fc2ブログ

突然ですが問題です【日本語編144】──敬語に関するサイトから3

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【9】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1854387407&owner_id=5019671

mixi日記2012年12月03日から

【問題】
 下記は、敬語に関するサイトに書かれていることです。不適切な点を指摘しなさい。

================================引用開始
コミュニケーションスキルが低いと思われる!?間違えやすい敬語の注意すべきフレーズ10選

はじめに

社会人になると、会社の中では上司に、外ではお客様に、と、敬語を使わなければならない機会がグッと増えます。ですが、敬語というのは、なかなか難しいもので、間違った使い方をしてしまうと、逆に相手に失礼になってしまうこともあります。

社内でも、出先でも、恥をかくことのないように、注意すべきフレーズを10個、紹介したいと思いますので、意識して間違わないようにしてみてください。

敬語の注意フレーズ10選

その1:「了解しました」

仕事関係で、上司に使うことの多い言葉ですが、実は、これは間違った敬語です。正しくは、「かしこまりました」です。こういうちょっとした敬語を、正しく使うだけで、出来る人間に見えますよ。

その2:「スイマセン」

「スイマセン」という言葉には、「ありがとう」という意味と、「ごめんなさい」という意味、2つの意味が含まれています。きちんと気持ちを伝えたいのなら、「スイマセン」ではなく、「ありがとうございます。」「申し訳ございません。」という言葉を、状況に応じて使いましょう。

その3:「あの…」

会話のところどころで、「あの…」という言葉を入れてしまうクセのある人がいます。自分の考えがしっかりまとまっていないのに、話そうとすると、考える時間を作ろうと、無意識に発してしまう言葉です。

伝えたいことを、きちんと頭の中で整理してから、上司やお客様に接するようにすれば、「あの…」や、「えっと…」というフレーズを減らすことができます。

その4:「粗末なものですが…」

手土産を渡す際、「粗末なものですが…」というセリフが定番だと思っている方がいらっしゃいます。ですが、粗末なものを手土産に持っていけば、それこそ失礼ですよね。

手土産は、「よかったら皆さんでどうぞ。」といって手渡しましょう。
その5:「○○なんですけど…」

何か頼みごとをする時に、

「お客様、こちら、○○なんですけど…」
と、語尾をごまかしてしまってはいけません。

「お客様、お手数ですが、○○をしていただけますでしょうか。」
と、「お手数ですが」「恐れ入りますが」などのクッションとなる言葉をいれ、語尾は「してください」ではなく、「していただけますでしょうか」という疑問系で話すと、角が立ちません。

その6:「なります」

レストランやスーパーのレジなど、身近なところでも、よく耳にする、間違い敬語です。

「こちら、ハンバーグになります。」
「100円になります。」
こういった言葉は間違いです。「なります」という言葉は、何かが変化する時に使うものです。例えば、目玉焼きがハンバーグに変化するのなら、「ハンバーグになります」は正解です。

指し示したものを敬語で説明するのなら、

「こちら、ハンバーグでございます。」
「100円でございます。」
というのが正解です。

その7:「よろしかったでしょうか」

何かを確認する際、

「こちらでよろしかったでしょうか。」
という方がいらっしゃいますが、過去形にする必要はありません。正しくは、

「こちらでよろしいでしょうか。」
です。

その8:「お手伝いしましょうか」

仕事を手伝う時、

「何か、お手伝いしましょうか?」
というのは、自分がする行動に対して、「お」を付けてしまっているので、間違っています。正しくは、

「何か、私に手伝えることはございますか。」
です。

その9:「ご苦労様です」

「ご苦労様」という言葉は、目上の人が目下の人に対して使う言葉です。目上の人に対しては、「お疲れ様です」という言葉を使いましょう。

その10:「○○様でございますね?」

お客様が来たときに、確認する際、

「○○様でございますね?」
というのは、思わず使ってしまいそうな言葉ですが、正しくは、

「○○様でいらっしゃいますね?」
です。

おわりに

日本語は、深く考えれば考えるほど、難しいですね。考えすぎて、言葉が出てこなくなることのないよう、ある程度の常識を踏まえた敬語で話しましょう。

(photo by 足成)

本記事は、2012/09/25公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
================================引用終了






【解答?例】

 ツッコミどころがあまりにも多くて……。

【よくわからない解説】
 いままでにもいろいろ見てきたけど、有数のホニャララ記事だと思う。
 大前提として、誰に対する記事なのかって問題がある。
 前半は、一般の人向けだよね(一応)。なぜ「その6」や「その7」で急にバイト敬語の話に……。何も考えずに思いつくままに並べた、なんてことはないよね。

 順番に見ていく。
 その1:「了解しました」
 最近よく見聞する。趣旨はわかるけど、言いかえは難問。若い世代が社内の人間に「かしこまりました」と言うのはどうなんだろう。
【よくある誤用20──誤用ではないけれど…… なるほど 了解 参考にする】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2509.html

その2:「スイマセン」
 まず何より、「すいません」ではなく「すみません」であることを書くべきでは。

その3:「あの…」
 これって敬語の話ですか? これが×なのはどんな●●でもわかるでしょうに。どうせなら、「そうですね……」をあげましょうよ。

その4:「粗末なものですが…」
 そんな言葉が定番なの? 文化庁の調査を見ても定番は「つまらないものですが」では。
【文化庁の「国語に関する世論調査」に対する疑問】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2517.html
「つまらないものですが……」なら、日本人のマナーとしてきわめてマトモだろう。これを「失礼」と言う人はかなり異常だよ。もちろん、「よかったら皆さんでどうぞ」もきわめてマトモだけど。

その5:「○○なんですけど…」
 語尾を省略するのは原則としてよくない。でも含みをもたせる言い方としてはアリだろう。
「こちらがこのシーズンの人気商品でございますが……」
「こちらがこのシーズンの人気商品でございます」
「こちらがこのシーズンの人気商品でございますが、いかがでしょうか」
 どれもアリだろう。
 省略ウンヌン以前に問題なのは、「なんですけど」じゃないかな。

その6:「なります」
190【「~になります」考】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1201.html

その7:「よろしかったでしょうか」
314)【バイト敬語の話──「よろしかったでしょうか?」考】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1572.html

その8:「お手伝いしましょうか」
 これがイチバンひどいかも。どうツッコミを入れればいいのか……。SNSのmixiにトピを立ててみた。コメントがつかない(泣)。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=72467345&comm_id=8873
================引用開始
 ホントなのでしょうか。
 当方の感覚だと「お手伝いしましょうか」は何も問題のない好ましい言い方です。
「お手伝いいたしましょうか」も好ましい言い方で丁寧さが増します。この形を二重敬語と言う人がいますが、そんなことはないと思います。
 ↑の修正案も問題はないのでしょうが、「お」を使って
「何か、私にお手伝いできることはございますか。」
 のほうが丁寧さが増して好ましく感じられます(語尾を「ませんか」にすればもっと丁寧な気がします)。
 当方の感覚がヘンなのでしょうか。
================引用終了

その9:「ご苦労様です」
 あまりにもアチコチで目にする。
 目下には「ご苦労さま」で目上には「お疲れさま」……なんてミニ知識でもなんでもないから、わざわざ書くのはどうかと思うよ。
突然ですが問題です【日本語編2】──「お疲れさまです」「ご苦労さまです」
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n134741

その10:「○○様でございますね?」
 ビックリした。
 最後の最後にまともな話が来た。
 これはこのとおりです。
 ただ、この流れでこういうレアな話を書かれると、これもホニャララと思えてしまう。(←オイ!)

スポンサーサイト



突然ですが問題です【日本語編10】Yahoo!知恵袋ver.──「~させていただく」「~せていただく」「~(さ)せていただく」

【問題】
 問題と言うよりアンケートに近いかもしれない。

【問1】下記の「~させていただく」のなかで、文法的に間違っているのではどれでしょうか。
【問2】下記の「~させていただく」のなかで、感覚的に許容できるのはどれですか。

1)相手が所有している本をコピーするため,許可を求めるときの表現
  コピーを取らせていただけますか。
2)研究発表会などにおける冒頭の表現
  それでは,発表させていただきます。
3)店の休業を張り紙などで告知するときの表現
  本日,休業させていただきます。
4)結婚式における祝辞の表現
  私は,新郎と3年間同じクラスで勉強させていただいた者です。
5)自己紹介の表現
  私は,○○高校を卒業させていただきました。
6)ビストロSMAPでの中居クンの口上
  なんでも作らさせていただきます。




【解答?例】 

【問1】
 6)がいわゆる「サ入れ言葉」になっている。
■Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本語の乱れ
================================
使役の助動詞は、下記のように使う者が多いことから、五段活用動詞とサ行変格活用動詞の後では「せる」が使われ、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞の後では「させる」が使われるという規則が見出されてきた。

  やる(五段) → やら+せる
  叩く(五段) → 叩か+せる
  降りる(上一段) → 降り+させる
  受ける(下一段) → 受け+させる

しかし、一部では、下記のように五段活用動詞とサ行変格活用の動詞の後でも「させる」を使うことがある。これがいわゆる「さ入れ言葉」である。

  やる(五段) → やら+させる
  叩く(五段) → 叩か+させる

敬語(特に謙譲語)に不慣れな人が、過剰に敬意表現を並べてしまうために使われるのではないか、ということから若い世代に多いと言われる[要出典]。

「ら抜き」は以前から乱れの代表格として指摘されているものの、こちらは2000年代に入ってから取り沙汰されるようになった。特にバラエティ番組「SMAP×SMAP」のコーナー「ビストロSMAP」で中居正広が「(ゲストが注文した料理を)作らさせていただきます」と言っているのはおかしいのではないかと新聞に投書が掲載されたことがある。
================================

【問2】
「~させていただく」に関して詳しくは下記を見てほしい。
【よくある誤用32──敬語編2「~させていただく」(「~させていただきます」も同様)】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n132890

突然ですが問題です【日本語編9】──いろいろな読み方2? 「地面」は「じめん」か「ぢめん」か

【問題】

【問1】
「地面」の読みが「ぢめん」ではなく「じめん」である理由を述べなさい。
※「パソコンやケータイが変換するから」以外の理由を述べなさい。

【問2】
「地」と同じような(連濁っぽいけど連濁ではない)読み方をする漢字をあげなさい。





【解答?例】 

 煩雑になるので、辞書の引用はしません。興味のあるかたは各自ご確認ください。(←オ~イ!)

【問1】
「地」には「チ」の読みのほかに、「ジ」という読みがある。
 そのため、「生地」の場合も、「チ」が連濁で「ヂ」になるのではなく、あくまでも「ジ」という読みをもっているので、「キジ」になる。「地(地金)が出る」の「地(ジ)」と考えてほぼ間違いない。
 そのため、「地面」「地主」のように語頭に来たときも「ジ」という読みになる。

【問2】
「治」
「地」と同様に「チ」と「ジ」の読みがあるので、「政治」「湯治」などは「ジ」。恐ろしいことに、「完治」には「カンチ」のほかに「カンジ」という読み方もある(ありえねえ)。「カンジ」では「キスしよう」と言う気分ではなくなる。
「治(ジ)」で始まる言葉は意外に少ない。「治部(煮)」以外は、「治承」などほぼ歴史用語だろう。

 ちなみに、〈「チ」と「ジ」の読みがある〉なんてのはあとから適当にくっつけた理由だと思う。歴史的仮名遣いをやめたときに生じた矛盾をごまかすための屁理屈としか思えない。
 古語辞典を開くと、「地合ひ」「地紙」「地髪」など、「地」で始まる言葉は軒並み「ヂ」である。当たり前だ。まあ、古い言葉のことはなあんにも知らないので、強いことは言えない。

 今回の話は、下記のコメントの際に思いついた。「地」に〈「チ」と「ジ」の読みがある〉話は昔から知っていたが、「治」も同様なことは今回初めて知った。
【「治」という漢字の読み方】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1140014331

突然ですが問題です【日本語編6】──四字熟語のことわざ

【問題】

【問1】次のことわざと同じ意味になる四字熟語を答えなさい。
井の中の蛙大海を知らず

【問2】 【問1】のように、四字熟語とそうでない形の両方が知られることわざを答えなさい。答えてもらえたらうれしいな。<(_ _)>





【解答?例】

【問1】

坐井観天

「夜郎自大」あたりも意味的にはOKだが、原意を考えるとこれが近いでせう。
 ただし、「坐井観天」を読み下したものは、「井に坐して天を観る」と言う(らしい)。
 下記の質問が気になって調べて知った。3カ所も違ったらクイズだよ。問題作成者、出てこい。

【ことわざなんですが、、、】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1340372663


【問2】
  快刀乱麻を断つ」⇔一刀両断
  寒さに帷子、土用に布子⇔夏炉冬扇
  馬の耳に念仏⇔馬耳東風

 出題者は何か考えていたか?
 考えていたら、「教えてください。」なんて書きません。キッパリ<( ̄- ̄)>
 臥薪嘗胆⇔怨み晴らさでおくべきか
 
 考えればほかにもあるかもしれない。
 引き続き募集します。
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード