FC2ブログ

接頭語の「お/ご」がつきにくい言葉

 下記の続き。
mixiで見かけた〈自分の行動や持ち物などに「お/ご」をつけるのは好ましくない〉と主張するコメント
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1890079804&owner_id=5019671

 トピでは例によって電波がからみつづけていて気持ちが悪い。モメゴトが嫌いな当方はいっさい無視しているのに、いつまでつづける気なんだろう。
 被害届けは下記参照。
【「好ましい日本語」をめぐって30くらい──噛み付き2号はほかの人にもイヤガラセをしてるらちい】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1661047906&owner_id=5019671

 下記あたりの続き。
182【接頭語の「お」の話──動物限定編】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1233.html
274)【お茶/おビール/お刺身……etc.】日本語
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1456.html

829)【自分の行動などにつく「お/ご」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2437.html

936)【mixiで見かけた〈自分の行動や持ち物などに「お/ご」をつけるのは好ましくない〉と主張するコメント】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2674.html

 スゴいリストを教えてもらった。
 リストとしては、『敬語再入門』http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2327.htmlが最強だと思っていたが、入力するのは気が重かった。『敬語再入門』と照らし合わせると、リストが整備できるかも。
 このサイトは敬語全般の記述が充実している「お宝サイト」(下品な言葉だな)。
 全体の索引は下記。
【てんしのひとみ 正しい敬語】
http://tensinohitomi.web.fc2.com/tadasiikeigo/mokuji.html

 そいでもって「お/ご」のリストは下記。
http://tensinohitomi.web.fc2.com/tadasiikeigo/No4.htm

 細かな疑問点は残る。
〈5.省いた方がよいもの、つけにくいもの〉の〈5.すでに敬意を表している言葉〉はとくにヘン……とか。
 以下、要点だけ。

1.外来語で「お」をつけにくい言葉
おコップ、おパーマ、おジュース、おサイダー、おトイレ、おマヨネーズ、おフルーツ、おニュース、おケーキ、おピアノ、おピース、おペーパー、おスープ、おカット、おソーセージ、おケチャップ、おバスケット、おノート、おテキスト、おポスト、おバッジ、おボタン、おシャツ、おコーヒー、おコーラ、おナイフ、おオルガン、おジョッキ、おペン、おインキ、おイミテーション、おネクタイ、おメモ
※tobiメモ
「おトイレ」はアリだろうな。例外として指摘されることが多いのは「おビール」(末尾にメモあり)。まあ一般の人は使わないほうが無難。「おタバコ」は、外来語のイメージが薄いせいかもっとアリ。

2.「お」をつける習慣のない言葉
おにんじん、おれんこん、おごぼう、おたまねぎ、おなっぱ、おさんま、おふな、おたばこ、お下ばき、おげた、お腰掛け、お絵かき、お肌、お鉛筆、お時計、お電球、お奈良漬け、おはさみ、おリンゴ、お紅茶、お靴下、おtあい、おいわし、お電卓、お鯉 
※tobiメモ
もう少し系統立ててほしい。食材(野菜名、魚名)は個々の名称はつけないだろうな。これが「お野菜」「お魚」だとなぜかアリ。「文具」というより「道具」類もつきにくいものが多そう。
「おtあい」がなんなのかわからない(泣)。

3.社会語で「お」をつける慣習のない言葉
お会場、お場所、お会社、お新聞、お手帳、お教科書、お聖書、お税金、お預金、お利息、お演歌、お雑誌、お家事、お貯金、お自動車、お経団連、お宝石、お百日紅
※tobiメモ
「社会語」ですか。「お演歌」「お宝石」は違うだろ。「お百日紅」は植物名だろ。植物名でつけていいのは「おすぎ」くらい(「杉様」も「すぎちゃん」も「SUGI」だな)。
「ご預金」「ご貯金」(「お貯金」か?)「お利息」あたりは、金融機関の係員が顧客に言うのはアリだろう。
「お車」はアリ。「自家用車」の意味でも「4」の「タクシー」の意味でも。

4.公共の建物や施設に関する言葉
お学校、お幼稚園、お病院、お教会、お公園、お列車、お電車、おバス、お都庁、お区役所、お県庁、お市役所、お大学

5.すでに敬意を表している言葉
ご新郎、ご新婦、ご婦人、ご令息、ご父兄、ご令夫人、ご芳名、ご調査された、ご卒業された、お召し上がる
※tobiメモ
 何が言いたいのか不明。「ご婦人」「ご令息」「ご父兄」「ご芳名」はアリでしょう。
 ほかのページでは下記のように書いている。
「第3章 間違いだらけの言葉遣い」の「8.過剰に使っている敬語」
================引用開始
「おうかがいする」の「うかがう」は謙譲語ですが、慣用的に固定してしまった言葉遣いとして「お・・・する」の形式に入れるようになりつつあります。「ご芳名」「令夫人」など本来二重敬語であるから誤りだという考えもありますが、広く一般化されています。結婚式場で司会者が「ご新郎、ご新婦が入場します。どうぞ拍手でお迎え下さい」と言います。「新郎」「新婦」自体が敬意を表している敬称です。「ご」はいりません。
================引用終了

 後半の3つはいきなり動詞の話になっている。「ご調査された」「ご卒業された」はフツー。「お召し上がる」がヘンなのは別の理由。「お召しあがりになる」は文化庁のお墨つき。

6.「お」で始まる言葉
お応接間、お大広間、お大家さん、お奥様、、お大通り、おおしろい、おおばさま、お男物、お大麦、お大目玉、お恩師、おおとぎ話、お乙女、お尾頭付き、お卸、お横断、お王座、お幼友達、お汚職、お汚染、おおじさん、お大波、お大勢、お奥座敷、お幼なじみ、お織物、お重荷、お親方、お置き時計
※tobiメモ
「大通り」はどちらかと言うと〈4.公共の建物や施設に関する言葉〉だろう。「目抜き通り」「環状線」あたりが「お」がつきにくいのと同様……とか。

7.よい意味でない言葉
おふざけ、お間抜け、おツラ、おとんま、お横着、おあばた、おけつ、お横領、おアホウ、お若造、おかかあ、おぼうず、おじじい、おまわり、お痴漢、おスネ、おガキ、お強盗、お下劣、おヒス、おごみ、お雑巾、お人殺し、おでしゃばり、お青二才、お筆無精、お田舎者、お団子鼻、お白痴、お暗殺、お悪党、お赤恥、お尻拭い、お悪妻、お後腐れ、お悪質、お悪名、おとちり、おほざき、おきたない、おくたばり

8.一音節でつけにくい言葉
お歯、お背、お見、お蚊、お矢、お戸、お名、お田、お根、お子、お手、お絵、お毛、お葉、お日、お実、お輪、
しかし一音節でも、熟語や句になったり、文になると成り立つものもあります。例えば次のような言葉です。

「お手をどうぞ」
「お日さま」
「お目が高いですね」
「お子さま方に差し上げます」

9.「あ」で始まるものでつけにくい言葉
 「お相手」「お愛嬌」「お足元」など、「あ」で始まる言葉でも、「お」がつく言葉もありますが、一般的に「あ」で始まる言葉には「お」がつけにくいといわれています。
お哀歌、お哀歓、お相棒、お空き缶、お朝顔、お朝日、お足跡、お味加減、お足首、お朝寝、おあかぎれ、お朝ご飯、お足腰、お足場、お預り金、お頭打ち、お厚手、お後味、お後足、お後書き、お後始末、お兄嫁、お穴埋め、お脂性、お油絵、お海女、お雨傘、お編み物、お雨模様、お荒稼ぎ、お荒削り、お荒波、お暗記、お案件、お暗合、お頭、お油紙、おあす、お空き地、お飴、お愛煙家、お愛妻、お愛嬢、お小豆、お安全、お足、お頭
※tobiメモ
 微妙なものも。「お預り金」はアリかも「お預かりする」ならフツーだからな。
「おあと(がよろしい)」はアリ。
「あ」以外に逃げるものもある。「ご安心」「ご愛嬌」(「お愛嬌」なのか?)「おみあし」とか。

10.病気の名前でつけにくい言葉
おガン、お胃潰瘍、おエイズ、お中風、お脳梗塞、お目眩、お頭痛、お骨折、お出血、おはきけ、お便秘、お脚気、お充血、お喀血、お色盲、お腹痛、お寒気、おボケ、お死になる

これにも「お風邪」のように例外はあります。
※tobiメモ
 そもそも「ご病気」だしなぁ。

11.動物や植物、自然現象などでつけにくい言葉
お犬、お猫、お象、おキリン、お虎、おライオン、おワニ、おめじろ、お鳩、おくじら、おさくら、おききょう、おゆり、おばら、おうめ、おらん、お杉、お松、おけやき、お竹、お晴天、お南(北)、お台風、お暴風、おそよ風、お高山植物、お温度、お曇り日

これにも「お天気」など「お」をつける言葉もあります。
※tobiメモ
 天気関係は下記で出たな。(61)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=203308&comm_id=8873

12.長くてつけにくい言葉
最近では、「お話し合い」という人が多くなりましたが、「話し合い」の方が話しやすいし、聞きやすいと考えています。
一般的に、比較的長い言葉、熟語化された言葉にはつけにくいといわれています。

お書きもの、お多生の縁、お食料品、お女丈夫、お意匠権、お遺失物、お一意専心、お一夜漬け、お社内報、お正札付き、おさつまいも、おじゃがいも、おほうれん草

以上は、大体の傾向を示したものです。例外もあります。外国語でも、「おズボン」「おソース」という人が多くなりました。「おビール」はレストランや飲み屋などの営業用としては、かなり普及しています。
長い言葉に「お」をつけるときには、略した言い方をするものもあります。「ジャガイモ」を「おじゃが」、「サツマイモ」を「おサツ」と言うこともあります。


【追記】
5.すでに敬意を表している言葉
〈「ご調査された」「ご卒業された」はフツー。〉
 訂正しますフツーじゃない。「調査される」か「ご利用になる」「ご利用なさる」でないとおかしい(『敬語再入門』のP.45参照)。
「~される」に「ご」がつくのはヘン。ということは、「すでに敬意を表している言葉」と言えなくはない。でも「調査なさる」に「ご」がつくのはOKだから、一概には言えない。

12.長くてつけにくい言葉
 これもムチャだろうな。
 たとえば「お書きもの」は過剰気味だけど問題はないだろう。「お履きもの」ならもっとフツー。それぞれのほかの制約のせいだろう。「お一意専心」ってギャグかな? どうせなら「お一意ご専心」と言ってほしかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード