fc2ブログ

【つまらんダジャレは嫌いだぁ!61──「大きな」と「大きい」の違い】

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306

ttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1354427241&owner_id=5019671

mixi日記2010年01月21日から


 下記の仲間でもある。
【つまらんダジャレは嫌いだぁ!シリーズ】 お品書き
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1328602365&owner_id=5019671
 ちなみに前回のキーワードは「ウ●●食う」でした。

「みなさ~ん、今日は反対の言葉の勉強をします。〈大きな木〉の反対の言葉がわかる人。ハイ、tobiクン」
「はい、センセー。〈大きくない木〉です」
「それも反対の言葉ですね。ほかに〈ナントカでない〉を使わない言葉を考えましょう」
「センセー、便秘ですか?」
「イラッ。tobiクン、ふざけてないでまじめに考えましょうね。いまそんなことは関係ありません」
「はい、センセー。〈フツーの木〉でどうよ」
「ピキッ。tobiクン、ちょっとこちらにいらっしゃい。〈大きな木〉の反対の言葉になる〈ナントカな木〉ですよ」
「……じゃあ、大きな茸」
「それは木じゃないだろ! 〈ナントカな木〉だって言ってるだろうが、クソガキ!」
「痛い痛い、tobiクンの〈大きくない茸〉をイジめないで。シクシク」
 ……それは〈男泣き〉?


 えーと、今回のテーマは「大きな」と「大きい」の違い。
 最近参加したコミュの過去のトピでおもしろいテーマを見つけた。
【「大きいかぶ」と「大きいなかぶ」】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=26354322&comm_id=1585030

「大きな」と「大きい」はどう違うか。これは昔から疑問だった。イチバンの違いは「大きな」は連体詞で「大きい」は形容詞。意味はほぼ同じ。ただし、「大きな」が洗練された言葉で、「大きい」は子供っぽい言葉、ってイメージがあった。
「1」でリンクが張ってあるサイトは興味深い。
http://kite.meikai.ac.jp/japanese/meikainihongo/7/sasaki.pdf

 この論文によると、基本的には「大きな」と「大きい」には互換性があるが、微妙に違う点もある。ポイントを箇条書きにしてみる

1)「大きい」しか使えない例
「大きいのしかない」(小銭がないとき)
「大きいお兄さん」(最年長の兄の意味)
※tobiメモ 「最年長」だろうか。単に「年長」だと思う。「大きいお兄さん」の上に、ずーっと年の離れた「別格のお兄さん」がいてもおかしくはない。

2)「大きな」しか使えない例
 主として慣用句。
「おっきなこと」「大きな顔(をする)」「大きな口(をたたく)」「大きなお世話」
※tobiメモ なぜ「大きなこと」だけ「おっきな」になっているのかは不明。さらに、「おっきなこと」だけは「大きい」にできるらしい。全部、「大きな」が自然だと思うけど、「お世話」以外は「大きい」が間違いと断言する自信がない。

3)「小さな」と「小さい」の違い
「小さな胸」(かわいらしい胸)
「小さい胸」(形態の大きくない胸)
>「ちいさな胸」というと、胸の形態が小さいのみならず、愛らしい心というニュアンスを含むことが往々にしてある。
※tobiメモ 知らん。 

 コメントの「3」に〈「大きな」の品詞は、連体詞とする見方と、連体形しかないナ形容詞とする見方とがあるようです。(辞書によって違ったりします。)〉とある。
 ちょっと調べてみた。

ネット辞書『大辞泉』
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=027541021701000
================================
[形動]《形容動詞「おおきなり」の連体形「おおきなる」の音変化》
◆「声の大きな人」のように、述語としても用いられるので、形容動詞と認められる。連体形だけが用いられる。
================================

ネット辞書『大辞林』
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%AA&dtype=0&stype=1&dname=0ss
================================
(形動)
〔補説〕 形容動詞「おおき(なり)」の連体形から。現代語では連体形「おおきな」の形だけが用いられる
〔補説〕 「おおきな」を連体詞とする説もあるが、この語は「耳の大きな人」などのように、述語としてのはたらきをもっている点が、一般の連体詞とは異なっている
================================

 手元の『広辞林』には連体詞しかのっていない。
 Wikipediaだと、「大きな」「小さな」「おかしな」は連体詞。こうなってくると、当方が口を挟めるような問題ではない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E4%BD%93%E8%A9%9E

 ただ、基本的には「大きな」の類いを使うのが無難だと思う。
「大きいのしかない」「大きいお兄さん」は、子供っぽさが感じられる用法なので「大きい」のほうが自然なのかもしれない。ただし、「大きなのしかない」「大きなお兄さん」はダメと断言する勇気もない。

 実はつい最近読んだ小説に「小さい」が出てきた。これはなぜか「小さな」にはしにくい気がした。どうなんだろう。

  尚子の小さいときは、もっと荒々しい急流だった。
  『おとこ坂 おんな坂』(阿刀田高)

【追記】
「小さいとき」は「小さなとき」にしにくい。松任谷由実(「荒井」じゃないんだ)の『やさしさに包まれたなら』の冒頭の「小さい頃」も同様の気がする。単に慣れの問題?
http://www.evesta.jp/lyric/artists/a3091/lyrics/l25227.html
スポンサーサイト



テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

>「小さい頃」も同様の気がする。単に慣れの問題?
かの有名な子守歌の歌い出しは「ちっちゃな頃」ですが、特に違和感はありませんね。

ちょっと本題から外れます。
「白」「黒」「赤」「青」「黄色」など、色について形容する場合、「_い」は使いますが、「_な」は使いません。
しかし、色の純度がより高い状態、すなわち「真っ白」「真っ黒」「真っ赤」「真っ青」「真っ黄色」となれば、「_な」を使います。
さらに言えば、「真っ白い」「真っ黒い」とは言いますが、「真っ赤い」「真っ青い」とは(フツーは)言いません。
まぁ、あんまり深く追究する気はありませんけど、この辺もちょっと気になったりします。

そういえば、うちの倅は小さい頃、緑色であることを「緑い」と言っていました。
メジャーな色なのに形容詞形がないのは、元々は「青」と区別しなかったから…なんでしょうかね。

きくちゃん

> かの有名な子守歌の歌い出しは「ちっちゃな頃」ですが、特に違和感はありませんね。
 わからなかった。なめらかでないヤツですね。「ちっちゃな」を「ちっちゃい」すると、やはり幼児語っぽい感じになりますね。

> ちょっと本題から外れます。
 ちょっとじゃない(泣)。
 そういう問題を訊くのにいいコミュがあるんですけどね。やっぱりmixiに入りません?
 ●●にちょうどいいですよ。

> メジャーな色なのに形容詞形がないのは、元々は「青」と区別しなかったから…なんでしょうかね。
 そのとおりだと思います。以前コミュに書いた話を探してきました。(431~433)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=33321758&comm_id=8873&page=all

================================
431 2009年07月23日 11:29
tobirisu

「青」の付く言葉の話

 ってことで【青馬】の話。
 けっして【青色】(複合語はいくつか出ていますが、これも未出のようです)の馬ではありません。

1 濃い青みを帯びた黒馬。青毛の馬。また、淡青色や淡灰色の馬。あおごま。
(ネット辞書『大辞泉』) 
 
 o( ̄ー ̄;)ゞううむ
 【青毛】も未出か。もしかすると【青駒】なんて言葉もあるのかも……。
 塩原太助の愛馬の「あお」もこのタイプでしょう。あれ? 実在の人物は塩原太助で、落語は『塩原多助一代記』なんですかね。
http://ginjo.fc2web.com/114siobaratasuke/siobaratasuke.htm

 日本には色の種類が少なかったという説を聞いたことがあります(「日本の伝統色」を調べるとかなり多彩ですが、その話はおいておきます)。
 寒色系を「あお」と総称し、暖色系を「あか」と総称したとか。
 さすがに乱暴でしょう。

 ただし、緑を「あお」と呼んでいた可能性はあると思います(天津木村か?)
「青葉」(どう見ても「青」くないぞ)なんて言葉は、そういう習慣によるものでは?
 そう考えると、信号の緑を「青」と呼ぶのも由緒正しい発想なのかもしれません。


4322009年07月24日 19:16
Oさん

交通信号については国際ルールがあって、本来使える色は「赤・黄・緑」なんだそうです。
http://www.otona-magic.net/zatugaku/100039.html
日本では赤緑色盲への配慮やLEDの進歩で最近は青っぽくなってます。

>>ただし、緑を「あお」と呼んでいた可能性はあると思います(天津木村か?)

天津木村ではありませんが、私もあると思います。青虫、青葉、青物、青山、青豆、青刈り、青草、青のり、青田……どれも「ブルー」じゃなくて「グリーン」ですから。

 赤緑色盲を口実にしていますが、信号が「緑」から「青」にシフトしてきたのは、こういった日本人の言語感覚(基本色で世界を表現したい欲望)に警察の方が合わせてきているのかもしれない、と私は考えてます(妄想レベルですけれど)。


433 2009年07月28日 23:31
tobirisu
>432
>Oさん

>天津木村ではありませんが、私もあると思います。青虫、青葉、青物、青山、青豆、青刈り、青草、青のり、青田……どれも「ブルー」じゃなくて「グリーン」ですから。

 ずいぶんありますねー。
 あと気になったのはひげ剃りあとなどに用いられる【青々とした】。あれは何色なんでしょう。

 ネタをもうひとつ。
【青】
「チンミャオ」と呼ぶそうです。説明しようとすると長くなりますが、無理に要約します……。
 中国でブランドリンゴの商標名として「青森」が申請された。これが却下されると、今度は「青」で商標登録しようとする会社が登場して……ずいぶん前に聞いた話なので、その後どうなったかはわかりません。
 商魂たくましいと申しましょうか、なんと申しましょうか。
http://chinese9.exblog.jp/7878053/
================================
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード