FC2ブログ

「凍えるピザ配達員にはキンキンの缶ビールを渡すのが感動的」 朝日新聞の感覚がズレていると話題にwwwww

 下記の仲間です。
【出版とネットをめぐるあれこれ】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-468.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1234202257&owner_id=5019671

mixi日記2013年02月04日から

 ネットをたどって、思わず笑ってしまった。
【「凍えるピザ配達員にはキンキンの缶ビールを渡すのが感動的」 朝日新聞の感覚がズレていると話題にwwwww】
http://kamesokuhou.com/archives/23839512.html

 笑ってちゃダメか。まず原文の2月2日付「天声人語」を引く。著作権侵害になる可能性が高い。よい子は真似しないように。
================引用開始
(略)
================引用開始

 あまりにもヒドい。「カメ速報」の指摘はごもっとも。
================引用開始
 この「天声人語」についてネットの掲示板やブログには、
「バイクで配達している人にビールを渡すなんて、飲酒運転幇助で捕まるレベル」
「凍えた体にキンキンのビールなんて嫌がらせレベル。普通はあったかいお茶かコーヒーじゃないか?」
「そもそもあの大雪の日に宅配ピザを頼むなんて大間違いなんだよ」
などと全く「ほっこりした話」にはなっていないし、配達した青年も「時給を超えた出会い」などとは思っていないはず、といった意見が多く出ていた。

 朝日新聞の「天声人語」を巡っては昨年からネットで、何を言いたいのかわからない、といった声が大きくなっている。例えば、12年9月30日付けに「無人島のために戦争なんて、とつぶやける国がいい」と書いたり、12年11月19日付けでは橋下徹大阪市長が、おでこを出す髪形に変えているとし、「じじごろしに違いない」「何が目的か分からない年の差婚をした、したたかな女のよう」と書いて物議をかもした。
================引用終了

>まるでブログのネタ切れだな
>「これであったかいコーヒーでも買ってね」って、おつりの中から120~200円くらい渡すのが正解

 当方はこんなに鋭くも鬼畜なツッコミを入れることはできないので、言葉の問題に限定する。
「天声人語」っていつからこんなクッサい文章になったのだろう。
 いきなり「寒のゆるみがうれしいこの時期」ですかい。
 そのあとも新聞とは思えない情緒的な表現が続く。
「暖を求めるお便り」
「心がほっこりする話」
「長針が二回りした待ち時間」……これは相当ヒドい
「時給を超えた出会い」……まさかと思うが「時空を超えた」のモジリ?
「初対面の玄関にともった豆電球」……どこのことだよ
「ほっとする話は胸に染み」
「内なるオーブンに火が入る」
「春隣(はるとなり)の週末」……むずかしい言葉知ってるなぁ、さすがだなぁ
「心の筆記具をクレヨンにして」……これはなかなか書けないよ
「季節のせめぎ合いを見守りたい」……こんなとこで「せめぎ合い」を使うのは誤用じゃないか?


「索引」で「天声人語」で検索したら24件しかヒットしなかった。もっとあるはずだけど……
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-244.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード