2014年11月の朝日新聞から

【索引】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-244.html

●朝日新聞から──番外編 よく目にする誤用の御三家
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-122.html

●朝日新聞から──ではない 世に誤用の種は尽きまじ
「7割以上が間違ったら、もうそれは誤用ではない」のか?
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-194.html


【2014年11月】

14-11-01
24日
初優勝から8年半でつかんだ大殊勲。(朝刊15面)
 巌本新太郎記者。とても朝日新聞の記事とは思えないような文章だな。全文をあげておく。通算優勝回数で大鵬に並んだ大横綱に向かって「(大)殊勲」はないだろう。「大記録」とか「勲章」くらいかな。もう少し盛り上げるなら「金字塔」。一般常識でもありえないが、相撲を取材する記者としては相当マズいんじゃないかな。大相撲には「殊勲賞」というのがある。どういう力士が対象なのか考えれば、大横綱の快挙を「大殊勲」と表現する危うさがわかるはず。


14-10-02
24日
千代の富士との2人の先輩と比べ、際だつのが優勝30度目以降のペース。(朝刊15面)
 ↑の続き。「千代の富士との2人の先輩」って誤植かと思った。おそらく「(30回以上の優勝記録を持つ)大鵬、千代の富士の2人の先輩」くらいの意味なんだろう。
 ついでに書くと、こういう場合に「先輩」はどうなんだろう。軽すぎでは。「先輩横綱」ならアリかな?
 さらについでに書くと、大鵬や千代の富士の30回以上優勝は引退近くの時期。それだけ優勝しにくくなったから引退したともいえる。一方白鵬は「円熟期」なんだから、まだペースが落ちないのは当然だろう。それを「際だつ」と書きますか。

【ネタ元】朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASGCR3SXYGCRUTQP00H.html
==============引用開始
白鵬、万感の涙 「褒めてくれると思う」 32度目V

 48代横綱に、69代横綱が追いついた。「褒めてくれると思う」と白鵬。万感の思い。涙がにじんだ。

 鶴竜の突進をいなしつつ、左を差して一気に追い込む。節目の一番は、反撃機を与えない速攻だった。

 初優勝から8年半でつかんだ大殊勲。白鵬は、大鵬と同じような年齢時期に同じような速さで優勝を重ねてきた。千代の富士との2人の先輩と比べ、際だつのが優勝30度目以降のペース。千代の富士が30から31へ、大鵬が30から31、32へ、いずれも5場所かかったのに対し、白鵬は一つも空けずに来た。相撲人生の円熟期で、先輩を上回る速さで存在感を示してきた。

(以下会員限定)
==============引用終了
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード