fc2ブログ

読書感想文『第三版 悪文』

mixi日記2009年10月31日から

『第三版 悪文』(岩渕悦太郎編著/日本評論社/1979年11月10日第3版第1刷発行/1995年7月10日第3版第13刷発行)
 第1版が発刊されたのは1960年らしい。61年に第2版が出て、約20年後に第3版が出たことになる。どうでもいいけど、表紙や組版をもう少しなんとかできないもんかね。いくらなんでも古臭い。
 文章読本の世界では名著として知られ、書名は学生時代から知っていた。たしか買ったような気がするけど、この表紙が記憶にないってことは、勘違いかね。

 p.22に「ような+否定形」の話が出てくる。こんなに昔から言われているのに、なぜ使う人が多いのだろう。

 【引用部】
いかに、「たしかに……しかし」とひっくり返すための強調法だと言っても、度がすぎる。(p.66)
 べつにどうってことない記述だけど、「たしかに……しかし」って、強調法として古くから知られていたのね。当然か。

 【引用部】
つれづれ草に、「あまるに興あらんとすることは、必ずあひなきものなり。」(あまりにもおもしろくしようとすると、かえって、つまらない結果になってしまうものだ)と書いてある。完全な準備をして「興あらんとする」のなら、いいのだろうが、なまはんかに引っかけようとすると、たしかにまずいことになる。(p.66)
 なんかすごく不安なんだが、「つれづれ草」って何? 『徒然草』のほかに、こういう書があるんだろうか。書名なのにカッコ類がついていないのも不思議。内容としては、けっこう重要。

 【引用部】
 文の長さは、一般にどの程度のものがよいのか。このことについては次章で述べられるから触れないが、およそのめやすでは、新聞雑誌などの論説的な部分でも平均一七文節か一八文節前後であり、小説の地の文でも、平均一四文節前後であると言われる。もちろん、わかりやすさの問題は、単に、文の長い短いということだけではきめられない。ほかに、単語の問題や文の構造の問題もある。しかし、いずれにしてもこの原文は長すぎて、四五文節にもおよぶ。訂補した文章では、これを五文に切り、平均八文節あまりにしてある。また、接続詞は原文に一つだけであるが、訂補した文では三つ使ってある。接続詞の使用は、かなり慎重にしないといけないが、簡単なことを、明晰に綴るためには、あまり遠慮することはないであろうと思うからである。(p.74~75)
 ここに出てくる「次章」の記述が見つからない。なんででしょ。
 それはさておき、「文節」と来ましたか。このほうが正確な気もするが、いちいち数えるのは大変。やはり「文字数」のほうが話が早い。
 ここでポイントになるのは2点。
 1点目は、「もちろん、わかりやすさの問題は、単に、文の長い短いということだけではきめられない。ほかに、単語の問題や文の構造の問題もある。」ということ。これを論理的に説明するのはきわめてむずかしい。
 2点目は、「接続詞の使用は、かなり慎重にしないといけないが、簡単なことを、明晰に綴るためには、あまり遠慮することはないであろうと思うからである。」ということ。

 【引用部】
 文には主語と述語があると言われる。主語や述語の定義はむずかしいが、ここでは非常に広く解釈して、そこで問題になっている事柄や物が主語で、その動作や作用、または性質・関係などを示す部分が述語ということにする。文法で言う主語・述語のほかに、主題やそれに対する結びも広い意味で含める。なお、主語・述語と言っても、語だけでなく、もっと長いものも含む。(p.116)
 主語と述語に関して正確を期そうとすると、こんな感じになっちまう。だから文法は嫌い。

 p.111~のテーマは〈接続助詞の「が」〉。「現代語の助詞・助動詞」(国立国語研究所報告3)によると、「が」には4つの用法がある。
1)2つの事例をあげる際の、つなぎの役目をする。共存または時間的推移。
2)題目・場面などを持ち出し、その題目についての、またその場面における事柄の叙述に接続する。そのほか、種々の前おきを表現するに用いる。
3)補充的説明の添加
4)内容の衝突する事柄を対比的に結びつけ、前件に拘束されずに後件が存在することを表わす。(既定の逆説条件)
 判りましぇーん。

 【引用部】
   毎年膨大な財政の赤字を出すことが示す地方自治制度の欠陥に対して、根本的
  な対策をきめるのが、こんどの国会の大きな使命の一つだと説明されていた。
  (新聞)
 これは、主語がないわけではなく、ちゃんとある。しかし、その主語がなかなか出てこないのが、この文が悪文になる原因となっている。主語はなるべく早く出した方がいい。しかも、主語と述語との距離は短い方がいい。そこで、両方の要望を満足させるのは、なかなかむずかしいが、たった一つ道がある。それは、短い文を書くということ。これは、あらゆる場合の鉄則と言っていい。(p.125)
 ちょっと厳しい。ここであげられた例文程度で「悪文」扱いされたんじゃたまらない。たしかに2つに分けたほうがよさそうだが、この程度は大目に見てやってよ。それはさておき、この論理は明解で反論の余地がない。

 【引用部】
 主述の照応とあまり関係ないかもしれないが、もう一つバタ臭い文章を例としてあげておく。これもまた一種の悪文と思うからである。
   イギリスの製造業者たちは、日本が戦前のダンピングと意匠盗用をくり返す意
  図を持たないと彼らが納得するまでには数年の時日を要するだろうと言っている。
  (雑誌)
 発想法そのものが日本語的でない。
  最大の危機は中国の飛行機と潜水艦からもたらされるだろう。(新聞)
「最大の危機」というようなものを主語とする発想法が問題である。このようなものを主語とするので、どうしても述語が受身形となる。ここでは「もたらされる」がそれである。(p.126~127)
 小さなインネン1。「バタ臭い」ですか。久しぶりに目にした。用法としては正しいんだろうが、死語だよな。そう思いながら、書きかえ案が浮かばない。「翻訳調」ぐらいかね。
 小さなインネン2。この本は、引用部を2字下げにしている。行頭に字下げがあると当然3字下げになる。字下げのあるものとないものが並ぶと、当然先のようにみっともないことになる。しょうがないんだろうな。
 小さなインネン3。2つ目の引用文の解説はヘン。前半はそのままでも「飛行機と潜水艦が」にすれば、「もたらすだろう」になる。そのあたりをはっきさせるためにちょっと書きかえてみる。
  1)中国の飛行機と潜水艦から最大の危機がもたらされるだろう。
  2)中国の飛行機と潜水艦が最大の危機をもたらすだろう。
 1)がおかしいのは「から」がヘンだからだろう。「によって」ぐらいにすれば、マシになる。
 先の引用部に続き、次の記述がある。
 【引用部】
 受身形が翻訳文に多いという事実は、これが日本語的でないことを示すものであろう。普通の日本語では主語となりえないものを主語として、それによって、これを客観視する文が出来ると考える人たちがいる。この人たちに言わせると、こういう文こそ、真に客観的・科学的な文だ、と言う。しかし、現実には、こういう文はとっつきが悪く、日本人にはなれていない発想法なので、理解しにくいことは否定出来ないと思う。つまり、今のところは、こういうものは悪文と言える。悪文にしろ良文にしろ、その規準は永久に変わらないものではないけれども、今のところは、再び言うが、悪文である。(p.127)
 すべての受身形がよくない、とするのは暴論。ただ、論証するだけの知識がない。

 【引用部】
「机と紙と」の「と」のように、これも並列的に列挙するときに使う助詞も、昔は、「机と紙と」のように第二の「と」もつけるのが基準であったようである。ところが、今は「机と紙」のように、初めの方のあとにつけるだけでいいことになった。「たり」もそのような傾向がないとは言えないのかもしれないが、現在のところ、まだ「たり」は両方につけるのが原則で、そう使う人の方がはるかに多い。(p.132)
 そうなんだよな。「AとBと」の後ろの「と」がとれ、「AとかBとか」の後ろの「とか」がとれたことを考えると、「片たり」が許容される日が近い気がしてくる。

 【引用部】
 日本語では、肯定、否定、推量など、話し手、書き手の態度を表わす言葉は、文末におかれる。このため、終わりまで読んではじめて「……ではない」「……かもしれない」といった表現にぶつかり、どんでん返しをくったという感じを受けることがある。これを防ぐためには「予告の副詞」を活用すべきだ、と松坂忠則さんはいう。「予告の副詞」というのは、「おそらく」「きっと」「決して」などで、これらを使えば、初めから推量や否定がくることが予告される。「決して」とあれば、最後には否定の表現がなければいけない。ところが、このような呼応は、文脈の乱れによって破られる。(p.147~148)
「予告の副詞」の効用に関して、同様の記述を見た記憶がある。おそらく、書かれたのはこっちのほうが先。ちょっと補足すると、推量の場合は、「おそらく」「きっと」だけでも推量になる。文末が断定の形であっても、推量になる。数行前に書いた「おそらく、こっちのほうが先」もアリだろう。「きっと君は来ない」なんてフレーズが入った名曲もあった。
 接続詞にも似たような効用がある。この【引用部】の最後の文の冒頭にある「ところが、」もなくてもいい(その場合は文末に「ことがある」ぐらいをつけたくなる)。このあたりをどう説明するかが問題だよな。

 p.152のテーマは〈離れすぎた修飾語〉。これは本多読本の原型とも言える。

 p.181のテーマは〈あまりにも感覚的〉。誤用集的で、内容はけっこうユニーク。

 【引用部】
(注)形容詞に直接「です」をつけた「高いです」「大きいです」という使い方は、少し前までは、標準的な言い方として一般に認めらていなかった。しかし、『これからの敬語』では、平明・簡素な言い方として認めている。「高い」「大きい」と「高うございます」「大きゅうございます」との中間に位置づけたわけである。(p.198)
 ここでふれている『これからの敬語』は、昭和27年に国語審議会が議決したものらしい。ウーム、根が深い。

 p.211で「失礼きわまる書き方」という表現を目にする。これって「失礼きわまりない書き方」とほぼ同義だよな。ちょっとした発見だった。
スポンサーサイト



テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

もっと深くてイイ話はないのか──小さいころに言われたアノ言葉

 下記の仲間。
【日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html

mixi日記2009年10月29日から

大人になったから理解できる! 小さいころに言われたアノ言葉
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1004262&media_id=60

【ネタ元】(escala cafe)
http://escala.jp/jyoshi/
================================
2009年10月29日
大人になったから理解できる! 小さいころに言われたアノ言葉

昔、親や学校の先生に言われた言葉。口が酸っぱくなるぐらい同じことを繰り返し言われて疎ましく感じてしまったり……小さいころはなかなか理解できなかったけれど、大人になって初めてわかる言葉の意味や大切さってあると思います。働く女子たちが大人になってから「偉大さ」を感じた、目上の人の「アノ言葉」を紹介します。


■「話は目で聞け!」(24歳/広告営業)


「小学校低学年のとき、担任の先生によく言われていました。営業職で人と話すことが多く、会話しているときに目を見ない人に違和感を感じるので、自分は人の目を見て話を聞く癖がついて良かったと思います」


「心で聞け!」という先生もいましたよね。


■「人間は、我慢が大切だよ」(26歳/教師)


「両親の言うことを聞かなかった幼い私に、祖父母が繰り返し言っていた言葉です。昔は『できれば我慢なんかしたくない』とこの言葉の意味をあんまり理解できませんでした。社会に出た今、言いたいことをグッとこらえる我慢、理不尽なことに耐える我慢……。我慢できるかできないかって、すごく大事なポイントだなと思うことが多々あります」


社会に出て起こるいろいろなことに冷静に対処するには、いったん自分の感情を抑えることも必要……。


■「努力が全て報われるとは限らないけど、成功した人はみな努力している」(25歳/飲食店)


「小学校の時に所属していたスポーツチームのコーチに言われました。大人になってから、いろんな場面でよく聞く言葉だと気付いたのですが、確かに自分の夢を叶えるためには、努力するしか道は残されていないと感じます」


報われないにしても、努力したことは他の場面で意外に役に立ったりします。


■「挨拶は大切にしろ」(27歳/カメラマン)


「両親に言われていた言葉です。子どものころは『どうしていちいち挨拶が必要なの?』なんて思っていたけれど……。初対面の人ばかりの現場で仕事をすることが多いので、最初の挨拶はその後の仕事をやりやすくするために必要不可欠なこと。挨拶の大切さを日々実感しています」


挨拶ひとつでその場の雰囲気が変わること、大人になってから実感したように思います。




幼いときは反抗したくなることもあったけれど、人生の大先輩である目上の人が言う言葉には、経験に基づいた大切な意味が込められているもの。あなたの胸に今でも印象に残っている「偉大な言葉」には、どんなものがありますか?


(桜まゆみ/プレスラボ)
================================

 あのさぁ。「大人になったから理解できる」って、もっと深みのあるイイ言葉じゃないかな。
「子を持って知る親の恩」みたいなヤツでしょ。
 例しされているものがヘンじゃないか?

>「話は目で聞け!」
 そんな超能力者のような……。
 小学校の低学年相手にこんなことを言う教師はどうなんだろう。「人と話すときは相手の目を見ましょう」のほうがずっと素直だろう。

>「人間は、我慢が大切だよ」
 これは年寄りくさくて大変よろしい。
 でも、子供はそんなこと言われてもわかりません。相手を見て言葉を選びましょう。

>「努力が全て報われるとは限らないけど、成功した人はみな努力している」
 マンガによく出てくるセリフ。有名なボクシングマンガで、「すべからく努力している」と誤用された大ゴマが記憶に残る。名言っぽいけど、実は世の中はそうでもない。努力はしてないけど親が実力者、ってこともある。
 もう手垢がつきまくって、恥ずかしくて使えない。よく似た印象の言葉に下記がある。
「強いヤツが勝つとは限らない。だが、勝ったヤツが強いんだ」
 これも恥ずかしくて使えないなぁ。

>「挨拶は大切にしろ」
 間違ってはいないけど、ちょっとズレてないか。

 もっとイイ言葉はないのか。
 当方の経験だと……。
「どうして結婚すると子供ができるの?」と訊いた小学生のtobirisuに、叔母が言った。「結婚すると、男の人が赤ちゃんの種をもってきてくれるの」
 コウノトリなんかを持ち出さない正しい性教育だった……。 
 
 さて、仕事に戻るぞ。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

グズグズ、オネオネと……新常用漢字の行方

 下記の仲間。
【日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html

2009年10月29日から

 直接的には下記の続き。
【「碍」の悲劇──印象を悪くしたのは誰だよ】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-594.html

【ネタ元】(朝日新聞社)
http://www.asahi.com/national/update/1023/TKY200910230335.html
================================
「柿」など9字追加、「鷹」は選外 新常用漢字の修正案
2009年10月23日19時32分

TKY200910230526.jpg

 「新常用漢字表(仮称)」に関する試案を審議している文化審議会国語分科会の漢字小委員会は23日、試案の修正案を承認した。191字の追加字種候補は、新たに「柿(かき)」など9字を加え、招聘(しょうへい)の「聘」など4字を外すため、196字になる。また新漢字表の名称は常用漢字表を踏襲することになった。

 同委員会は、試案に対して一般から寄せられた約220件の意見を参考に修正案をまとめた。新たな追加字種候補はほかに哺乳(ほにゅう)の「哺」、書(かいしょ)の「」、親(しんぼく)の「」、「」、禁(きんこ)の「」、賄(わいろ)の「」、配(こうばい)の「」、損(きそん)の「」。追加字種候補から外すのはほかに忌憚(きたん)の「憚」、哨戒(しょうかい)の「哨」、諜報(ちょうほう)の「諜」。

 1945字からなる現行の常用漢字表から「銑(せん)」など5字を外す予定なので、新漢字表は差し引き2136字になる。

 一般からの追加希望が特に多かった東京都三鷹市などの「鷹(たか)」(22件)と障碍(しょうがい)の「碍」(20件)は、修正案でも採用されなかった。

 追加字種候補の音訓では、「顎(がく)」という音と、「籠(かご)」「綻(ほころ)びる」「潰(つぶ)す・潰(つぶ)れる」という訓を追加する。

 一方、現行の常用漢字には「描(か)く」「鑑(かんが)みる」「他(ほか)」「類(たぐい)」という訓を追加する。また「側」の訓「かわ」を「がわ」に変更する。

 新漢字表の名称については委員からほかに改定常用漢字表・基本漢字表・基礎漢字表の3案が出された。しかし一般の社会生活における漢字使用の目安という性格は変わらないため、名称は変えないことにした。文部科学相への答申では改定常用漢字表という名称を使い、内閣告示では常用漢字表とする。

 予定では11月末に修正案を文化庁のホームページなどで公開し、一般から意見を募る。答申は当初の10年2月から3~4月にずれ込みそうだが、同年秋に新漢字表を告示するスケジュールは変わらない。(編集委員・白石明彦)
================================

 南国旅行の話は来月回しになります。とりあえず月内はちょっとヤバい。
 この話も単なるメモです。

 常用漢字の話がオネオネと続いている。例によってこのあとも二転三転して、よくわからない地点に着地するんだろうな。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

このクールのドラマから09-10~12-02~07──そんなことを言ったら、全部○番煎じだろ2

 下記の続き。
【このクールのドラマから09-10~12-02~06──そんなことを言ったら、全部○番煎じだろ】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-742.html

 下記の仲間。
【日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html

mixi日記2009年10月31日から

 前回の日記に関して、知り合いと下記のやり取りをした。
【いただいたコメント】=====================
香里奈主演のドラマは映画のパクリばっかりだな、と思っていたんですが、その認識は間違いだったんですね。
とは言っても、制作側が「プラダ~」を意識していないかどうかまでは判りませんが。
================================
【tobirisuちゃんの返信】===================
> 香里奈主演のドラマは映画のパクリばっかりだな、と思っていたんですが、その認識は間違いだったんですね。

 ほかにもありましたっけ?

> とは言っても、制作側が「プラダ~」を意識していないかどうかまでは判りませんが。

 原作マンガを描いている槙村さとるが、映画の原作小説を読んでいる可能性は低いと思います。ただ、制作者サイドは確実に意識しているでしょうね。

 コメントの返事を書きはじめたらエラく長くなってしまって……。
 数日中に、続きを書きます。≦(._.)≧
================================
【いただいたコメント2】====================
アン・ハサウェイには品があった

>ほかにもありましたっけ?
香里奈が知的障害をもつ母親役をやったドラマが、ショーン・ペン主演の「アイ・アム・サム」という映画の「日本版」なんだろうな、と思ったんですが、しかし、どうやらあのドラマも原作はマンガのようですね…。
================================

 フツーに読んで、フツーに書いてたけど、「二番煎じ」って言葉は、最近とんと目にしなくなった。「死語」とは言わないけど、「危篤語」くらいじゃないだろうか。「死語予備軍」とも言う。たったいま使った「とんと」あたりも相当ヤバい。

 で、二番煎じのかわりに使われる言葉がいろいろある。

・パクリ
 一般語に翻訳すると、「剽窃」「盗作」とかかな。
 
・オマージュ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5
 こいつがまたよくわからん言葉で、日本語にすると「換骨奪胎」くらいかな。
「パクリ」とどう違うのかは微妙。
  
・インスパイヤされた作品
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2
 これがさらにわからんorz。
「芸術においては、尊敬する作家や作品に触発されて、同じテーマに基づいて作品を創作すること」って、「パクリ」とどう違うのかは微妙。

 ここに「パロディ」とかって話を持ち出すとさらに混乱する。
 とりあえず、全部日本語にしてくれー。

 で、ドラマの話に戻る。
 香里奈主演のドラマっていうと、「だいすき!!」で、たしかにこれもマンガ原作。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E9%87%8C%E5%A5%88

 個人的には、知的障がいをもつ子を育てる話だと、『光とともに…~自閉症児を抱えて~』が印象に残っている。あのドラマで篠原涼子がひと皮剥けた。あら、これもマンガ原作か。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%AB%E2%80%A6

 で、近年のドラマがどの程度マンガ原作に頼っているかと言うと、下記が参考になる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BB%E6%BC%AB%E7%94%BB%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E5%8C%96%E4%BD%9C%E5%93%81%E4%B8%80%E8%A6%A7

 21世紀になってからは凄まじいものがある。
 これを細かく検証するととんでもないことになりそうだ(笑)。

テーマ : 新ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード