『お言葉ですが10) ──ちょっとヘンだぞ四字熟語』四字熟語って4字の熟語?

『お言葉ですが…10) ちょっとヘンだぞ四字熟語』高島俊男

 2009年3月に出ている。ちょっと事情があって、これは単行本をもっている。しかし、なんとも恐ろしいことに内容はほとんど覚えていないorz。お陰で非常に新鮮な気持ちで読めた。

10-4-9 p.17~のテーマは〈官官接待 言語道断〉。
【引用部】
 最も語数が多いらしく「類書を凌ぐ約五、六〇〇項目」といばっている三省堂編集所編『新明解四字熟語辞典』は、凡例で六分類してある。ごく圧縮してご紹介すると、①現代社会、②日本の成句、③中国典籍、④仏教語、⑤之(の)入り、⑥訓読語、である。
 右の⑤は「背水之陣」のように之がはいっているもの、⑥は「灯火可親」のような通常は訓読みするものである。この⑤⑥あたりが境界線らしく、和語(訓読み)を含むものはとらない、ときめてある辞典もある。たしかにどこかで歯どめをかける必要はあるでしょうね。(p.19)
 下記を書いたときには当然これを読んでいるはずだが、何も覚えていないことがよくわかる(泣)。なんかいまとなっては懐かしい話だな。
独り言です──9 「好ましい日本語」をめぐって【順次追記予定】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1147541985&owner_id=5019671
 結局、熟語って、「音読み」だろうが「訓読み」だろうが構わないみたい。ホントにそうなのかなぁ?
 ↑のときにも書いたけど、「水魚之交」とかも四字熟語なのかな。かなり疑問。「背水之陣」も相当ヤだな。

10-4-10 p.70~のテーマは〈茂吉と兼常博士の大ゲンカ〉。
【引用部】
菓子は喰ふてうまかつたら、その上何にもいふ事はありません。菓子がわかるといふやうな事は意味のない事です。音楽は耳で喰ふ菓子のやうなものです。(p.70) 
 音楽学者兼常清佐(かねつねすけきよ)の文章。芸術論などでよく目にする話だが、文章がえらくわかりやすい。
 で、この兼常清佐に対する高島先生の評。
【引用部】
 もっとも、小生が好きだというくらいだから、こんな穏健なことばかり言っていた先生ではない。しょっちゅう過激なことを言っては物議をかもした。右の発言だってみようによってはかなり過激なのである。(p.70)
 なんて正しい自覚(笑)。
 で、この兼常先生が斎藤茂吉とも舌戦を繰り広げている。なんか、論争の方向性が子供の喧嘩のようで、その意味でタイトルの「大ゲンカ」はきわめて正しい。

10-4-11 p.167~のテーマは〈補助動詞が多すぎる〉。
 補助動詞(もしくは「形式動詞」)とは、「~ている」「~てやる」「~でみる」「~てしまう」などで、なかでも使用例が多いのは「~ている」ではないかとのこと。
 下記は、ちょっと関係あると言えばあるかもしれない。
【「~ていません」「~ませんでした」】☆日本語教師☆
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1453802950&owner_id=5019671
 で、昔の人は、いまほど補助動詞を使わなかったらしい。

【引用部】
 衝撃的と申したのは、いまの人は補助動詞を多用する、むかしの人はめったにもちいない、という事実を、自分がこれまで意識したことがなかったからです。たしかに、「とんぼがとまる」は「とまっている」をも包含していたのでした。(p.169)
 それがなぜ「~ている」を多用するようになったか。筆者は、英語の現在進行形の影響ではないか、と推論している。
 明治期には、「つつある」と訳していた。これがいかにも書き言葉っぽので、だんだん「~ている」になった。いったん「~ている」が定着すると、「雨が降る」では物足りなくて、「雨が降っている」と書くようになった。
 たしかに、「雨が降る」だと中途半端な感じがある。
 過去なら「雨が降った」。現在だと「雨が降る」でもいいはずだが、「雨が降っている」としたくなる。
 実は、当方は書き癖で「~ている」とする傾向があるらしい。昔校閲者に指摘されて気がついた。「~ている」は現在進行形を表わすだけではない。
 たとえば、過去形も「○○は、△△と書いている」と書くほうが、なんとなく落ち着きがいい。あるいは「△△と書くことにしている」なんかもよく使う。
 要は、当方の語感が現代的ってことなんだな。(←違ーーう!)

10-4-12 p.174~のテーマは〈連中、老中、女中〉。
 聞いたこともない話がズラズラ並んでいて、全文を書き写したい衝動に駆られる(笑)。
・「女中」の元々の意味とか
・「○中」が「複数の人たち」を表わすとか
・「御中」は元々「人々御中」(ひとびとおんなか)だったとか
【引用部】
 人を呼ぶ(指して言う)語にふくまれる敬意は時とともに減ずる。人は他人を呼ぶにしばしばその実際の身分よりすこし上の呼称をもってし、やがてそれが一般化する故である。「奥様」がよい例である。(p.178)
「貴様」だの「お前」だのになると、敬意が減ずるが済まなくなっている(笑)。

10-4-13【引用部】
 いま日本で、だれでも知っていて名が体をあらわしていない言葉の双璧は「小説」と「高等学校」でありましょう。(p.190)
 清水の舞台から飛び降りる覚悟(誤用だな)で、インネンをつける。蛮勇をふるって……これもちょっと違うな。
 こういうときに「双璧」と呼んでいいのだろうか。
 双璧、両雄、両輪、竜虎……どれもいい意味限定の気がする。
 個人的には、「双璧?」といった形でギャグとして使う。「バカの二大巨頭」とかならもっとハッキリする。

10-4-14【引用部】
  山峡のとおく入りきていでる湯の丘のはずれにけうも親しむ(p.213)
 斎藤茂吉の作として産経新聞のエッセイ中に引用されたらしい。
 これが、文語がわかる人にはものすごく滑稽らしい。この一首の中に、ありえない数の不自然な点や間違いがある(笑)。

10-4-15【引用部】
 なお日本には、マウリッツより先に織田信長が長篠で「三段射ち」をやったという話があるが、それは大ウソなのだそうですよ。(p.245)
 へーへーへー。

10-4-16【引用部】
 隊員たちが幅広にきりりと締めた鉢巻の、日の丸の右(向って左)に大きな「誠」の字が見える。(p.271~272)
 p.271~のテーマは〈陸軍特攻誠第百十九飛行隊〉。
 これも俎上にのせられているのは産経新聞。あまりにもボロボロで、笑うしかない。
 メモをしたのはまったく別件。H多勝一なら「鉢巻の、」の読点に噛み付くかもしれないが、そんなことをする気はない。この文のようにほかに読点がない文なら問題を感じない。何よりこの文はエッセイだから芸術文の範疇だろう。他者がトヤカク言うようなことではない。
 気になったのは〈日の丸の右(向って左)〉の部分。
 写真の被写体の右横に関して、昔はこういう書き方をしていた。ふと気がつくと、「向って左」のことを「左」と言うようになっていた。
 ガイドブックは写真の説明をすることが多いので、このテの表現が出てくる。
 ただ、少年時代(いつのことだよ)には「向って左」の類いを目にしたけど、仕事でガイドブックにかかわるようになってから見ていない。ってことはこれも死語の類いなのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード