【自虐ネタ──つまらんダジャレは嫌いだぁ137】

 下記の仲間。
【つまらんダジャレは嫌いだぁ!シリーズ】 お品書き
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1328602365&owner_id=5019671

 ちょっと事情があって自虐ネタについて書く。ダジャレではないけど、一応仲間扱いに。
 念のため、自虐ネタの意味は下記くらい。
http://www.weblio.jp/content/%E8%87%AA%E8%99%90%E3%83%8D%E3%82%BF
===========引用開始
自虐ネタ
AVOID_CROSSLINK読み方:/AVOID_CROSSLINKじぎゃくネタ

自身の短所や欠点などを笑いのネタとし、自分を貶めることで笑いを誘う芸風の通称。
===========引用終了

 ヒロシの自虐ネタは一世を風靡した。容姿、貧乏、モテなかった話あたりが定番かな。
https://www.google.co.jp/search?client=safari&rls=en&q=%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%AE%E8%87%AA%E8%99%90&ie=UTF-8&oe=UTF-8&gfe_rd=cr&ei=3QGjWPXUGLL98AfC2ZWoCg#q=%E3%83%92%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%80%80%E8%87%AA%E8%99%90

 で、むかーし作った自虐ネタ。
 会社の昼休み。
 若い女子何人かをまじえて雑談になった。当方も一応十分若かった。
 どういうきっかけだったか学生時代のフォークダンスの話になる。
「あれってさぁ。妙に手が汗ばんでいる男子がいるんだよね」
「いたいた。そういうのはだいたいキモいの」
「リアルで女子の手を握ったことがないから緊張していたんだろうね」
「そういうのと組むときは、指先しか触れないようにするのー」
「そうそう!」
 一同爆笑の中、頬がこわばらせていた当方が口を開く。
「そっ……そういうもんじゃないのか」
 呟くように言葉がもれる。「……俺、誰とでも指先だった……」

 厳密に言うとこれは自虐ネタではない。
 とっさに思いついた単なるネタでしかありません。当意即妙ってヤツなんだから(涙目)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード