fc2ブログ

このクールのドラマから09-04~06-2

 下記の続き。
【このクールのドラマから09-04~06-1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-382.html


 先クールのミステリー仕立てのドラマがあんまりお粗末で、ツッコミを入れはじめるとキリがなくなった。そういう意地悪な見方をしてはいけないということを再確認した。
 しかし、昨晩の『MR. BRAIN』に呆れて少し書く気になった。
 あれはコントなんだろうか。
 環視モニターの死角って……それは常識でしょうが。なぜ誰も気づかない。あたかも脳の死角みたいなことまでにおわせて。気づいた九十九が偉いのか? 科警研の面々が●●なのか? さらにはドアの死角って……orz。

 このドラマのどこが「脳」をテーマにしたミステリーなのかさっぱりわからない。第1・2話に比べると、第3話は脳の働きにふれた気がする。
 脳に損傷を負った場合、どんなにつまらないことでも、繰り返し刺激することが回復につながるって話は聞く。家族などの呼びかけによって、奇跡的に回復したって話も多いらしい。
 でも「しりとり」はしないだろ……orz。
 しかも、訳のわからないセリフを覚え込むって、どんな脳の働きだよ。

 扁桃体が愛を司るだぁ? 否定はできない。でもさ。そんな働きがホントにわかってるのかな。
 Wikipediaには下記のようにある(「こういうものを根拠にしていいのか」って話はパス)。
================================
扁桃体は情動反応の処理と記憶において主要な役割を持つことが示されており、大脳辺縁系の一部であると考えられている
================================

 当方もさほど詳しいほうではないので、逆らうのはやめる。
 でも、その扁桃体が示した「情動反応」は「愛」なの? 「強い関心を示した」だけでしょ。それ以上のことはわからないと思うよ。素直に考えると、「恐怖」じゃないのかね。殺されかけたんだよ。
 昔、「愛情」の反義語は「憎悪」ではなく「無関心」と言う話を聞いて感心したことがある。脳の働きで考えると、そのとおりなのね。

 3話を見ていちばん強く思ったこと。
 亀梨和也って、ホントに主役級だったんだろうか?
 まったくオーラが感じられなかった。『ガリレオ』の福山雅治のモネマネ(しかも失敗例)にしか見えなかった。風貌の傾向だと、水嶋ヒロとカブる気もする。ただ、水嶋のほうがずっと整っていて色気があるし、身長が……。

 家の中ではさらにヒドい話が飛びかう。
「ギャル店員しのぶがドラマに出ている」……そりゃあれもたしかに木村拓哉だけどさ。
 
 視聴率は、初回が24.8%、第2回が22%で、このクール断トツだとか。
 さすがキムタク、と言うべきか。あれだけの豪華キャストでそんなに低調、と言うべきか。
スポンサーサイト



テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

マンガ28/なんと申しましょうか

mixi日記2009年06月04日から

 下記の続き。
【マンガ27/とりあえず、よかった】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-392.html

 どさくさまぎれのPR。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-242.html 

 マンガの話の入口はここか?
【マンガ関連なんでもかんでも】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-65.html


■日経新聞連載劇画が休載…「作者・小池一夫さんの都合」と
(読売新聞 - 06月04日 13:09)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=857732&media_id=20

【ネタ元】(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090604-OYT1T00546.htm
================================
日経新聞連載劇画が休載…「作者・小池一夫さんの都合」と

 日本経済新聞社は、先月30日に始まった小池一夫・作、鈴木敏太・画による劇画連載「結(ゆ)い 親鸞(シンラン)」を当面休載すると、4日の朝刊一面に「お断り」を掲載した。

 同社広報グループは休載の理由を「小池氏の都合」としている。

 「結い 親鸞」は、毎週土曜日朝刊の若い読者向けページ「U―29」に同紙初の劇画連載として始まり、先月30日に第1回が3ページにわたって掲載されたばかりだった。小池氏は、劇画「子連れ狼」などの原作者として知られる。

 小池氏をめぐっては、4日発売の「週刊文春」で、複数の会社に著作権や使用権を譲渡したとされる問題が報じられており、同社広報グループでは「事実関係を調査中」と話している。

 小池氏の事務所では、「著作権を巡って関係者と見解の違いがあるのは事実。休載は、日経新聞社と話し合って決めた」としている。

(2009年6月4日13時09分 読売新聞)
================================

【マンガ27】で少し明るい話が出たと思ったら……。
 それにしても、「複数の会社に著作権や使用権を譲渡したとされる問題が報じられており」って、どういうことなの?
 
 小池一夫と言えば梶原一騎と並ぶマンガ原作界の重鎮で……私塾はどうなったんだろう?

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード