fc2ブログ

こんなとこにも弊害が(笑)

 下記の仲間です。
【出版とネットを巡るあれこれ】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-468.html

mixi日記2009年12月07日から


【ネタ元】毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000038-mai-soci
================================
<国会図書館>パンク寸前…新刊急増、本のサイズも大型化
12月7日15時1分配信 毎日新聞

(キャプション)
出版社から納入された本の山。この日も寄贈分を含めて約900冊が届いた=東京都千代田区永田町1で2009年11月、合田月美撮影

 国内で出版されるすべての本を保管している国立国会図書館(東京都千代田区)の収容スペースが限界に近づいている。出版点数の激増とサイズの大きな本が増える傾向にあることやCD・DVDの保管も原因で、「あと2~3年持つかどうか」(担当者)という。書庫の増設計画はあるが完成には5年以上かかる見通しで、一部の保管点数を2冊から1冊に減らしたほか、閲覧を一部中止し、箱詰めして保存する「書架外配置」の検討も始めている。【合田月美】

【設立当時の国会図書館】1961(昭和36)年11月1日 国立国会図書館が開館

 同図書館は、国立国会図書館法で国内で発行されたすべての出版物を収集・保存することが義務付けられており、ほぼ毎日、全国から大量の本や新聞、雑誌が届く。蔵書は08年度末時点で、書籍929万冊を含む約3565万点に上る。08年度の来館者数は約65万人だった。

 68年に完成した本館(1冊の厚さを3センチとして収容能力約450万冊)に加え、86年に新館(同約750万冊)、02年に関西館(京都府精華町・同約600万冊)と国際子ども図書館(台東区・同約40万冊)が開館。それまでの実績をもとに、国立国会図書館では4館合わせて少なくとも2017年までは収容可能と想定していた。

 ところが、出版点数は想定を超えて増加。同図書館によると、90年に6万183冊だった民間からの納入点数は00年に8万9352冊、08年には11万1442冊と18年でほぼ倍増した。「出版業界は自転車操業。売れ残った返本分を新刊を出して補っているのが現状。売れなければ売れないほど新しい本が出る」(業界関係者)という事情がある。

 また、全般的に本のサイズが大きくなっていることも要因の一つだ。93年度から行政文書がA4判(縦297ミリ、横210ミリ)に統一された影響で、官庁から出される年鑑や報告書などが徐々にA4に拡大。「それに伴って一般の本や雑誌も着実に大きくなっている」(担当者)といい、同図書館は数年前から開館以来7段だった書架を5段に組み替えて収容している。

 さらに、同法改正で01年度から収集を開始したCDやDVDなどの音楽・映像資料が当初から倍増していることも一因だ。

 同図書館は、2冊ずつそろえていた一部の本を1冊にしたり、大きな本は横にするなどしているが、「少しでもいい状態で多くの資料を保存できるよう、数センチの単位で努力しているが焼け石に水。増え続ける本のスピードに追い付かない」(大塚奈奈絵・図書課長)と困惑している。
================================

 タイトルに(笑)とかつけたのは不謹慎かな。
 でもこの状況は笑うしかない。
 18年でほぼ倍増。でも売り上げはほとんどかわらない。利益はどうなってんだろね。
 過去のmixi日記だと、下記あたりか。

【2008年3月の朝日新聞から】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=762037061&owner_id=5019671
【出版不況、Amazonは独り勝ち】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1153041284&owner_id=5019671

 新刊点数の急増は国会図書館にも影響を与えてるのね。
 昔、知り合いとしたヨタ話。
 たしか出版社は刊行本の寄贈を求められる。それを拒むと定価の何割とかで買ってもらえる(違ったかな)。
 ってことはだ。定価2億円の本をつくれば……。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード