「お名前様」はmixiでどのように扱われているか〈2〉

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【13】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1929935424&owner_id=5019671

mixi日記2014年12月08日から

 下記の続き。
【「お名前様」はmixiでどのように扱われているか (いまさらだけど)検索利便性が向上した】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3178.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=5019671&id=1935722789

 意見を求めるためにトピにコメントを入れた。
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?comment_number=25&community_id=398881&bbs_id=71193828

 腰が砕けるような情報を教えてもらった。もしかすると時代は当方の感覚よりずっと先を行っているのかも。
【「お名前様」「ご住所様」 こんな日本語はもういらない!】
http://dot.asahi.com/wa/2013071900022.html
==============引用開始
内舘:何にでも「さん」や「様」をつけるのも、配慮でしょうね。「お名前様」や「ご住所様」は当たり前で、私、レストランで「おコート様とおバッグ様のほうをお預かりします」って言われたこともありますよ。

堀尾:そこまでいくとすごい!!

※週刊朝日  2013年7月26日号
==============引用終了

 この対談は、巷で見聞するホニャララな言い回しをあげている。
 それにしても〈「お名前様」や「ご住所様」は当たり前〉はないだろう。
〈「お名前様」や「ご住所様」〉(なんてとんでもない言い回し)は序の口で……くらい言ってもらえませんかね。
 当方の感覚だと↑の4例のうち、「お名前様」だけは別格。日本古来の言霊信仰とでも申しましょうか。人の名前には特別の意味合いがあったような……。それを加味すると「お名前様」はアリなのかも思わなくはない。自分では絶対に使わないけど。
 この記事に関してはあらためて。


稼げるSNSとして話題の
tsūへの登録を希望のかたは下記へ。

http://ameblo.jp/kuroracco/entry-11961303726.html





【ネタ元】週刊朝日
http://dot.asahi.com/wa/2013071900022.html
==============引用開始
「お名前様」「ご住所様」 こんな日本語はもういらない!

 言葉は社会を映し出す。現代はすぐに揚げ足を取られ、非難され、ネットで叩かれる。それゆえ、過剰にへりくだり、断定を避けるようになった。だが、脚本家の内館牧子氏と元NHKアナウンサーで、フリーキャスターの堀尾正明氏は、「今こそ断言する」必要があると説く。

*  *  *
内館:あいまいさも、日本の面白い精神文化だと思いますが、言うべきところでは、言わないといけない。私がすごく嫌いなのが、「かな」の乱用です。

堀尾:最近多いですね。

内舘:「その旅行はパスしたいかな」とか。自分の意見なんですから、「かな」は不要です。「福島第一原発の事故は、早く収束してほしいかなとは思います」とか。原発事故が収束してほしいのは、当たり前のことでしょう。「かな」も「は」もヘンです。断定すると、きつく聞こえる気がするんでしょうね。

堀尾:そういう言葉はたくさんありますね。「アイスコーヒーいかがですか?」と聞かれて、「あ、大丈夫です」って言う人が多い。

内館:欲しいのか、いらないのか。

堀尾:わからないですよね。否定なのか、肯定なのか。私たちが若いころは、そんな使われ方はしなかった。何でこんなに乱用されるようになったのか不思議でなりません。

内館:今の世の中、断定の言い方をすると、気が強いとか生意気だとか批判されがちです。ネットにも書かれたり。生きにくい世の中になって、誰もが周囲に気を使って、断言できなくなっているのだと思います。

堀尾:そうなんでしょうね。駅の放送などでは「おたばこはご遠慮ください」と言いますよね。公園にも「芝生に入るのはご遠慮ください」と書いてある。

内館:柔らかい表現にしておけば、差し障りがないと思っているのでしょうね。

堀尾 アメリカなら「KEEP OUT」、「入るな」の一言です。「おれは遠慮しないよ」って言えば、たばこを吸ってもいいのか、芝生に入ってもいいのかとなってしまう。実際は「禁止」なのに、日本では「遠慮」と言うわけですよね。

内舘:何にでも「さん」や「様」をつけるのも、配慮でしょうね。「お名前様」や「ご住所様」は当たり前で、私、レストランで「おコート様とおバッグ様のほうをお預かりします」って言われたこともありますよ。

堀尾:そこまでいくとすごい!!

※週刊朝日  2013年7月26日号
==============引用終了
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード