたのに主演女優が拒絶したので急遽『おせん』になった、ってウワサを耳にした。そういうこともすべて含めて「テレビ」の「ドラマ」なんだと思う。
 
「(作品を嫁に出して)幸せになれるものと思っていたら、それが実は身売りだった」というきくち正太の言葉は、いま読んでも痛切すぎて泣けてくる。
 もう少しなんとかならなかったか、と思う。

 だが、それはそれ、だよ。
「"Jニーズ事務所"というのは、単に日本の大手芸能事務所をイメージしやすくしただけ」という編集部の言い訳は通りません。あそこであの名前を出したのはきくち正太のワガママだけど、それを受け入れたのは編集部の方針でしょ。だったら覚悟を決めなよ。真っ向から戦いなさいよ。その気がないなら、せめてノーコメントで通しなさいよ。
 
 最悪の場合、打ち切りになるよ。
 圧力に屈する以前に、きくち正太が嫌気さすよ。
 以前の休載のときには移籍も可能だったろうが、ここでJニーズ事務所ともめたら、ホンマにやばいよ。
 なんとかならんのか。

 ついでだから書いておくけど、ヒドい文章だな。
「原作者」って誰のこと?
「暗にほのめかしている」って、重言か否かって話はおくとしても、もっとハッキリ言ってると思うよ。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

マンガ大賞2009ノミネート10作品決まる

mixi日記2009年01月20日から

 一応マンガネタだから、1月17日の続き。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-141.html

マンガ大賞2009ノミネート10作品決まる 大賞発表は3月
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=724425&media_id=50

================================
マンガの読み手が「今、この瞬間一番面白いマンガを決定する」をコンセプトに作品を選び出す、マンガ大賞2009のノミネート作品10作品が決定した。

ノミネート作品の選考は、書店員を中心とした選考員89人が行なった。
マンガ大賞実行委員会によれば、1人最大5作品が可能なこの一次選考には、全部で178もの作品が挙げられた。これらの作品は2008 年1 月1 日から12 月31 日までに単行本が発売され、そして最大巻数が8巻まで発売されているものに限られている。

そうした中から投票数の多かった上位10作品が、今回のノミネート作品になる。昨年と同様にベテランから新鋭まで多彩な作品が並ぶ。マンガ読みの選択らしく、読ませる作品や個性が際立つ作品が目立っている。
今後は、選考員がこの10作品を全て読んだうえで、あらたに投票が行われる。このニ次選考では、選考員がそれぞれ1位、2位、3位を選び出す。それをポイントとして、最もポイントの多かった作品がマンガ大賞となる。
大賞の発表と授賞式は3月下旬、都内にて行なわれる予定である。ノミネート作品からだけでは大賞作品の予想は困難、3月の大賞発表が楽しみとなりそうだ。

マンガ大賞 公式サイト http://www.mangataisho.com/

マンガ大賞2009 ノミネート作品

 ■ 『宇宙兄弟』 小山宙哉
 ■ 『3月のライオン』 羽海野チカ
 ■ 『深夜食堂』 安倍夜郎
 ■ 『青春少年マガジン1978 ~ 1983』 小林まこと
 ■ 『聖☆おにいさん』 中村光
 ■ 『ちはやふる』 末次由紀
 ■ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部』 河合克敏
 ■ 『トリコ』 島袋光年
 ■ 『ママはテンパリスト』 東村アキコ
 ■ 『よんでますよ、アザゼルさん。』 久保保久
(作品名あいうえお順)
================================

 アザゼル様がノミネート10作品に。
 ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

『このマンガがすごい!2009』での異様な評価の低さを嘆いて、先日トピにコメントを入れた。

================================
 昨年末に出版された『このマンガがすごい!2009』
 アザゼル様は17ポイント獲得で44位。不当に低い。
 版元の●島社にはなんらかのタタリがあるに違いない。アンダイン姉さんに、上位の作品を妬んでもらいたい。

 ただ、この評価はすんごい偏っている気がする。「イブニング」の作品がほとんど入っていない(38位の『少女ファイト』だけだと思う)。

 ちなみに↑のコメント「1」で書いた作品のうち、
『聖(セイント)☆おにいさん』中村光は圧倒的な強さでオトコマンガ」の1位。
『宇宙兄弟』小山宙哉がオトコマンガの2位だった。
================================

 いやー、わかる人にはわかるんだ。もしあの内容で大賞でもとったら、とんでもない快挙だよな。
 昨年のヒットマンガという観点で、いままでにいくつかのリストをあげてきたけど、けっこう違いがあっておもしろい。

 ■ 『青春少年マガジン1978 ~ 1983』 小林まこと
 ■ 『トリコ』 島袋光年
 ■ 『ママはテンパリスト』 東村アキコ
 
 の3作は、ほかのリストにはなかったと思う。
 後ろの2つは作品すら知らなかったorz。
 マンガの森は奥が深い。

愛のある会話?10──10月22日の朝日新聞(朝刊29面)から

 一応下記の続きです。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-161.html

 昨日、新聞を見ながら家人が笑い転げていた。
 記事を見せてもらうと、「薄毛のリスク 7倍に」という見出しが躍っている。
 記事の内容は「特定の2種類の遺伝子変異を持っている人は、薄毛になる確率が7倍になる」ってことらしい。
 家人は見出しの「ク」の文字が目に入らなかったようだ。
「あー、ビックリした。薄毛のリスが世界中で急増しているのかと思った」
 後ろから優しく抱きしめつつ、チョークスリーパーに移行する。
 1秒強で瞬殺。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

愛のある会話?9──妻の意見&夫の威厳 トップ画の話3

 mixiのトップ画像をかえたことに家人が強く異論を唱える。
「あまりにも可愛すぎるわよ。コビコビは嫌いだってふだんから言ってたのは誰よ」
「必要以上にコビコビなのは嫌いだけど、イメージを忠実に再現したらああなったんだからしょうがないだろ」
「ふざけすぎてるわよ。アタシが描いてあげる」

 ……と最初に描いたのが下記。


ochirisu_convert_20090201150746.jpg



 精一杯の抵抗を試みる。
「これはヒドすぎるだろ。これはいったい誰だよ。これじゃ単に飛んでるリスで、全然モデルのイメージが生きてないだろ。しかも風呂敷をマントにして、これじゃ飛んでないよ、ochirisuだよ」

 ……泣きながら訴えて描きかえてもらったのが下記。


dorarisu_convert_20090201151027.jpg




「勘弁してくれよ。なんだよこの目は。マントの結び目が秋刀魚に見えるよ。お魚くわえたdorarisuかよ。もう少しプロっぽい絵を描いてくれよ」 
「いちいちうるさいわね。そういうゴタクはちゃんとギャラを用意して発注してから言いなさいよ。これで何が不満なの。だいたいリスの分際で飛ぼうとするから無理があるのよ」

 ……半ばキレながら描いたのが下記。


doterisu3-2_convert_20090201151052.jpg


ポイントは、わしづかみにしているドングリなんだとか。
 命名doterisu(泣)。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード