「で」と「から」の区別

下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2020.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【10】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1880457960&owner_id=5019671

 直接的には下記の続きだろうな。
「だから」「なので」の違い【1】&【2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1680.html

 テーマサイトは下記。
【「で」と「から」の区別を教えてください】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1198615231

 質問の全文を一部加工して転載する。
================引用開始
教科書からの問題です。
今日、原因や理由を修飾する「で」の使い方を勉強しました。
例えば、
遅くなって、すみません。
頭が痛くて、会社を休みました。
説明が上手で、よくわかりました。
病気で、学校へは行きませんでした。
…………
しかし、練習の中で、こういう選択問題があります。
暇( )、行きます。
選択肢は「で」と「だから」と、二つあり、答えによると、正しいのは「だから」です。
どう説明しますか?
================引用終了

【tobiクンのコメント】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「で」と「から」の区別。

いろいろな問題を含み、非常にむずかしい問題だと思います。
まず、お使いの教科書の記述に疑問があります。
「で(て)」にはいろいろな用法があります。
思いつくところでは下記がありそうです。
A接続助詞:形容詞や動詞につく「で(て)」(走って/飛んで……etc.)
B形容動詞の連用形
C格助詞
あげられた例文はA〜Cが混在している印象です。これをしっかり区別しないと、話が混乱するような……。

1)遅くなって、すみません。→A
2)頭が痛くて、会社を休みました。→A
3)説明が上手で、よくわかりました。→B
4)病気で、学校へは行きませんでした。→C
5)暇(で )、行きます。→?

5)を(で )にすると仮定します。「名詞+で」の形であり、4)と同様で「C」です(「B」ととれなくもないかも)。これは下記の「7 動作・作用の原因・理由を表す」でしょう。「6 動作・作用の手段・方法・材料などを表す」とは思えません。
4)はアリで、5)がヘンな感じになるのは文脈の問題としか言えないと思います。
■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/0/0na/12538000/



興味深い問題なので、SNSのmixiで質問してみました(勝手に申し訳ない)。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=72603864&comm_id=398881

たいへん興味深いコメントももらいました。
「暇で」は、下記の文脈なら成り立ちそうです。
================引用開始
肯定形だと自然かも。
「病気で休みました。」

「暇で」も過去形の文脈にするとどうでしょう。
「その日は暇で映画に行きました。」
================引用終了


当方のコメントから抜粋します。
================引用開始
時系列?で考えます。

●前日の連絡
所用で休みます。
急用で休みます。
病気で休みます。←ちょっとヘンかも
急病で休みます。←×

●当日朝の連絡
所用で休みます。←ちょっとヘン
急用で休みます。
病気で休みます。
急病で休みます。

●当日の夜(他者への事情説明)
所用で休みました。
急用で休みました。
病気で休みました。
急病で休みました。
================引用終了


もうしばらく考えてみるので、回答をしめ切るのはギリギリまで待ってもらえませんか。

ちなみに、「暇なので」と「暇だから」の比較ということなら、よくある質問になります。
Yahoo!知恵袋だと下記あたりでしょうか。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1476608574
あれ?
BAの用例って、先行コメントにある論文と同じですかね? 

個人的には下記のように考えています。
【店内放送の日本語の使い方が気になります。】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1294599677





「で」と「から」の区別〈2〉

 いろいろ考えてみた。

【1】まず、大前提として、元の教科書の方針が疑問
①すでに書いたように、いろいろな用法がある「で(て)」を、区別せずに説明しようとしている。

②「7 動作・作用の原因・理由を表す」にしても、「6 動作・作用の手段・方法・材料などを表す」にしても、もっとわかりやすい例をだすべきだろう。

  5)暇(で )、行きます。→?
  6)その日は暇で映画に行きました。→C

 この5)と6)の違いを説明するのは相当の難物。少なくとも当方にはできそうにない。

③「練習」で「で」と「だから」を選択肢にするのも混乱の元。
 比較するなら「(な)ので」と「(だ)から」だろう。ただ、これは「で(て)」とは別の
話になるはず。


【2】暇(で )、行きます。の「暇で」は「形容動詞の連用形」か「名詞+で」か
 一応、「名詞+で」として考えてきたが、「形容動詞の連用形」と考えることもできなくはないと思う。

  静かで落ち着ける店。  
  暇でやることがない。

 こうなると、当方には判別不能です。


【3】「なので」と「だから」のニュアンスの違い
 下記でいろいろ書いてきた。
「だから」「なので」の違い【1】&【2】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1680.html

 ネット上で読める論文に関しては下記参照。
1)【接続助詞「から」と「ので」の違い】
http://hdl.handle.net/10091/1843
2)【日本語講師のひとりごと】
http://blog.goo.ne.jp/kaoriam/e/c846817c27b0d3526dc92242b13727ff
3)【「から」と「ので」の使い分け】
http://www2.dokkyo.ac.jp/~esemi008/kenkyu/miki.html

 ↑の1)の論文の冒頭にある「要旨」から抜粋する。
================引用開始
原因・理由の接続助詞「から」と「ので」の意味と用法の違いは、これまで永野(1952)以来「から」は原因・理由を主観的に説明するものであり、「ので」は因果関係を客観的に描写 するものであると分類されてきたが、未だ統一的な見解に至っていない。
================引用終了
 大元と言えそうなのは〈永野 賢 1952 「『から』と『ので』はどう違うか」,『國語と國文学』29:230-41〉なのだろう。ここから、「だから」は主観と「なので」は客観、という説が独り歩きしている観がある。正確なことは関連論文を読んでみないとなんとも言えないけど。

 ↑の2)のサイトから。
================引用開始
「ので」は客観的な判断によるもので、「から」は主観的な判断によるもの。
「ので」は冷静で合理的な判断理由、「から」は感情的で主観的な判断理由という感じ。
「から」というのは、推量・命令・勧誘などの話し手の主観に属する文末の後に用いられやすい。
たとえば、「危ないからやめなさい」という場合には、危ないという判断は話し手の主観である。「危ない」と判断する基準は、人によってまちまちなものだから。
一方、「ので」は話し手の主観的判断によらなくても、明らかに因果関係がそこにみられる場合に用いられることが多い。
 たとえば、「暴風雨警報が発令されたので、運動会は中止になった」というように。
ただ、あくまでもそうであることが多いだけで、「ので」と「から」が置き換えられる場合も多い。
「ので」のほうが「から」よりも控えめで、当たりが柔らかいような感じがするため、最近の女性で「ので」の方を使う人が増えた、とも言われている。「ので」のほうが「から」よりも控えめで、当たりが柔らかいような感じがするため、最近の女性で「ので」の方を使う人が増えた、とも言われている。
================引用終了
 これがよく見る主張。
 主張がズレていることは例文を見れば明らか。「危ないからやめなさい」は「危ないのでやめなさい」にできる(ほんの少しおかしい?)。
「暴風雨警報が発令されたので、運動会は中止になった」も「暴風雨警報が発令されたから、運動会は中止になった」にできる。
〈置き換えられる場合も多い〉と言うより、ほとんどの場合は置きかえられる。置きかえられない例を探して考えないとどうにもならない。
 最後の段落はそのとおりだと思う。感覚的な話で根拠に乏しいとも言えるが、〈「~から」は主観的、「~ので」は客観的〉と決めつけるよりはよほど共感できる。あれ? これって3)に出てくる『日本文法大辞典』のマンマ? これ程度は大目に見るべきか。

 ↑の3)のサイトから。
================引用開始
3.「から」と「ので」の意味的差異
●「から」の表す意味
まず、「から」の操作子機能は<事態xを事態yの発生する出所として捉えよ>と定義した。それと同時に「から」は必ず<移行>を予期させる助詞であった。これは、後に述べる「ので」と比較すると、事態x<原因・理由>と事態y<結果>とのつながりが直接的である。このため、「から」を用いた表現も因果関係が直接的で明白となり、それゆえ、話者が因果関係を強調したいときに用いる。

「から」を用いる主な例
(15)おいしいからもうひとつ食べたい。 (話者の意志) 『日本文法大辞典』明治書院
(16)天気が良かったから楽しかったでしょうね。 (話者の推量) 『日本文法大辞典』明治書院
(17)よい子だからおとなしくしなさい (命令) 『広辞苑』岩波書店
(18)危ないからそっちへ行ってはいけないよ。 (禁止) 『日本文法大辞典』明治書院
(19)暑いから窓を開けてくれよ。 (依頼) 『日本文法大辞典』明治書院
(20)遅くなるから帰ります。 (正当性の主張) (尾方:1993)

●「ので」の表す意味
「ので」の操作子機能は<事態xを体言化し、事態yが起こる原因・理由として限定せよ>であった。そして、「ので」は事態yが起こる<依拠場所>を表すと上で述べた。「ので」は<依拠場所>を表すため、「から」における<原因>から<結果>への移行と比較すると、その因果関係ははるかに弱いものとなる。従って、「ので」は因果関係を前面に押し出したくないとき、因果関係を客観的に述べたいときに用いられる。

「ので」を用いる主な例
・表現を丁寧にするとき
(21)試合終了後は大変混雑いたしますので、お帰りの切符は今のうちにお求めになっておいてください。
『日本文法大辞典』明治書院
・事態の客観的な叙述
(22)強い風が吹いたので、あちこちの看板が倒れたりとばされたりしてしまった。
『日本文法大辞典』明治書院
・自己の正当性を強く主張したくないとき
(23)遅くなるので帰ります。 (尾方:1993)

その他では、『男性に比して、女性に好んで「ので」を多用する傾向がみられる』と『日本文法大辞典』は指摘している。これも、女性の方が自己の正当性を主張するような表現よりも、因果関係を前面に押し出さない控えめな表現を好むためであろう。
================引用終了

 やはりほとんどの「から」と「ので」は互換性があるような気がする。
 かえられないのは(17)よい子だからおとなしくしなさい (命令)くらいだろう。
 同じ命令でも「危ない{から/ので}おとなしくしなさい 」なら互換性がある。それ以前に例文がおかしくないか? 「お願いだからおとなしくして」くらいではないか? これは特殊な用法って気がする。
 (20)と(23)ってこんなふうに対比して何が言いたいのだろう。
 どちらかしか使えないのは、きわめてまれなケースでは。

 総集編は下記。
「だから」「なので」の違い【1】〜【6】  「〜から」「〜ので」「〜で」「で」「から」「ので」
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1680.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード