2015年04月の朝日新聞から

下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2828.html

日本語アレコレの索引(日々増殖中)【14】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1935528999&owner_id=5019671

mixi日記2015年02月28日から

【索引】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-244.html

●朝日新聞から──番外編 よく目にする誤用の御三家
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-122.html

●朝日新聞から──ではない 世に誤用の種は尽きまじ
「7割以上が間違ったら、もうそれは誤用ではない」のか?
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-194.html
【2014年04月】


15-04-01&02
4日
将棋の王道また見られる(朝刊21面)
 木村草太首都大学准教授。本文中にも「互いに自然な手を重ね、王道を行くようで、美しいと感じます」とある。もうダメだろうね。
【よくある誤用17── これもおなじみ 逆王手 王道 煮詰まる】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n121351

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
王道
正 近道
誤 正当派(のやり方)
「王」つながりでもうひとつ。「これぞ醤油ラーメンの王道」のような使われ方が広まっているようです。もう許容されている気もしますが、厳密には誤用です。「本道」とでも言いかえるのが正解でしょうか。
本来は「近道」の意味です。
http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2004/12/post_482.html
================================引用開始
学問に王道なし(がくもんにおうどうなし)
意 味: 学問をするのに安易な方法はない。
読 み: がくもんにおうどうなし
解 説: 「王道」は、安易な方法、楽な道。ユークリッドから幾何学を学んでいたエジプト王が、「もっと簡単に幾何学を学ぶ方法はないか」と尋ねたところ、「幾何学に王道なし」と答えたという故事による。
出 典:
英 語: There is no royal road to learning.
類義語: 学問に近道なし
================================引用終了
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【ネタ元】
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11066472.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11066472
================引用開始
両雄対決、新たなる伝説 森内俊之名人×羽生善治三冠 第72期将棋名人戦七番勝負
2014年4月4日05時00分

 第72期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)が8日、開幕する。4連覇をめざす森内俊之名人(43)に3年連続で羽生善治三冠(43)が挑む注目の対決。2人の頂上決戦は歴代最多タイの9回目となり、伝説の名勝負、大山康晴十五世名人―升田幸三実力制四代名人戦に並んだ。開幕を前に両雄に意気込みを、ファンに見どころや注目点を聞いた。(深松真司、写真は松本敏之)

 ■インパクトある戦いに 森内俊之名人

 ここ数年、羽生さんはA級順位戦ですごい勝ちっぷり。今期も途中から独走になり、スキがなかった。若い頃からずっと目標にしてきた羽生さんと大きな舞台で4年も続けて戦えるのは、驚きと同時にありがたいことです。

 2年前の私は「なんでこんなに弱いのか」という状態でしたが、昨年度は例年より成績が良かった。竜王戦で1度ピークを作れたし、この春先の対局間隔もちょうどいい。しっかり調整して、名人戦開幕を迎えたいと思います。

 羽生さんとは毎回厳しい戦いになります。自分の状態が悪ければ、まず勝てません。相手より自分との戦い。気持ちを前面に押し出しながら戦いたい。一局ごとに臨む気持ちは違うので、最新定跡の中で新しい手を探すか、少し前に流行した形を掘り返すか、自分に合った戦い方を選んでいきたい。1局の将棋でもシリーズでも、私は先行逃げ切りタイプなので、やはり前半戦が大事かなと思います。

 大山康晴十五世名人と升田幸三実力制四代名人の9回目の名人戦は、升田先生が「升田式石田流」という新戦法を打ち出し、後世に語り継がれるシリーズになった。その時に負けないようなインパクトのあるシリーズにしたい。将棋の技術の発展につながる手が指せれば、うれしいです。

     *

 もりうち・としゆき 1987年、16歳でプロ四段。2002年に初タイトルとなる名人を獲得。07年、十八世名人の資格を得る。現在は名人、竜王の二冠。名人は3連覇中。

 ■気負いすぎず平常心で 羽生善治三冠

 苦しい将棋が多かったA級順位戦(全9回戦)で8勝できたのは非常に幸運でした。細かいところの修正点はあるが、結果には満足しています。名人挑戦を意識したのは7、8回戦くらいから。ただ、(8回戦で)負けて挑戦者に決まったケースは記憶にないので、今回は実感がありませんでした。

 初めて名人を奪取してから20年。名人戦には長い歴史の中で築かれた独特の重みがあり、何回出ても緊張感はあります。昨年の名人戦はスコア的にも内容的にもふがいない形で終わってしまった。今年は盛り上がるように私自身が頑張らなくてはいけない。結果ももちろん大切だが、気負いすぎず平常心で臨みたい。

 森内さんは竜王も獲得し、進境著しい。攻めるときは攻め、受けるときはしっかり受ける。その見切りや危険度に対する感覚が、最近さらに磨きがかかっている印象があります。大変なシリーズになると思います。自分自身のコンディションを含め、すべての面を万全に整えて挑みたい。

 4年連続の対戦になりましたが、敗れたこれまでの3回とどう違うのか、それは1局目が始まった時に感じると思います。スタート地点に立つには自分自身の棋力を充実させることが大事。そこから先は力いっぱいやった結果なので……。まずはスタート地点をめざして力を尽くすだけです。

     *

 はぶ・よしはる 1985年、15歳でプロ四段。96年に史上初の七冠独占。2008年、十九世名人の資格を得る。現在は王位、王座、棋聖の三冠。

 ■将棋の王道また見られる 首都大学東京准教授・木村草太さん

 小学1年の娘が将棋を習っています。棋譜を並べるのが好きで、いま並べているのが「羽生VS.森内 百番指し」。見ていて、まさに「これが将棋」というような正統派の棋譜。互いに自然な手を重ね、王道を行くようで、美しいと感じます。並べている娘も気持ちよく手を動かしているようです。今回の名人戦で、それがまた見られることが一番の楽しみ。両者ともに貫禄があって、これぞ名人戦という雰囲気になると思います。

 私はもともと森内さんのファン。羽生世代に属しているが、自分のペースをきっかりと守ることですごい実績を上げてきた。その姿に勇気づけられるし、背筋を伸ばさなきゃいけない気分になります。一方、羽生将棋の魅力は、すべての面をフラットに先入観なく考えるところでしょうか。怖がらずに常に新しい試みをされている。

 一局一局に執着しない姿勢も感じます。タイトルのかかった大一番でも、そうでなくても、「どれも一局の将棋」として向き合っている印象です。それは森内さんも同じ。やはり名人戦に出ることが「日常」の2人だからでしょう。それくらいにならないと、名人戦は戦えないのかもしれませんね。

 ■指し手から人柄を感じる 俳優・タレント、岩崎ひろみさん

 1996年にドラマ「ふたりっ子」で、「女性初の棋士」を演じました。羽生さんが七冠独占を達成した年です。将棋のドラマが世間に受け入れられたのは、羽生さんというスターがいたから。それから18年、まだ第一線で頂点を目指しているというのが正直、驚きです。

 森内さんとは東日本大震災の復興支援番組でご一緒しました。長いまつげをパチパチさせ、ニコニコしながら話して下さる。2人とも威圧感を与えない気さくな方。でも、盤に向かうとものすごく怖い。そして格好いい。相手を前にしながら自分と闘っているようで、まるで一本筋の通ったサムライ。そのギャップがたまりません。

 名人戦の頂上対決は、雲の上の人たちの戦いというイメージ。でも将棋を習ううちに、対局に人間くささや性格が表れるんだなあと感じられるようになりました。対局者の人柄を考えながら指し手に注目する、指し手から性格を想像してみる、そんな楽しみ方をしています。

 永世名人同士が戦う、年度最初の大舞台。どちらがスタートダッシュするのか、ワクワクします。本当は両方に勝ってもらいたいけど、一局一局が素晴らしければ、将棋ファンとしてはそれだけで感謝です。

 ◇熱戦の模様は、紙面のほか朝日新聞デジタルの将棋ページ(http://www.asahi.com/shougi/)でもお伝えします。棋譜は有料の名人戦棋譜速報(http://www.meijinsen.jp/)でも見られます。

 <羽生>                       <森内>

7期(十九世)      【名人就位】        8期(十八世)

86期          【タイトル獲得数】     12期

1270         【通算勝ち星】       849

0.722        【通算勝率】        0.641

42勝20敗(0.677)【2013年度(勝率)】  28勝12敗(0.700)

66勝(23勝)     【対戦成績(うち名人戦)】 57勝(23勝)

 (3月末現在)

 ■両者のタイトル戦

年    棋戦 勝者 勝敗(結果)  敗者

1996 名人 羽生 4―1(防衛) 森内

2000 棋王 羽生 3―1(防衛) 森内

2003 名人 羽生 4―0(奪取) 森内

  〃  竜王 森内 4―0(奪取) 羽生

2004 王将 森内 4―2(奪取) 羽生

  〃  名人 森内 4―2(奪取) 羽生

  〃  王座 羽生 3―1(防衛) 森内

2005 王将 羽生 4―0(奪取) 森内

  〃  名人 森内 4―3(防衛) 羽生

2006 棋王 森内 3―1(奪取) 羽生

2008 名人 羽生 4―2(奪取) 森内

2011 名人 森内 4―3(奪取) 羽生

2012 名人 森内 4―2(防衛) 羽生

2013 名人 森内 4―1(防衛) 羽生

 ■七番勝負の日程      

第1局 4月8、9日   東京都文京区

第2局 4月22、23日 福島県喜多方市

第3局 5月8、9日   佐賀県武雄市

第4局 5月20、21日 千葉県成田市

第5局 5月29、30日 松江市

第6局 6月10、11日 山形県天童市

第7局 6月24、25日 甲府市

 ◇1局の持ち時間は各9時間で、2日かけて指される。どちらかが4勝した時点で終了
================引用終了


15-04-03&04
8日
原監督も「生きが良くてすばらしい。後々にしのぎを削りあえるいい選手」と、賛辞を惜しまなかった。(朝刊26面)
 鈴木健輔記者&野田枝里子記者。まず気になるのは「後々に」。「後々」はOKとして、「後々に」ってどういうこと? それはメンドーなんでスルー。「後々」ってことは、いまは歯牙にもかけないってこと。なんでそんなにそんなに上から目線なの。
 もうひとつは、「しのぎを削りあう」。本来の形は「しのぎを削る」だろう。この形で「~合う」のニュアンスがあるはず。古い記憶では「しのぎ合う」なんてのもあった。
「切磋琢磨し合う」なんてのもダメだろうな。ただ、本来は「鬩ぐ」のはずが「鬩ぎ合う」の形で定着した例もあるからなぁ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード