FC2ブログ

助詞の話──「へ」と「に」(仮) 独り言です44くらい

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html

mixi日記2009年10月19日から

 一応下記の続き。
【「全部」と「すべて」をめぐって 独り言です43くらい──日本語教師関連編20くらい】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1313664836&owner_id=5019671

 大前提として、助詞の話はむずかしい。ヘタに踏み込まないほうがいい。
「ヘ」「ニ」の使い分けは、助詞の問題のなかでは比較的簡単だけど、それでも十分むずかしい。 
1)「駅ヘ行く」か「駅ニ行く」か
 ※1)はちょっと曖昧かもしれない。〈「駅ヘ着く」か「駅ニ着く」か〉の二択のほうが明快かも。
2)「駅方面ヘ行く」か「駅方面ニ行く」か
3)「北海道ヘ行く」か「北海道ニ行く」か
 どう違うか、説明できますか?

 文法は苦手なのに助詞の話なんて書くのは無謀なんだけど、向学心が旺盛ないい子だからちょっと書いてみる。ヘンな点があったらご指摘ください。「決定稿」にするために、試行錯誤したい。
 このテーマを扱ったトピもあるけど、結局のところよくわからない。

【目的地への表現について】☆日本語教師☆ トピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=43890120
【「~へ行く」と「~に行く」について】日本語しつもん箱 トピックトピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=46146450

 まずネット辞書の『大辞林』を確認する。
 この場合の「ヘ」は下記の「1」だろう。 一般には「2」は「ニ」を使うほうが自然な気がする。「3」も微妙。辞書の注にも、「2」「3」の用法は「ニ」との境界が曖昧、とある。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%B8&dtype=0&stype=1&dname=0na&pagenum=11&index=19218216482300

================================


[格助]《現在では「え」と発音する》名詞に付く。
1 動作・作用の移動・進行する目標地点・方向を表す。…の方向に向かって。…の方へ。「西―向かう」
・「今日(けふ)、車、京―とりにやる」〈土佐〉
2 動作・作用の行われる場所・帰着点を表す。…に。「庭―物を捨てるな」「父も母も留守のところ―訪ねてきた」
・「十月十四日、関東―下着(げちゃく)」〈平家・八〉
3 動作・作用の向けられる相手・対象を表す。…に対して。…に。「父―送った手紙」「お母さん―よろしくお伝えください」
・「われらが主の太政入道殿―、いかで参らであるべき」〈平家・二〉

◆「あたり」の意を表す名詞「辺(へ)」から転じたもの。本来は「に」が場所や動作・作用の帰着点を静止的に指示するのに対し、「へ」は、動作・作用の向かう目標を移動的に指示する傾向が強い。しかし、平安時代末ごろから、23の用法が生まれ、「に」との境界がしだいにあいまいになる。
================================

 この場合の「ニ」は下記の格助詞の「3」だろう。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%AB&dtype=0&stype=1&dname=0na&pagenum=11

================================


[格助]名詞、名詞に準じる語、動詞の連用形・連体形などに付く。
3 動作・作用の帰着点・方向を表す。「家―着く」「東―向かう」
・「蟻のごとくに集まりて、東西―急ぎ、南北―走(わし)る」〈徒然・七四〉
================================

 一般には、方向の「ヘ」、目的地の「ニ」などと言われる。それでいいと思う。トピの話も、だいたいそういう結論だろう。
 冒頭の問題で考える。
1)「駅ヘ行く」か「駅ニ行く」か
 ※〈「駅ヘ着く」か「駅ニ着く」か〉の二択のほうが明快かも。
2)「駅方面ヘ行く」か「駅方面ニ行く」か
 1)は「駅ニ行く」(駅ニ着く)で、2)は「駅方面ヘ行く」が基本的な考え方になる。

 ここから先は余談と考えてほしい。
〈方向の「ヘ」、目的地の「ニ」〉という理解でいいと思うが、それは「そういう解釈が一般的」ってくらいのニュアンスでしかない。
 方向の「ヘ」、目的地の「ニ」が絶対的なものではないことは、辞書を見てもわかる。
「ヘ」の「2」に従うなら、目的地も「ヘ」になる。
「ニ」の例文に「東ニ向かう」があるのだから、「方向」の場合に「ニ」を使っても間違いではない。
 このあたりが辞書の限界なんだと思う。辞書的にはOKだけど、実際にはあまり使われない、なんて表現はいくらでもある(はず)。
 こういうことを書くと、「だから辞書より主観のほうが確か」なんて言い出すヤカラが出てくる気がする。それは単なる暴論で、無知の開き直りに近い。あくまでも、辞書などの記述が基本。それで解決しない場合に主観で判断するってこと。

 よくわからないのが、冒頭の3)のように具体的な地名などが入った場合。
3)「北海道ヘ行く」か「北海道ニ行く」か
 繰り返すけど、どちらでも間違いではない。
 一般的には、具体的な地名が入った場合は、「ニ」だろうな。具体的な目的地であれば「ニ」、漠然とそっち方面なら「ヘ」になる。これが「北」なら「北ヘ行く」だろう。「最果ての地」だと、微妙になるが、どちらかと言うと「ニ」だろうか。
 
 さらに話をややこしくすると、「行く」ではなく「向かう」だと、「ヘ」のほうが自然な気がする。文法的に「行く」と「向かう」に違いはないだろうから、理由はわからない。おそらく、「向かう」のほうが方向性を強く意識するからだと思う。

1)「駅ヘ向かう」か「駅ニ向かう」か
2)「駅方面ヘ向かう」か「駅方面ニ向かう」か
3)「北海道ヘ向かう」か「北海道ニ向かう」か


【20110507追記】
 下記はわかりやすいのかわかりにくいのか……。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/17127/m1u/%E3%81%AB/

【20110704追記】
 遊び【ニ】行く……たぶん関係ないがメモしておく。

【20150503追記】
 アルクの2サイトは勉強になる。
【引用のご作法12 「に」「へ」
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2853.html

【20171125追記】
〈方向の「ヘ」、目的地の「ニ」〉の例外になりそうな例を思いついた。
「{右/左}ヘ寄ってください」は、方向だと思うがたぶん「ニ」のほうが自然。
「前へ進んでください」「後ろへお下がりください」は、微妙だけど「ヘ」のほうが自然な気がする。
スポンサーサイト



テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

【功徳を積み損ねる──つまらんダジャレは嫌いだぁ139】

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【19】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1959556460&owner_id=5019671

mixi日記2017年11月13日から

 どうにもスッキリしない日が続いている。スッキリしないのは気分の問題だから、決してノコギリヤシなどすすめてこないように。ノコギリヤシは凶器になるからね。
 こういうときは下ネタに限るんだが、根が上品なもんでそうそう浮かばない。
 これはどこかで書いたな……と思ったら案の定下記で書いている。
【ナイスは2度は続かない──つまらんダジャレは嫌いだぁ133】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3072.html
 数撃っただかあって、なかなか光っているのもあるな。

 で、近況。
 このところ「功徳を積む」ってのがテーマのひとつになっている。
 ソフトバンクの監督を土台に、双子の兄弟を乗せて……オジサン、年がバレるよ。阿須加をつれてきなさい。
 実際に積んだ例もあるが、とっても使い古した心臓みたいで、いい話すぎて他人から見てもおもしろくもなんともないからパス。
 で、今日の帰りの電車の話。
 そこそこ混み合った電車の中で、目の前に立っている若い女性のバッグの留め金が外れて財布が見えている。具体名が出てこないが、そこそこ高そうなブランドもんで、見えている財布もお揃いのブランド。
 手を突っ込めば、あまり慣れていない当方でも掏れそうな感じ。女性はスマホのゲームに夢中で、まったく注意を払っていない。いっくらなんでも不用心だろう。たしか次の駅でたくさん客が乗ってくるから、かなりまずいのでは。
 軽く肩を叩いて……気がつかなければ全力で叩いて傷害罪、はちょっと困る。
 軽く肩を叩いて「お嬢さん、無用心ですよ」と低めの声で囁こうとして、はたと気づいた。
 この季節に妙に日焼けしている……思ったが、どうやらインド人系っぽい。
 ヘタに声をかけて、誤解されたら、弁解するだけの英語力があるんだろうか。メンクイの娘ならなんとかなるけど、好みまではわからない。蓼食う虫も好き好きだもんな。
 そもそも「不用心」ってなんて言うんだ? 「ユアバッグイズオープンド」じゃ中学生レベルだな(泣)。財布を指さして「ビーケアフル」で通じるかなぁ。これも相当怪しいなぁ。財布はパースだったか、とか逡巡するうちに電車は駅に着き彼女は降りていった。
 こうして功徳を積みそこねました。まあ頑張って積んでも、いろいろあってすぐに崩れていって賽の河原状態になるんだろうけど。

日本語アレコレ──「自然に」と「自然と」の違い1

【日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html


 少し前に下記のトピが立った。
 しばらくしたら、この日記のリンクを張ろうと思う。このままではtobirisuが恥をかいてしまう可哀想、と思う心優しい方は、補足のコメントをください。

自然に、と 自然と、 の違い】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41239142&comment_count=4&comm_id=398881

 トピ主の質問は以下のとおり(一部勝手に加工する)。
================================
自然「に」友達になりました。自然「と」友達になりました。
この二つの「に」と「と」の
違いを聞かれました。
「に」はプロセスに焦点、「と」は結果に焦点と答えましたが、
どなたか、明確なお答えをお願いいたします。
================================

「プロセス」とか「焦点」とか説明して理解できるのだろうか。微妙すぎて少なくとも当方は理解できない。ほぼ同じとしか思えない。
「○○に行く」と「○○へ行く」の違い、って問題と似ている気がする。「目的地」と「方向」の違いとか説明されても、そんな微妙なことは当方には理解できない。ほぼ同じだと思う。
 こういうのは「個人の感覚」「個人の意見」でしかないだろう。そんなことを断言する根拠はなんなのだろう。ちなみに「語感」とかを根拠に断言する人が多いけど、それだけでは根拠にはなりにくい。そんなことを言い合っても、水掛け論にしかならない。
 この質問はいくつかの要素を含む難問だけど、書いてみる。

 トピを見ると辞書もひかずに思いつきで書いているコメントがある。きっとすごい上級者なんだろう。こんな問題を辞書もひかずに答えられるなんて。
 まずネット辞書から抜粋する。コメントの「2」で引いているが、不完全な気がする。「4」※のコメントも一面的。こういう微妙なものの場合は、疑問を感じたら複数の辞書をひくべきだろう。
 ※読み返して間違いに気づいた。「4」ではなく「6」です。申し訳ない。
 当方が見た3種の辞書は副詞を採用している。とはいえ、副詞なのか「副詞的に使う」なのかは、この場合はたいした問題ではない。

『大辞泉』===========================
し‐ぜん【自然】
[形動][文][ナリ]
1 言動にわざとらしさや無理のないさま。「気どらない―な態度」「―に振る舞う」
2 物事が本来あるとおりであるさま。当然。「こうなるのも―な成り行きだ」
3 ひとりでにそうなるさま。「―にドアが閉まる」

[副]
1 ことさら意識したり、手を加えたりせずに事態が進むさま。また、当然の結果としてそうなるさま。おのずから。ひとりでに。「無口だから―(と)友だちも少ない」「大人になれば―(と)わかる」

『大辞林』===========================
(形動)
行為や態度がわざとらしくないさま。
―な動作
―な反応

(副)
(「に」や「と」を伴うこともある)ひとりでに。おのずと。
―に体が震えてくる
世の中のことが次第に分るにつれ―と心に合点が行き〔出典: 谷間の姫百合(謙澄)〕
―祖母が一家の実権を握つてゐた〔出典: 平凡(四迷)〕
================================

 手元の『広辞林』だと「形容動詞」はのせていない。副詞で「―(に・と)ねむくなる」の例をのせている。『大辞林』とほぼ同じと考えていいだろう。どちらも「自然に」と「自然と」の違いは書いていない。辞書的には同じってことなんだろう。
 やっぱりこういう問題は辞書をひかないとダメだな。調べるまでは「自然と」は△と思っていたが、そんなことはないようだ。


1)副詞の働きをする「○○に」と「○○と」の違い
 同じように両方の形をとるものとして思いつくもの。
  「意外に」「意外と
  「割合に」「割合と
  「割に」「割と
 以前は「意外に」「割合に」「割に」が正しい日本語で、「意外と」「割合と」「割と」は俗語、話し言葉の類いとされていたはず。最近は採用している辞書もあるらしい。古い話は記憶に頼っているだけなので、強く主張する気はない。
自然に」「自然と」も、ほぼ同様だと思っていた。古い用例があるから、「自然と」もアリなんだろう。ただ、個人的には、「自然と」は使いにくい。原則として「自然に」を使う。ほかも同様で、「○○に」が自然な日本語だと思う。

 念のため、ネット辞書と手元の『広辞林』(1988年版)で調べてみる。
     大辞泉  大辞林  広辞林
意外と  有    無※1  無
割合と  無    無※2  無
割と   有※3  有    有
※1 なぜか調べることさえできない(泣)
※2 「割と」の意味に「わりあいと」があるのに項目がない(笑)
※3 「割に」と同じ、とあるからフツーに考えれば「割に」が本筋だろう。

 辞書も錯綜気味?
 辞書に項目がないからといって、「意外と」「割合と」が間違いとは言いきれない。下記の2)のような考え方もできるからだ。


2)「自然」と「自然と」の違い
 副詞の「と」に関しては以前同じコミュでトピが立っている。
【「机の上に本を山と積む」の「と」について】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=37186676&comment_count=1&comm_id=398881
 このときにも辞書もひかないコメントが入っている。きっとすごい上級者なんだろう。このトピの流れは細かい部分で疑問があるが、パスする。

■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%A8&dtype=0&dname=0na&stype=1&index=12961900&pagenum=11
================================
[格助]名詞、名詞的な語、副詞などに付く。
1 動作をともにする相手、または動作・関係の対象を表す。「子供―野球を見に行く」「友達―けんかをした」「苦痛―闘う」
「しぐれ降る暁月夜紐解かず恋ふらむ君―居(を)らましものを」〈万・二三〇六〉
2 (文や句をそのまま受けて)動作・作用・状態の内容を表す。引用の「と」。「正しい―いう結論に達する」
「名をばさかきの造(みやつこ)―なむいひける」〈竹取〉
3 比較の基準を表す。「君の―は比べものにならない」「昔―違う」
「思ふこといはでぞただにやみぬべき我―ひとしき人しなければ」〈伊勢・一二四〉
4 動作・状態などの結果を表す。「有罪―決定した」「復讐(ふくしゅう)の鬼―化した」
「年をへて花の鏡―なる水は散りかかるをやくもるといふらむ」〈古今・春上〉
5 (副詞に付いて新たな副詞をつくり)ある状態を説明する意を表す。「そろそろ―歩く」「そよそよ―風が吹く」
「ほのぼの―春こそ空に来にけらし天のかぐ山霞たなびく」〈新古今・春上〉
(以下略)
================================

「自然と」の「と」は上記の「5」だろう。手元の『広辞林』だと、同じことを「状態を強めていう」としている。「そろそろ」「そろそろと」のように「と」があってもなくてもどちらもアリってことらしい。
 そう考えれば、「自然」も「自然と」もアリ。厳密に言うと、「自然と」は1語の副詞ではなく、副詞の「自然」に助詞の「と」がついたと考えるべきではないだろうか。まあ、1語でも2語でも大きな違いはないけど。 


3)結果などを表わす「と」と「に」の使い分け
 これは前に別のトピで書いた。
【来る人がいない?/ご参考ください の違和感】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=39728414&comment_count=11&comm_id=19124
================================
>0
>「参考に」と「参考と」のニュアンスの違いはなんなんでしょうか。
 諸説あるようですが、個人的には意味はほとんど同じと考えています。
「と」のほうが少し堅苦しいニュアンスがあると感じるので、自分では極力「に」を使うことにしています。ただし、「一丸となる」の場合などは、「と」のほうが自然でしょう。
 この話もキチンと書こうとするとかなり長くなるので省略します。
================================

 こういう用法(『大辞泉』の「と」の項の「4」とほぼ同じ)だと、基本的には「と」でも「に」でも大きな違いはない。「と」には意志が感じられると書いてある本があったけど、ちゃんとした根拠があるとは思えない。当方は原則「に」を使うけど、「と」が好きな人は「と」を使えばいい。「と」のほうが「少し堅苦しいニュアンスがある」ってことは、「少しだけ格調が高く感じられる」と言いかえることもできる。
 ただし、どちらでもいい場合は好きなほうを使えばいいということで、なんでもかんでもどちらかに統一、なんてムチャなことは言えない。

 関係しそうな話。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1317.html
================引用開始
 P.155~156〈「~に行く」と「~へ行く」の違いを知る〉。
 表題の「~に」と「~へ」の違いはよく見る。正直なところ、どう違うのかよく判らない。「~に」と「~へ」の違いに続いて「と」と「に」の違いについての解説がある。
【引用部】
 (1)「大学生となる」
 (2)「大学生になる」
 日没の光が失せ、夜になった、とは言うが、夜となった、とはめったに言わない。「~になった」は、自然にそのような状態に達した時に使う。よって、(2)は、たいして考えもせず、または苦労せずに、昼が夜になるように大学生になったというニュアンスである。それに対し、「~となる」は、能動的な意志を表すので、(1)からは、意思や苦労が伝わってくる。

 こんなことが言えるのだろうか。たとえば将来の夢を訊かれた小学生が「〇〇になる」と答える。これは受動的? よく判らん。
================引用終了

『大辞泉』の「自然」の項に出ていた副詞用法の場合も注意が必要だろう。
  A 無口だから自然(と)友だちも少ない
  B 大人になれば自然(と)わかる
 Bは「に」にできるが、Aは「に」にはしにくい。たいていの「自然と」は「自然に」に書きかえることができるのに、これはむずかしい。そういう例がのっているのは偶然なんだろうか?
 繰り返すけど、個人的には「自然と」は俗語、話し言葉のような印象なので使いたくない。Aの例なら下記のように書きかえる。
  A-2 無口だから友だちも少ない
  A-3 無口だから必然的に友だちも少ない
  A-4 無口なせいで友だちも少ない
 A-3には少し異和感がある。

【続きは】↓
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1235.html

【日本語アレコレ──「自然に」と「自然と」の違い2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-588.html

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード