fc2ブログ

突然ですが緊急問題です【日本語編35】──「反の次にある馬へんの読み」

【問題】
 トピのやり取りでちょっと気分のいいことがあって……。
 たまーにはこういうこともある(笑)。
 緊急問題にします。
 マイミクのなかに、当該トピの参加者がいる(あろうことか管理人も……)。答えを知っている人は書き込み禁止(笑)。想像力を働かせて、とあるトピにあった下記の問いに答えなさい。


反の次にある馬へんの読みを教えてください。
反と一緒にしたらなんて読むんでしょう?






【解答例】
反駁

【よくわからない解説】
  ブログのほうに、知り合いから下記のコメントをもらった。
================================
反駁の事ですか?
問題文がトンチ問題風なので、違うだろうとは思いますが。

1)マールシン、マールシン
2)逞しく育って欲しい(一応、誤読の方も)
================================
 1)は「ハンバーグ」と言いたいんだろうな。
 2)はよくわからん。まさか、誤読例として「はんぱく」をあげ、「腕白」とかけているなんてころはないよな。そんなメレンゲソースもどきのことは知らん。

 そもそものキッカケは下記のトピの「243」のコメント。
 写真を添付するのを忘れたから、質問ではなくクイズになってしまった。トピでは絶賛?されたのに……(泣)。

【この漢字の読み方を教えてください】
(略)

 後日、書き込んだ「オタクのゴタク」とも呼ばれかねないスカトロネタ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「駁」の話

■Web辞書(『大辞林』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=駁&stype=0&dtype=0&dname=0na
================================
ばく【×駁】
[音]バク(慣) ハク(漢) [訓]ぶち

【1】〈バク〉
1 不純なものが入り交じる。「駁雑」
2 他人の説に反対する。反論する。「駁撃・駁論/反駁・弁駁・論駁」
【2】〈ハク〉入り交じる。「雑駁(ざつばく)」
◆原義は、いろいろな毛色の交じったまだら馬。
================================

「駁」の字を使う言葉で思いつくのは、「反駁」「論駁」「甲論乙駁」くらいかな。
「逆らう」くらいの意味だと思っていた。それは↑の【1】2だな。
「入り交じる」と意味もあるらしい。↑の【1】1と【2】の違いがわからない。
 どうやら「バク」と「ハク」で意味が微妙に違うらしい。でも「バク」は慣用読みなんだから、意味の違いなんてないはずでは?
 で、【1】1の意味「不純なものが入り交じる」の場合は「バク」と読む。
 【2】の意味「入り交じる」の場合は「ハク」と読む。同じ「入り交じる」でも「不純なもの」か否かで読みがかわるの?
 微妙すぎる(笑)。
 しかも「雑駁」の場合は連濁?で「ざつばく」になる。それじゃ「バク」と「ハク」の違いがわかりません(泣)。しかもリンク先に進むとなぜか「ざっぱく」になっている(なんじゃそりゃ)。

「雑駁」という言葉にはかすかな記憶があった。たしか芥川が純文学と大衆文学の違いを説明するのに使っていたような……。
 調べてみたらちょっと違った。下記の「四 大作家」と「二十九 再び谷崎潤一郎氏に答ふ」の記述だと思う。こんな言葉はほかで見た記憶がないから間違いない(ホントか?)
 http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/26_15271.html

 ちょっと意外だったのは「駁」に「ぶち」の読みがあること。
 あえて漢字で書くなら「斑」だとばかり思っていた。

■Web辞書(『大辞林』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=ぶち&stype=0&dtype=0
================================
ぶち【×斑/×駁/×駮】
《古くは「ふち」か》地色と異なった色がまだらになって入っていること。また、そのような毛並みの動物。「―の犬」
================================


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html
スポンサーサイト



突然ですが問題です【日本語編34】Yahoo!知恵袋ver.──最初 最後 最高 最低

【問題】
 次のうち、誤用とは言えないものをあげなさい(複数回答可)。

1) イチバン最初
2) イチバン最後
3) イチバン最高
4) イチバン最低






【解答例】
3)4)

【よくわからない解説】
 当方の感覚だと、全部誤用。
 正確には重言であって誤用ではないかもしれないけど、ここまでベッタベタだと「誤用」と言ってもいいだろう。
 しかし、世の中の常識には逆らえない(泣)。

 関連するのは下記あたりだろうか。
114)【板外編11】最上級がらみの誤用──「もっとも〇〇な~のひとり(ひとつ)」etc. 2009年12月28日
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-935.html
128【板外編12-2】最上級がらみの誤用──「最も適切なものを下記のなかから選びなさい」
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1034.html

■Web辞書(『大辞林』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=最高&stype=0&dtype=0
================引用開始
さい‐こう〔‐カウ〕【最高】
[名・形動]
1 地位や高さなどがいちばんたかいこと。「世界―の山」「史上―の競争率」「―幹部」⇔最低。
2 物事の程度が特にいちじるしいこと。また、そのさま。「―におもしろい映画」「今月は―に忙しかった」「―傑作」
3 物事が最も望ましい状態にあること。この上なくすばらしいこと。また、そのさま。「―な(の)気分」「今日の試合は―だった」⇔最低。
================引用終了

 通常考えられる「最も高い」(↑の「1」)の意味なら、「イチバン最高」は誤用になる。しかし、「2」の意味だとすると、単に「程度が特にいちじるしいこと」だから、「イチバン最高」を誤用とする理由はなくなる。
 ちょっと微妙なのは「3」の意味の場合。「最高の気分」とはたしかに言うが、そんなもの簡単に覆る。いいことがあって「最高の気分」のときに宝くじが当たったらどうするのよ(笑)。
 これも「2」と同様だろうな。いつ2番になるかわからないとっても不安定な「最高」。「いままで生きてきたなかで最高」みたいに限定用法ならアリだろう。
 ちなみに、当方の語感だと「最高な気分」は相当ヘン。そもそも、いつから「最高」が形容動詞になったのだろう? 手元の『広辞林』ではそんなものはない。この調子だと、「最大」あたりが形容動詞になる日も近いか?)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1203.html
 辞書を見る限り、「最低」も同じようなもの。

 こういう状況を考えると、「最大」「最小」なんかが形容動詞としても認められる日も遠くないな。
 そいでもって、「イチバン最初」も「イチバン最大」も誤用ではない、って日も遠くないだろうな。
 なんかなぁ……。

【追記】
 ちなみに「最も」も同様の解釈ができなくはないらしい。ただし、用例は古語なので現代語でも使えるか否かは不明。『大辞泉』には、このような用法はのっていない。
■Web辞書(『大辞林』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=もっとも&dtype=0&dname=0ss&stype=0&index=119415000000&pagenum=1
================================
もっとも3 【最も】
(副)
〔補説〕 「もっとも(尤)」と同源
[1] 比べたものの中で程度が一番上であることを表す。この上なく。最高に。
学校で―足の速い生徒
世界で―高い山
[2] きわめて。はなはだ。
昔、天竺に一寺あり。住僧―おほし〔出典: 宇治拾遺 12〕
================================


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編33】──「普通においしい」の意味

【問題】
 これもアンケートに近いかな。
「普通においしい」のおいしさはどの程度か。

【問1】
1)すごくおいしい
2)かなりおいしい
3)おいしい
4)普通
5)あまりおいしくない
6)まずい
7)その他

【問2】
 あなたが日常的に食べているものは、【問1】のどれにあたることが多いか。作り手を明記のうえ答えなさい。




【解答例】
【問1】
 人によって、1)~5)くらいまで分かれると思う。
 一般的な答えは、下記くらいだろう。

【問2】
 略。




【よくわからない解説】
 詳しくは下記をご参照ください。
【普通においしい〈1〉~〈4〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1761.html

 以下は一部の抜粋(重言)。
================引用開始
「参考資料2」に出てくる不等式?はおもしろい。注目すべきは中央部。

かなりおいしい>普通においしい≧おいしい>普通>あまりおいしくない

 こういう考え方でいいと思う。
「普通」を文字通りの意味で考えたら、「普通においしい」は「おいしい」とほぼ同じになる(普通においしい=おいしい)。だったら単に「おいしい」でもいいだろう、という考え方もできる。そこでポイントになるのは「参考資料1」の記述。〈そんなふうに条件や留保をつける必要のある食べ物とは違って、ストレートに、一般の誰もが「おいしい」と同意するであろうような味〉ってこと。この意味だと、「お世辞抜きでおいしい」までほめてはいない。
 世間の一部で解釈しているように、もう少しほめていると考えるなら「普通においしい」のほうが「おいしい」より上と考えてもいい(普通においしい>おいしい)。この意味でも、「お世辞抜きでおいしい」までほめてはいない。
 注目したいのは、「参考資料2」に出てきた「意外性」。
 たとえば、すんごく評判の悪い店・料理人(身近な作り手を想起するのはご自由に)の料理が、全然まずくなかったときに使われるのが「普通においしい」。見た目がグロい料理が全然まずくなかったときにも使われる。「意外性」ですね。
  「ごめんね。まずかったでしょ」
  「いや、そんなことないって。普通においしいよ」
 ほほえましい会話だな。
 まったく逆の場合はどうなるか。
 評判のいい(あるいはバカ高い)店・料理人の料理が、まずくはないけどとくにおいしくもなかったときに使われるのは……。
「普通」なんだろうな。これも「意外性」と言えば「意外性」。
  「どう? 料理にはけっこう自信があるの。おいしいでしょ?」
  「いや、そんなことないって。普通だよ。どっちかって言うと、惜しい」
 性格がtobiすぎるorz。
「普通に」と「普通」は辞書的には大差がないと思うけど、こういう状況で考えると、真逆(誤用?)とまでは言わなくても相当違う印象になる。
 いやぁー、日本語ってホントにおもしろいですね。
================引用終了


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編32】Yahoo!知恵袋ver.──助詞の「を」

【問題】
 次の1)~3)のなかから、「この道をまっすぐ行ってください」と同じ用法の「を」を選びなさい。

1) 料理を食べる
2) 大学を卒業する
3) 川を船で渡る




【解答例】
3)


【よくわからない解説】
「を」の用法はいくつかあります。
■Web辞書(『大辞泉』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=を&dtype=0&dname=0na&stype=1&index=24304619897900&pagenum=1

================================

[格助]名詞、名詞に準じる語に付く。

1 動作・作用の目標・対象を表す。「家―建てる」「寒いの―がまんする」「水―飲みたい」
「ただ月―見てぞ、西東をば知りける」〈土佐〉

2 移動の意を表す動詞に応じて、動作の出発点・分離点を示す。…から。「東京―離れる」「席―立つ」
「さびしさに宿―立ち出でてながむればいづくも同じ秋の夕暮」〈後拾遺・秋上〉

3 移動の意を表す動詞に応じて、動作の経由する場所を示す。…を通って。「山道―行く」「廊下―走る」「山―越す」
「また住吉のわたり―こぎゆく」〈土佐〉

4 動作・作用の持続する時間を示す。「長い年月―過ごす」「日々―送る」
「足引の山鳥の尾のしだり尾のながながし夜―独りかも寝む」〈拾遺・恋三〉

5 (「香(か)をにほふ」「寝(い)を寝(ぬ)」「音(ね)を泣く」などの形で)同類の意をもつ名詞と動詞の間に置かれ、慣用句を作る。
「夜はも夜のことごと昼はも日のことごと音(ね)のみ―泣きつつありてや」〈万・一五五〉

6 遭遇や別離の対象を表す。…に。
「逢坂(あふさか)にて人―別れける時に詠める」〈古今・離別・詞書〉

◆1の「水を飲みたい」などは、「を」の代わりに「が」を用いることもある。格助詞「を」は、の間投助詞から生じたといわれる。

(以下略)
================================

これに沿って考えます。
1.料理を食べる
↑の「1」「動作・作用の目標・対象」でしょう。

2.大学を卒業する
↑の「2」「動作の出発点・分離点」でしょう。「東京を離れる」と同様です。

3.川を船で渡る
↑の「3」「移動の意を表す動詞に応じて、動作の経由する場所」でしょう。

問題の「この道をまっすく行ってください」も「3」だと思います。

ただし、助詞の働きはかなり微妙なものも多く、辞書によっても書き方が違います。
文脈によってもかわってくるので、明確に分類できないことも多々あります。
この問題に関しても「2」と「3」は微妙で、「この先の三叉路で、右の道をまっすぐ行ってください」なら「2」の可能性も否定できない気がします。

 詳しくは下記をご参照ください。
403)【助詞の話……「を」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1807.html


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編31】Yahoo!知恵袋ver.「以下」「以上」「未満」「超」

【問題】
 次の1)~4)の反対語(対義語、反義語)を答えなさい。

1)以下
2)未満
3)50kg以下
4)18歳以下





【解答例】
1)以上/超
2)以上/超
3)50kg超
4)19歳以上


【よくわからない解説】
1)具体例を考えずに「以下」の反対語を考えるなら「以上」だろう。「概念としては」ってことかな。
 ただし、「超」のほうが正確、って考え方もできる。

2)具体例を考えずに「未満」の反対語を考えるなら「超/超過」だろう。
 ただし、「以上」のほうが正確、って考え方もできる。

3)具体的な数字が入ると、「50kg以下」の反対は「50kg以上」とはいいにくい。50kgジャストの人の立場がなくなってしまう。「50kg以下」&「50kg超」の場合は、50kgジャストは当然「50kg以下」になる。柔道などの階級制はこういう分け方になっているはず。
 これを「50kg未満」&「50kg以上」にすると、50kgジャストは当然「50kg以上」になる。ただ、なぜかそういう言い方はしないみたい。

4)年齢の場合はハンパな数字はないので、「18歳以下」&「19歳以上」という組が成立する。
「19歳未満」&「19歳以上」でも示す内容はかわらない。
「18歳以下」&「19歳超」でも示す内容はかわらないはずだが、そんな言い方はしない。
 あれ? 「19歳以上」は19歳OKだよな。「19歳超」はなんで「19歳以上」と同じ意味になるんだ?
 だって「50kg以上」は50kgジャストを含むけど、「50kg超」は50kgジャストを含まないはず。なんか勘違いしてる?


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編30】Yahoo!知恵袋ver.七草粥

【問題】
 次の1)~3)の言葉遊びに答えなさい。

1)昔の一般家庭ではお節も食べ尽くして食料のストックがなくなる頃できょうくらいは簡単に済ませよう……このことは諺にもなっています。
 食べるものが……。
 たぶん毎年、万人単位でこういう「つまらんダジャレ」を考えてんだろうな。ヤダヤダ。

 
2)12月の中旬から、ふくらはぎに湿疹状のものができている。 
 この掻痒感がハンパじゃないくて。
 思わず涙が出そうな予感。


3)少し前に、tobiクンは某事務所に履歴書を送った。
 いまやスカウト部長になっている少年隊のカッちゃんが、まれに見る逸材を獲得しようと慌てて駆けつけた。恐縮するtobiクンに向かってカッちゃんは、あの事務所独特の呼びかけをした。






【解答例】
1)なくて七草
2)な、泣くさ痒
3)植草がyou

 たこなるインネンもいかなるインネンもいっさい認めません。
 キッパリ<( ̄- ̄)>


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編29】Yahoo!知恵袋ver.「すぎる」のナゾ

【問題】
 次の1)~8のうち、文法的に誤用と考えられるものはどれか。できれば理由も添えてね。

(1)
1)バカすぎる
2)アホすぎる
3)たわけすぎる
4)白痴すぎる

(2)
5)チビすぎる
6)デブすぎる
7)ブスすぎる
8)ハゲすぎる

【参考日記】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-995.html





【解答例】
(1)
1)バカすぎる
2)アホすぎる
3)たわけすぎる
4)白痴すぎる
 ↑の辞書に従うなら、1)2)は形容動詞に接続していると考えられるので○。
 3)4)は名詞でしかないので×
※修正コメントをもらった。
「たわける」という動詞があるので、3)も○。  

(2)
5)チビすぎる
6)デブすぎる
7)ブスすぎる
8)ハゲすぎる
 5)~8)を名詞に接続と解釈するなら×。
 ただ、5)~8)が形容動詞的に使えるか否かは微妙。正確にはよくわからないが、「~な〈名詞〉」の形で使えるか否かでいいだろう。8)以外は、俗語っぽいけど誤用と言い切る自信はない(自分で使うか否かは文体による)。
 さらに、5)と8)には動詞の形もある。


【よくわからない解説】
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=ちびる&stype=0&dtype=0
================================
ちび・る
[動ラ五(四)]
1 小便をちょっと漏らす。「怖くて―・りそうになった」
2 出し惜しみする。けちけちする。「予算を―・る」「小遣いを―・る」
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=はげる&stype=0&dtype=0
================================
は・げる【×禿げる】
[動ガ下一][文]は・ぐ[ガ下二]《「剥(は)げる」と同語源》
1 頭髪が抜け落ちてなくなる。「頭が―・げる」
2 樹木がなくなって、山などの地肌が露出する。「乱伐のため山が―・げる」
================================

 つまり、「チビすぎる」「ハゲすぎる」は動詞に接続していると解釈できる。こうなると誰も文句はつけられない。ニュアンスはかなりかわる気がするけど。


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編28】Yahoo!知恵袋ver.──「から/ので」辞書へのツッコミ から ので 〜から 〜ので

【問題】
 下記をを参考に、下記の辞書の記述に全力でツッコミを入れなさい。相手が泣くまで許してはいけません。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1680.html


http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/17210/m0u/ので/
================引用開始
から/ので
[共通する意味]
★原因・理由・根拠を表わす。
[使い方]
〔から〕▽(1)もう遅いから早く帰りなさい▽(2)家が近いから一緒に帰りましょう▽(3)明日は晴れるだろうから洗濯をした▽(4)遅刻したのは、電車が遅れたからです▽(5)子供だからといって、甘えてはいけない
〔ので〕▽(1)事故が多いので運転を休止した▽(2)下記に転居いたしましたので一度お越しください
[使い分け]
【1】接続助詞「から」と「ので」は、それぞれ「X(だ)からY(だ)」および「X(な)のでY(だ)」の文型で、後件Yの内容に対して前件Xがその原因・理由・根拠となることを表わす。
【2】「から」は、前件と後件とが主観的な立場で結びつけられるときに用いられやすい。したがって、後件が命令(例文(1))・禁止・勧誘(例文(2))などの表現のように、話し手の判断や気持ちを表わす場合には、「から」が用いられることが多い。また、前件が推量表現である場合に接続する用法(例文(3))は、「ので」にはない。「から」にはほかに、結果にあたる事柄を先に述べて原因を後で述べる用法(例文(4))や、「~からといって…(否定)」の形で、前件から帰結されるべき結論とは逆の内容を後件におく用法(例文(5))などがある。
【3】「ので」は、前件と後件との間に客観的な因果関係が認められる場合に用いられやすい(例文(1))。したがって、「ので」の後件には断定や事実の叙述などの表現がくることが多い。
【4】話し手の気持ちを表わす表現でも、「ので」の例文(2)のように、丁寧な表現や書き言葉では一般に「ので」が用いられる。これは、自分の気持ちを前面に出すのを避けるためである。このような場合に「から」を用いると、ぶっきらぼうな表現や押しつけがましい表現となりやすい。
[参照]
から⇒が/で/に/から/の・から/に・から/を・で/から・で/から/に・に/から
[対比表]
   寒い…服を着た  相手は強そうだ…注意しろ  未熟者です…ご指導ください
から ○        ○             -
ので ○        -             ○
================引用終了






【解答例】

「カラ」が主観的で「ノデ」が客観的なんて言えるのだろうか、って話は【1】で書いた。「対比表」が意味不明なことも【1】で書いた。
【1】にいただいたコメントから抜粋する。
================引用開始
 主観客観説は、主に、カラノデの主文の文末制約を説明するために、永野賢1952「「から」と「ので」とはどう違うのか」『国語と国文学』29-2によって提出されたものです。
 しかし、多分実際は、カラは原因理由全般で使えるがノデは制限がある、という程度でしょう。
 ガ・ケドとノニにも平行したことが言えると思います。
 丁寧表現との絡みも永野が指摘していますが、これも、かなり修正されるべきでしょう。また、ンデになると事情も変わってきます。
================引用終了

 もっともらしい説が出てくると、何も考えずに同調する●●が出て、説だけが独り歩きを始めて曲解されて定説になる。怖い話だな。このコメントのような書き方なら、何も言う気はない。しかし、なんの根拠もなく〈「カラ」が主観的で「ノデ」が客観的〉なんて話が出てくると強い異和感がある。
 【1】で紹介したYahoo!知恵袋を見ると、先行の3人が3人とも〈「カラ」が主観的で「ノデ」が客観的〉としている(書き方には多少差がある)。根拠を示したのは1人だけ。いったいどういう人たちなんだろう。
 それぞれの例文を書きかえてみる。書きかえることによって客観的になったり、主観的になったりする例があるのだろうか。

〔から〕
(1)もう遅いから早く帰りなさい
 →もう遅いので早く帰りなさい
(2)家が近いから一緒に帰りましょう
 →家が近いので一緒に帰りましょう
(3)明日は晴れるだろうから洗濯をした
 →明日は晴れそうなので洗濯をした
(4)遅刻したのは、電車が遅れたからです
 →??
(5)子供だからといって、甘えてはいけない
 →子供なのでといって、甘えてはいけない

〔ので〕
(1)事故が多いので運転を休止した
 →事故が多いから運転を休止した
(2)下記に転居いたしましたので一度お越しください
 →下記に転居いたしましたから一度お越しください

「から」を「ので」にできないのは(4)だけ。まあ、(3)と(5)がちょっと不自然とは言えそう。でもこれが×なんて言えるの?
「ので」のほうは、問題なく「から」にできる。ってことは例文の大半は何を示したいかわからない。
「から」の例文をもう少し細かく見る。
(3)の書きかえの「明日は晴れそうなので洗濯をした」を「から」に戻すと「明日は晴れそうだから洗濯をした」になる。つまり、ちょっとズルだな(笑)。「だろうから」が「ので」にしにくいってことだろう。ただそれは接続の問題で「意味の違い」ではないし、「主観」と「客観」なんて関係ない。
(5)も少し苦しいかな。少し書きかえる。

(6)バカだからわかりません
 →バカなのでわかりません
(7)バカだからってのは言い訳にならない
 →バカなのでってのは言い訳にならない
 (6)は問題がない。(7)は(5)よりほんの少し不自然。でもこんなのイチイチ×にしていいのだろうか。
 最大のナゾは(4)。この形だとたしかに「ので」は使いにくい。
 これも「意味の違い」ではなく、接続の具合だろう。
 たとえば(2)を書きかえると、「ので」は使えなくなる。
(8)一緒に帰ったには家が近いからだ
 →??
 逆に、(4)を下記の形にすれば問題はない。「意味の違い」ではないし、「主観」と「客観」なんて関係ない。
(4)電車が遅れたから遅刻した
 →電車が遅れたので遅刻した


突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編27】Yahoo!知恵袋ver.──言葉になってしまう名前


【問題】

 ちょっと息抜きに……。
 たまにはこういうのもアリでしょう。

 次の例に従って、姓と名をつなげると言葉になってしまう姓名をあげなさい。
  安藤 奈津 → あんドーナツ
  水田 マリ → 水たまり




【解答例】
  1)安藤 なつ(あんドーナツ)
  2)水田 マリ(水たまり)
  3)飯野 香奈(いいのかな)
  4)伊達 真紀(伊達巻き)
  5)大場 加奈子(大バカな子)
  6)飛田 真理(日だまり)
  7)二谷 多賀夫(ニタニタ顔)
  8)原 まき(腹巻き)
  9)小田真理(おだまり)
  10)大庭佳代(大バカよ)
  11)麻生かよ(あ、そうかよ)
  12)小田まり(お黙り)
  13)芳賀ゆい(歯がゆい)
  14)明石六郎(赤白黒)
  15)佐藤俊夫(砂糖と塩)

突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html

突然ですが問題です【日本語編26】──「全然」の書きかえ

【問題】
【問1】次の1)~5)の「全然」を、ほかの言葉に書きかえなさい。

1) 全然大丈夫
2) 全然いい
3) 全然新しい企画
4) 全然ダメ
5) 全然ヘン

【問2】上の1)~5)の「全然」のうち、「まったく」に書きかえられるものをあげなさい。

【問3】上の1)~5)の「全然」のうち、「とても」に書きかえられるものをあげなさい。





【解答例】
【問1】
略(←オイ!)

【問2】上の1)~5)の「全然」のうち、「まったく」に書きかえられるものをあげなさい。
1) 全然大丈夫→まったく大丈夫
3) 全然新しい企画→まったく新しい企画
4) 全然ダメ→まったくダメ

【問3】上の1)~5)の「全然」のうち、「とても」に書きかえられるものをあげなさい。
2) 全然いい→とてもいい
3) 全然新しい企画→とても新しい企画
5) 全然ヘン→とてもヘン

 上記のなかには、意見が分かれるものもあると思う。


【よくわからない解説】
 長文でもOKの人は下記をご参照ください。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1641.html

 簡単な説明をご希望のかたは下記をご覧ください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1096543135

突然ですが問題です【日本語編】のバックナンバー
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2570.html
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード