突然ですが問題です【日本語編198】── 怖い 恐ろしい

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【11】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1906376407&owner_id=5019671

mixi日記2014年06月25日から

【問題】
 下記の辞書の記述を一応参考にして、以下の【問】に答えなさい。

【問1】
「怖い」を使った例文で、「恐ろしい」と入れかえることができない例をあげなさい。
【問2】
「恐ろしい」を使った例文で、「怖い」と入れかえることができない例をあげなさい。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/31382/m0u/
================引用開始
おそろし・い【恐ろしい】
[形][文]おそろ・し[シク]《動詞「恐る」の形容詞化》
1 危険を感じて、不安である。こわい。「―・い目にあう」「戦争になるのが―・い」「ほめるだけほめて後が―・い」
2 程度がはなはだしい。
㋐驚くほどすぐれている。はかりしれない。「―・く頭の回転が速い」「人の一念とは―・いものだ」
㋑驚きあきれるほどである。ひどい。「―・く寒い」「こんなことも知らないとは―・い」
[派生]おそろしがる[動ラ五(四)]おそろしげ[形動]おそろしさ[名]

[用法]おそろしい・[用法]こわい――「草原で恐ろしい毒蛇にあい、怖かった」「彼の恐ろしい考えを知って、怖くなった」のように用いる。それぞれの「恐ろしい」「怖い」を入れ換えるのは不自然である。◇「恐ろしい」は、「怖い」に比べて、より客観的に対象の危険性を表す。「怖い」は主観的な恐怖感を示す。「草原で恐ろしい蛇にあって」も「怖い」とは感じない場合もあるわけである。◇「恐ろしい」は、「日曜の行楽地は恐ろしいばかりの人出だ」「習慣とは恐ろしいものだ」のように、程度がはなはだしいとか、驚くほどだ、ということを示す場合もある。この場合、「怖い」とはふつう言わない。「怖いほどの人出」と言えば、自分に危険が及びそうな、という主観的表現となる。
怖い(こわい)  ⇒類語辞書で詳しい使い方を調べる
================引用終了

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/3889/m0u/%E6%80%96%E3%81%84/
================引用開始
恐ろしい(おそろしい)/怖い(こわい)
[共通する意味]
★身に危険を感じ不安である。
[英]
fearful
[使い方]
〔恐ろしい〕(形)▽恐ろしくなって逃げ出した▽恐ろしい目にあう
〔怖い〕(形)▽もうあんな怖いことはこりごりだ▽夜道が怖い
[使い分け]
【1】「怖い」は、「恐ろしい」よりも主観性の強い語である。
【2】「恐ろしい」には、「恐ろしく大きい」のように物事の程度が甚だしいという意味や、「習慣とは恐ろしいもので…」のように、驚くほどであるという意味もある。
[対比表]
     …人 …毒をもつクモ… もの見たさ 私は雷が…
恐ろしい ○  ○        -     △
怖い   ○  -        ○     ○
================引用終了



【解答?例】
【問1】
 想起できません。
【問2】
 想起できません。

【よくわからない解説】
 なんとなくわかる気がしなくはないけど、やはり無理だと思う。
 辞書の解説を確認する。
『大辞泉』から。
================引用開始
[用法]おそろしい・[用法]こわい――「草原で恐ろしい毒蛇にあい、怖かった」「彼の恐ろしい考えを知って、怖くなった」のように用いる。それぞれの「恐ろしい」「怖い」を入れ換えるのは不自然である。◇「恐ろしい」は、「怖い」に比べて、より客観的に対象の危険性を表す。「怖い」は主観的な恐怖感を示す。「草原で恐ろしい蛇にあって」も「怖い」とは感じない場合もあるわけである。◇「恐ろしい」は、「日曜の行楽地は恐ろしいばかりの人出だ」「習慣とは恐ろしいものだ」のように、程度がはなはだしいとか、驚くほどだ、ということを示す場合もある。この場合、「怖い」とはふつう言わない。「怖いほどの人出」と言えば、自分に危険が及びそうな、という主観的表現となる。
================引用終了
「恐ろしい」と「怖い」を入れかえた「草原で怖い毒蛇にあい、恐ろしかった」「彼の怖い考えを知って、恐ろしくなった」は不自然らしい。そうなんだろうか。あえて言うなら「怖い考え」には少し異和感があるかもしれない。これが「怖い顔」なら異和感が薄れる。
「日曜の行楽地は恐ろしいばかりの人出だ」「習慣とは恐ろしいものだ」は「怖い」とは「ふつう言わない」らしい。「怖いほどの人出」(なぜか「怖い」だと「ほどの」が自然。「怖いばかりの」は少しだけ不自然。間違いではないと思う)は「自分に危険が及びそうな」というニュアンスになるらしい。ホント?

『goo類語辞書』から。
 ほとんどの例文は、「恐ろしい」でも「怖い」でも通用する。
 ただ、「非常に」の場合の「恐ろしく」は「怖く」にはできない。そのかわり、「怖いほど」なら異和感がない。「怖いほど大きい」「怖いほど切れる」……etc.。
「習慣とは恐ろしいもので~」だと一種の慣用句だろう。「習慣とは怖いもので~」はダメなのだろうか。
「怖いもの見たさ」はコテコテの慣用句だろう。これはさすがに「恐ろしいもの見たさ」にはできない。
 ちなみに北海道弁の「こわい」(漢字で書くとたぶん「怖い」だろう)は「疲れる」の意味。これは「恐ろしい」にはできない(笑)。

 それでもまだ↑の「怖い」と「恐ろしい」の使い分けはある程度の説得力をもっている気がする。
 ここから類推したのかなんなのかよくわからないが、「怖い」と「恐い」にも同様の違いがあるという説が広まりつつある。しかも説明をよく読むと、上の辞書から勝手にもってきている。
 それはいくらなんでも……。
【引用のご作法26 「怖い」と「恐ろしい」 「怖い」と「恐い」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3104.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード