fc2ブログ

突然ですが問題です【日本語編4】──「汁」の話 解答編

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

mixi日記2010年04月17日から。

 下記の続きです。
突然ですが問題です【日本語編4】──「汁」の話
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1460838833&owner_id=5019671

 諸般の事情で【3】と【4】の順番が逆になっています(泣)。【3】も近日中に頑張って書きます。
 まず問題を再掲する。
================================
【問1】下記の漢字の読み方と意味を答えなさい。
 肉汁

【問2】下記の( )内の言葉を漢字にしなさい。
1)(くじゅう)の決断
2)(くじゅう)を味わう
================================

【解答例】
【問1】
 にくじゅう/にくじる 
 どちらも間違いではありません。
 個人的には「にくじゅう」だと思っていますが「にくじる」を×にする根拠が見当たりません。
 ご存じのかたは教えてください。
(これを「ご存知」の書くのはたぶん誤用です。http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-903.html

【問2】
 1)2)とも、「苦渋」でも「苦汁」でも間違いではありません。
 個人的には「苦渋の決断」「苦汁を味わう」だと思っていますが、そうでなければいけないと主張する根拠が見当たりません。
 ご存じのかたは教えてください。


 エート。
 下ネタだと思って、鼻の穴を広げて口を半開きにして読みにきた人(出題文参照)はお引き取りください。
 きわめてまじめな話です。

●鼻汁の話
 鼻血鼻水鼻づまり……ってネタは前に書いた気がする。これに「鼻汁」が加わると完璧。
 なんのことかと言うと、「じ」「ぢ」「ず」「づ」の使い分けの話。
 これだけコンパクトにまとめた例はないと思うけど、教育現場では使いにくいようだ(笑)。

●肉汁の話
 言葉の問題で何がなんだかわからなくなってしまったもののひとつに「肉汁」の読み方がある。
 こんなのどう考えたって、「にくじゅう」だろう、と思ってきた。でもグルメ番組を見ていると、ナレーションも何割かは「にくじる」と言っている気がする。タレントのコメントだと、「にくじる」率がグンと上がって5割くらいなるような。
 例によってWeb辞書をひく。
『大辞泉』
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%82%89%E6%B1%81&stype=1&dtype=0
================================
にく‐じゅう〔‐ジフ〕【肉汁】
1 鳥獣の肉を煮出した汁。肉羹(にっこう)。
2 肉をしぼって取った汁。肉漿(にくしょう)。
3 (「にくじる」とも)肉を焼いたときにしみ出る液汁。
================================
にく‐じる【肉汁】
⇒にくじゅう3
================================
 あのさ。辞書って、使用頻度の高いものから並べるんじゃないのかな。少なくとも当方は「にくじゅう」を「1」「2」の意味で使ったことはない。「3」の意味でも滅多に使わないけど。
 これは、「にくじゅう」の「3」の意味なら「にくじる」でもOKってことだよな。

『大辞林』
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%AB%E3%81%8F%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86&dtype=0&stype=1&dname=0ss
================================
[1]肉を煮出した汁。スープ。
[2]肉から搾り取った汁。肉漿(にくしよう)。
================================
 こちらは「にくじる」は立項されてない。
 そのかわりと言ってはなんだが、『大辞泉』の「3」の意味もない。じゃあ「焼いた肉から出るエキス」はなんて言うの?
 ちなみに手元の『広辞林』も『大辞林』とほぼ同じ。
 ということは、「焼いた肉から出るエキス」を表わす言葉が日本語にはなかったってことになる気がする。「脂」とでも言っていたのかな? で、それを表わす言葉として本来は別の意味だった「にくじゅう」をもってきた。それを認めている『大辞泉』では、「にくじる」と読んでもいいいよ、としている。どうせ借りたきた言葉だから?
 さて、「肉汁」はなんて読みますか?

●「苦渋」と「苦汁」
 少し前にゲラに出てきて困った。以前からこの使い分けに関してちと疑問を感じていたけど、調べたことがなかった。
 なんとなく「苦渋の決断」「苦汁を味わう」だと思っていた。
 手元の3冊の用字・用語辞典には、意外なことに何も出ていない。こういう微妙な使い分けに関して国語辞典はあまり役に立たないことは経験的にわかっているが、しかたがないのでひいてみる。
 Web辞書(『大辞泉』)。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%8B%A6%E6%B8%8B&stype=1&dtype=0
================================
く‐じゅう〔‐ジフ〕【苦渋】
[名・形動]
1 にがくてしぶいこと。
2 苦しみ悩むこと。また、そのさま。「―を味わう」「―の色を浮かべる」
・「彼は―な表情のままじっと煙草を吸っていたが」〈横光・上海〉
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%8B%A6%E6%B1%81&stype=1&dtype=0
================================
く‐じゅう〔‐ジフ〕【苦汁】
1 にがい汁。
2 つらい経験。「―を飲まされる」
================================

 これを見比べて「苦渋」と「苦汁」の違いがわかる人がいたら教えてください。
 おそらく、「苦い汁」(青汁?)は「苦汁」だけど、あとはわからない。
「くじゅうの決断」は「苦渋」って気がするが、「苦汁」はダメと断言するのは無理だろう。一方の「くじゅうを味わう」に関してはどっちもアリってことになる。ちょっと気になるのは「苦渋」の品詞。「形容動詞」なんてアリだろうか。

 しょうがないので『大辞林』をひく。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8F%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86&dtype=0&stype=1&dname=0ss&pagenum=1&index=105372800000
================================
くじゅう[―じふ] 0 【苦渋】
(名)
スル
物事が思いどおりに行かず、苦しくつらい思いをすること。
・―の色を浮かべる
・―に満ちた顔
・難問をかかえて―している
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8F%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86&dtype=0&stype=1&dname=0ss&pagenum=1&index=105372700000
================================
くじゅう[―じふ] 0 【苦汁】
にがみのある汁。にがい汁。
→(句)苦汁(くじゅう)を嘗(な)・める
================================

 こちらほうが当方の感覚に近い。ただ、「苦渋する」なんて言うかな? 「くじゅうを嘗める」は「苦汁」らしい。どうやら「嘗める」や「飲む」のように具体的(物理的)な問題だと「苦汁」らしい。これが「味わう」になると抽象的な意味合いにもとれるから「苦渋」もアリってこと。


【追記】
 ネット検索をすると、いろいろな説がとびかっている。
「肉」の「ニク」は訓読みと思われがちだが実は音読み。したがって、「音+音」の組み合わせの「にくじゅう」が自然。そんな無茶な。「重箱読み」とか「湯桶読み」ってご存じですよね。
 肉の入った汁物が「にくじる」で、肉のエキスは「にくじゅう」……それって根拠があるんでしょうか。
スポンサーサイト



突然ですが問題です【日本語編3】──ことわざの「新死語」 解答編

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

mixi日記2010年04月17日から。

 下記の仲間。
【突然ですが問題です お品書き】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1429470515&owner_id=5019671

 下記の仲間でもある。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【2】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

 下記の続きです。
突然ですが問題です【日本語編3】──ことわざの「新死語」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1459651406&owner_id=5019671

 まず問題を再掲する。
================================
 下記のことわざの意味を答えなさい。   

1)犬も歩けば棒に当たる
2)他山の石
3)情けは人のためならず
※1)~3)については下記をご参照ください。
【板外編11】新死語──使いにくくなった言葉たち
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-905.html

4)隗より始めよ
5)君子は豹変す
================================

●隗より始めよ
 Web辞書(『大辞泉』)からひく。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E9%9A%97%E3%82%88%E3%82%8A%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%88&stype=1&dtype=0
================================
《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」燕策の故事から》大事業をするには、まず身近なことから始めよ。また、物事は言い出した者から始めよということ。
================================

『大辞林』だと下記。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8B%E3%81%84%E3%82%88%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%88&dtype=0&stype=1&dname=0ss
================================
〔補説〕 「戦国策(燕策)」にある郭隗(かくかい)の故事。隗が燕の昭王に、賢臣を求めるならまず自分のようなつまらない者を登用せよ、そうすれば賢臣が次々に集まって来るだろうと言ったことから
[1]遠大な事をするには、手近なことから始めよ。
[2]転じて、事を始めるには、まず自分自身が着手せよ。
================================

 朝日新聞のメモからひく。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=982831080&owner_id=5019671
================================
02-4-2
4月18日
 朝刊/4面から。
 田中真紀子前外相が秘書疑惑の問題で、まず政党の幹部が自ら襟を正すべきだとして「隗より始めよ」と発言した。このシーンが昨晩からテレビのニュースで繰り返し流されている。この諺の本来の意味は「身近なところから始める」で、「率先垂範」の意味で用いるのは誤用のはず。手元の「成語林」では、本来の意味から「転じて」ではあるが「率先垂範」の意味も認めている。「広辞林」もほとんど同じ扱い。困ったもんだ。すでにこんなことになっているのね。しかも、今回の露出の多さを考えると、ほとんどトドメになる気がする。
================================

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-212.html
================================
08-12-4
15日
 『私は隗になりたい』 派遣切り避けたいと賞与返上一番に申し出た役員の物語。隗より始めよ、今時皆無の涙の感動作。(夕刊1面)
「素粒子」ってコラムの役割もよくわからない。最近のニュースをネタにウマいことを書こうとしてるんだろうな。助詞や読点の使い方がヘンですんごくわかりにくいうえに、「隗より始めよ」の使い方が誤用。これももうダメか。※02-4-1参照。
================================

 手元の『成語林』もほぼ同様。補足するなら「まず隗より始めよ」と「まず」をつける形もある。
 いつから[2]の用法が一般的になったのかは知らない。少なくとも『成語林』が発刊された1992年には「率先垂範」の意味が認められている。
 ↑の〈1)犬も歩けば棒に当たる〉にように真逆(これも定着したな)の意味ではないが、2種類の意味がある言葉というのはかなり使いにくい。
 それ以前の問題として、[1]の意味の「隗より始めよ」ってどういうときに使うのかがわからない。そもそもの意味が[1]になる段階ですでに転じてないか? 本来の意味は自薦の卑下のアドバイス……こんな状況はめったにない。
[1]の意味に転じはしたが、使われなくなった理由はよくわかる。やっぱり使い方がわからないよ。
 2つに分けて考えようか。
A 自分に対して使う
「隗より始めよ、とか言うから、身近なことから始めようか」→この発想は相当異様。
B 他者に対して使う
「隗より始めよ、とか言うくらいだから、身近なことから始めてはどうだ?」→本来の意味を加味しても、こっちのほうがまだ自然。
 A、Bのどちらの意味で使うにしても、「千里の道も一歩から」(正確には「千里の行も足下より始まる」らしい)とか「ローマは一日にして成らず」のほうがわかりやすい。「塵も積もれば山となる」あたりでもいいか。
 結局、どうにも意味が伝わりにくい言葉だから[2]の用法が一般的になったのだろう。
 この[2]の「率先垂範」の意味の場合、似たような言い回しを……思いつかないorz。そのことも、こっちの意味が一般的になった理由のひとつかもしれない。


●君子は豹変す
 先日も、下記のような話があった。
【ブログにもらったコメント】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1458080565&owner_id=5019671

 Web辞書(『大辞泉』)からひく。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%90%9B%E5%AD%90%E3%81%AF%E8%B1%B9%E5%A4%89%E3%81%99&stype=1&dtype=0
================================
《「易経」革卦から》君子は過ちを改め、善に移ることが際だってはっきりしている。俗に、態度や考えが急変するたとえにもいう。
================================

『大辞林』だと下記。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%97%E3%81%AF%E3%81%B2%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%99&dtype=0&stype=1&dname=0ss
================================
[1]〔補説〕 易経(革卦)
君子は過ちをすみやかに改め、善に移ることがはっきりしている。
[2]俗に、今までの思想・態度が急に変わること。
================================

『成語林』は「俗」の部分をもっと強調している。
================================
【注意】本来、よいほうへ変わることの意だが、現在ではその逆に、態度や主張などを情勢の変化とともにいとも簡単に変えることを指して用いることが多い。
================================
 これは善い意味でも悪い意味でも「ガラリとかわる」点は共通しているから、相手に誤解されることはない。悪い意味で使うと、「それは本来は……」とかウンチクをたれられる可能性はあるけど(黒笑)。
 で話が戻るけど、元々当方が使った例はどっちなんだろう。
【tobiクンの文章】=======================
 昨日の報道では、当方が見た限り「末代までの恥」にしていたのは朝日新聞だけだった。ところが、今日は毎日新聞も読売新聞も「末代までの恥」にしている。昨日は「末代の恥」って書いてたよね。君子豹変?(誤用じゃないよな。微妙な気もする)
================================

 前日には「末代の恥」と書いていたのがヘンだと気づいて「末代までの恥」と書くようになったのなら、善い意味の「君子豹変」と言えなくはない。まあ、単にコッソリ間違いを直しただけとも言える。だから「微妙な気もする」と書いた。
 いずれにしても「君子豹変?」と書いた段階で一種のギャグなんだから、「誤用」だとか責められても困るorz。

 ちなみに家庭内では、態度が「ガラリとかわる」ことを「ヒョウちゃん」と可愛く表現している。当然のことながら、悪い意味のことが多い。キッパリ<( ̄- ̄)>

 下記も要チェックだろう。
突然ですが問題です【日本語編1】
================================
問1 下記の「人間」にルビをふりなさい。
問2 下記の1)~4)のうち誤用はどれでしょう。

1)人間到る所青山あり
2)人生到る所青山あり
3)人間万事塞翁が馬
4)人生万事塞翁が馬
================================
145【突然ですが問題です【日本語編1】──解答?編1
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1107.html
147【突然ですが問題です【日本語編1】──解答?編2
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1108.html
148【突然ですが問題です【日本語編1】──解答?編3
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1109.html

「ダントツの最下位」ってどうなんだろう

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

mixi日記2010年04月16日から。

 なんとか仕事が一段落したかも。
 コメントの返事とかいろいろたまっているけど、こういうことを書きはじめる。
 <(_ _)>

 テーマトピは下記。
【これって正しい日本語?】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=51369758

 下記の質問があった。
================================
断トツ1位や断トツ最多って間違いですよね?
正しくは断然でよいですか?(以下略)
================================
 
 微妙。「重言」と考えるか「誤用」と考えるか。個人的には「重言」は「誤用」ではないことが多いと思っている。
 重言に関しては下記参照。
【関連トピ紹介】9──意外にむずかしい重言の話
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=43371469
 表記に関しては、本来は「断トツ」だと思うが、「ダントツ」のほうが見慣れているので、こちらにする。

「ダントツ」に関して過去の朝日新聞に関するメモで検索してみた。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=851937145&owner_id=5019671
================================
08-6-3
6日
 12球団ダントツの最下位(朝刊18面)
「ダントツ」は言うまでもなく「断然トップ」の省略形。だから、「ダントツの成績」などはあっても「ダントツの首位」は重言。百歩譲って、「ダントツの首位」は許すとしても、「ダントツの最下位」はイヤだ。
================================
08-6-10
18日
 断トツの最下位(朝刊17面)
 書き手は吉原大介記者。看過するからマネをするヤツが出やがった? この表記を使っているってことは、本来の形を知ってんじゃないかね。だったらなぜこんなことを。「大差の最下位」とかでいいじゃん。ほかに何があるんだろう。「圧倒的な最下位」「ブッチギリの最下位」じゃギャグだし。
================================

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=979459543&owner_id=5019671
================================
08-10-2
4日
リーグ断トツの最下位(朝刊19面)
 もう許そうか。※08-6-3/6-10参照。
================================

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1425258534&owner_id=5019671
================================
10-2-3
19日
584与四死球は12球団でダントツの最多だった。(朝刊18面)
 山口史朗記者。やっぱりイヤ。
================================

 念のため辞書類も調べてみよう。
『日本語俗語辞典』
http://zokugo-dict.com/16ta/dantotu.htm
================================
断トツ
断トツとは、断然トップの略。
【年代】 昭和時代~  【種類】 -
断トツの解説

断トツとは「ずばぬけて」「絶対に」といった意味の『断然』と、「1位」「頂点」といった意味の『トップ』から成る言葉で、2位以下を大きく引き離してのトップ、またはそういった状態にあることを言う。レース(競争)を中心とするスポーツ、売上げ、人気など、順位付け出来るあらゆる事象の中で、2位以下を大きく引き離した様を表して使用する。
また、冒頭の語源でも解説した通り、断トツはそれ自体がトップの意を含んでいる。しかし、断トツ1位、断トツで速い、断トツの人気といったように、断然(「とびぬけて」の意)と同意に使われることも多い。
================================

 これで見る限り「ダントツ1位」も許容みたい。さすがに、「ダントツのトップ」はヘンだろうが。
 本来の意味を離れて「断然」の意味で使われることが多い、というのもそのとおりだと思う。だとすると、「ダントツの首位」も「ダントツの最下位」も間違いではない。
 ただ、個人的には使わない。
  ダントツの首位 → 大差の首位/圧倒的な首位/ブッチギリの首位
 くらいだろう。問題は「ダントツの最下位」のいいかえ。やはり「大差の最下位」くらいしか思いつかないorz。

使わないように心がけている言葉はありますか? へのコメント

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

mixi日記2010年04月05日から。

 下記のトピに書いたコメント(527)のバックアップ。
【使わないように心がけている言葉はありますか?】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=6481035

>525 
>526 

 いろいろな問題が出ているようなので、詳しい話のリンクを張っていきます。

●とんでもない/とんでもございません
 一般には誤用と考える人が多いようです(当方もそうです)。
 しかし、これは文化庁も公認している形なので、一概に誤用とは言えないようです。
http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2007/05/0514.html
=====================================
実は、H15年度、文化庁が「とんでもございません」が気になるかどうか調査したところ、およそ7割の人が「気にならない」と答えたのです。これらのことから、文化庁はH19年2月「敬語の指針」の中で、【褒められたことに対し、謙遜して否定する場合の言い方としては、問題がない】と発表しました。
=====================================
 詳しくは下記をご参照ください。
【関連トピ紹介】1──「申し訳ございません」「とんでもございません」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41472470

●違和感を感じる
 一般には重言です(重言が誤用か否かは微妙ですが)。
 ただし、辞書の例文にもとられていることを理由に、「問題はない」と考える人もいるようです。
 Web辞書(『大辞林』)からひく。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%93&dtype=0&stype=1&dname=0ss
================================
いわかん[ゐわ―] 2 【違和感】
周りのものとの関係がちぐはぐで、しっくりしないこと。
・―を感じる
================================
 詳しくは下記をご参照ください。
【関連トピ紹介】9──意外にむずかしい重言の話
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=43371469

●おいしいです
 文法的には間違いです(当方も間違いだと考えています)。しかし、これも文化庁が認めていますし、広く使われています。「おいしいです」「おいしかったです」を禁じるとデス・マス体が相当不自由になるので、許容してもいいのかもしれません(個人的には使わないと思う)。
 詳しくは下記をご参照ください。
【関連トピ紹介】6──「うれしいです」「悲しかったです」の類いは是か非か
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41893779

●「~になります」「~からお預かりします」
「バイト敬語」などと呼ばれるものですね。
 下記のコミュが詳しいようです。
【よろしかったですか撲滅委員会】
http://mixi.jp/view_community.pl?id=11312

●「~させていただく」
 詳しくは下記をご参照ください。
【関連トピ紹介】10──敬語の話2 「~させていただく」は是か否か
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=45983063

●的を射る/的を得る
 詳しくは下記をご参照ください。
109)【的を射る/的を得る/正鵠をめぐって】2009年12月15日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1364010227&owner_id=5019671

ブログにもらったコメント

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

mixi日記2010年04月09日から。

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【2】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

 直接的には下記の仲間。
【「個人的」な話……なのかもしれない】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1359093306&owner_id=5019671

 mixi内にもいろいろな人がいるけど、mixi外にはもっといろいろな人がいる。噛み付き系の人がいったいどんだけいるのか不安を通り越して興味深い。
 これって世界共通の事象なんだろうね。ただ、日本ではとりわけ顕著な気がする。

 この話題関連で、以前書いたこと。
1)【『同期の桜―お言葉ですが…8』】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=513760066&owner_id=5019671
================================
(前略)池田先生によれば、インターネットというのは意見をのべることのできる装置なのであるらしい。これが普及したため、「小谷野敦の表現を借りれば、バカが意見を言うようになったのである」とあります。
 先生の文中「バカ」はたびたび出てくるが、この「バカが意見を言うようになったのである」が一番すごい、と小生感銘した。迫力がある。
 言われてみれば小生も、新聞の投書欄なんか見ていて、「なんでこんなのをのせるのかなあ」とけげんに思うことがよくあるのであるが、「そうか、バカが意見を言うようになっているのか」と、何やら納得したことでありました。(P.28~29)
================================

2)【『インターネット怖い話』(岡崎 博之著)】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=651109339&owner_id=5019671
================================
【引用部】
 そして現在では、前出のテクノラティの調査によると、全ブログ中、日本語で書かれているものの割合はなんと三七%と、英語(三六%)すら上回っているというのだから凄い。
(P.164)
 少し前でテレビで知ったデータと同じ。「テクノラティ」は、ブログ検索サービスなどを提供しているアメリカの会社らしい。この事実は「凄い」なんてものではない。日本人ってなんなんでしょ。怖いよ。
================================
【参考:世界中のブログで使われている言語は日本語が一番多い】
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070406_technorati_blog/

 で、今回の発端は、バックアップ用のブログに生じた異変から。
 とあるサイトからのアクセスが急増したんで、たどってみた。これはブログではなく掲示板だよな。こういう無数の掲示板に書き込まれているコメントはどのようにカウントされているのだろう。

【街の灯 「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」開星監督、失言で辞任】
http://matinoakari.net/news/sp/item_73870.html
 ここに、「末代の恥」「末代までの恥」に関してあるかたが当方のブログのリンクを張ったことが原因らしい。
 こういうときに「勝手にリンクを張った」とか言い出す人がいるらしいけど、そういうかたはネットになんか参加しないほうがいいだろう。
 で、掲示板ではとっても建設的なやり取りが続く。
 そのなかで、皆さんが「違和感を感じる」を連発されているのがどうにも気になって、余計なことをひとこと書いた。
 訳のわからない反論があった。
 辞書にのっているのは知っているけど、↓にも書いたように、おかしいものはおかしい。
【重言の話5──「まず第1に」「違和感を感じる」】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1454999593&owner_id=5019671

「歌を歌う」は重言のなかでも特殊で、「同族目的語」と呼ばれるもの。それもすでにリンクを張っている。とりあえず読んでもらえないかな。
「切腹」は「腹を切ることとイコールではない」って、貴重な雑学ありがとうございました。それは「オ●●のゴ●●」ってヤツでしょうか。

 数日後、今度はブログのほうにコメントが入った。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1120.html
 当方が下記のように書いたことに対してらしい。
【tobiクンの文章】=======================
 昨日の報道では、当方が見た限り「末代までの恥」にしていたのは朝日新聞だけだった。ところが、今日は毎日新聞も読売新聞も「末代までの恥」にしている。昨日は「末代の恥」って書いてたよね。君子豹変?(誤用じゃないよな。微妙な気もする)
================================

【いただいたコメント】=====================
偶然読みました
君子豹変の使い方が違います
あんまり誤用云々言わないほうがいいとおもいますよ

あなた結構間違ってる
================================

【tobiクンの返信】=======================
Re: 偶然読みました──はじめまして……ですよね?

 もう少し具体的にお願いします。
>君子豹変の使い方が違います
 どう違うのでしょうか。

> あなた結構間違ってる
 いくつか具体的な例をあげていただけませんか?
 この「あなた」の使い方も……。
================================

 反応は何もないorz。
 そもそも「偶然読みました」って。何をもって「偶然」と言ってるんでしょうね。
 元々の「君子豹変」の使い方を見てよ。「君子豹変?(誤用じゃないよな。微妙な気もする)」って書いているのに、「使い方が違います」って。どう間違っているのかサッパリわかりません。
 そもそも「君子豹変」ってのは……さらに話が続きそうなんで、改めます。

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード