FC2ブログ

【ちょっとシモネタ?】下ネタです。ご注意ください。 ──好きな下ネタ

 下記の仲間
【下ネタの保管庫】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-648.html

mixi日記2009年02月04日から

 ちょっと頭が回らない状態で、少し前に書いたものをupします。

 最初にお断わりします。
 下ネタです。
 ただ、ひと口に下ネタと言ってもいろいろあります。あまりにも露骨なのは嫌われて当然ですが、多少の下ネタはサラリと書いてしまえばそれほど敬遠されないことに、最近気づきました。
 もちろん、頭の固い人は嫌います。
 でも、知的で思考に柔軟性のあるかたなら、下ネタでも受け入れてくれることが多いそうです。決して、嫌悪したり、怒ったりはしないそうです。つまんなきゃつまんないで、笑って受け流してくれるそうです……。
 前置きや言い訳はいいから、さっさと書けよ。アーイ。ドキドキ。


 tobirisの好きな下ネタ。
 昔、ラジオで萩本欽一がやっていたネタが忘れられない(と、父が申しております)。テレビの「きんどこ」などで全盛(?)を迎える少し前のこと。視聴者からのハガキネタを読む番組で、基本的に下ネタのない番組だったので、妙に印象に残っている。

●お寿司屋さんにて
大将「へい、らっしゃい! なんにいたしやしょうか!」
客「なんでもいいから握ってくれぃ」
大将「わかりやした! 少々お待ちを!」
客「……なっ……何をするんだ!」

 この番組ではもうひとつ好きなヤツがあります。
「自分が何をやったかわかってるのか? 胸に手をあてて……よーく、揉んでみろ」
  
●伊東四朗親子のコント
 テレビで見たヤツでツボを突かれたのは、伊東四朗が息子と共演したコント。たしか、親子初共演だったと思う。大変申し訳ないことでございますが、下ネタではありません。羊頭狗肉。
 バカなことをしでかした息子に、伊東四朗が懇々と(キツネか)言い聞かせる。
「……本当になんてことをしてくれたんだ。お父さんは悲しいぞ。親を悲しませるような子に育てた覚えはない。いったいだれのおかげで、ここまで大きくなれたと思っているんだ。いったいだれのおかげで……だれのおかげで……だれのおかげでドンジャラホイ♪」

 簡潔で好きな下ネタ、というと真っ先に浮かんでくるのは以下のもの。最近ちょっとしたきっかけで思い出した。これは読んでいて噴いた。何で読んだかはほぼ見当がついているが、あえて確認はせずに書く。

●体操のお兄さん風に
「はーい、皆さーん。オナニーはどうやってしますかー!」
「ユビデバビデブー!」
スポンサーサイト



テーマ : お笑い
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード