引用35 名字と苗字

【ネタ元】
http://www.myj7000.jp-biz.net/q&a/q&a1.htm
==============引用開始
Q5.苗字と姓氏の違いについて                                          

A5.苗字は近世に発生した語彙で、古代は氏族集団の氏と階級を表す姓(カバネ)が複合されて使用されていた。
 平安時代末期あたりから、貴族は居住地などの称号、武家は名田の名字などを称して、古代の氏は姓または氏と混称されるようになる。
 近世に入ると源平藤橘などの氏は公式文書のみ使われ、日常は名字が一般的となり苗字と呼ばれるようになる。
 明治以降の国民皆称の時代に入ると、氏は廃されて苗字が日常的な呼称となった。
 しかし、現代でも文部科学省では名字、法務省では氏を正式呼称としている。

足利左馬頭源朝臣直義 ⇒ 足利 左馬頭 源 朝臣 直義

             ↑    ↑   ↑   ↑ ↑
             苗字   官職名  氏   姓   名前
             (名字)   (カバネ)
==============引用終了

ホニャララ回答
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11143646191
==============引用開始
kaijin21_1さん 2015/3/2721:19:20
苗字≒名字ですが、本来「姓」は全く異なるものです。
明治までは同一人が姓と苗字を両方持っていました。

苗字は近世に発生した語彙で、古代は氏族集団の氏と階級を表す姓(カバネ)が複合されて使用されていました。
平安時代末期あたりから、貴族は居住地などの称号、武家は名田の名字などを称して、古代の氏は姓または氏と混称されるようになります。
近世に入ると源平藤橘などの氏は公式文書のみ使われ、日常は名字が一般的となり苗字と呼ばれるようになります。
明治以降の国民皆称の時代に入ると、氏は廃されて苗字が日常的な呼称となりました。
しかし、現代でも文部科学省では「名字」、法務省では「氏」を正式呼称としています。
==============引用終了
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード