fc2ブログ

ムチャもここまでいくとギャグになるからいいか……

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【14】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1935528999&owner_id=5019671

mixi日記2015年02月20日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1939002839&owner_id=5019671

 ムチャな試算であることは書き手もわかっているようだ。
 こういうエセ統計はおもしろい。
 それでも最低限のことは考えてほしい。専門家のアドバイスをもらってこの試算は……。

>これを分母に前述の3人で割ると
 その場合、分母は3だと思う……という算数の話はパスする。
「母数」「母集団」と勘違いしたのだろうか。

 野球の「母数」は高野連の部員数。疑問も感じるが、まあアリとしよう。
 根本的におかしいのは、大谷選手の打者としての能力を無視していること。
 それ以上に「天才」の定義を「球速160㎞」にすることに無理を感じる。

 相撲の母数は、入門者数。
 野球でこれに相当するのは入団者数じゃないかな。

 サラブレッドの母数は出生数。
 野球や相撲でこれに相当するのは全人口?
 しかも日本には限らないよね。
 わけわからなくなるから、日本に限定しようか。野球の話も外国人選手は除外しているみたいなんで。
 あら。白鵬はいなくなる。大鵬もハーフだよね。じゃあ、対象横綱は1.5人なのか?


【つぶやきネタ】も回収しておく。
天才には好敵手あり? イチローはライバル不在で孤高。大谷のライバルは藤浪かな。メッシのライバルはうどんかパンか。



【ネタ元】R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150219-00040673-r25
==============引用開始
イチロー級は55万分の1、大谷級は82万分の1?
メッシは1/20万!天才の出現率2015.02.19

スポーツの世界で「天才」はどれくらいの割合で出現するのだろうか? 突出した才能を持つ選手に対しては、よく「10年に1人の天才」といった表現が使われる。その一方、昨年7月にはイングランド・プレミアリーグの強豪クラブ、アーセナルが「メッシのような天才的な選手は競技人口20万人に1人の割合で潜んでいる」との研究報告を発表。興味深い話だが、どうしたら「天才の出現率」は計算できるのだろうか?

「天才の出現率を考えるうえで重要なのは、天才をどう定義するかです。メッシというサッカー選手が天才なのは誰もが認めると思いますが、やはり、ある程度みんなが納得できる定義が必要でしょう。それぞれのスポーツで超一流の活躍をした選手を『天才』とし、競技人口に対して過去にどれくらい『天才』が出現したか、というように考えるのがいいのではないでしょうか」

そう話すのは、日本統計学会「スポーツ分科会」の田村義保・統計数理研究所副所長と酒折文武・中央大学理工学部准教授。このアドバイスにもとづいて、各スポーツの「天才」の出現率を計算してみた。

●イチロー級の安打製造機が現れる確率
イチローを「天才」とすることに異論がある人は少ないはず。なかでも特筆すべきなのは「安打生産能力」。1994年にプロ野球史上初のシーズン200安打を記録し、メジャーでも10年連続200安打という大記録を達成している。プロ野球で200安打を達成した日本人打者は、イチローのほかに青木宣親(2005年、2010年)、西岡 剛(2010年)の2人しかいない。野球の競技人口は裾野が広すぎて算定が難しいが、高野連の部員数統計(硬式・統計が取られはじめた1982年以降)によれば、野球部に在籍したことがある部員数は延べ492万7203人。同じ部員の重複を避けるため3(学年数)で割ると、競技人口は164万2401人。ここからイチローや青木、西岡が出現した確率を計算すると、164万2401人÷3人=54万7467となり、イチロー級の「天才」ヒットマンが出るのは「約55万人に1人」ということになる。

●大谷級の速球投手が現れる確率
上で算出した「競技人口」をもとに、今度は速球投手の出現率を考えてみる。日本ハムの大谷翔平は2014年6月4日の対広島戦で球速160㎞をマーク、同年7月のオールスター第2戦では162kmを計測している。メジャーでも160km以上の速球を投げる投手はそれほど多くない。プロ野球で球速160km以上を記録した日本人投手は、大谷のほかには2010年8月26日の対横浜戦で161kmをマークしたヤクルトの由規しかいない。高野連の部員数統計をもとに計算してみると、164万2401人÷2人=82万1201となり、大谷級の「天才」速球投手が出る確率は「約82万人に1人」となる。ただ、野球選手がみな「投手」ではないことを加味し、仮に競技人口の「9人に1人」と考えれば、「約10万人に1人」ともいえる。

●白鵬級の優勝回数を誇る横綱が現れる確率
大相撲初場所で白鵬が33回目の優勝を達成した。大相撲の歴史のなかで、幕内優勝回数30回以上を記録しているのは、白鵬の33回を筆頭に、大鵬(32回)、千代の富士(31回)という3人の「天才」横綱しかいない。日本相撲協会の過去の発表数字などをみると、毎年の「新弟子」入門数は平成初期が平均で150人程度。以降は緩やかに減り続けているが、平成以降の合計数は約3000人。仮に平成初期と同ペースでそれ以前も新弟子が入門していたと仮定すると、大鵬が入門した1956(昭和31)~1988(昭和63)年までの入門者数は約5000人となる。これを分母に前述の3人で割ると、8000人÷3=2666となり、白鵬級の「天才」横綱が出るのは「約2700人に1人」ということになる。

●オルフェーブル級の三冠馬が現れる確率
中央競馬史上、クラシック三冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を完全制覇した三冠馬は、1941年のセントライト以降、わずか7頭しか存在しない。この10年に限れば、2005年のディープインパクトと2011年のオルフェーブルという2頭の「天才」サラブレッドのみ。一方、その間に誕生したクラシック世代のサラブレッドの数は、2005年8966頭、2006年8823頭、2007年8470頭、2008年8150頭、2009年7768頭、2010年7611頭、2011年7458頭、2012年7572頭、2013年7197頭、2014年7123頭で、合計すると7万9138頭。サラブレッドのなかから三冠馬という「天才」が生まれる確率は「3万9569頭に1頭」となるわけだ。

大谷級の82万人に1人から白鵬級の「2700人に1人」まで、様々な確率で出現している各スポーツの「天才」。世界を見渡せば、史上2人しかいないリーグMVPとスーパーボウルMVPの複数回受賞を成し遂げたNFLのトム・ブレイディなど、ほかにもたくさんの「天才」がいる。願わくは、次はサッカーでメッシ級の「天才」日本人選手の出現に期待したいところだが…。
(真屋キヨシ/清談社)
==============引用終了

メッシは1/20万!天才の出現率
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=29&from=diary&id=3283059


稼げるSNSとして話題の
tsūへの登録を希望のかたは下記へ。

http://ameblo.jp/kuroracco/entry-11961303726.html
スポンサーサイト



急いでるの急いでないの やにわに やおら おもむろに おっとり刀で

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【14】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1935528999&owner_id=5019671

mixi日記2015年02月17日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1938902344&owner_id=5019671

 正用の意味より誤用の意味が優勢になりつつある言葉がいろいろある。「やおら」もそのひとつらしい。
【「やおら」の意味】
http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2013_01/series_10/series_10.html
==============引用開始
「やおら」の意味

国語課
 「彼はやおら立ち上がって話を始めた。」のように使われる「やおら」。「国語に関する世論調査」でこの言葉の意味を尋ねたところ,本来の意味ではない使い方をしている人が多いことが分かりました。

問1 「やおら」とは,本来どのような意味でしょうか。
答 ゆっくりと,という意味です。
 「やおら」を辞書で調べてみましょう。

「日本国語大辞典 第2版」(平成12~14年・小学館)
やおら〔副〕
 (1)静かに身を動かすさま。また,徐々に事を行うさまを表わす語。そろそろと。おもむろに。やわら。現代では悠然としたさまをいうことが多い。

 
「大辞林 第3版」(平成18年・三省堂)
やおら【徐ら】(副)
 人や動物がゆっくりと動作を始めるさま。おもむろに。「―立ち上がる」「―身を起こす」〔「急に」「突然」の意味で用いるのは誤り〕

 「やおら」は,「源氏物語」などにも見られる古くから使われていた語です。古語辞典を見てみましょう。

「古語大辞典」(昭和58年・小学館)
やをら(副)
 (1)人に知られないように,物音など立てずにするさま。静かに。そっと。こっそりと。
 (2)静かに,ゆっくりとするさま。そろそろと。おもむろに。

 このように,「やおら」は何かをこっそり行う様子にも使われた語でした。今は,悠然とした行為,ゆっくりとした動作などに用いられます。

問2 「やおら」について尋ねた「国語に関する世論調査」の結果を教えてください。
答 本来の意味である「ゆっくりと」と答えた人が4割強,本来の意味ではない「急に,いきなり」と答えた人が4割台半ばという結果でした。
 平成18年度の「国語に関する世論調査」で,「彼はやおら立ち上がった。」という例文を挙げ,「やおら」の意味を尋ねました。結果は次のとおりです。(下線を付したものが本来の意味。)
〔全 体〕
やおら  例文:彼はやおら立ち上がった。
(ア)急に,いきなり・・・・・・・・・・・・・・・・・43.7%
(イ)ゆっくりと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40.5%
(ア)と(イ)の両方・・・・・・・・・・・・・・・・・1.1%
(ア),(イ)とは全く別の意味・・・・・・・0.3%
分からない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14.4%

〔年代別グラフ〕
(略)

 全体の調査結果を見ると, 本来の意味とは異なる(ア)「急に,いきなり」と回答した人が43.7%となっており,本来の意味である(イ)「ゆっくりと」と回答した人の割合(40.5%)を3ポイント上回っています。また,14.4%の人が「分からない」と回答しました。
 年代別に見ると,60歳以上でのみ,本来の意味である(イ)の割合が,本来の意味ではない(ア)の割合を上回りました。50代では(ア)と(イ)の数値が接近していますが,40代以下では,どの年代も本来の意味ではない(ア)の割合が,本来の意味である(イ)を大きく上回っています。
 「やおら」については,「東北・関東地方では戦前から「だしぬけに」の意味で使われていた」という指摘(「辞典〈新しい日本語〉」井上史雄・鑓水兼貴 平成14年・東洋書林)があるとおり,早くから意味が揺れてきたようです。その原因はどこにあるのでしょうか。三つの文学作品を見てみましょう。

 つまり諸々の人間はすでに数万年以前にゴリラとかチンパンジーというものから人間になってしまったというのに,この先生の祖先だけは漸く二三百年ぐらい前にコンゴーのジャングルからやおら現れてきたばかりだという面影があった 。 (坂口安吾 「勉強記」 昭和14年)

 ここでは,「諸々の人間」が「すでに数万年以前に」人間になってしまったのに対し,「この先生の祖先」は,ゆっくりとようやく人間になったということを「やおら現れた」と表現しています。この場合,文脈から「やおら」の意味が読み取れます。次はどうでしょうか。

 長げえ身の上話もこの為めにしたんだ。
 といいながら,彼は始めて私から視線を外ずして,やおら立ち上った。 (有島武郎「かんかん虫」明治43年)

 この文脈では「ゆっくりと」立ち上がったのか,あるいは,「急に」立ち上がったのか,判断が付きにくく,本来の意味を知らなければ「急に立ち上がった」と受け取ってしまうかもしれません。もう一つ見てみましょう。

 次にはかっぽれの活人形のような飄逸な姿で踊りあがり,また三度目には蝦のように腰を曲げて,やおら見事な宙返りを打った。 (牧野信一「鬼涙村」昭和9年)

 「宙返り」のイメージは,「ゆっくりと」「悠然と」とはなかなか結び付きません。こうなると,本来の意味を知らない読者は「急に,いきなり」と受け取ってしまうおそれが強くなります。もしかすると,書き手も「急に,いきなり」の意味で使っているのかもしれません。
 このように,本来の意味を知らないと,「やおら」が使われる文脈自体からは,意味を判断しにくいところがあります。そのために,本来とは違う意味が広がりやすいのかもしれません。同様の理由で,本来は「ゆっくりと」の意味がある「おもむろに」なども,「急に,いきなり」の意味で使われる傾向があるようです。
==============引用終了 

 これで話は終わった(笑)。
 あえて補足しようか。
 まず、この話を考えはじめたきっかけは下記の日記のやり取り。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1937603575&owner_id=7303697

 ここで問題になったのは、「おもむろ」。「やおら」と同様に誤用の意味が広まっているとのこと。「まさか」と思ったが、↑の文化庁のサイトにも〈同様の理由で,本来は「ゆっくりと」の意味がある「おもむろに」なども,「急に,いきなり」の意味で使われる傾向があるようです〉とある。
 o( ̄ー ̄;)ゞううむ
 そうなのか。

 個人的には、相当昔に「やおら」の誤用の話を知った。外山滋比古か小林信彦が書いていた。何十年も前にそのことを知ったが、正用も誤用も、言葉の雑学的な書籍以外で「やおら」が実際に使われている例は見たことがない(泣)。
 コーパスサイトの「少納言」で見てみると107件。ざっと見るとどちらかと言うと誤用が多い気がするが、ほとんどが正用か誤用か判定できない。どういうことだ(泣)。

「おもむろ」の使用例を少納言で見ると298件。こちらはさすがにほとんど正用に見える……のは当方の思い込みのせいかもしれない(泣)。
 そうなると、マギレをなくすためには、「急に」とか「ゆっくりと」あたりを使うしかないのかな。

 こんなことになった原因のひとつは、副詞を仮名書きにすることが一般的になっていること。
「やおら」を「徐ら」、「おもむろに」を「徐に」と書く習慣があれば、誤用される余地はなかった。
 なんせ「徐」は、「徐々に」「徐行」などでおなじみ。これを「急に」の意味にとるヤカラは……いるんだろうな(泣)。

 あとは「やにわ」って言葉の影響もある気がする。
「やにわ(に)」は「急(に)」で「やおら」は「ゆっくり」。「やにわ」と「やおら」は語感が近い。

 ついでに書くと、同じようにまぎらわしい例に「おっとり刀」がある。
「おっとり」が「ゆったり」系で、「おっとり刀」は「急いで」だからちょっとまぎらわしい。
https://kotobank.jp/word/%E6%8A%BC%E3%81%A3%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%88%80-453127#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
おっとり‐がたな【押っ取り刀】

急な出来事で、刀を腰に差す暇もなく、手に持ったままであること。急いで駆けつけることの形容に用いる。「―で駆けつける」
==============引用終了

稼げるSNSとして話題の
tsūへの登録を希望のかたは下記へ。

http://ameblo.jp/kuroracco/entry-11961303726.html
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード