fc2ブログ

出ネ──「みなしご」は放送禁止用語なんだろうか

 下記の仲間です。
【出版とネットをめぐるあれこれ】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-468.html

mixi日記2009年12月28日から

【ネタ元】全文は下記に。

 差別用語について書く。あまりにも危険な要素を含むテーマなので、オチャラケはいっさい挟まず直球で書く。
 以前さるところで(エテ公の檻の中ではない)テレビを見ていたら、『みつばちハッチ』の再放送をやっていた。東京エリアのケーブルテレビだったと思うがなんであんなものを放映していたのかは不明。ピー音がやたら多くて、まともなストーリーになっていなかった。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1224295882

 ちょっと気になることがあって、帰ってから調べた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%86%E8%99%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E_%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%94%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%81

 そもそも「みなしご」が放送禁止用語って説があり、たしかに主題歌にさえピー音が重なる。危険度の高さでは負けてない『妖怪人間ベム』『巨人の星』の話は前に書いた記憶があるが見つからないorz。
 そのときに調べたときは『みなしごハッチ』はマズいから『みつばちハッチ』に改題して云々って話があったような気がした。これももはやよくわからない。
 
 素朴な疑問なのだが、「みなしご」っていつから放送禁止用語になったのだろう。たしか『タイガーマスク』のエンディングテーマは「みなしごのバラード」だった。
 ついでに書くと、個人的に「みなしご」と近い印象をもっている言葉に「あいのこ」がある。意味はかなり違うが、和語っぽくてひらがな4文字で、放送禁止語扱いって点が共通している。

 差別用語関係だと、比較的信頼を置いているサイトが下記。
【“差別用語”と呼ばないで】
http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/main.html
 のサイトの中に【主要マスコミ「言い換え」用語集】がある。
http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/list.txt

 ちょっと見てみた。「みなしご」はリストにない。
あいのこ」はB(特別な場合意外は使わない方がよい)のレベルで「混血児」といいかえるべきらしい。たしか近年は「混血」さえ目にしなくなっている。「混血」がダメで「ハーフ」ならOKって理由が不明。これが「ハーフ」や「クォーター」のほうが正確な表現、という理由なら理解できるけど。

 これを見るに、「みなしご」が放送禁止とは思えない。そりゃ決していい言葉とは思わないが、言いかえ語とされる「孤児」だって相当イヤな言葉だよ。
 世に言われる「放送禁止」の実態はこんなものらしい。なんでもかんでも、ちょっと危なそうなものは避けてしまう。腰抜けどもが。
 個人的にはどう考えているかと言うと……。
「乞食」(上のリストにはなし)の話は下記で書いた。(09-11-9)
【2009年11月の朝日新聞から】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1351657721&owner_id=5019671
「チンドン屋」(上のリストにはなし)を使いきれずに最後の最後に「街頭宣伝業」という訊いたこともない言葉にかえたこともあるorz。
 だって問題になったら困るもん。
 ちなみに、「放送禁止歌」ってのも実際には存在しないらしい。この話は書きはじめると長くなるのでパス。

【ネタ元】cinemacafe.net
http://excite.co.jp/News/entertainment/20091228/Cinemacafe_7347.html
================================
『おくりびと』脚本家が、あの名作「みなしごハッチ」を再映画化!

TVアニメとして70年代と80年代に2度にわたって放映され、大ヒットを記録した「昆虫物語みなしごハッチ」が、装い新たに『昆虫物語みつばちハッチ』として映画化されることが決定した。

スズメバチの襲撃によって、母親や仲間とはなればなれになったミツバチのハッチの苦難の旅を描いたオリジナル版「みなしごハッチ」は、「ヤッターマン」などでも知られるタツノコプロによって制作され、1970年の4月より91回にわたって放映されて大きな反響を巻き起こした。その後、命を落とした母の遺志を継いだハッチと妹のアーヤの姿を描いた続編「昆虫物語新みなしごハッチ」が74年4月から26回にわたって放映、さらに89年には完全リメイク版として再び「昆虫物語みなしごハッチ」(全55回)が放映された。

オリジナル版放映から40年の時を経て映画化される本作『昆虫物語みつばちハッチ』は、オスカー受賞作『おくりびと』の脚本家として知られる小山薫堂を総合プロデューサーに迎えて製作される。今回の映画化の背景にあるのは、昨今、叫ばれているミツバチの急激な減少問題。実際、日本でも農作物の受粉用のハチまでも不足する事態になっており、こうした現状を踏まえ、この問題にも注目が集まるようなプロモーション展開を行っていく予定。

オリジナル版の物語の基本的骨子はそのままに、母親と仲間を探すハッチの旅と共に、人間の少女・アミィとの不思議な出会いがあり、TV版では決して描かれることのなかった、ハッチと人間の交流も描かれるという。

小山さんは今回の映画化決定に際し「お話をいただいたときに、今度はアニメだと聞いて正直驚きました。『みなしごハッチ』と言ったら、ボクが小学生の頃に放送されていた懐かしいアニメ。これをどうやって料理すれば、子供から大人までオモシロく観ることができる映画になるのか? 当時の映像をひっぱり出して考えてみました。どんな虫だって小さな命がある。そのことを子供にも、そして大人にも気付いて欲しくて、この映画では虫の視点を大切にしています。アミィは、人間の世界と唯一繋がっている虫たちの代弁者。この小さな女の子が虫を守る姿に共感することで、観ている人が少し優しい気持ちになってくれれば嬉しいなと思っています」とコメントを寄せている。

日本版&ミツバチ版『ファインディング・ニモ』とも言える本作。40年前の感動がスクリーンで甦る! 『昆虫物語みつばちハッチ』は2010年7月31日(土)より公開。
================================
スポンサーサイト



テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

第879回「マニュアルは買いますか?」──どこで売ってるんですか?

 マニュアルは製品を買えばついてきます。アプリケーションの攻略本の類いは買いますが、あれはマニュアルではありません。あしからず。
 ……o( ̄ー ̄;)ゞううむ
 この感じの悪い対応は、どんな接客マニュアルにも出てないだろうな。

トラックバックテーマのバックナンバー】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-category-22.html

【全体のお品書き】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-132.html  







こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「マニュアルは買いますか?」です。 水谷は、ゲームの攻略本などのマニュアルは必ず買うタイプです。学生の頃は絵を描くことが多かったのですがその時も、参考書を買ったりしていました。本棚にマニュアルが入っていると落ち着いたりもしますよね。最近は、ネットで色々と調べることができるのですがやはり、書籍には書籍の良さがあると思います。そうそう イ...
FC2 トラックバックテーマ:「マニュアルは買いますか?」


プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード