fc2ブログ

第847回「お寺、神社へは行きますか?」──サッパリしていて美味です

 基本的に何を揚げてもうまいんですけど、薄切りのを揚げるとサッパリしていて美味です。神社、お寺……力業は承知で、生姜の天ぷらの話です。


【トラックバックテーマのバックナンバー】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-category-22.html

【全体のお品書き】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-132.html

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。今日のテーマは、「お寺、神社へは行きますか?」です。私事なんですが、昔から、お寺や神社でのんびり過ごす事が大好きで、今も、友達、または一人で巡りに行く事が多々あります一歩中へ入ると、別世界のようなゆったりとした時間が流れていて、いつもとは違う時間を過ごせるの...
FC2 トラックバックテーマ:「お寺、神社へは行きますか?」


スポンサーサイト



北48/おいしかったもの55──十勝屋

 下記の仲間。
●北海道ネタなんでもかんでも(空腹時の閲覧厳禁) お品書き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-763.html

●最近おいしかったもの(空腹時の閲覧厳禁) お品書き
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1328602453&owner_id=5019671

 下記の続き。
【北47/おいしかったもの54──鹿児島食い倒れ紀行4-2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-782.html

 mixi日記2009年11月10日から

 先週の金曜日(6日)、ちょっとした会合があった。
 会場は銀座(正確には有楽町だと思う)の十勝屋
http://www.tokachiya.com/ginza-tokachiya.shtml

 店頭に7日の『スマステ』に出ることが告知されている。順番が逆になるが、とりあえず番組の紹介から。どうやらずーっとシリーズで追っているB級グルメの特別編のようだった。
http://www.tv-asahi.co.jp/ss/
  #351(2009.11.7 OA)。『東京で食べられるB級ご当地グルメ食べ歩きツアー!』。
 ついでだからベストテンを上あげておこう。

第1位  秋田県横手市発 「横手やきそば」
第2位  静岡県浜松市発 「浜松餃子」
第3位  静岡県富士宮市発 「富士宮やきそば」
第4位  青森県八戸市発 「八戸せんべい汁」
第5位  大阪発 「いか焼き」
第6位  北海道帯広市発 「帯広名物 豚丼
第7位  埼玉県 東松山市発 「東松山やきとり」
第8位  静岡県静岡市発 「静岡おでん」
第9位  静岡県磐田市発 「磐田名物おもろカレー」
第10位  青森県 黒石市発 「黒石つゆやきそば」
 o( ̄ー ̄;)ゞううむ。
 ウワサには聞くけど、豚丼以外に食べたことがあるのは浜松餃子だけだorz。豚丼のデータは下記。「味処 き久好(きくよし)」なんて初めて聞いた。

================================
甘辛い味付けの豚肉をご飯の上にたっぷり載せた豚丼。今から80年ほど前、古くから豚肉をよく食べていた十勝地方で鰻丼をヒントに発案され、地元に根付いていったといわれています。たれをつけて焼いた豚肉は非常に柔らか。さらに、豚肉の脂・旨みとタレの甘辛い味わいは、ごはんとの相性も抜群です。そんな「豚丼」を東京で食べることができるのが、銀座の「お取り寄せダイニング 十勝屋」(火曜~金曜のランチのみ)。米は北海道産のオリジナルブレンド米、豚肉は十勝産のなかでも100頭中、3頭しかいないという赤身にしっかり脂の差した豚・かみこみ豚を使用、と本場の素材を厳選しています。銀座という女性客の多い土地柄、食べやすいように少し細かめに切った豚肉が好評だといいます。

【東京】
お取り寄せダイニング 十勝屋(とかちや)
住所:東京都中央区銀座6-2番先コリドー街
電話:03-3573-7373
営業時間 :昼〔火曜日~土曜日〕 11:30~14:00
夜〔月曜日~土曜日〕 17:30~23:00 ※金曜日は24:00まで
定休日:日曜日
豚丼 900円 ランチのみ(火曜日~金曜日)

【ご当地】
「味処 き久好(きくよし)」
住所:北海道帯広市大通南15丁目6
TEL:0155-24-1546
営業時間:月曜~土曜 11:30~15:00 17:00~22:00
日曜・祝日曜 11:30~15:00
定休日: 不定休
特上豚丼 1300円
================================

 で、お店の話。かなりの人気店らしい。金曜の夜ということもあって満席だった。勝毎十勝毎日新聞社)系列のレストランだけあって、いろいろ食べた料理はどれもおいしい。店の雰囲気もスタッフの態度もよし。それでいて満足感がないのは鹿児島ショックかもしれない。鹿児島では1人7000円なんて絶対に食いきれない。


DSC00160金時ペースト

お通し。バゲットの上にのっているのは金時豆のペースト。これがイチバンおいしかったかも。 


DSC00164シシャモ

いきなりコレはちょっとグロい? 本ししゃもの炙り焼き1200円。こんなに立派な柳葉魚は久しぶりかも。タマタマかもしれないが、頭部が生っぽかった。


DSC00167ホッケ

開き特大シマホッケの炙り焼き1500円。これもたしかに特大。隅に写っているのは子供の手ではありません。ただ、この焼き加減はガングロ……。


DSC00163ハム

ホエー豚の生ハム1400円。


DSC00168カツレツ

メモがない。豆入りのカツレツだったと思う。


DSC00172チーズ

看板料理だと思う。十勝産じゃがいもラクレットチーズがけ1300円。3種類のジャガイモを使っている。左から「インカのめざめ」、真ん中の黒っぽいのが「シャドークイーン」(初耳)。3つ目のジャガイモは日替わりで、この日は花標津(これも初耳)だった。


DSC00176ザンギ

鳥の唐揚げではない。中札内田舎鶏のザンギ760円。唐揚げとザンギの違いは……誰か教えて。


DSC00178サラダ

シーザーサラダ ~牛トロフレークがけ~950円……を頼んだはずなんだけど、単なるグリーンサラダにしか思えないorz。


DSC00182豚押し寿司

帯広名物「豚丼」押し寿司風1200円。以前物産展で買ったのはやはり勝毎系列の十勝千年の森のものhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1070685579&owner_id=5019671。あれよりも数段旨い。

テーマ : 東京
ジャンル : 地域情報

北47/おいしかったもの54──鹿児島食い倒れ紀行4-2

 旅モノなんで下記の仲間。
●北海道ネタなんでもかんでも(空腹時の閲覧厳禁) お品書き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-763.html

 下記の続き。
【北46/おいしかったもの53──鹿児島食い倒れ紀行4-1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-781.html

mixi日記2009年11月09日から

●26日-2

 朝から時折小雨が落ちるあいにくの天気だが、グダグダしてはいられない。
 予定どおり観光バスの「シティビュー」に乗って仙巌園(磯庭園)へ。
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/kanko/8kotsu/8-2cityview.html#waterfront
 初日に市電にも乗ったから、鹿児島の交通はほぼ制覇?
 イルカを模した車体は、完全に人をなめきっている。どうやらこれは「ウォーターフロントコース」限定らしい。

DSC03720バス


 さて、仙巌園(磯庭園)の話。ひとことで言うと、ムダに広い。単純に広さ比べならいわさきホテルのほうが広かったけど、あそこは別格。こちらはいろいろな施設が点在しているので、回るのがひと苦労。予想していたことではあるが、大型バスで団体客がドサドサやってくる。庭園内の何か所か立て札があるとこは、『篤姫』のロケに使われたらしい(「ようだ」でもいい、って何を書いておる)。
 さすがに、仙巌園(磯庭園)は整備(「手入れ」と言いなさい)が行き届いている。
 雨は上がったが、桜島には雲がかかっているのがうらめしい。

DSC03725磯庭園


 とか言っているうちに不幸な事態が怒った。そうtobirisuも怒った……ではなく、デジカメが壊れたorz。
 ケータイで写真(メールするわけではないから、「写メ」なんて言いません!)なんてほとんど撮ったことないよー(泣)。

 で、昼食をどうするかで協議。
 仙巌園(磯庭園)を起点に考えて、候補は2つ。ひとつは市場食堂。
http://r.tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000812/

 卸売り市場の中にある店。15時の閉店まであまり時間がない。これ、いくなら早朝だろうな。
 もうひとつが観光スポットの北埠頭に近いSUZAKI
http://www.jf-group.co.jp/restaurants/suzaki/suzaki_top.htm

 港に近い倉庫を改造したレストラン……これって横浜のマネっ子?
 寿司ダイニングと名乗るだけあって、オープンキッチンの店内はオシャレ。これはデートスポットだね。あとはマダムのランチタイム。まさにそういう客もいた(笑)。
 ランチメニューは、1575円、2100円、3150円の3種。
 常道として、真ん中を頼む。こういう店はだいたい外すんだけど、ここは大当たり。こんなに手の込んだ料理を出して、いくらランチメニューでもやりすぎって気がする。
 一応携帯で写真は撮ったけど、こんなレベル。解像度をもう少し上げないと、店内撮影はきついかも。1枚目が前妻で2枚目が現妻ではなく、二枚目は当人でもなく、2枚目が握り。

NEC_0016.jpg

NEC_0014.jpg


 せっかくここまで来たので北埠頭にも足をのばす(蛇足ながら、漢字で書くなら「延ばす」です)。 ドルフィンポートhttp://www.dolphinport.jp/とやらのショップは、飲食・物販ともソコソコ充実している。
 こっからの桜島の眺めはすばらしい。フェリー乗り場はすぐそこだけど、今度の機会(あるのか?)に譲る。

NEC_0004.jpg


 なんか旅のレポートもこんなにテンコ盛りだと疲れるね。
 読むほうだって疲れる……キコエナイキコエナイ。
 あとはみやげの披露か(笑)。 

テーマ : 鹿児島県
ジャンル : 地域情報

北46/おいしかったもの53──鹿児島食い倒れ紀行4-1

 旅モノなんで下記の仲間。
●北海道ネタなんでもかんでも(空腹時の閲覧厳禁) お品書き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-763.html

 下記の続き。
【北45/おいしかったもの52──鹿児島食い倒れ紀行3-2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-779.html

 mixi日記2009年11月06日から

●26日-1

 タクシーで枕崎駅へ。
 列車に乗ると勘違いした運転手がホームの位置を教えてくれた。これを文章で説明できるだろうか(泣)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%95%E5%B4%8E%E9%A7%85
 数奇な運命をたどった、枕崎駅について書こう。
 Wikipediaによると、〈かつての駅舎の前に設けられていた「日本最南端の始発駅枕崎」という灯台を模したモニュメントは駅舎がなくなった今もそのまま残されている〉とのこと。その安っぽい灯台は見たけど、現在は工事中の枠の中に入っている。表示は「日本最南端の終着駅」だったと思う。最南端は別にあるから、こういう苦し紛れの書き方になる。 
 元々はこのモニュメントの後ろに駅舎があったらしい。そこがいまは駐車場。再びWikipediaによると〈元の駅敷地が、地元スーパーマーケットのタイヨーに売却されたため〉とのこと。そのため、線路が約100m短くなったとか(笑)。そんなことがあるのね。そもそもこの駅は〈鹿児島交通が廃線になるまで国鉄の駅数にカウントされなかった〉らしい。意味がわからんorz。とにかく虐待されていたことは間違いがなさそう。
 それはさておき現状は、工事中のモニュメントの後方がだだっ広い駐車場になっていて、通りに[枕崎駅→]みたいな標識がある。
 その脇道を入ると、下記の看板。これは駅への案内です。トイレの案内ではありません。

DSC03697枕崎駅


 指示どおりの進むとWikipediaにある「ホーム入口」。そこにいる白い蛙は何者?
 で、もう少し進んでホームを見ると下記の感じ。これは駅ではなく単なるホームだよ。

DSC03699枕崎駅2


 バスに乗って鹿児島中央駅に戻る。
 10時のオープンと同時に朝食を求めて駅ビルのアミュプラザになだれ込む。
 選んだのは下記。


DSC03707肉まん

DSC03711薩摩揚げ

・南宝饅頭店の一口サイズの黒豚まん1個80円。
http://www.jf-group.co.jp/restaurants/nanpo/nanpo_top.htm
・月揚庵の薩摩揚げ。http://www.tsukiagean.co.jp/policy.html
 左の焦げ茶色がいわし棒天60円/手前の丸いヤツの左がレンコン120円/右がサツマイモ120円/奥がチーズ120円
 合計580円の朝食を買い、フードコートの片隅に陣取る。お茶があるけど茶碗がない。美老園の出店で試飲させてもらい、そのカップを使う。それだけではあんまりなので、あきいろ茶を追加購入する。
 焼きたての黒豚まんと揚げたての薩摩揚げのお味は秘密です。
 何やら昔の暴挙を思い出す。
【最近おいしかったもの1──10年分の肉まん】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=717308225&owner_id=5019671
 あのときに10年分の肉まんを食べたはずだから、もうあれから10年以上たってるのかー。...( = =) トオイメ

 家人曰く「こっちのほうがずっとおいしい」。そりゃ10年以上前の記憶とリアルの味覚を比べるほうが無理。しかも、泣く子も黙る黒豚を使ってるのよ。
 で、あまりにもアンマリだったので、肉まんの追加オーダーをする。チーズマン150円に紫芋まん70円。この邪道のチーズが黒豚と絡んで……。紫芋まんは上品な甘さでデザート感覚。まだまだ食えるぞー。
 こんなことをしていると、出発まで居座りそうなので、渋々席を立つ。
 月揚庵に戻り、売り切れ必至の人気セットをお取り置きしておいてもらうことに……。

テーマ : 鹿児島県
ジャンル : 地域情報

北45/おいしかったもの52──鹿児島食い倒れ紀行3-2

 旅モノなんで下記の仲間。
●北海道ネタなんでもかんでも(空腹時の閲覧厳禁) お品書き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-763.html

 下記の続き。
【北44/おいしかったもの51──鹿児島食い倒れ紀行3-1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-778.html

mixi日記2009年11月06日から

●25日-2

 ひと風呂浴びて正気に返る。21時までやっている「新酒まつり」に再度乗り込む……ほどの元気はない(笑)。
 ホテルの近所で晩ご飯(ホントだな)にすることに。ホテルでもらった周辺マップを元に携帯サイトでカチャカチャやってもロクな情報がない。こういうときの常套手段としてホテルの人に訊く。部屋から看板が見える店は、ホントの食堂なのでパス。(←オイ!)
 推薦される裏通りにある店は満席。結果的にこれが幸運だった。こちらは若者向けの店っぽい。近くのオヤジ臭満点の居酒屋「えびす食堂」に入る。帰ってからネットで検索しても電話番号くらいしかわかんねえよ。まあ、そんな店だ。

 ここでいまさらながら枕崎の名物に関するミニ講座。
 枕崎の名物と言えば、何はおいてもなのよ。 「枕崎ぶえん」という名称がブランドにさえなっている。「ぶえん」は「無塩」のことらしい。
http://nangokubin.net/goods/1250852987884/

 あのー、と言えば土佐でしょう高知でしょう……という疑問はごもっとも。当方も『おせん』(知らない人はパスしてください。、マンガです)で知るまでは、そう思い込んでいた。『おせん』では、マットーな節の存亡をかけて指宿市の山川を訪れたところで休載してしまった。
 今回のガイド役の方は昨年も枕崎に来ていて、そのときのおみやげに生利節をいただいた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%88%A9%E7%AF%80
 これをいただいたのが、『おせん』の再会間近という絶妙のタイミングで、再開を祝して非常に感慨深くおいしくいただきました。
【再開祝賀会♪】(77)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?page=4&comm_id=56163&id=37168837

 閑話休題。
 本場のが食えりゃいい……というゆるい発想でオーダーしようとして、メニューが充実してことに気づく。焼酎(銘柄を選べる)のお湯割が2合入りの黒千代花(じょか)で570円というのは相当安いらしい。
 腹皮がお造りでも食えると聞いてオーダーしてみる。これに完全にやられた。


DSC03676腹皮刺身

 見た目は鮪の中トロ? スッキリした旨さで、初体験の味。これを食べられただけでも鹿児島まで来た価値があった。これが例の甘めの醤油とよく合う。


DSC03679鰹

 次が鰹のお造り。これがまた……。


DSC03689しめさば

 あまりの旨さについついお造りを追加する。
 しめ鯖……異様なまでにプリプリ。


DSC03690赤ムロアジ

 赤ムロアジ……ムロアジって、くさやにするような下魚でしょ。旨いの? メチャクチャ旨い。もうどうにでもして、って感じ。


DSC03693腹皮焼き

 腹皮の焼いたヤツも食べたのよ。これも、市場で試食したものや、新酒まつりで食べたものとは次元が違う。でも、お造りの圧勝。フツーは鮮魚って生のほうがくさみがあると思うけど、むしろ加熱によってちょっとくさみが出る気がする。いいかえれば、生がそんだけおいしかったの。
 そういや本場の鰹のタタキも食べた気がするけど、印象が薄い。それだけほかのもんにやられちゃったのよ。
 締めの茶漬けを……って気になれないくらい九州の魚を満喫させていただきました。でも、鰹節をふんだんに使った茶漬けも鉄板で旨いんだろうな。
 でさ。本気で飲み食いしても、居酒屋クラスで1人3000円にはならないみたい。鹿児島は恐ろしいところだ。 
 念のためお断わりするけど、常識の範囲内で、って話だからね。tobiクンも昔は非常識に呑んだもんで、2人で村さ来で1万円超えたときには店の人が驚いたもんだ。...( = =) トオイメ


DSC03685グラス

 オマケカット。
 店で使っていたグラス。当方にはイマイチ理解できないが、マニア垂涎らしい。蔵元が販促ツール(どうも「ノベルティ」って言葉がすぐに出てこない)で配っているものなので、当然非売品。こんなに可愛いのは珍しいとか。
 あんまり涎を流すんで、良い子のtobiクンが大将と快活に(しつこい!)交渉して2個ゲットしました。
 ところがさ。いただいたものを開けてみたら、花びらも桜島の絵もないそっけないものだったんだって。tobiクンのせいじゃないもんねー。

テーマ : 鹿児島県
ジャンル : 地域情報

北44/おいしかったもの51──鹿児島食い倒れ紀行3-1

 旅モノなんで下記の仲間。
●北海道ネタなんでもかんでも(空腹時の閲覧厳禁) お品書き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-763.html

 下記の続き。
【北43/おいしかったもの50──鹿児島食い倒れ紀行2-2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-777.html

●25日-1

 指宿から枕崎へ向かう。合流した2人がレンタカーを使っているので、チャッカリ同乗させてもらった。
 途中、西大山駅へ寄って写真撮影。この駅は知る人ぞ知る「日本最南端のJR駅」。数年前までは「日本最南端の駅」だった思うが、沖縄にモノレールが開通したためにこういう中途半端な肩書きになった(笑)。
 駅と言ってもホームに看板が立っているだけ。それでも後出の枕崎駅に比べればずっと立派。駅前には花壇があり、後方には開聞岳がそびえる。

DSC03583西大山駅


 枕崎に到着。何をさておき、薩摩酒造へ。白波のブランドで知られる焼酎の蔵元が年に1回「新酒まつり」を開催している。数量限定版の新酒の即売会のほか、ふるまい酒が飲み放題とあって、11時の開門前にすんごい行列。
http://www.satsuma.co.jp/news/news_091007.html 

DSC03600新酒祭り


 数量限定版のほうの新酒を買う。地方発送の送料無料とは豪気。まあ、蔵元としては、定価販売できるならこんなにおいしい商売はないもんな。
 ホテルに戻って車を置き、改めて出直す。まずは漁港へ。この日は、「枕崎ぶえん祭」「農業祭」「新酒まつり」が一斉開催される「枕崎いっさいがっ祭」(まくらざき秋の産業まつり)なのよ。
 港一帯が学園祭のようなノリで、ゴッタ返している。


DSC03637枕崎屋台?

 焼いているのは大きめの明太子……ではなく鰹です。このようにタタキを作り、試食させている。試食品を盛った竹筒が差し出されると●●のように人がたかるので、とても割り込んで味わう勇気はなかった。鰹の後ろで焼かれているのが鰹の腹皮(これは味噌漬けだと思う)。
 鰹の腹皮は初めて見たけど、枕崎ではポピュラーなものらしい。ショップでもやたら目にした。おそらく腹の部分(マンマだろ)なんだろう。ショップの人に「これは鮭で言うハラスですか?」と好感度あふれる態度で爽やかに訊いたら「トロだよ」と明快な答えが返ってきた。そんなわけないだろ。

 新酒まつりの会場に戻ると、すごいことになっていた。「ふるまい酒」という名のただ酒飲み放題の魔力は、人をここまでダメにする(笑)。芋焼酎のお湯割って最初は匂いがきついけど、3口目くらいからはそれが風味になる。

DSC03618明治蔵

DSC03655つけあげ

 会場の屋台で売られているツマミ類も充実していた。腹皮の焼いたヤツはけっこうな量が100円。味はまあ、予想どおり。大きめの焼鳥1本100円。写真は「ちけあげ」3本200円。要は薩摩揚げです。そんなに上等なものとは思えないけど、揚げたては旨い。

 いったん席を明け渡して蔵内を見学する。そうこうするうちに雨が降り出して野外で呑んでいた人やステージを見物していた人が屋根のあるところに押し寄せる。17時になると屋台は夜の部の営業をはじめ、収拾不能状態になったので、退散することに。 
 ホテルに戻って、チェックイン。この段階までは車を置いていただけ(笑)。このホテルの対応に関して細かく書きはじめるとクレーマーtobirisuの本性が出そうなので却下。
 酔い覚ましに、少し離れたところにある枕崎なぎさ温泉へ(よい子はマネしないように)。
 市内唯一の温泉施設は、「日帰り入浴施設」と言うより、公衆浴場。入浴料360円で露天風呂、まであるのだから、文句は言えない。
http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/spot/46000019.html


DSC03666ポスター

DSC03670ポスター

 公衆浴場(後出)で見つけたポスター。このポスターが街中にあふれていたんだろうな。
 SMAPのポスターは何年前のものだろう。香取慎吾が若い。これだといま以上に相武紗季に似ている(笑)。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

北43/おいしかったもの50──鹿児島食い倒れ紀行2-2

 旅モノなんで下記の仲間。
●北海道ネタなんでもかんでも(空腹時の閲覧厳禁) お品書き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-763.html

 下記の続き。
【北42/おいしかったもの49──鹿児島食い倒れ紀行2-1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-764.html

●24日-2

 なのはなDXもなかなかスタイリッシュだったが、指宿の駅もかなりオシャレ。山中の古びた駅も味があったし、JR九州はなかなか頑張っている……とこの段階では大きな勘違いをしていた。

DSC03510指宿駅

DSC03505砂むし乙女

 駅構内の風景。こういうのを見ると自販機って邪魔、って思ってしまう。
 貴重な砂むし乙女の像。何が貴重かって、左前じゃん(笑)。着物の右側が前に来ているのが、左前です。お間違えのないように。
22)【おにーちゃんの知恵袋3なのか?──なぜ「左前」なんだ?】(2008年11月26日)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1005735359&owner_id=5019671
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1011774245&owner_id=5019671

 駅はオシャレだが、指宿の町は……大丈夫なんだろうか。駅前のみやげ物屋はほとんど死んでいる。温泉街の入口のアーチもレトロを通り越してほぼ死に体。
 驚いたのは、アーチそばにある古い小屋。いったいなんだと思って中をのぞいてみると、これは駅前バスターミナルの待合室らしい。手書きの時刻表はカレンダーみたいなもんの裏紙。
 o( ̄ー ̄;)ゞううむ シャレになっとらん。

DSC03517バス乗り場


 で、時間が早いんで、温泉街を抜けてホテルまで歩いてみることににする。徒歩20分とか聞いて
いたけど、とてもそんなにラクな道のりではありません。温泉街に入ると地熱を感じるというのはおもしろい体験だったけど、あまりにもさびれた様子に、海沿いの道を選ぶ。遭難しかけた(泣)。
 なんとかたどりついた指宿いわさきホテルは、とても日本とは思えない規模。
http://ibusuki.iwasakihotels.com/

DSC03536岩崎ホテル


 とにかくムダに広い。庭園散策のために自転車やカート貸し出している。たしかに徒歩では回れそうにない。地下のショップ街は、ほとんどデパ地下並みの大きさ。ここでも迷子になりかける(泣)。
 ホテルで、別働隊2人と合流する。元々今回の九州行きを誘ってくれたのがこの両名。2人は昨年もほぼ同じコースをたどっているので、何かと事情を知っている。いろいろと教えていただいた。≦(._.)≧
 指宿の温泉と言えば砂むし。砂むしするなら砂むし会館「砂楽」に限るらしい。
http://www11.ocn.ne.jp/~saraku/saraku00.htm
 写真は遭難しかけた散歩中に撮ったもの。実際に砂むし体験するときには手ブラです。

DSC03528砂楽


 チンタラ書いていると終わらないの先を急ぐ。
 ディナーは居酒屋「ひろみち」で。

DSC03576ひろみち


 事前の調査で、ここは期待していた。
 そもそも今回の旅行のメインテーマは「焼酎」。この店の品揃えもなかなかのもの。
http://izakaya-hiromichi.com/

 店内が暗くてろくな写真が撮れなかった。と言うより、サイトの写真に勝てないよ。照明をあのくらい落としたほうが落ち着いた雰囲気になるんだけど、撮影には向かない。
 基本的には地鶏料理が旨い。おまかせ盛り900円は絶対外せない。阿蘇の馬刺もマズいわけない。
 サイトにないメニューをあげておこう。
 ゴーヤつくねは、なかなかのアイデアメニュー。これは今度作ってみたい。ゴーヤの下処理をどうしたらいいのだろう。
 きびなごの刺身も当然の美味。基本的にフラッシュは使わないんだけど、これはしかたがない。ゴーヤつくねもレベルをかなり調整した。
 ちなみに、このキビナゴは酢味噌で食べたけど、鹿児島の刺身は甘めの醤油で食べるのがスタンダード。「勘弁してほしい」と思ってたけど、食べてみると悪くない。けっこうはまったかも(笑)。

DSC03548きびなご

DSC03565.jpg

テーマ : 鹿児島県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード