Googleのコーパス?的な利用法 直裁 直截 お揃いですか お運び漏れ〈3〉

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【11】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1906376407&owner_id=5019671

mixi日記2014年05月29日から

 下記の続き。
【Googleのコーパス?的な利用法 直裁 直截 お揃いですか お運び漏れ】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3020.html

「おそろいになりましたでしょうか」に関して、信頼性が高いとされる3つのサイトについて見ていきたい。
 個人的にまず引っかかるのは「ましたでしょうか」の部分だが、これは許容されている表現らしいので無視する。この話ははいつか改めて。
【「貸してください」のさまざまな言い方】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2879.html

 3つのサイトは、「おそろいになりましたでしょうか」に関して次のように判定している。
1)【「敬語の指針」】(P.50)平成19年(2007年)2月
「御注文の品はおそろいになりましたでしょうか」は誤用。
理由  「御注文の品」を立てていることになってしまうから
修正案 御注文の品は,そろいましたでしょうか 
    御注文の品は,以上でよろしいでしょうか

2)【「おそろいになりましたでしょうか」?】(2013.04.01) NHK
「ご注文の品はおそろいになりましたでしょうか」という文脈で使うと、違和感を覚える人が少なくない。
理由  店の側から提供する「ご注文の品」というものを高めた言い方になるから
※「~になる」のない形で「ご注文の品はおそろいでしょうか」なら微妙
修正案 ご注文の品はそろっておりますでしょうか(まず問題なし)
    ご注文の品はそろいましたでしょうか(かまわないかもしれない)

3)【問題な日本語その4 - 大修館書店】(2011年12月刊)
「ご注文の品はおそろいになりましたでしょうか」はおかしな敬語
理由  「ご注文の品」を尊敬していると取られかねない
修正案 そろっていますでしょうか 

 1)~3)が共通の見解を出している気がする……。
 この共通見解に逆らうのは暴挙……と思いつつ。
「お注文の品」を「立て」たり「高め」たりしてはいけないのだろうか。だって、お客様の「ご注文の品」でしょ? じゃあ、「ご注文の品」の「ご」は尊敬語じゃないの? もっと極端に「ご注文のお品」と言ってもいいと思う。それは単なる美化語で、尊敬語ではないの? 
 注文した段階でお客様のものだと思う。まして、注文を受けてテーブルまで運んできたら、所有権は確実にお客様のものでしょう。
 どんなボロボロの鞄でも、お客様のもち物なら「お鞄」と言えなくはない。「お鞄をおもちします」「お荷物をおもちします」……etc.は、お客様の持ち物だから、「立て」たり「高め」たりするんじゃないの?
 問題なのは、「そろえた」のは誰かってことだろう。
「ご注文の品はお決まりになりましたでしょうか」なら何も問題はない。「決める」のは「お客様」だから。仮に、注文を用紙に書き込むシステムだったら、注文を訊くときに「ご注文の品(の用紙)はおそろいになりましたでしょうか」と言っても問題はないだろう。
 一般の「ご注文の品はおそろいになりましたでしょうか」がおかしいのは、「そろえる」のは店側だから。店側が「そろえた」ものに対して「おそろい」ですかと確認するから×ってことならわかる。しかも評判が悪い「~になる」まで併用するのはどうなんだろう。自分側の行動に対して「~になる」を使う意味もわからない。
 2)【「おそろいになりましたでしょうか」?】(2013.04.01) NHK には下記のようにある。
================引用開始
たとえば「ご注文の品はそろっておりますでしょうか」という言い方であれば、まず問題ありません。これは、「~ておる」という謙譲表現を用いて、店側の「そろえる」という動作を低めた言い方です。謙譲語ではおおげさすぎるというのであれば、「ご注文の品はそろいましたでしょうか」でもかまわないかもしれません。
================引用終了
 そのとおり。「ご注文の品」に関しては「お客様がご注文くださったお品」と言ったって「間違い」ではない。

 もっと根本的な問題は、下記のコメント欄に書いた。
【Googleのコーパス?的な利用法 直裁 直截 お揃いですか お運び漏れ 】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1926891108&owner_id=5019671
 料理をすべて出したことを客に「おそろいですか」と確認させるのが異様。店側が確認しなさい。お客様に余計な手間をかけさせるんじゃない。
「以上でよろしかったでしょうか」「以上でよろしいでしょうか」と言いかえたところで、事情はかわらない。どうしても「もう全部出したからね」と宣言したいなら、「ご注文の品は以上でございます」あたりがふさわしいだろう。
「おそろいになりましたでしょうか」は、オーダーした品すべてを出したときに使うのだろう。
 よく問題になるのは、オーダーを復唱したあと。ここでも「以上でよろしかったでしょうか」「以上でよろしいでしょうか」は押し付けがましい印象になる。どうしても確認したいのなら、「A、B、C……ご注文の品は以上でございますね」くらいじゃないか。

 さらに根本的なことを書くと……。
 1)【「敬語の指針」】(P.50)平成19年(2007年)2月 の書き方はあまりにもホニャララじゃないか?
 だって、テーマは「マニュアル敬語」でしょ? なぜ「御注文の品はおそろいになりましたでしょうか。」の話になる。これだけを対象に、「マニュアル敬語」について語る気か? まさか。
 しかし【解説2】を読むに、その「まさか」らしい。これって、「マニュアル敬語」の解説になっているのかな。〈マニュアルという「型」を基礎としながらも,絶えず表現について考え,工夫を重ね ていく姿勢を持つことである〉……ある意味名言だな。そのとおりだと思う。で、マニュアルってどういうものだかわかっているのだろうか。そんな姿勢が必要だと、マニュアルにならないと思うよ。
 やっぱりいろいろ問題があるのね。
【文化庁「敬語の指針」に対する言いたい放題】〈1〉~〈4〉
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2220.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード