fc2ブログ

ゴミ箱72──擬音語、擬態語について- Yahoo!知恵袋

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【9】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1854387407&owner_id=5019671

mixi日記2012年07月04日から

【質問】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

擬音語、擬態語について
擬音語や擬態語は品詞分類では副詞だと思いますが、機能としては動詞(ドキドキする)や形容詞(ビチョビチョの床など)として使われることもあると思います。

そこで「(言葉が)はっきりしている」「(雨で)ザーザー音がする」の「はっきり」と「ザーザー」は何詞的な使われ方をしているのでしょうか?

質問日時:2012/6/20 02:58:37

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tobirisu5019671さん

オノマトペ(擬音語、擬態語の総称としてこの言葉を使います)の品詞に関して以前調べたことがあります。結論を書くと、オノマトペの品詞は、辞書によっても見解が分かれるようです。法則性も感じられません。個々に辞書をひくしかないのでは。あまりこだわってもしかたがない気がします。
おおざっぱに言うと、オノマトペ自体の品詞はバラバラで、助詞などがついて副詞的に使われることが多いようです。
質問の例で見ておきます。辞書の引用は長くなるので末尾にまとめます。当方が調べたのはWeb辞書だけです。ほかの辞書は別の考え方をしているかもしれません。
辞書の引用は下記参照。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2408.html

●ドキドキする
動詞。
「ドキドキ」自体は副詞。個人的には名詞もアリだと思う。「ドキドキが止まらない」という使い方もアリだろう(やや俗語っぽい?)。でも辞書は「副詞」にしている。

●ビチョビチョ
形容詞。
辞書を信じるなら、形容詞しかないのだから「ビチョビチョな床」が正しく、「ビチョビチョの床」は間違いになるのかもしれない。当方の語感だと「ビチョビチョの床」だが。
【追記】
 いかんなぁ。
 副詞or形容動詞だ。詳しくは下記。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2408.html

●ハッキリ
副詞。
「ハッキリする」の形で動詞としても使われる。

●ザーザー
副詞。
ただし、辞書にのっているのは「ざあざあ」。

副詞につく「と」に関しては下記参照。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-305.html
〈5 (副詞に付いて新たな副詞をつくり)ある状態を説明する意を表す。「そろそろ―歩く」「そよそよ―風が吹く」〉だろう。

【参考日記】
【擬態語 擬音語 擬声語 擬情語 擬容語 日本語】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2358.html
================================引用開始
●オノマトペの品詞
Web辞書『大辞泉』によると、「のりのり」の品詞は「名詞・形容動詞」。一般にオノマトペの品詞は副詞だと思ったが、実際にはどういう品詞が多いのかは未確認。
「ノリノリ」は「ノリ」(名詞)だけでも言葉になり、「ノリノリ」と意味も近い。
一般に畳語タイプのオノマトペは、畳語でなくなると意味不明になることが多い気がする。「ぐら」(「ぐらぐら」は副詞・形容動詞)とか「どき」(「どきどき」は副詞)とか。そう考えると、「のりのり」はオノマトペではないのかも。
ただ、擬音語系のオノマトペは、「ドン」とか「トン」でもOKって気がする。「ぐら」や「どき」も「グラッとする」「ドキッとする」って使い方があるか。こうしてどんどん深みにはまる。
よくよく考えると「話がトントン(と)進む」だってオノマトペか否か怪しくなってくる。「話が淡々と進む」はオノマトペじゃないよね。
このあたりも専門家におまかせするしかないかも。
================================引用終了

回答日時:2012/6/22 13:58:34

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

deku_osakaさん

●動詞「ドキドキする」

「○○する」型の動詞(スル動詞)の「○○」部分は名詞です。
「勉強する」「帰国する」「失望する」などと同じです。

●「ビチョビチョの床」

「○○の+名詞」の場合、「○○」部分は名詞です。
「○○な+名詞」の場合、「○○な」全体で形容動詞(ナ形容詞)です。

●「(言葉が)はっきりしている」

「はっきりする+ている」ですから、スル動詞。つまり、「はっきり」の部分は名詞です。

●「(雨で)ザーザー音がする」

間に「音が」があるので、「ザーザー」と「する」は別々で、「ザーザー」は「する」を修飾しているので、副詞です。

回答日時:2012/6/20 19:04:25

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

kyokok8888さん

「ドキドキする」
→「する」を「ドキドキ」が修飾していると考えられるので副詞ではないですか?

同様に、
「はっきりしている」
→「はっきり」が「する」にかかっているので副詞だと思います。

「ビチョビチョの床」
→形容詞というよりはやはり副詞に近いように思いますね。
形容詞は「ク活用」、「シク活用」しかありませんし、ビチョビチョは活用しませんから。
そう考えると「ビチョビチョ(にぬれた)床」ということを「の」で省略していると考えられるので、副詞と考えるのが自然かと思います。

「ザーザー音がする」
→ザーザーは形容詞ではないですね。
「ク活用」「シク活用」のどちらでもありません。
「ザーザー(と)音がする」という文章であると考えられるので、やはり副詞と考えるのが良いのではないでしょうか。

回答日時:2012/6/20 13:04:55

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード