FC2ブログ

「形容詞+です」──何回目だろう

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【7】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1789673749&owner_id=5019671

mixi日記2012年02月10日から

 テーマサイトは下記。
【「形容詞+です」 という文章を見て、どう感じますか?】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1181114161


【当方のコメントのバックップ(完全版)】

「形容詞+です」(「~たい+です」も同様)について。
 過去に下記のコメントを書いたことがあります。ご参照ください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1256554757

 今回の質問はよくある質問とちょっと趣旨が違う気がするので、歴史的な経緯などは省略して書きます。


●「○○した方が早いです。」の安直な書きかえ案
1) イチバン安直なのは「○○した方が早いでしょう」にすることでしょう。
これなら文法にうるさい人でもOKのはずです。
2)最後に「か」「ね」「よ」などをつけると、異和感が薄れます。話し言葉的ニュアンスが強くなるからだと思いますが、正確なところはわかりません。質問の例文なら「○○した方が早いですよ。」でいかがでしょうか。

 そのあとに出てくる「多いです」なら、「多いですね」あたりかもしれません。フツーなら「多いようです」「多くなります」あたりでしょうか。この場合は「多いノです」もアリだと思います。このあたりはケースバイケースです。
 詳しくは下記をご参照ください。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-277.html


●話し言葉と書き言葉の違いや、使う場面による違い
 この点について、長年(笑)新聞を観察しています。
「形容詞+です」は話し言葉としてはかなり普及しています。
 当方が例としてよくあげるのは、高校野球の試合後のインタビューです。
 勝ったチームの選手の開口一番が「うれしいです」。
 負けたチームの選手の開口一番が「悔しいです」。
 テレビではよく見聞しますが、新聞にこの形がそのまま出ることは滅多にありません。「です」を省略するか、ほかの表現にかえることが多いようです。
 長いインタビューだと、近年は「形容詞+です」も目にする機会が増えています。書き手の苦労がうかがえます。
 たとえば下記。冒頭の索引で「しいです」を検索したら5件(なんでこんなに少ないのだろう?)ヒットしました。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-750.html
================================
09-10-6
24日
 朝刊b5面に志田未来のインタビュー記事がのっている。松田史朗記者。セリフの語尾だけを並べる。
「ばっかりなので」「楽しいです」「暑いなあと」「感じです」「楽しい」「ひねくれた役」「やってみたい」「ないです」
「い形容詞終止形」が2つ。「い形容詞終止形」+「です」が3つ。こういうのを「変化をつける」と言うのだろうか。ちゃんとした媒体は「い形容詞終止形」+「です」を避ける……と思ったのは幻想だったのかも。
================================

 
 現状では、話し言葉ならほぼ○、書き言葉だと△くらいだと思います。
〈知恵袋という場の回答の文章〉なら、どちらでしょうね。文体にもよると思います。
 やわらかい書き方をしているならアリでしょう。
 ただ、個人的にはよほどのことがない限り使いませんが……。


●昔の朝日新聞の例
 気になって古いデータをリンク先に追記しました。やはり昔は朝日新聞も「形容詞+です」 は避けていたようです。
 2000年8月13日の日記から。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 最近新聞を読むときに、コメントの語尾が気になってしかたがない。以前はデアル体一本槍だったような気がするが、最近は微妙にデス・マス体をまぜている。昨日の朝日新聞朝刊に格好の題材が載っているので、全文を引く。スポーツ面の「がんばれ後輩」というコラムで、甲子園球児に対して送った西武の松坂大輔のエール。
================================
 プロになっても、やっぱり高校野球は気になります。神奈川大会の決勝へ行き、横浜を応援したけど、久しぶりに興奮した。去年は観戦に行った時に負けたので、今年は勝って本当に良かった。差し入れを考えるのも楽しみです。
 今も心がけていますが、夏場は体調管理に気をつけないといけない。水分補給も大事だけど、あまりごくごくと飲み過ぎてもいけない。普段通りに過ごすことが大切です。いい思い出になるのも、ならないのも、本人次第。自分のプレーができるように、みんながんばってほしい。
================================


 文末だけを順にあげてみる。
 なります/興奮した/良かった/楽しみです/いけない/いけない/大切です/本人次第/ほしい
 1番目が「なりマス」で2番目が「興奮しタ」になっている理由は判らない。
 その点を別にすると、コメントに見られる特徴はだいたい次のようになる。
1)形容詞などの語尾の「~イ」は、そのままいいきる(「よかったデス」だの「いけなイデス」はやはり日本語ではない)
2)「イデス」の類いを用いるときには「ね」などをつけて不自然さをぼかす(これは、この松坂コメントにはない)
3)「ダ」「デアル」は用いない(さすがに偉そうだもんな)
4)体言止めは多用しない
 4)の問題が、昔の印象と異なる。かつては、やたらと体言止めが目立っていたはず。コメント(話し言葉)で体言止めを使うのはホンマに特殊な例なのに、バッカじゃなかろうかと思っていた。あれは「ダ」「デアル」を使わないための苦肉の策だったんだろうな。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード