fc2ブログ

テレビ96/大丈夫かTBS

 下記の仲間。
【テレビ関係なんでもかんでも お品書き】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-780.html

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1328615584&owner_id=5019671

mixi日記2010年01月27日から

 直接的には下記の続き?
【大丈夫かFテレビ 5】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1178600585&owner_id=5019671

【ネタ元】の全文は下記に。
 この記事の書き方やタイトルに関してツッコミを入れる気はない。 

 最近、ちょっと事情があってお昼の時間帯はTBSのワイドショーを見ることが多い。
 江戸川区の児童死亡事件のことを扱っていた。
 個人的にこのテの社会的事件にはできるだけふれないようにしている。何かとんでもないことを書いてしまいそうで……。

 で、まず気になったこと。
 そもそもの通報をした歯科医師が顔を出さずにコメントをしていた。なんでも治療を受けにきた子供の様子がおかしく、たまたまTシャツがめくれたときにアザが見えた……。
 そこに気づいて区役所だかに通報したのは、立派な行為だと思う。でも、テレビのワイドショーの取材でそんなこと言っていいの?
 医師の守秘義務違反にはならない気がする。でもさ。たとえばどこかの奥さんが明らかに殴られて前歯を折られた状態で来院したら、そのこと黙っていられるのかな?
 個人的にはこんな口の軽い医師にはかかりたくない。一応顔も病院名も出していないから売名行為ではないだろうけど、謝礼くらいはもらってんだろうね。

 で、グチャグチャ話している間に、区役所の対応の話になる。一度両親から話を聞いたあと、反省しているようなので「しばらく様子を見る」ことになったらしい。この「しばらく」が槍玉にあがる。
「そんな曖昧なことだから悪い」
「1週間とか、明確に期限を区切らないといけない」(そういう問題か?)
 そんな話がとびかう中、麻木久仁子がスゴいことを言った(正確な記憶ではない)。たしか知性派で知られる彼女は『冬のソナタ』に関する失言でバッシング食らってなかったっけ。こりない人。
「そんなことをしている間に、たいてい殺されちゃうんだから」

【ネタ元】読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100127-OYT1T00782.htm
================================
「パパはいじめない」虐待死の海渡君、親かばう
(読売新聞 - 01月27日 14:32)

 東京・江戸川で小学1年の岡本海渡(かいと)君(7)が両親から暴行を受けて死亡した事件。警視庁は、傷害容疑で逮捕後、傷害致死容疑で送検した継父で電気工の健二容疑者(31)と実母で無職の千草容疑者(22)が、暴行を繰り返した疑いが強いとみている。

 近所の住民に「パパはいじめないよ」と話し、両親への気遣いを見せていた海渡君。それでも虐待のサインは何度も出ていた――。

 海渡君が搬送先の病院で息を引き取る2日前の今月22日午後、一家が暮らすアパートのすぐ裏手の工場に勤める男性(55)は、道端で、海渡君から「こんにちは」とあいさつされた。海渡君は、近くの区立松本小から下校する途中だった。

 「お父さんから、いじめられてないか?」。男性は海渡君が千草容疑者の連れ子だと知っていたため、虐待を受けていたことも知らずに声をかけた。「いじめられてません。悪いことをしたら怒られるけど」。はきはきとした返事に、男性は異変を感じなかった。

 海渡君が両親と暮らし始めたのは昨年4月。2か月前、飲食店で働いていた千草容疑者が、客の健二容疑者と結婚し、小学校入学を機に、千草容疑者の母の家から引き取られた。周囲の目には一家は「普通の親子」のように映り、健二容疑者の知人も「『子どもをかわいがろうと思う』と話していた」と振り返る。

 一家の様子が変わったのは昨年夏。近所の住民たちは、「ぶっ殺してやる」という大人の声と、「ギャー」という子どもの叫び声を何度も聞いていた。数軒先に住む男性はアパートの窓越しに、大人が子どもを床に落とす光景も目にした。

 区の「子ども家庭支援センター」も昨年9月、海渡君の胸や腹にアザがいくつもあるのを、診察中に見つけた歯科医から通報を受けていた。海渡君は医師に「パパはいつもぶつんだよ」と話したという。

 この事実は学校にも伝えられ、校長、副校長、担任の3人がアパートを訪ね、健二容疑者が「二度と殴らない」と話したため、報告を受けた同センターも都墨田児童相談所も「対応は不要」と判断していた。

 しかし翌10月、海渡君は11日間、12月も6日間欠席した。同じ頃、近所の路地裏に100点満点ばかりの海渡君のテストの束が捨てられているのを住民が見つけていた。

 1月に入っても始業式から20日まで登校していなかった。それでも学校側は「虐待がある」とは受け止めていなかった。

 26日まで開かれていた「区立幼稚園・小学校展覧会」に、海渡君が教科書の一節を鉛筆で写し、熊の写真をまねて挿絵にした作品が、優秀作として展示された。親熊と2匹の子熊の絵は、親熊だけが、目がつり上がっているように描かれていた。

 ◆相談所や学校の連携足りず◆

 児童虐待の初期対応を担う江戸川区の「子ども家庭支援センター」は今回、「学校側が状況を把握出来ている」との理由で両親に面会していなかった。墨田児童相談所にも文書で情報提供しただけで、同相談所も「センターが対応している」として、海渡君が学校を休みがちになる10月以降、状況を把握することはなかった。

 厚生労働省では「学校任せではなく、三者の密な連携が必要だった」として、児童相談所を運営する都道府県に対し、「虐待の情報提供後、原則48時間以内に子どもを目視する」「安全確保のための一時保護を辞さない」ことを求める通知を出した。
================================
スポンサーサイト



テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード