fc2ブログ

わり わりに わりには くせに だけあって 日本語教師

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【7】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1789673749&owner_id=5019671

mixi日記2011年11月24日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1798390803&owner_id=5019671

 テーマトピは下記。
【「~わりには」、いつ使いますか】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=66388015&comm_id=19124
 一部を除いて全文を転載する。
================================
日本語教師をしております。

昨日、「~わりには」を教えました。
例文は
○一生懸命考えたわりには、いい考えは出てきませんでした。
  一生懸命考えた→いい考えが出てくるだろう(予想、期待)→(結果は)予想、期待と違っていた
○値段が安いわりには、おいしいです。
○仕事が大変なわりには、給料が安いです。
○ページ数のわりには、すぐ読めました。

「~のに」、や、「~だけど」、との違いは?と質問が出たので、
「~わりには」は前半の文・・・値段が安い→だから、これくらいの味だろう→食べてみたら違った、という、予想や期待をしてそれと違うとき使う、と説明しました。前件を基準にして評価する、という説明は、学生の語彙数から、難しいだろうと思ってしませんでした。

「~のに」の文で「~わりには」に言い換えできない例として
○雨が降っているのに出かけていった。
○今日は日曜日なのに、会社にいかなければならない。
○電話するつもりだったのに、忘れてしまった。
を出しました。

授業の後、「~わりには」はどんな時使いますか、と学生が質問に来ました。
授業で出した「~わりには」の例文は、確かに「~のに」や「~けど」に(名詞の文以外は)言い換えができます。
どちらかというと、「~わりには」はあまりダイレクトではない、やさしい言い方のように思います。
学生は、「~のに」や「~けど」で言えるなら、なにも「~わりには」を覚えなくてもいいじゃないか、とすぐに思ってしまいます。

「~わりには」いつ、使いますか、と聞かれてうまく答えることができませんでした。みなさんは、どのように教えていらっしゃいますか。
================================

 何が興味深いって、こういう考え方をすると「~わりには」を使わなければならない場面なんてなくなりそうなこと。
 大前提として、逆接の接続助詞や接続詞は多数ある。そのなかで微妙なニュアンスの違いや、どれが逆接の程度が強いかなんてことを考えはじめるとたいへんなことになる。
581)【接続詞の役割──順接/逆接/並列・追加/対比・選択/説明・補足/転換】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1779569859&owner_id=5019671
 ということで、以下は質問中に出てきた「~のに」で考える。
 コメント[1][2]はともに説得力があるが、ちょっと別の観点から書いてみる。コメント[1]に関してはまったく別の意味で驚いたが、そういう黒い話は別の機会に。


●第1段階の答え──「~わりには」の意味
 下記の1)~3)にはどんな違いがあるか。4)と5)に関しては後述する。
  1)このパンはおいしい
  2)このパンは安いのにおいしい
  3)このパンは安いわりにはおいしい
  4)このパンは高いのでおいしい
  5)このパンは高いだけあっておいしい

 まず「わりには」に関して辞書で調べようとした。驚いたことに、Web辞書にはそういう項目は存在しないらしいorz。
【関連トピ紹介】28──だからWeb辞書は嫌い
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=61090087
「わりに」で調べてみる。項目はあるが、ピントがズレている。
 Web辞書で見る限り、「わりには」の説明に使えそうなのは下記だけの気がする。
■Web辞書(『大辞泉』から)※『大辞林』も同様
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%82%8F%E3%82%8A&dtype=0&dname=0na&stype=1&index=19868100&pagenum=1
================================
わり【割(り)】
5 (「…わりに」の形で)ある事から予想・推測される程度。…に応じた程度よりは。「値段の―に品物がよい」「若い―には礼儀正しい」
================================

「~わりには」の「は」はあってもなくてもいいようだ。「~わりに(は)」と書くほうが正確かもしれないが、元質問に合わせて今後も「~わりには」で通すことにする。
「~わりには」の意味は「…に応じた程度よりは」と考えるのがわかりやすいだろう。
3)このパンは安いわりにはおいしい
 →このパンは安いに応じた程度よりはおいしい

 日本語としてはかなりぎごちないが、意味としてはこんなところだ。
 これで一応の説明にはなる。ただし、2)と3)がどう違うかの説明にはなっていない。「~わりには」を使わなければならない場面も不明のまま。


●第2段階の答え──「~のに」と「~わりには」の違い
 以下、例によってヨタ話に近いことを書く。
 上記の1)~3)にはどんな違いがあるか。「おいしい」の程度にはどんな違いがあるか。
 1)は単純に「おいしい」。「無条件においしい」とも言える。
 2)も「無条件においしい」と言える。「安いのに」があるぶん、1)より意外性があって、1)より「おいしさ」が強調されているかもしれない。
「彼は成績がいい」と「彼はバカっぽいのに成績がいい」を比べてほしい。
 ただ、3)と同様のニュアンスがあるとも言える。このあたりは微妙。

 さて、問題の3)。これは「無条件においしい」とは言いにくい。
 あくまでも、「安い」ことから想定される程度よりは「おいしい」。「まあまあおいしい」「マシ」「まずくない」と言うべきかもしれない。
 つまり、「無条件に(後件の程度)とは言えないけど、(前件の前提)を考慮に入れると、けっこう(後件の程度)」ってことだろう。こういう書き方をすると何がなんだかわからない。具体例を入れると、きわめて当たり前のことになる。
「無条件に(おいしい)とは言えないけど、(安い≒安さ≒安いという前提)を考慮に入れると、けっこう(おいしい)」
 辞書には書いてないが、「~わりには」は逆接の接続助詞と同様の働きをするようだ。ただ、単純な逆接ではなく、↑のような条件がつく。それだけ使える場面が制約されるってこと。


●第3段階の答え──「~わりには」の使い方
 以下は性格が悪い人間の屁理屈の可能性が高い。
「第2段階」で見たように、「~わりには」は微妙なニュアンスを含む。「~わりには」を使わなければならない場面……なくはないけど、日本語学習者が覚える必要があるのか、なんとも言えない。
「~わりには」使う例文は3つに大別できるだろう。トピに出てきた例文で考える。

【1】【肯定的前提+「~わりには」+否定的な程度】
  一生懸命考えたわりには、いい考えは出てきませんでした。
 
【2】【否定的前提+「~わりには」+肯定的な程度】
  値段が安いわりには、おいしいです。
  ページ数のわりには、すぐ読めました。
  その店のランチは600円のわりには、量が多いです。
  勉強してないわりには、いい点数だった
  雨が降っているわりには、平気で出かけていった。

【3】 【1】【2】と違ってハッキリしない。
  仕事が大変なわりには、給料が安いです。(否定的前提+「~わりには」+否定的な程度)
  今日は日曜日のわりには出勤する人が多い
  早く電話するつもりだったわりには、ついついこんな時間になってしまった

 o( ̄ー ̄;)ゞううむ
 どんな使い方もアリってことか?
 このうち、【2】【3】はさほど問題がないと思うが、【1】の場合嫌みや悪口になりやすい。
  このパンは高いわりにはまずい。
  あの人は●●のわりには△△だ。

 もちろん、逆接の接続助詞・接続詞は、ほとんどが同様の使い方ができる。
 ただ、自分で「~わりには」を使う場面を考えると、ロクな例文が浮かばない。
 さらに主観で書くと……【2】の使い方も、ちょっと偉そうなニュアンスが感じられてイヤ。そんな言い回しを日本語学習者が覚えても、何もいいことがない気がする。こういう言い回しを覚えると、妙な使い方をして顰蹙を買う可能性があるような……。
  

●第3段階の答え──「~わりには」の類語
「~わりには」のイヤなニュアンスをハッキリさせるためには、「~くせに」と置きかえてみるといい。イヤなニュアンスの「~わりには」はたいてい「~くせに」にできる、とも言える。
  一生懸命考えたくせに、いい考えは出てきませんでした。(ちょっと不自然?)
  →さんざん考えたくせに、ろくな案を出さない
   ……と書きかえると相当性格が悪い。
  このパンは高いくせにまずい。
  あの人は●●のくせに△△だ。

 これが【否定的前提+{~わりには/くせに}+否定的な程度】になると、救いようがなくなる。
  バカのわりには威張る
  バカのくせに威張る


●完全なヨタ話
「~わりには」について考えているうちに、正反対になりそうな言葉を思いついた。やっと4)と5)について書ける(笑)。
  4)このパンは高いのでおいしい
  5)このパンは高いだけあっておいしい

 逆接の「~のに」に対応するのは、順接の「~ので」って気がする(厳密には違うんだろうな)。
「~わりには」に匹敵するのは、「~だけあって」ではないだろうか。
 厳密に考えると、「高いのでおいしい」は因果関係が曖昧な気がする。これが「高いだけあって」だときわめて自然。
 以下のように書きかえてみると、「高いのでおいしい」(自己暗示?)よりも「おいしいので高い」(諦めの境地?)のほうが少しだけマシな気がする。しかし、「おいしいだけあって高い」のほうが自然だろう。「~だけあって」は使う場面があるので覚える価値がある表現なんだと思う。さて「~わりには」は……。
  1)’このパンは高い
  2)’このパンはまずいのに高い
  3)’このパンはまずいわりには高い
  4)’このパンはおいしいので高い
  5)’このパンはおいしいだけあって高い
  6)’このパンはまずいくせに高い


 ちなみに「試し割りには高い」とか「にわにはにわ……」というボケは禁じます。
 さらにちなみに、「だけあって」と言えばO次郎……、「だけあって寒さをしのごうとしたハリネズミが……」というボケも禁じます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード