fc2ブログ

よくある誤用11~15


【よくある誤用11──ことわざの迷走2 他山の石 枯れ木も山の賑わい 君子は豹変す】

 下記の続きです。
【よくある誤用2──ことわざの迷走 情けは人のためならず 犬も歩けば棒に当たる 隗より始めよ】

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n114824




他山の石

正 戒め(反面教師)になる他者の失敗

誤 手本になる他者のすぐれた言動
「他山の石以て玉を攻むべし」と続く。質の悪い石でもいい石を磨くのに役立つ、くらいの意味。

■Web辞書『大辞泉』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=他山の石&stype=0&dtype=0

================================引用開始

他山(たざん)の石(いし)
よその山から出た、つまらない石。転じて、自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。「他社の不祥事を―として会計の透明化をはかる」→他山の石以て玉を攻むべし
◆質の悪い石でも玉を磨くのに役立つということから、良い言行を手本にする意味で使うのは誤り。
文化庁が発表した平成16年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味である「他人の誤った言行も自分の行いの参考となる」で使う人が26.8パーセント、間違った意味「他人の良い言行は自分の行いの手本となる」で使う人が18.1パーセントという結果が出ている。

================================引用終了


 詳しくは下記をご参照ください。

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-905.html

 下記のようなやり取りは「他山の石」にできるかも。
 なぜこれがBAになるのか?
「他山の石」と「反面教師」は、ほぼ同じ意味だろう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1280361162





枯れ木も山の賑わい
正 つまんないものでも、ないよりはマシ
誤 人がたくさん集まれば賑やかになってよい
昔、「枯れ木も山の賑わいと言いますから是非ご出席ください」と恩師を誘った●●がいる、という笑い話を聞いた。「笑い話」ではなくなっているらしい。
そう言えば最近、「人数合わせ」って言葉も見聞するなぁ。そんな言葉あるんだろうか。

■Web辞書『大辞泉』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=枯れ木&dtype=0&dname=0na&stype=0&index=03744100&pagenum=1

================================引用開始

枯(か)れ木(き)も山(やま)の賑(にぎ)わい
《枯れ木も山に風情を添えるのに役立つ意から》つまらないものでも、ないよりはましであることのたとえ。
◆文化庁が発表した平成16年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味である「つまらないものでも、ないよりはまし」で使う人が38.6パーセント、間違った意味「人が集まればにぎやかになる」で使う人が35.5パーセントという結果が出ている。

================================引用終了


君子は豹変す
正 態度が急に悪いほうにかわること
誤 立派な人ほど自分の過ちを潔く認めて改めること

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1093873645
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1301.html



【よくある誤用12──もはや誤用とは言えない2 こだわる/こだわり 生き様 さらなる】

 たまーに、「誤用」という意見を見聞するけど「それはちょっと……」と思う例。個人的にはできるだけ使わないようにしていますが……。

こだわる/こだわり
 本来は悪い意味。「つまらないないことにこだわる」のように使われた。いまでは善い意味で使われるほうが多いだろう。「こだわりの味」などの使い方を頻繁に見る。あまりにも便利なので、使うことがある。乱用するのはやめましょう。

生き様
「様(ざま)」は元々、罵り言葉に近い。「ざまを見ろ」などと使う。「死に様」はただの「死に方」ではなく「ろくでもない死に方」のニュアンスが強かった。ところが、いつもの間にか「生き様」という言葉ができ、しかも善い意味で使われるようになった。「彼の生き様に感動した」……本来はありえない。「オレの生き様を見せてやる」……勝手にどうぞ。
 作家の小林信彦が「嫌いな言葉」としてあげていた記憶がある。「忌み嫌っていた」と言ってもいいかも。

さらなる
 これは辞書を見ても何も問題を感じない。経済学者の野口悠紀雄が忌み嫌っている。
「野口悠紀雄 さらなる」で検索するといろいろ出てくる。根拠がイマイチわからないまま、要注意の言葉のリストに入れている。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2326757.html


 もしかすると、翻訳調に感じられるのが不評の原因かもしれない。その意味では「より速く」の「より」に似ているかも。これも「more」の直訳だからという理由で嫌われていた時期があった。いまはそういう意見は少数派になってしまった。

http://biztranslator.blog108.fc2.com/blog-entry-610.html



【よくある誤用13──かなり微妙な線 破天荒 助長 鳥肌が立つ】


「誤用」なのか「誤用でない」のか微妙すぎて、何がなんだかわからなくなっている言葉もあります。新しい意味で使われることが多いのに、辞書はそんな意味を認めていない……こうなると使い方がわからず、結局使えない言葉になってしまいます。

破天荒
 ドラマの常識外の主人公を形容するときなどにおなじみです。本来は違う意味ですが、新聞などでも目にするので、もう許容されているのかも。現段階では辞書は新しい使い方を認めていないようなので、「型破り」くらいに言いかえるべきでしょう。


■Web辞書『大辞泉』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=はてんこう&stype=0&dtype=0

================================引用開始

は‐てんこう〔‐テンクワウ〕【破天荒】
[名・形動]前人のなしえなかったことを初めてすること。また、そのさま。前代未聞。未曽有(みぞう)。「―の試み」「―な大事業」

◆「天荒」は未開の荒れ地の意。唐の時代、官吏登用試験の合格者が1名も出なかった荊州は人々から「天荒」といわれていたが、劉蛻(りゅうぜい)が初めて合格して「天荒を破った」といわれたという、「唐言」「北夢瑣言」の故事から。
文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、「彼の人生は破天荒だった」を、本来の意味である「だれも成し得なかったことをすること」で使う人が16.9パーセント、間違った意味「豪快で大胆な様子」で使う人が64.2パーセントという逆転した結果が出ている。

================================引用終了





助長

 これも誤用の例としてあげられることが多い言葉です。どんな意味で使われるのか不明になり、結局使えない言葉になっているような……。
 誤用のしかたは2パターンあるようです。
 まず、本来の意味は下記の辞書の[2] です。手助けしようとして裏目に出る、くらいの意味です。この意味で使っている例はほとんど見ません。いまは、[1]の意味で使われているようです。しかし、よく見ると[1]の意味は2通りあります。どちらも力を添えることですが、方向性が2つあります。
「発言力を助長する」だと「善い方向」です。「不良性向を助長する」だと「悪い方向」です。元々の意味からかわってきた当初は、「悪い方向」限定だったはずです。いまでは「善い方向」にも使えるような……。
 こんな訳のわからない言葉を正確に使う自信がないので、自分では使いません。
 

■Web辞書『大辞林』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=じょちょう&dtype=0&dname=0ss&stype=0&index=109764100000&pagenum=1

================================引用開始

じょちょう[―ちやう] 0 【助長】
(名) 
スル 
[1] 力を添えて、成長・発展を助けること。ある傾向をさらに著しくすること。
  発言力を―する
  不良性向を―する
[2] 〔補説〕 苗の生長を助けようとして無理に引き伸ばし、根を抜いてしまったという「孟子(公孫丑上)」の故事から
不要な助力をして、かえってそこなうこと。

================================引用終了



 

鳥肌が立つ

 本来「鳥肌」は、恐怖や嫌悪感や寒さで「立つ」ものでした。いまは「感動」でも立つような。きっと、人体の皮膚の構造がかわってきたのでしょう(笑)。辞書はまだ本来の意味しか認めていないようです。これは自分でも使うかも……。

■Web辞書『大辞泉』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=とりはだ&stype=0&dtype=0

================================引用開始

とり‐はだ【鳥肌】
1 皮膚が、羽をむしり取った鳥の皮のようにぶつぶつになる現象。また、その肌。寒さや恐怖などによって立毛筋が収縮し毛が立って起こる。粟(あわ)はだ。「―が立つ」
2 ざらざらしている皮膚。鮫肌(さめはだ)。

================================引用終了



【よくある誤用14──なんかカッコいいからね すべからく 欲しいまま 組みしやすい】

「よくある誤用」2と11のように、ことわざを間違って使うのは「誤用」のなかでもかなりみっともない例でしょう。同じくらいみっともないのは、文語調の言葉を使って間違ってしまう例です。気持ちはわかります。文語調の言葉ってカッコいいんですよね。恥をかきたくなかったら、使う前に辞書をひきましょう。
 カッコよさそうな言葉を使って間違う代表格は、「よくある誤用1」で見た「役不足」でしょうね。
 個人的には、こんな言葉は使いません……と言うより使えません(泣)。



すべからく

 文化庁の平成22年度「国語に関する世論調査」に、「すべからく」の解釈に関する調査結果がのっています。
「全て、皆」を選んだ人が38.5%
「当然、是非とも」を選んだ人が41.2%
 正しい意味をわかっている人のほうが多いのは、ちょっと意外な気がしました。当方が見聞する例は、ほとんどが「すべて」の意味で使っているからです。
 ただし、厳密に言うと「すべからく」は「すべからく~すべし」としなければなりません。ここから派生して「すべからく……しなければならない」のような形も認められているようです。なにしろ、あの丸谷才一が使うくらいですから。

■Web辞書『大辞泉』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=すべからく&stype=0&dtype=0

================================引用開始

すべから‐く【▽須く】
[副]《動詞「す」に推量の助動詞「べし」の付いた「すべし」のク語法から。漢文訓読による語》多くは下に「べし」を伴って、ある事をぜひともしなければならないという気持ちを表す。当然。「学生は―学問を本分とすべきである」
◆近年、「すべて」の意で使う例が多くあるが、誤り。文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「学生はすべからく勉学に励むべきだ」を、本来の意味である「当然、ぜひとも」で使う人が41.2パーセント、間違った意味「すべて、皆」で使う人が38.5パーセントという結果が出ている。

================================引用終了



欲しいまま

「天才の名を欲しいままにする」……よく見る言い回しですが、誤用です。この「ほしいまま」は「欲しい」とは別の言葉です。
「天才の名をほしいままにする」ならどうか。これも本来は誤用です。周囲が「天才」と認めている、では元の意味とかけ離れてしまいます。自分で自分のことを「天才」と言いつづけているなら、正用かもしれませんが。とは言え、新聞でも目にするので、そのうち許容されるんでしょうね。ε= (´∞` ) ハァー

■Web辞書『大辞泉』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=ほしいまま&stype=0&dtype=0

================================引用開始

ほしい‐まま【▽縦/▽恣/×擅】
[形動][文][ナリ]《「ほしきまま」の音変化》思いのままに振る舞うさま。自分のしたいようにするさま。「権力を―にする」「―な空想にひたる」

================================引用終了



組みしやすい
「組みしやすい相手と侮る」……よく見る言い回しですが、誤用です。漢字で書くなら「組み」ではなく「与」です。おそらく「組みやすい」(これも相当ヘンな言い方ですが……)と勘違いしたのでしょう。「くみしやすい」なら、誤用ではありません(個人的には疑問もありますが……)。でも、こんな古くさい言葉を使う必要がありますか?
■Web辞書『大辞泉』から

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=くみしやすい&stype=0&dtype=0

================================引用開始

くみし‐やす・い【▽与し▽易い】
[形][文]くみしやす・し[ク]相手として扱いやすい。相手として恐れるに足りない。「―・い相手」

================================引用終了



【よくある誤用15──清濁の問題 まぬかれる ぎごちない くらい/ぐらい】

  世の中は 澄むと濁るで大違い 刷毛に毛があり ハゲに毛がなし

 こういうのは「俗謡」でよいのでしょうか? 正確な呼称をご存じのかた、教えてください。


 言葉のちょっとした違いに注目して「どちらが正しいのか?」というのはネット上でよく見る質問です。ちょっとした違いでまったく意味がかわることもありますが、大差がないこともあります。以前、「まぬかれる」や「ぎごちない」は聞いたことがないので方言、という主張を見て呆れてしまったことがあります。調べもせずにこういう乱暴なことを書くと恥をかきます。


まぬかれる/まぬがれる

 どちらもフツーの日本語です。いまは「まぬがれる」が優勢のようですが、本来の形は「まぬかれる」でした。常用漢字表が改定される前には、「免れる」は「まぬかれる」としか読めないルールでした。改定されて、やっと〈「まぬがれる」とも〉読めることになりました。



ぎこちない/ぎごちない

 どちらもフツーの日本語です。いまは「ぎこちない」が圧倒的に優勢のようですが、本来の形は「ぎごちない」でした。



くらい/ぐらい

 これも「どちらが正しいのか攻撃」を受けているのを見たことがあります。どちらでも同じようなものです。「くらい」が正しいと主張する人もいるようなので、厳密には「くらい」と読むべきかもしれません。「この・その・あの・どの」などの後ろに来るときは「くらい」とする説もあります。個人的には、どんな場合も「ぐらい」でいい気がします。

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1826.html




 清濁の問題でとんでもないのは、「すさまじい」。いろいろな形が許容されているようです。いかんなぁ。こんなしょうもない雑学に走っては……。

■Wikipediaから
http://ja.wikipedia.org/wiki/三省堂国語辞典

================================引用開始

『三国』独特の項目
『三省堂国語辞典』が、いち早く新しい語や用法を取り入れた例を、以下に若干挙げる。なお、これらのうちには、後に他の国語辞典も採用するようになったものも含まれる。
「あっけらかんと」 以前は「口をあけてぼんやりしているようす」という意味しかなかった。ところが、「明るくてこだわらないようす」という意味や、「あけっぱなしでかくさないようす」という意味が生まれていることが用例で分かり、第3版から収録された。
「気が置けない」 「気がね・遠慮しなくていい」という意味のほかに、「気がゆるせない」の意味で使う者が現れた。第3版以降、この意味が「〔誤って〕」と冠して収録された。
「すさまじい・すさましい・すざましい・すざまじい」 いずれも、実際にある語形である(「すさまじい」の項目に列記されている)。これらの語形をすべて収録した辞書は、いまだにないと思われる。実際に用例を確認しなければ、このような記述はできない。第3版から収録された。
(以下略)

================================引用終了

バックナンバーは下記。
【お品書き】よくある誤用

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118365

スポンサーサイト



よくある誤用15──清濁の問題 まぬかれる ぎごちない くらい/ぐらい

世の中は 澄むと濁るで大違い 刷毛に毛があり ハゲに毛がなし
 こういうのは「俗謡」でよいのでしょうか? 正確な呼称をご存じのかた、教えてください。

 言葉のちょっとした違いに注目して「どちらが正しいのか?」というのはネット上でよく見る質問です。ちょっとした違いでまったく意味がかわることもありますが、大差がないこともあります。以前、「まぬかれる」や「ぎごちない」は聞いたことがないので方言、という主張を見て呆れてしまったことがあります。調べもせずにこういう乱暴なことを書くと恥をかきます。

まぬかれる/まぬがれる
 どちらもフツーの日本語です。いまは「まぬがれる」が優勢のようですが、本来の形は「まぬかれる」でした。常用漢字表が改定される前には、「免れる」は「まぬかれる」としか読めないルールでした。改定されて、やっと〈「まぬがれる」とも〉読めることになりました。

ぎこちない/ぎごちない
どちらもフツーの日本語です。いまは「ぎこちない」が圧倒的に優勢のようですが、本来の形は「ぎごちない」でした。

くらい/ぐらい
 これも「どちらが正しいのか攻撃」を受けているのを見たことがあります。どちらでも同じようなものです。「くらい」が正しいと主張する人もいるようなので、厳密には「くらい」と読むべきかもしれません。「この・その・あの・どの」などの後ろに来るときは「くらい」とする説もあります。個人的には、どんな場合も「ぐらい」でいい気がします。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1826.html


 清濁の問題でとんでもないのは、「すさまじい」。いろいろな形が許容されているようです。いかんなぁ。こんなしょうもない雑学に走っては……。
■Wikipediaから
http://ja.wikipedia.org/wiki/三省堂国語辞典
================================引用開始
『三国』独特の項目
『三省堂国語辞典』が、いち早く新しい語や用法を取り入れた例を、以下に若干挙げる。なお、これらのうちには、後に他の国語辞典も採用するようになったものも含まれる。
「あっけらかんと」 以前は「口をあけてぼんやりしているようす」という意味しかなかった。ところが、「明るくてこだわらないようす」という意味や、「あけっぱなしでかくさないようす」という意味が生まれていることが用例で分かり、第3版から収録された。
「気が置けない」 「気がね・遠慮しなくていい」という意味のほかに、「気がゆるせない」の意味で使う者が現れた。第3版以降、この意味が「〔誤って〕」と冠して収録された。
「すさまじい・すさましい・すざましい・すざまじい」 いずれも、実際にある語形である(「すさまじい」の項目に列記されている)。これらの語形をすべて収録した辞書は、いまだにないと思われる。実際に用例を確認しなければ、このような記述はできない。第3版から収録された。
(以下略)
================================引用終了

バックナンバーは下記。
【お品書き】よくある誤用
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118365
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード