fc2ブログ

「抜く」「抜かれる」vs.「抜かす」「抜かされる」

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

mixi日記2010年02月09日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1409894482&owner_id=5019671

 今回のテーマは下記のトピ。
【「抜かした」「抜かされた」】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=50225533

 ちょっと興味の湧く問題だったが、残念な流れになりつつある。
 原因はハッキリしている。「8」や「9」のコメントがその点をやんわりと指摘しているが、トピ主は理解しているのだろうか。
 このまま延々とやり合うと、かの有名なトピのようになる。

 トピ主の質問を要約する。
==============引用開始
 マラソンなどの実況中継で違和感を感じる表現がある。
「抜かす/抜かされる」は間違いではないか。
「抜く/抜かれる」が正しい。
==============引用終了

※「違和感を感じる」はよく目にする「重言」。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=43371469

 辞書的には「2」で結論が出ている。 「2」のコメントをそのまま転載する。
==============引用開始
 辞書ではこのようになっています。以下抜粋引用:

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/149405/m0u/%E3%81%AC%E3%81%8F/
> ぬく【抜く】
> 追いこす。
> 3. (1)競走で、前の者を追いこす。また、上位の者よりもさらに上位になる。追い抜く。
> 「ゴールまぎわで三人―・いた」
> 「―・きつ―・かれつの大接戦」
> 「彼の実力は群を―・いている」

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/149306/m0u/%E3%81%AC%E3%81%8B%E3%81%99/
> ぬかす【抜かす】
> (3)追い抜く。
> 「二台―・した」

 『抜かす』のほうがほんの少し俗語的な感じはしますが、これを見る限り意味は同じですね。
==============引用終了

「抜く」も「抜かす」もフツーに辞書にのっている。当然、その受身形の「抜かれる」「抜かされる」もごくフツーの日本語で、意味に大きな差はない。
 どちらもフツーの日本語なんだから、「間違い」とか「正しい」とか考えるのはナンセンスだろう。どっちもアリだけど、「私はコレコレの理由でこっちを使う」ということなら「ご自由に」としか言いようがない。
 
 両者にはほんの少し差がある気はするが微妙。
「2」のコメントの指摘:「『抜かす』のほうがほんの少し俗語的な感じ」がする
「3」のコメントの指摘:「抜かす」「抜かされる」のほうが感情がこもる
 どちらかというとそうだと思うが、個人的にはそういう主観の話に積極的には加わりたくない(「2」は辞書を踏まえたコメントなので、一緒にするべきではないか)。これをつきつめても、水掛け論にしかならない気がする。

「4」で「他動詞のUターン型派生」という言葉が出てきて、話が俄然おもしろくなる。この話に関しては、下記がわかりやすい。
【よく「抜かされる」という言い方をしている人がいますが、正しいのでしょうか?】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q107541090

「ベストアンサー」は何を言いたいかわからない。そんなニュアンスの違いがどこから出てきたのだろう。

==============引用開始
「抜く」は今まさに自分が前走者の横を通って後ろから前へ出る 単なる動作という感じですが、
「抜かす」はそのあと“自分だけ先へ抜け出て、追い越した相手を後ろへ置いてきぼりにする”
といったようなニュアンスを含む気がします。
==============引用終了

 それは単なる主観だろ。「fontomanieさん」の答えのほうがはるかに役に立つと思う。
==============引用開始
「抜く」と「抜かす」の関係は、他動詞:自動詞→他動詞の「Uターン」型派生です。

剥ぐ(他):剥げる(自)
剥がす(他)←剥げる(自)

溶く(他):溶ける(自)
溶かす(他)←溶ける(自)

抜く(他):抜ける(自)
抜かす(他)←抜ける(自)

ちょっとパターンは違いますが、
繋ぐ(他)→繋がる(自)
繋げる(他)←繋がる(自)
もあります。

これらの例で「剥ぐ/剥がす」「溶く/溶かす」「抜く/抜かす」「繋ぐ/繋げる」にはニュアンスの違いがあります。

自動詞:他動詞→自動詞の「Uターン」型もあります。

混じる(自):混ぜる(他)
混ざる(自)←混ぜる(他)

起きる(自)→起こす(他)
起こる(自)←起こす(他)

この場合も「混じる/混ざる」「起きる/起こる」にニュアンスの違いがあります。
==============引用終了

 どうやってこんなに例を見つけてきたんだろう。そう簡単に思いつくものではない。
 どこでも、なんとなく説得力あるように見える主観のほうが優先されるのね。
 ε= (´∞` ) ハァー
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード