fc2ブログ

このクールのドラマから09-01~03-18

 一応下記の続きか。
【このクールのドラマから09-01~03-17】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-233.html


●3月9日『ヴォイス 命なき者の声』 第9話
 なんか、回を重ねるごとにヒドくなってないか。
 今回はメチャクチャすぎて話にならない。

 ビルの清掃会社の社長(超善人で借金あり)がビルの窓を掃除中に墜落死する。当初は事故死と思われたが、解剖の結果遺体から睡眠薬が検出され、保険金目当ての自殺の線が浮上する……。

 最後まで自殺とは信じられなかった。そんなバカはいないよ。
 だって、飛び降り自殺するのに睡眠薬を飲むのってヘンでしょ。いつもしていた腕時計をしてなかったとか、死ぬ直前に場所をかえたとか、謎っぽく話しておいて、そんな無理無理のオチですかい。
 瑛太が妙なヘリクツをこねていたな。事故に見せるために、伝えたい言葉はあったはずなのにあえて遺書も残さずに死んだ気持ちが尊い、みたいなトンデモナイことを言っていた。バカか。そんなもの勇気でもなんでもないよ。保険金目当ての自殺を肯定するようなことを言うなよ。親より先に死んではいけないのは子の務め。家族ができたら、家族を遺して自殺なんて考えてはいけない。それは最低限の人の道でしょうが。
 しかも意識朦朧状態の転落死で誰かを巻き込んだらどうするんだよ。せめて他人に迷惑をかけない方法を選びなさい。現実問題で考えれば、仕事中の事故死だと別の保険がおりるのかもしれない。でもそんな説明はいっさいなし。
 結局、睡眠薬を飲む必然性も、ビルから落ちる必然性も、どっちもなしってことでしょ。
 しかも残された会社はどうなるのよ。自殺がバレたら確実に倒産。バレなかったとしても、社長が作業中に事故死した会社ってイメージが相当悪いと思うよ。営業妨害したいの?

 研究室に乗り込んで来た遺族がまた最低。
「なんで事故死にしておいてくれなかった」……そういうことは警察や保険会社に言おうね。解剖した人に言うのはお門違いだよ。
 しかもさ。「自殺じゃ保険金がおりない」って、お金に困っていたのはわかるけど、それを言っちゃダメでしょ。
 一般論として、事故死と自殺では遺族の気持ちが全然違う。当然じゃん。自殺ってのは、ある意味「ロクな人生じゃなかった」って認めることなのよ。ロクでもない人生に付き合わされてたことになる家族の立場になってみなよ。
「お願いですから、主人が自殺したなんて言わないでください。事故死したけど、主人はいい人生だったと思っていたはずなんです」
 とか言わせりゃいいじゃん。「自殺じゃ保険金がおりない」じゃ、単なる金の亡者だよ。


 今回の事件と並行して、やっとタテ糸が出てきた。
 生田斗馬(いつの間にかいい役者になったな)の親父の病院の医療ミス。
 院長先生(名高達男って、昔は名高達郎だったよな、と気になって調べてみた。Wikipediaによると本名が達夫で、最初の芸名が達朗。のちに達郎で、1994年から達男らしい。ややこしいorz。昔はあんなにイケメンだったのに……)、カルテの改竄をするなら、担当医師に命じなよ。「筆跡が違う」と息子に見つかるんじゃ単なるバカだよ。担当医師は巻き込みたくないから、とかいう理由でこっそり自分でやったのならまだわかる。「私の言うとおりにしなさい」って偉そうに話してるヒマがあったら、カルテの書き直しを命じなさいよ。
 病院で“偶然”麻生祐未(死んだ患者の妻)を見かけた生田が、“ほとんど発作的に”告発を決意してそそのかしにかかる。あのー。勘違いだったらどうすんのよ。まず親父を問い詰めなさいよ。
 いずれにしても、まず名乗ろうよ。名乗りもしないで医療ミスが云々とか言いだすのはものすごく怪しいヤツだよ。場面が屋上にかわったときには、麻生祐未は相手が院長の息子と知っていた。超能力者か。まあ、移動しながら話したってことなんだろうね。
スポンサーサイト



テーマ : ヴォイス~命なき者の声~
ジャンル : テレビ・ラジオ

マンガ5/内緒の日記

マンガ本-


マンガ読書ガイド一覧-
 こういう一覧がついているので、どんなマンガかひと目でわかる。


マンガ読書ガイド一覧-2:115
マンガ読書ガイド一覧-2:114
 少し大きくしてみた。




もくじ見本

 目次はこんな感じ。



見本(チー)

 大人の事情でここにはupできないが、マンガ誌面もいろいろ掲載している。


mixi日記2008年04月02日から

 あんまりこんなことをやるのはよくないとは思いながら、CMです。
 昨年出した本の『チーズスイートホーム』の紹介ページです。紹介作品の一覧もつけておきます。興味をおもちになった方は、tobirisuのプロフィールの一番下をご覧ください。
【4月15日追記】
 この本がUHB(北海道文化放送)の4月19日の昼の情報番組で一瞬だけ紹介されるらしいので、しばらくこのCMをアップしておきます。大目にみてやってください。

 amazonのページは下記です。
http://tinyurl.com/lr63og

【続きは】↓
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-259.html

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

マンガ4『このマンガを読め!2009』

 マンガの話だから下記の続き。
【世代別テッパンアニメ&漫画】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-240.html

 どさくさまぎれのPR。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-242.html

このマンガを読め!』(フリースタイル)の2009年版を1月に入手した。たしか1月14日に書店で注文して、21日に届いた。手には入れたが、全然読めていない。もう少しで、先に買った『このマンガがすごい2009』を読み終えるところ。
 とりあえず転記だけしておく。

●『このマンガを読め!2009』上位20作品
1  ママはテンパリスト  東村アキコ
2  聖☆おにいさん  中村光  ※男1
3  深夜食堂  安倍夜郎  ※男5
4  駅から5分  くらもちふさこ  ※女2
5  かむろば村へ  いがらしみきお
6  ビアティチュード  やまだないと
7  ギャラクシー銀座  長尾謙一郎
8  おのぼり物語  カラスヤサトシ
9  よつばと!  あずまきよひこ  ※男8
10 僕の小規模な生活  福満しげゆき  ※男16
11 ちはやふる  末次由紀  ※女3
12 町でうわさの天狗の子  岩本ナオ  ※女5
13 アオイホノオ  島本和彦  ※男7
13 雨無村役場産業課兼観光係  岩本ナオ  ※女6
15 真昼の月 海街diary2  吉田秋生
15 奇跡のヒト  土屋ガロン(作)・張慶二郎(画)
15 くらしのいずみ  谷川史子
15 万祝  望月峯太郎
15 百舌谷さん逆上する  篠房六郎
15 ロボット小雪  業田良家

 これを『このマンガがすごい2009』と比べてみる。
【『このマンガがすごい2009』】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-118.html

 両方の上位にいるものを見てみた。↑のリストの最後に「※」でつけている。
 1位の『ママはテンパリスト』に「※」がつかないのは、対象期間にズレがあるからだろう。この作品の単行本が出たのは2008年10月。一方、『このマンガがすごい2009』は「2007年10月1日~2008年9月30日に発行された単行本」を対象にしている(それでも点数をつけた人がいたけど)。

 さらに、これを「マンガ大賞2009」ノミネート作品と重ねてみる。
マンガ大賞2009ノミネート10作品決まる編集】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-163.html

『3月のライオン』 羽海野チカ            男4 読―
『深夜食堂』 安倍夜郎                男5 読3
『青春少年マガジン1978 ~ 1983』 小林まこと    男― 読―
『聖☆おにいさん』 中村光              男1 読2
『ちはやふる』 末次由紀               女3 読11
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』 河合克敏       男― 読―
『トリコ』 島袋光年                 男― 読―
『ママはテンパリスト』 東村アキコ          女― 読1
『よんでますよ、アザゼルさん。』 久保保久      男― 読―

 このきわめて限られた資料で判断するに、『聖☆おにいさん』と『ママはテンパリスト』の一騎打ちと考えるのが妥当だろう。昨年の大賞が『岳』(石塚真一)ってことを加味すると、『深夜食堂』が穴かもしれない。

『聖☆おにいさん』さんの評判はスゴいらしい。個人的には、ギャグマンガなら『よんでますよ、アザゼルさん。』をとりたいけど。
『ママはテンパリスト』は、いまノりにノっている東村アキコの育児マンガ。『このマンガを読め!2009』に2話分が掲載されていて、思わず単行本を買いにいきそうになった。
「すいません 育児ナメてました」ってキャッチがグッド。
 掲載分のテーマは「断乳」。2歳になっても断乳できない息子(すでにエロに目覚めかけているスゴキャラ)のため、心を鬼にして乳房にゴルゴ13の顔を描く。この大プロジェクトの行方は……。

【続きは】↓
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-242.html

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード