【マンガ131──最近のマンガから20140902】

 下記の仲間。
【マンガ関連なんでもかんでも】 お品書き
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-765.html

 どさくさまぎれのPR。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-242.html

mixi日記2014年09月03日から

『黒子のバスケ』の連載が(一応)終了した。「少年ジャンプ」のチェック作がまたひとつ減った。
 物語としては「これから」感もあったが、リアルの世界でもいろいろあったりしたから、これでいいのかも。
 この不完全燃焼感は、バスケットマンガの金字塔『SLAM DUNK』と通じる気がする。偶然だろうが、『SLAM DUNK』は全276話で、『黒子のバスケ』の最終回は第275話だった。
『SLAM DUNK』の最大の特徴は、物語の進行が以上に遅かったこと。(←オイ!)
『黒子のバスケ』のほうが少し進むが、それでも相当遅いのでは。中学時代の話が随所に出てくるが、本編のストーリー自体は1年未満の気がする。「キセキの世代」の戦いはまだまだ続くはずなのに(笑)。
『SLAM DUNK』と『黒子のバスケ』の決定的な違いは、必殺技の有無。これは前に書いたが、バスケットはリアルの世界が進化しすぎ、マンガのようなプレーが頻出する。これをエスカレートさせると、リアリティが失われる。
『SLAM DUNK』がスゴかったのは、登場人物に超人的な「身体能力」はもたせても「必殺技」はもたせなかった点。だからこそ、あのリアリティが生まれた。
『黒子のバスケ』にはさまざまな必殺技(持ち技)が出てくる。個々のリアリティに関してはスルーする。なかには「相手のプレイを瞬時に模倣できる」黄瀬涼太なんてキャラも出てくる。そりゃ必殺技だな。
 両作を細かく比較していくととんでもない話になるので、パスしておく。
 で、連作はいったん終了したが、「……そして12月発売予定の「ジャンプNEXT!!」で『キセキ』が起きる!?」とのメッセージも掲載された。掲載誌の性質を考えると、「外伝」どまりだろうな。

 最近の動きでもうひとつ気になったのが、『グラゼニ』(原作・森高夕次/漫画アダチケイジ)の連載が終了したこと(8月31日発売の「モーニング」No.39)。
 こっちは絶頂期だけに意外すぎる。前号で「重要なお知らせ」とかうたっていたので「まさかの実写化?」かと思った。今週号の扉には「問答無用の最終回!」の文字。1ページ目のアオリには〈突然ですが、イロイロなオトナの事情で今週で「グラゼニ」最終回です!〉。なんかヒドい日本語だな。
 で、最終ページに「次回作は、次ページで!!」。どうやら43号で「グラゼニ~東京ドーム編~」が始まるらしい。まあそうでしょうね。絵の巧拙はおくとして、新感覚の野球マンガとして好評のはずなんだから。





【ネタ元1】 コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/124944/image_id/294184
================引用開始
黒子のバスケ完結、12月のNEXT!!で“キセキ”が
2014年9月1日 0:00 907

「黒子のバスケ」28巻
大きなサイズで見る(全12枚)
本日9月1日に発売された週刊少年ジャンプ40号(集英社)にて、藤巻忠俊「黒子のバスケ」が最終回を迎えた。

「黒子のバスケ」は、並外れた観察眼を持つ存在感の薄い高校生・黒子テツヤと、帰国子女の火神大我を軸に繰り広げられるバスケマンガ。週刊少年ジャンプ2009年2号にて連載がスタートし、TVアニメ化やゲーム化も果たした。単行本29巻は10月、最終30巻は12月に刊行される。また今号では、「12月発売予定の『ジャンプNEXT!!』で『キセキ』が起きる!?」との予告も打たれているので、ファンは期待して待とう。

なおiPhone用カメラアプリ「ジャンプカメラ!!」では、「黒子のバスケ」が表紙を飾ってきたジャンプの表紙を模したスタンプ、「『黒子のバスケ』少年ジャンプ表紙風フレームセット」を、本日から9月30日までの期間限定で無料配信している。
================引用終了


【ネタ元2】ねとらぼ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1409/01/news046.html
================引用開始
「黒子のバスケ」完結 12月の「ジャンプNEXT!!」でキセキが起こる!?
2008年12月に始まり、第275話で最終回を迎えた。

 人気漫画「黒子のバスケ」(藤巻忠俊)が、9月1日発売の「週刊少年ジャンプ」40号で最終回を迎えた。


 「黒子のバスケ10+ 件」は、高校バスケを題材にしたスポーツ漫画。主人公の黒子テツヤが火神大我らチームメイトとともに、“キセキの世代”と呼ばれる天才プレイヤーたちに挑んでいく。連載は2008年12月に始まり、2012年のアニメ化で大ヒット。その人気から同年秋以降、脅迫事件まで発生し、2013年末に犯人が逮捕された。アニメは2015年にも第3期が放送される予定。


 なお、ジャンプの同ジャンルでは「SLAM DUNK」(井上雄彦)が全276話だったが、本作の最終回は第275話だった。

 今後はコミック第29巻が10月4日に、最終巻(30巻)が12月に発売される。また、ジャンプ本誌には「……そして12月発売予定の「ジャンプNEXT!!」で『キセキ』が起きる!?」とのメッセージも掲載されている。
================引用終了黒子のバスケ完結、12月のNEXT!!で“キセキ”が
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=86&from=diary&id=3032693
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード