2011年9月の朝日新聞から

【索引】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-244.html

●朝日新聞から──番外編 よく目にする誤用の御三家
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-122.html

●朝日新聞から──ではない 世に誤用の種は尽きまじ
「7割以上が間違ったら、もうそれは誤用ではない」のか?
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-194.html

mixi日記2011年09月30日から

【2011年9月】

11-09-1
10日
「羽生を震わせた男」の勝負勘(朝刊b1面)
 村上耕司記者。渡辺明竜王のインタビューの大見出し。この記事は非常におもしろく、出だしの「竜王の強さ」の表現などは秀逸。だが、このタイトルはいただけない。
 文中に19歳でタイトル初挑戦を果たしたときのエピソードが紹介されている。
〈敗れはしたが、最終局で羽生王座の指先が震えたことから、「羽生を震えさせた男」として注目された。〉
 これならフツーだろう。ちょっと説明する。フツーに読むと「羽生をビビらせた」という意味になる。実際には、羽生現二冠のクセで、勝利を確信すると、指先が震えることがある(「グリグリ」などと呼ばれる)。それが極度の緊張からの解放を意味するなら、「羽生をビビらせた」に近い意味ではあるが。
 問題は「震わせる」。「震えさせる」とどう違うか。
「震えさせる」は「震える」の使役形だろう。
「震わせる」を「震う」の使役形と考えると、「震う」は「震える」の文語形でもあるらしいからおかしくはないことになる。
■Web辞書(『大辞泉』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E9%9C%87%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%82%8B&stype=0&dtype=0
================================
ふるわ・せる〔ふるはせる〕【震わせる】
[動サ下一][文]ふるは・す[サ下二]小刻みに揺り動かす。震動を与える。ふるわす。「怒りに声を―・せる」「爆音が窓を―・せる」
================================

 一般に目にするのは、(怒りなどで)声、指、唇などを「震わせる」。使役形じゃないよ。「厳しい寒さが太郎の唇を震わせた」なんて、アリなのかな?
 当方の語感だと、「震わせる」と「震えさせる」ではニュアンスがかなり違う。どなたか文法に詳しいかた、教えてください。

 珍しく?ほめたから、冒頭の文章を抜き書きしておく。
================================
 「攻めが鋭い」「受けがうまい」「読みが深い」──。
将棋指しの長所を表す言葉はいろいろあるが、どれもいま一つしっくりこない。勝負勘をたよりに決断よく着手を重ね、終わってみれば勝っている。とにかく「強い」としか言いようがない。
================================

 渡辺竜王の強さはたしかにわかりにくい。対羽生戦に限れば「王様がウナギ」が最大の長所なんだけど、これは3連敗4連勝くらいからの印象(笑)。「とにかく結果的に勝つ」としか言いようがない。昔から、風貌のせいもあってか大山康晴と重なるところがあった。派手さも妙手もなくても、勝ってる棋士が強いんだろう。
 ながらく竜王以外のタイトルに縁がなかったのが不思議だった。ふと気づくと順位戦はA級、王将リーグ(今60期のメンバーはスゴい)にもいる。銀河戦は3度目の優勝を飾り、いつ3冠になってもおかしくない。


11-09-2
13日
 夕刊8面。碁聖位を奪取した羽根直樹九段の記事。伊藤衆生記者。珍しい棋士で、タイトル戦で連勝や連敗を繰り返しているらしい。相撲の業界用語で「ツラ相撲」と呼ばれるヤツだが、一般にはなんて言うんだろう。
「1勝さえすればそのシリーズ(番勝負)をものにする」なんて、偶然だろうけどおかしすぎる。
「3連勝3連敗」にも3度かかわり、棋界を盛り上げている。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2026.html

http://www.asahi.com/igo/topics/TKY201109130361.html
================================

スクリーンショット(2011-09-30 15.26.23)


碁聖位奪取の羽根直樹九段 なえぬ闘志で逆転劇
2011年9月13日
碁聖位を奪取した羽根直樹九段=8月29日、大阪市中央区、深松真司撮影

 3連敗後の4連勝などタイトル戦で連敗や連勝を繰り返している羽根直樹九段が、今度は2連敗からの3連勝で碁聖のタイトルを奪取した。それも本因坊奪還と名人挑戦権をあと一歩で逃したばかり。タフな精神力と自然体で臨む姿勢が、逆転劇を生んでいるようだ。

 羽根は6、7月の同時期に二つのタイトルを争った。本因坊戦七番勝負(5~7月)で山下敬吾本因坊、碁聖戦五番勝負(6~8月)で坂井秀至碁聖に挑戦。本因坊戦は3連敗後に3連勝してタイに追いつき、初めて本因坊となった3年前の大逆転劇を彷彿(ほうふつ)とさせたが、7月20、21日の最終局に敗れ、タイトル奪還を逃した。

 碁聖戦は2連敗のあと、7月29日の第3局で1勝を返した。この時期は、名人戦の挑戦権争いが大詰めを迎えており、8月4日のリーグ最終戦で坂井に勝って8日のプレーオフ(同率決戦)に進んだものの、これも最後に山下に敗れた。碁聖奪取は、それから第4局(18日)、第5局(29日)に連勝しての栄冠だ。

 羽根は「碁聖を取ってからよくよく振り返ると、結果が残せていなかった。一つ結果が出せてよかった」と語る。

 手が届きそうなところまで行きながら二つの「大魚」を逃しても、闘志がなえることはなかった。「負けても(精神的に)こたえることはなかったですね。ぎりぎりまで勝ち進んだのだから、ファンにもそれなりに楽しんでいただけたわけですし」

 結果は逆だが、本因坊戦も碁聖戦も、あとのないところまで負けてから最終局に持ち込んだ。3連敗した本因坊戦は「第5局は出身地・三重県での開催でした。(4連敗で終わって)三重に行けなかったら申し訳ない」という気持ちから追い上げが始まった。

 碁聖戦は自分のミスで2連敗したという。「だから後半は頑張ろうと思った。最終局は形勢がいいと思って手堅く打っていたのに、ふとみたら悪かった。立ち直れずに悪手を打って乱れていくパターンなのですが、相手のミスでチャンスがきて、精神的に立ち直れました」と語った。

 最近は、無理に自分の好きな碁形で打たなければと自分を縛ることはせず、「そのときに打ちたいところに打てている」と羽根は自信をのぞかせる。

 「新しいタイトルを一つずつ増やしてほしいというファンの方もいる。碁聖を初めて取れてうれしい」と語る35歳は、10月から、初挑戦となる王座戦五番勝負に臨む。

■連勝・連敗「お約束」?

 羽根のタイトル戦はなぜか連勝や連敗が続く。2004年の棋聖戦七番勝負で3連勝後に3連敗して最後に勝ったのは史上初。08年の本因坊戦では16年ぶりとなる3連敗後の4連勝の大逆転(史上6度目)を成し遂げた。これまでに登場した12回の七大タイトル戦で見ても、3連勝や4連勝、3連敗や4連敗がずらりと並ぶ。

 09年までのデータから「1勝さえすればそのシリーズ(番勝負)をものにする」ともいわれた。10年の本因坊戦が初めての例外だった。今年の本因坊戦は挑戦者という立場での初の敗退、最終局で敗れたのも初めてだ。

 ポーカーフェースで知られる羽根は「一つ勝つことで気持ちが楽になって、いい方向にいくというのはある」と自己分析。「でもショックを引きずって勝手に転んでいる可能性もあるんですよ」

 実父で元王座の羽根泰正九段は「直樹は精神的にとてもタフ。タイトル戦でも普段どおりでピリピリしていない。連敗や連勝は、むしろ対戦相手の気持ちの変化のほうが影響しているのでは」と話す。(伊藤衆生)
================================


11-09-3
16日
「国語世論調査」の話。(朝刊38面)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2143.html
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2153.html(解答?は後日)

11-09-4
 17日の「天声人語」が「国語世論調査」を取り上げている。
 これが感動的なまでに悲惨。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2143.html

11-09-5
21日
 朝刊26面にマンガの書評がある。気になったのが、『BE BLUES!~青になれ~』の紹介文。記者不明。作者の田中モトユキは、『リベロ革命!!』『鳳ボンバー』『最強!都立あおい坂高校野球部』のヒット作で知られる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%83%A2%E3%83%88%E3%83%A6%E3%82%AD
 そうなんだ。『リベロ革命!!』は記憶がある。あのマンガ家。『鳳ボンバー』もうっすら記憶がある。『最強!都立あおい坂高校野球部』はひたすら熱かった。
「3種類以上の球技を描くおそらく史上初のマンガ家だろう」とのこと。考え込んでしまった。「3種類以上のスポーツ」なら何人もいる気がする。たとえばなかいま強。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%BE%E5%BC%B7
『わたるがぴゅん!』(野球)
『うっちゃれ五所瓦』(相撲)
『ゲイン』(ラグビー)
『黄金のラフ~草太のスタンス~』(ゴルフ)
『ライスショルダー』(ボクシング)
 あれ? 球技だけで3つある(笑)。ゴルフも球技だよね。
 あと『ハリスの旋風』なんてどうカウントするんだ?


11-09-6
27日
 昭和・平成のワイドショーの中から至極のネタをよりすぐり、テーマごとのVTRを基に秋吉久美子、大島麻衣、西川史子、柳原可奈子ら“女子会”のメンバーたちがトークを繰り広げる。(朝刊18面)
 記者不明。テレビ欄。この「至極」はどうなんだろう。
567)突然ですが問題です【日本語編66】──究極 至高 至極【解答?編】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1770982212&owner_id=5019671
 そもそもこういうものを形容するのに「至極」なんて使うなよ。ではどういいかえるのが適切か。「究極」も大げさだろう。「極上」も大げさ。素直なのは「よりすぐり」かな。言葉がダブるって? いいことに気がつきました。これ、「至極の」を削除するのがイチバン素直だよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード