fc2ブログ

よくある誤用19──なんかカッコいいからね2 ひとつとない 押しも押されぬ 火蓋が切って落とされる

 文語調とまでは言えなくても、大袈裟な言い回しで誤用されやすい例をあげます。大袈裟な言い回しはカッコよく感じられるせいか、つい使ってしまう人が多いようです。ロクなことはないでの、やめておいたほうが無難です。

ひとつとない
この旅館には、同じ間取りの客室がひとつとない。
 ガイドブックで見かける文章です。どこがおかしいかわかりますか。微妙な例とは思いながら、これは「ふたつとない」にするべきでしょう。「ふたつとない」にすれば間違いではなくなりますが、依然としてヘンです。「ふたつとない」は、「(世界中を探しても)めったに例がない」くらいの強い表現ですから、この程度のことで使うべきではありません。「この旅館は、すべての客室の間取りが違う。」ぐらいで十分でしょう。
 ちなみに、「この旅館には、この客室と同じ間取りの客室がひとつとない」なら誤用ではないでしょう。「自分と同じ人間は世界中を探しても一人もいない」と同様の用法と言えそうです。誤用ではありませんが、こんな大袈裟な言い回しはオススメできません。

押しも押されぬ
ホームラン王になった彼は、押しも押されぬ4番打者に成長したといえるだろう。
 正しい使い方は、「押しも押されもせぬ」です。 派生した形で「押しも押されもしない」も許容形でしょうか。同様の意味で「押すに押されぬ」という慣用句もあります。「押しも押されぬ」は、2つの慣用句の混淆によって生まれた誤用でしょう。
 例文の場合、「押しも押されもせぬ」に直してもヘンな感じが残ります。「押しも押されもせぬ」という大袈裟な表現と、文末の「~だろう」がチグハグな印象になっているからです。「不動の4番打者」ぐらいで十分でしょう。「ホームラン王」になったほどの選手ですから、「球界を代表する4番打者」としてもよいかもしれません。

火蓋が切って落とされる
戦いの火蓋が切って落とされる。
「火蓋」は火縄銃の部品です。発砲するたびに「切って落とし」ていたら、ほかの人が拾って歩かなければなりません。正解は「火蓋が切られた」「火蓋を切った」です。
■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=ひぶた&dtype=0&dname=0na&stype=0&index=15636200&pagenum=1
================================引用開始
火蓋(ひぶた)を切・る
火蓋1を開いて点火の準備をする。転じて、戦いや競争を開始する。「選挙戦の―・る」
◆「幕を切って落とす」との混同で、「火蓋を切って落とす」とするのは誤り。
================================引用終了

バックナンバーは下記。
【お品書き】よくある誤用
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118365

よくある誤用18──ラ抜き言葉 的を射る/的を得る 全然+肯定形

 言葉の問題で、いろいろな説が飛びかって、結局何がなんだかわからなくなっているものがいろいろあります。Yahoo!知恵袋でもおなじみの質問ですが、ホントのところはどうなのでしょう。

ラ抜き言葉
 現段階では×でしょう。「誤用」と言うよりも「現在の標準語においては規範的でない」くらいの考え方が妥当だと思います。「乱れ」か「変化」か、と言うと、現段階では「乱れ」と言うしかありません。
 とくに若い世代は「ラ抜き言葉」のほうがフツーとか言う人が多いようです。話し言葉ならそれでいいと思います。ただし、「ラ抜き言葉」の是非を語るなら、お願いですから「ラ抜き言葉」がどういうものかくらいは調べてから主張してください。
 次のうち、どれが「ラ抜き言葉」か理由をつけて説明できますか。
  しゃべれる/掘れる/守れる/攻めれる
伝言板【板外編4】【「ラ抜き言葉」を防ぐ方法】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-96.html

的を射る/的を得る
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1155316126
================================引用開始
「的を射る」を「的を得る」とする人はけっこういるようです。
 原因は2つ考えられます。
  1)よく似た意味の「当を得る」との混同。
  2)よく似た意味の「正鵠を得る」との混同。
 1)に関しては「的を射る」と「当を得る」が一般的です。
 2)に関しては、本来の形は「正鵠を得る」です(「正鵠を射る」でも間違いではないと思います)。
 ここから類推して、「的を得る」でも間違いではない、と主張する人がいます。一理あるかもしれませんが、一般には「的を射る」です。
================================引用終了
 下記のように、「的を得る」は誤用とは言い切れないという考え方もあるようです。ここまで掘り下げてしまうと「学説」って気もします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1061145880
【BIFFの亜空間要塞】
http://biff1902.way-nifty.com/biff/2010/05/post-fc48.html

全然+肯定形
 Yahoo!知恵袋に限っても、同様の質問が何度出たことか。
 結論だけ書きましょう。
 もともと肯定でも否定でも○だったようです。一時期肯定は×になりましたが、最近は「×とは言い切れない」という説が増加傾向にあるようです。
 ただし、現在の出版・編集の現場では基本的に肯定は×です(微妙なものもありますが……)。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1641.html
以下は要約。
全然+肯定形はいくつかに分けて考えるべきでしょう。 

●「全然+フツーの言葉」
「全然明るい」「全然おいしい」など「全然」を「very」(とても)の意味で使うもの。これは基本的に×でしょう。

●「全然+否定的な肯定形」
「否定的な肯定形」は、形の上では肯定形だけど、意味が否定的な言葉のことです。
「全然ダメ」「全然違う」「全然別(のこと)」
 この場合の「全然」は「まったく」の意味なのでOKでしょう。

●「全然+大丈夫系」
 これがイチバン微妙です。「全然大丈夫」のほかに「全然平気」などがあります。
個人的には、異和感がなくなりつつあります。おそらく、「全然大丈夫」が「全然問題がない」とほぼ同じニュアンスになるからでは……。「全然OK」だとさらに得体がしれなくて……。
 下記の2記事は読みごたえがあります。
【なぜ広まった? 「『全然いい』は誤用」という迷信 】
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO37057770W1A201C1000000/
【「『全然いい』は誤用」という迷信 辞書が広めた? 】
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO42854280R20C12A6000000/

 ただし、ちゃんとした原稿を書く場合は話が「全然別」(やはりちょっとヘンだな)になります。「誤用」と思われる可能性のある言葉をわざわざ使う理由はありません。
「ラ抜き言葉」は使いません。
「的を射る」を使い、「的を得る」は使いません。
「全然+肯定形」は基本的に使いません。「全然+否定的な肯定形」は、ラフな文体ならこっそり使うかも。

バックナンバーは下記。
【お品書き】よくある誤用
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118365

「~かねる」の謎 「~しかねます」「~いたしかねます」「~できかねます」

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【9】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1854387407&owner_id=5019671

mixi日記2012年10月01日から

 テーマサイトは下記。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1494964619
================================引用開始
決め兼ねるとはどういう意味ですか。
ほかに~兼ねるの使い方を教えてください。
================================引用終了

「辞書を引用すれば解決」的な質問はスルーすることにしているが、ちょっとおもしろいテーマが絡むもので……。
【tobiクンのコメント】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■引用開始
「~兼ねる」の意味。

■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%AD%E3%82%8B&stype=0&dtype=0
================================引用開始
か・ねる【兼ねる】
[動ナ下一][文]か・ぬ[ナ下二]

(略)

4 他の動詞の連用形に付いて用いる。
①…しようとして、できない。…することがむずかしい。「納得し―・ねる」「何とも言い―・ねる」
②(「…かねない」などの形で)…するかもしれない。…しそうだ。「悪口も言い出し―・ねない」
================================引用終了

「決めかねる」(当方は補助動詞はかな書きします)は①の「…しようとして、できない」の意味でしょう。

「~かねる」の形をとることが多い主な言葉は下記があります。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%8B%E3%81%AD%E3%82%8B&stype=3&dtype=0

先行コメントにもあるとおり、「形式的で慇懃無礼な言い方」になることがあります。
とくに、何かを断わる場面で「~しかねる」「承りかねる」などを使う場合です。
精一杯努力した結果「~かねる」ならいいのですが、「それは規則で承りかねます」などと冷静に言われるとカチンと来ることがあります。ではどう言えばいいのか……はむずかしいのですが。
おそらく、ほかの言葉を補うしかないのでしょうね。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■引用終了


 この話自体はこれで終了。(←オイ!)
 問題は「~しかねる」と「~できかねる」はどう違うかという問題。マイミクさんの古い日記で見た。
 以前、「できません」→「できかねます」だったネットの記事が、「できません」→「いたしかねます」にコッソリ修正されたことがあったらしい。
 修正された記事は下記。
http://nanapi.jp/25490/
================================引用開始
「なるほどですね」は失礼?正しい敬語の使い方

はじめに
学生から社会人になるというのは、とても大きな変化ですよね。特に、言葉づかいは気をつけたいことでしょう。学生の時には、「でさ~。」と、なにげなく使っていた言葉も、社会にでたら信用問題に関わるほどのものでしょう。

そんなわけで今回は、フレッシャーズ必見!正しい敬語の使い方ハウツーをご紹介させていただきたいと思います。間違えやすかったり、特に意識したほうがいい言葉をまとめてみました。
これから、社会人になる方は、ぜひぜひご参考にしていただきたいと思います。

ひょっとしてやってるかも!? 電話対応時にしてはいけないこと

ポイントその1 「~の方」は、使ってはいけない
敬語を話そうと努力している方が、つい使ってしまっている言葉が「~の方」です。「お会計の方はこちらになります。」「お席の方へどうぞ。」と、無意識のうちに「~の方」が、挿入されてしまっているのです。
そうでなく、「~の方」を抜いた「お会計はこちらです。」「お席へどうぞ。」と、いうようにしましょう。

ポイントその2 御社と弊社
就職面接中によく「御社は・・・」と、いう言葉を使った方も多いかと思います。ですが、入社してから自分の会社を、「御社」といっていてはいけません。口癖になてしまっている方、気をつけましょう。
お客様に自社の説明をする時には、「弊社」と謙らなくてはいけません。「当社」と、いう会社もありますが、「弊社」という会社の方が、奢りを感じさせず、物事をうまくすすめられるイメージがあります。

ポイントその3 できませんといたしかねます
普段あまり口にしない言葉の1つとして「いたしかねます。」だと思います。ですが、これを言えたら社会人として一歩前にでることができるでしょう。
「できません。」と、いう言葉と「いたしかねます。」と、いう言葉どちらが聞こえがいいでしょうか?もちろん、後者ですよね。後者を使うようにしましょう。

ポイントその4 これとこちら それとそちら
学生の時は「これがさ~。」と、いっていた「こそあど言葉」も社会人になったら「こちらが・・・」と、いう言葉づかいに変えるようにしましょう。

ポイントその5 「なるほどですね!」は、使ってはいけない
この「なるほどですね!」を、使っている方、意外と多かったりします。一見、間違ってないようにも見えますが、本来は目上の人に対して使ってはいけない言葉です。

正確には、「なるほど、そうですね。」が、正しい言葉ですが、「なるほどですね。」は、短縮してしまってる言葉となってしまっています。なるほど、というのもよくないので、「おっしゃる通りです。」と、いうようにしましょう。

おわりに
上記の点は、実践でも間違えやすく、未だに間違ったままの社会人の方もいらっしゃるかもしれません。間違っている人の言葉に惑わされずに、正しい敬語をマスターしていきましょう。応援しています。
================================引用終了

 どうでもいいけど、この内容のなさはなんなの? こういう記事はたいてい何も考えずに、順番も脈絡もなく思いつくままに書かれているけど、これはとくにヒドくないか? 細かく見ると頭痛がしそうなのでスルーする。
 問題は「ポイントその3」で、これはすでに修正されている。日本語としては相当ヒドい。最初から主述がよれている。
 この記事を【ネタ元】にしているサイトは、問題の記述が修正されずに残っている(笑)。「ポイントその3」だけ抜粋する。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0406&f=column_0406_007.shtml 
================================引用開始
■ポイントその3:「できません」→「できかねます」
 敬語では、なるべく否定語を使わないようにするというルールがあるようです。そのため、「できません」でも間違いではないのですが、敬語としては「できかねます」を使うようにしてください。
================================引用終了

 これは相当ヒドい。「敬語では、なるべく否定語を使わないようにするというルールがある」……あるかな。そういう傾向があるのかもしれない。まあ、「ようです」って書いているから許してあげようか。ここもわざわざ修正したんだから、やはり問題のある文章なのだろう。
 ハハ、調べてみたら当方も日記を書いていた。あれ、「ポイントその3」の記述が違うぞ。これはおそらく1回目の修正だな(笑)。この段階で「否定語を使わないウンヌン」が削除されたが、まだ「できかねます」が残っている。ここまで行くと笑い話だな。
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=5019671&id=1701932911
================================引用開始
普段あまり口にしない言葉の1つとして「できかねます。」だと思います。ですが、これを言えたら社会人として一歩前にでることができるでしょう。
「それは、できません。」と、いう言葉と「そちらは、できかねます。」と、いう言葉どちらが聞こえがいいでしょうか?もちろん、後者ですよね。後者を使うようにしましょう。
================================引用終了

  問題は「できかねます」を「誤用」と断じていいのか、ってこと。これがけっこう微妙。
 個人的な語感では「できかねます」は相当イヤ。「~しかねます」が基本で「~いたしかねます」のほうがさらに丁寧だと思う。理由がうまく説明できない(泣)。「~かねる」が「~しようとして、できない」なんだから「~できかねる」は「~できようとして、できない」……それはおかしいってこと?
 今回コメントを書くのに調べて、結論が出た。「できかねます」も「誤用」ではないらしい(泣)。
■Web辞書『大辞林』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%AD%E3%82%8B&stype=0&dtype=0
================================引用開始
し‐か・ねる【仕兼ねる】
[動ナ下一][文]しか・ぬ[ナ下二]
1 それをすることに抵抗を感じる。また、それをすることを拒否する。できかねる。「返事を―・ねている」「賛成―・ねる」
2 (「しかねない」の形で)普通ではしないこともするかもしれない。「思わず信用―・ねないほど巧妙なうそ」
================================引用終了

「しかねる」の意味のひとつに「できかねる」とある。これでは「誤用」とは考えにくい。でも……ホントにそうなのかなぁ。
 個人的には使わないからどうでもいいや。(←オイ!)

よくある誤用17── これもおなじみ 逆王手 王道 煮詰まる

 こういうありふれたことはあんまり書きたくないのですが……。
 こういうのもアリでしょ。

逆王手
 野球の日本シリーズの記事などでよく目にします。将棋用語なので、将棋を知らない人にこれがどうして誤用なのかを説明するのはむずかしいかも。言いかえがむずかしいので、このまま定着する気がします。
詳しくは下記をご参照ください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1249845797
================================引用開始
よく見る「逆王手」の使い方は、本来の意味を考えれば間違いなく誤用です。
将棋用語の本来の「逆王手」は、「相手がかけてきた王手を防いだ手が、相手に対する王手になること」のはずです。つまり、自分に対する王手は解消されていなければなりません。
ただ、適切な言いかえがないので、広まっているようです。
意味を考えれば「追っかけリーチ」のほうが適切ですね。ただ、これが広まるかと言うと……。
================================引用終了

王道
正 近道
誤 正当派(のやり方)
「王」つながりでもうひとつ。「これぞ醤油ラーメンの王道」のような使われ方が広まっているようです。もう許容されている気もしますが、厳密には誤用です。「本道」とでも言いかえるのが正解でしょうか。
本来は「近道」の意味です。
http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2004/12/post_482.html
================================引用開始
学問に王道なし(がくもんにおうどうなし)
意 味: 学問をするのに安易な方法はない。
読 み: がくもんにおうどうなし
解 説: 「王道」は、安易な方法、楽な道。ユークリッドから幾何学を学んでいたエジプト王が、「もっと簡単に幾何学を学ぶ方法はないか」と尋ねたところ、「幾何学に王道なし」と答えたという故事による。
出 典:
英 語: There is no royal road to learning.
類義語: 学問に近道なし
================================引用終了

煮詰まる
正 もうすぐ結論が出る
誤 行き詰まる
 これも「誤用集」の類いではおなじみかも。誤用が減らないのは、料理用語で「煮詰まる」があまりいい意味でないせいでしょうか。「行き詰まる」と言いかえれば、だいたい大丈夫です。
■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=煮詰まる&stype=0&dtype=0
================================引用開始
に‐つま・る【煮詰(ま)る】
[動ラ五(四)]
1 煮えて水分がなくなる。「汁が―・る」
2 討議・検討が十分になされて、結論が出る段階に近づく。「問題が―・ってきた」→生煮え
◆近頃では、若者に限らず、「煮詰まってしまっていい考えが浮かばない」のように「行き詰まる」の意味で使われることが多くなっている。本来は誤用。2の意は1900年代後半に始まるようである。「行き詰まる」の意は1950年ころの使用例があるが、広まったのは2000年ころからか。
文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、「7日間に及ぶ議論で、計画が煮詰まった」を、本来の意味である「(議論や意見が十分に出尽くして)結論の出る状態になること」で使う人が56.7パーセント、間違った意味「(議論が行き詰まってしまって)結論が出せない状態になること」で使う人が37.3パーセントという結果が出ている。
================================引用終了

バックナンバーは下記。
【お品書き】よくある誤用
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118365

よくある誤用16──泣いたり笑ったり 爆笑 失笑 号泣

 ここ数年、誤用と指摘する意見をよく目にするのに、いっこうに誤用が減らない例。こういうのは、あんまり書きたくなかったんだけど……。

爆笑
正 大勢の人が一斉に笑うこと
誤 一人で大笑いすること
 では「一人で大笑いすること」はどう言えばいいのか。「大笑」はちょっと古い感じがあるので、「大笑い」くらいしかないような気がします。「爆笑」に比べるとインパクトが弱いような……。
「大爆笑」は強調か重言か……どっちでしょうね(笑)。

失笑
正 こらえ切れず吹き出して笑う
誤 笑いも出ないくらいあきれる
「正」と「誤」の意味は先日発表された平成23年度「国語に関する世論調査」から引用しました。
「笑いも出ないくらいあきれる」なんて解釈があることに驚きました。「笑いを失う」と考えれば、そうとれなくもありませんか。失格/失恋/失効……の仲間ですか?
 当方の語感では、「失笑する」は「こらえ切れず苦笑してしまう」くらいの意味。「吹き出し」はしません。
 詳しくは下記をご参照ください。
【平成23年度「国語に関する世論調査」に対する疑問】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2484.html

号泣
正 大声をあげて泣く
誤 激しく泣く
■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=ごうきゅう&stype=0&dtype=0
================================引用開始
ごう‐きゅう〔ガウキフ〕【号泣】
[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって―する」
◆文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味である「大声をあげて泣く」で使う人が34.1パーセント、間違った意味「激しく泣く」で使う人が48.3パーセントという逆転した結果が出ている。
================================引用終了
 どんなに激しい泣き方でも、大声を出さないと「号泣」とは言わないようです。
「号」に「大声をあげる」という意味があるからでしょう。「号令」や「怒号」も大声を上げなければ感じが出ません。
 事態はもっとヒドいことになっています。新聞のテレビ欄に「号泣」とある番組を見てください。「大声を上げる」どころか「激しく泣く」ですらなく、涙ぐんだくらいのことを「号泣」と呼んでいます。あれも一種の演出でしょうか。  

バックナンバーは下記。
【お品書き】よくある誤用
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118365
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード