fc2ブログ

北4/北海道からの電話

mixi日記2007年05月07日から

一応下記の続き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-180.html

 昨日、実家のオフクロから電話が来た。「CDが開かない」とのこと。
 実は今回の帰省は、ちょっとしたイベントがからんでいて、その際にホテルの人に集合写真を撮ってもらった。翌日には「四切り」と思われるサイズの紙焼きが2枚、一応額装されて届いた。
 オフクロは、「写真屋さんに持ち込んで人数分複写するとけっこう高いかしら」みたいなことをのたまう。あねの。どうせデジカメでしょ、データをもらって、プリントすりゃいいじゃん、ってことで当方がホテルのオネエサンに電話した。あとはヨロシク。
 さて問題のCDが昨日届きました。
 そいで「CDが開かない」ってことで電話をかけてきたらしい。実家は隣でちょっとした介護施設を運営していて、そこにはパソコンをいじれる若い人も出入りしているが、昨日は休日で不在だったらしい。オフクロはパソコンのことを「いろいろなことができるらしいけど、そのぶん操作が煩雑なワープロ」程度に認識している。
 オフクロの電話は家人がとった。家人はMacintoshはかなりくわしいが、Windowsことはほとんど知らない。当方は、Macintoshはきわめて特殊な妙な知識以外はほとんど素人で、WindowsはDOSマシンの時代にカチャカチャいじった記憶がある程度(それって、Windowsじゃないじゃん)。
 さて家人が最初にしたアドバイス。「デスクトップに、CD-ROMのアイコンがありませんか?」。ありませんか。このあたりで、Windows音痴の似非サポートの2人組はほとんどパニック。ちゃんとCD入ってんだろうか? ってとこから疑い始める。脳裏に浮かんでいるのは、柄本明が息子とトンチンカンな会話をかわすTVCM。あの息子は偉いよ。
 エート、Windowsの場合は、たしかドライブを選ぶ必要があって、なんていったかな……マイコンピュータだ! マイコンピュータからCDドライブを選んでもらって、それからもすったもんだして、なんとかデータは開いた気配。やっぱり、初心者にはMacintoshのほうが扱いやすいんだろうか。「こんな大きなサイズはいらないの。手札サイズにプリントしたい」。言いたいことはよーくわかる。でもさ。これ以上は似非サポートには無理。「お使いのPhotoソフトとプリンターの名前とバージョンを……」って言っても教えてくれないよな。教えてもらったって、どうしていいかわかんないよ。実際に触ればなんとかなるかもしれないけど。とりあえずデータが問題なく読み取れることはわかった。
「あとは、休み明けにパソコンのわかる人に相談してね」とだけ言って電話を切った。あーあ。なんて無責任で役に立たない息子なんだ。

【続きは】↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=428940336&owner_id=5019671∨g_id=427932479
スポンサーサイト



テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード