fc2ブログ

やっぱり野球はおもしろい

 テレビ関係なんで、下記の続き。
【このクールのドラマから09-01~03-20~22】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-263.html

イチローV打「イキかけました」/WBC
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=787334&media_id=8

================================
<WBC:日本5-3韓国>◇23日(日本時間24日)◇決勝◇米カリフォルニア州ロサンゼルス、ドジャースタジアム
 決勝タイムリーを放ったイチロー外野手(35=マリナーズ)の試合後のコメント。
 「やあ、もう苦しいところから始まって、苦しいがつらいになって、心が痛んで、最終的に笑顔になった。日本のファンの人たちに笑顔が届けられて最高です」。
 試合後ドジャースタジアムを大きな日の丸を持って1周。
 「気持ち良かったですねえ。ほぼ、いきかけました。日本のすべての方に感謝したい」。
 10回の決勝タイムリーについて。
 「僕は持ってますね。神が降りてきたという感じ。日本中のみんなが注目しているだろうと思って、自分の中で実況して、普段は結果が出ないんだけど、それで結果が出て、壁を越えたと思います」。
================================

 どう考えたって守備範囲外なので、手短か(?)に。

 昨日の夕方の某ラジオ局のDJの毒舌がおかしかった。
「明日の決勝戦は注目です。これが最後のWBCですから」(アメリカがヘソを曲げたから第3回はない)
「決勝戦を見に行くアメリカ人はいないから、スタンドはガラガラじゃなかろうか」
「いまからでも遅くはない。決勝戦はアジアでやったほうがいい」
 とにかく言いたい放題だった。このピストン西沢ってDJはヤケ気味になるとメチャクチャおかしい。ジャニーズの悪口を公共の電波であんだけ口にして大丈夫なのか心配になる。

 ひさしぶりに「野球っておもしろい」と思った。こんなに真剣に見たのは、松坂が甲子園の決勝でノーヒットノーランを達成したとき以来だろうか。その前だと、中日の近藤の初登板ノーヒットノーランまでさかのぼるのかもしれない。
 何より不思議なのが、日テレが放映権を手放したこと。こんなに盛り上がるとは思ていなかったのかな。かなり手痛い判断ミスだよ。何か事情があったのだろうか。下記の「2009年03月21日15:09」のコメント欄参照。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1113473848&owner_id=5019671

 結果的には2連覇(「連覇」でも意味が通じるってことは重言?)を果たしてめでたしめでたし。
 このところの週刊誌(当方が誌面をチェックしたのは「週刊現代」と「週刊ポスト」)の「侍ジャパンたたき」は目に余るものがあった。先週は、「イチロー限界説」が中心。下半身の筋力がどうたらとか、視力の衰えが著しいとか。それが事実なら、対策を立てると思うけど。イチローも35歳のなのね。なんでもあの長嶋茂雄も35歳を過ぎてからは3割を打てなかったとか。
 今週だと、今回のWBCのチームはイチロージャパンだとか。自他ともに認めるチームリーダーなんだからそれでもいいじゃん。かなり深刻な不調だったんだろうな。
 決勝戦で5打数3安打だったにもかかわらず、韓国がイチローとの勝負を選んだことが、イチローの不調ぶりを物語っている。それでも粘りに粘った末にキッチリ結果を出すのがスターなんだろうな。試合後のイチローがプレッシャーから開放されて笑顔を見せていたのが印象的だった。
 あまりにもきれいなセンター前ヒットに、イチロー語録を思い出した。
「センター前ヒットばかりでいいなら、打率10割も夢ではないかもしれない」
 8割だったかな?

 そういや朝日新聞もイヤミな書き方をしていたけど、それに関しては後日改めて。

侍ジャパンたたき」と言えば、野村監督のコメントは気分が悪かった。最後の花道を飾れなかったことを恨んだのかもしれないが、城島のことが嫌いなんだろうか。もしかすると、優勝できて一番救われたのは、城島かもしれない。野村監督のイヤガラセを知ってか知らずか、決勝戦のプレイはヒドかった。ヒット数があれだけあったのに接戦になった原因のひとつは城島の不調。左キラーとして4番に座ったが、結果は最悪。
 テレビの解説者が、「1試合で3併殺打なんてまずないから思いっきり打てばいい」とかスゴい論理的なことを言っていた。オイオイ、三振ゲッツーは、記録上は併殺打じゃないだろ。

 原監督も救われたよな。松坂の登板制限のチョンボは原監督のせいだけじゃないだろうけど、あれで松坂が打たれたら何を言われたか。松坂も、不調だったら直前にテレビに出ていたことをたたかれたはず。(←違うって!)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1109952369&owner_id=5019671

 決勝の継投もおかしかった。今大会の調子を見たら、杉内の続投でしょう。クローザーには左だ右だなんて関係ないよ。そもそも立ち上がりの悪いダルビッシュをリリーフに使う理由がわからない。原監督は「松坂は世界のエースだが、日本のエースはダルビッシュだ」と言ったとか。だったら先発で使えよ。仮に最後にダルビッシュを使うとしたら、9回の頭からだろう。右の代打が出たから交代、はありえない。

 決勝戦に合わせて結婚を発表したあの2人は、意外に策士なんだろうか。この巧妙な手口を最初にやったのは永瀬正敏と小泉今日子と記憶している。1995年2月22日ってなんの日だったろう。
スポンサーサイト



北22/帰省日記・2009冬3

一応下記の続き。
【北21/帰省日記・2009冬2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-265.html

 mixi日記2009年01月14日から
DSC01737#227;ベーグル

十勝ベーグルの外観。超近代的な高層ビルが林立する帯広で、このレトロ感は光る。


DSC01770とかち料理1

レモン風味レアチーズムー 季節のフルーツ添えカシスソース
季節のフルーツ……って、ドラゴンフルーツとブルーベリーですかい。でもメチャクチャ旨かったから許す。帯広のチーズケーキとかヨーグルトって、マジに旨いの。ちなみに、前夜の水菓子(旬の果物2種)は、林檎と葡萄だった。ツッコミを入れる気にもなれない。


DSC01787#227;??#227;??#227;??_convert_20090324104807

じゃがポックルだよーん。小袋が10袋で840円は高いけどさ。買う価値はある。家人の実家におみやげとして一部をもっていったら、●●●の義妹は2年くらい前に食べたことがあるとか。エーン。


●3日

 近所の神社に初詣とやらに行った。思ったほど寒くないのは、まだ若いからだろう。あるいは寒さを感じる神経が……。帰りにと言うかうんと遠回りして、十勝ベーグルに寄る。以前物産展で買ってみたベーグル屋さん。六花亭が「小麦の品質がよくない」としたという十勝でなぜベーグル、という疑問あるがそこそこ旨い。店構えもなかなか趣きがあってよろしい。店主、なかなかの仕事振り褒めてつかわす。今後も精進せい(雄山かよ)。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-252.html

 夜は一家で十勝川温泉へ。第一ホテルのSさんにはいつもお世話になっている関係で褒めちぎっておく。今回も若夫婦を気遣ってベッドの部屋を用意してくれた。初めて利用したけど、北海道の温泉地のホテル(料金体系を含め、実質は旅館だと思う)でベッドってなんか妙な感じ。
 おまけに部屋から浴室が見える。家人が言うには、開放感があるのでこういう造りが増えているとか。「ラ●ホテルかよ」(←オイ!)と悪態をついた己の無知が悲しい。お湯は温泉ではないけど(たぶん)湯船が檜造りでいい香りがしていた。ちなみに、祖母と両親が泊まった部屋は温泉付き。これはなかなかよさげだった。

 ここの夕食もおいしかった。写真はあえてデザートの一品を。あとここのお楽しみのひとつは売店の充実ぶり。帯広駅の近くに物産館みたいなのがあるけど、そこよりもここの売店のほうが明らかに充実している。
 おっと「じゃがポックル」発見。2002年に「ぴゅあじゃが」の名称で発売以来、幻の逸品と言われ続けている。昨夏に見かけた地元の新聞で、三大人気みやげのひとつにあげられていた。ひとつは某牧場を中心にした生キャラメルで、もうひとつは忘れた。
 キッパリ<( ̄- ̄)>
 帯広ではどこの売り場でも「売り切れ」。売店の棚に2箱だけあった。「お1人様1箱」だから買い占めてもよかったが、そんなアコギなことはできない。たまたま売店にいた母親が興味を示したので説明したら、最後の1箱を買っていきやがった。あのミーハーぶりは誰に似たんだ。
 内地で手に入るものだと、「じゃがりこ」に近い。北海道ではコンビニなどで「ジャガビー」ってのも売っている(本州にも進出したかな?)。
 味としてはかなり近いとも言えるけど、決定的に質感が……。
 やっぱり手に入りにくいものは旨いのよ。そういうものなの!
http://plaza.rakuten.co.jp/gegegege/diary/200604150000/

【続きは】↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1053247460&owner_id=5019671

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード