突然ですが問題です【日本語編258】──「でき」「できる」「できあがる」

 下記の仲間。
【突然ですが問題です お品書き〈6〉】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954591171&owner_id=5019671

 下記の仲間でもある。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【18】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955992054&owner_id=5019671

【問題】
 下記の「でき」を一般的な漢字表記にしなさい。
1)でき不でき
2)できが良い

3)できたて

4)でき過ぎ

5)橋ができる

6)橋ができあがる

2017年07月12日の朝日新聞から

http://www.asahi.com/articles/DA3S13031484.html
===========引用開始
(ことばの広場 校閲センターから)「コーヒーになります」

 「こちら、コーヒーになります」。飲食店で注文品を持って来た店員から、こんなふうに言われたことはありませんか?
 当欄には、「目の前に置かれた物がこれからコーヒーに変わるようだ」といった違和感を訴える読者の声が多く届きます。
 辞書を見ると、三省堂国語辞典は動詞「なる」の「あたる。相当する」の意味の使用例に「コーヒーになります」を挙げています。一方、岩波国語辞典は「1980年ごろから広まった俗用」とし、明鏡国語辞典は「きつねうどんを注文した客にきつねうどんを出すような、他の可能性が考えにくい場合には不自然になる」と説明します。
 岐阜大学の洞澤伸(ほらさわしん)教授(言語学)はこうした言い回しを「バイト敬語」と呼びます。「コンビニ敬語」「ファミレス敬語」とも言われますが、主にアルバイトの若者たちが接客業全般で使っているからだそうです。
 「です」と断定するのは強すぎ、「ございます」だとかしこまりすぎと感じるのでその間を狙っている、と分析します。
 「レシートのほうはよろしかったでしょうか」「千円からお預かりします」という表現も同類です。店の指導ではなく「先輩や仲間が使っている」「よく耳にする」から使うとのこと。業務が無難にこなせる便利な表現と考えられているようです。
 「……のほう」「千円から」は、国語に関する世論調査(文化庁)で96年度から3回取り上げられ、「気になる」と答えた人の割合が増え続けています。最新の2013年度ではそれぞれ6割超、5割超に。ロイヤルホストは03年から一定期間、バイト敬語を「禁止語」として店内に掲示していました。
 ただ、テレビでは「テーマはこちらになります」、駅では「1番線に参りますのは東京行きとなります」とも聞くという読者の指摘もあります。世代や場所に限定されない新しい丁寧な表現として定着しつつあるのかもしれません。
 (板垣茂)

 ◇ことばに関して日頃お考えのことをお寄せ下さい。メールはkotoba-hiroba@asahi.comへ。

===========引用終了

 こんなとおりホニャララことしか書けないなら、わざわざ記事にする意味がないのでは。
 まぁ、三省堂国語辞典の記述を知ったのは収穫だけど。

 ちなみに「~になります」に関しては下記かな。
 こんなとおりいっぺんのことしか書けないなら、わざわざ記事にする意味がないのでは。
 まぁ、三省堂国語辞典の記述を知ったのは収穫だけど。

 ちなみに「~になります」に関しては下記かな。ずいぶん古いなぁ。
【バイト敬語/若者言葉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1818.html
190【「~になります」考】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-11855775056.html
 長い話なんで、まとめにあたり〈4〉の部分だけ引用する。諸般の事情もあるもんで(笑)。

 さらにちなみに、↑の紙面の一番大きな見出しは〈「バイト敬語」定着の兆しも〉。いったい何年前の記事なんだろう。「兆し」だと20年以上前じゃなかろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「~になります」についてのまとめ。
 過去のリンクを張るが、たどらなくていいように要点を抜粋していく。
 いろいろな資料を目にして、何がなんだかわからなくなっている。

●「変化を表わす」(本来の用法)
 まず「~になります」の本来の用法を確認しておく。
 本来の用法は「変化を表わす」もので、典型的なのは「あと5分で3時になります」のような形。これの仲間と考えられるものに以下のようなものがある。
  1)(会計時の)合計で○○円になります
  ※1品で「○○円になります」だと、下記の問題視されている用法になるらしい。
  2)この子は来月3歳になります
  ※(すでに3歳になっている子のことを)「この子は3歳になります」という用法もある(これはちょっと分けて考えるべきかも)。
「~になります」が目の敵にされた結果、こういうまともな用法まで妙な感じに聞こえる印象がある。そこまでいくと「言葉狩り」に近づく。

●料理を運んできて「~になります」
 これが一般に問題視されている例。
 ただ、メニューの表示が曖昧な場合はアリとする説もある。
 これに関しては、〈2〉にいただいたコメントのリンク先が詳しい。
http://www.surugadai.ac.jp/sogo/media/bulletin/Ronso31/Ronso31honda.pdf
================================引用開始
(2) a. こちらが若鶏のプロヴァンス風になります。
   (NHK アナウンス室ことば班(2005: 63))
  b. こちらが和風セットになります。
  (矢澤(2004: 31))
 (2a)については,「メニューで料理名を見ただけでは予想がつかない,不確定なもの を指して言う場合には,さほど違和感がないかもしれません」という観察(NHK アナ ウンス室ことば班(2005: 63-64))がある。
================================引用終了
 (2b)に関しては、〈3〉で詳しく引いた。
 むずかしく考えずに、(2a) と同様と考えておく。要は、「料理名だけではわからないでしょうがこういうものです」くらいの意味らしい。
 ただ、そんなことを言いだすと、わかるかわからないかは個人差があるので全メニューが「~になります」でもおかしくないってことになりかねない。
 ありふれたコーヒーに見えても、店主がとんでもないこだわりをもっている特殊なコーヒーなら、「(これが当店自慢の)コーヒーになります」もアリになる。
 そんな微妙な考え方をする必要があるのだろうか。
  まあ、「こんな粗末な(期待外れかもしれない)もので申し訳ない」という下手に出る意識から出た言い回しなら、大目に見るべきだろう。「この子は3歳にな ります」もこのニュアンスに近い。そういう殊勝な言葉づかいも、マニュアルどおりの言葉になると「とにかく下手に出ておけばいい」という感じになりやすい んだけど。

●「~になります」にひそむ心理1
「~になります」には責任転嫁のニュアンスがあるらしい。
「お届けは来月になります」ならフツーの言い方だろう。
「そんなに細かい注文をつけられると今月中の納品はむずかしく、来月になります」になると責任転嫁の気配が濃厚になる(「言い訳」とも言う)。
 これについてはいろいろな言い方がある。
・結果としてそうなったという客観性を強調し、行為者の主体性をぼかす(Wikipedia/↑〈1〉 )
・非人為的な推移(『問題な日本語』/↑〈3〉)
 多くの場合、使うほうはそういうことは考えていない。むしろ、先に書いたように(本来は)下手に出ている。しかし、受け取る側はそういう気配を微妙に感じて不快になることがある。「~になります」が嫌われる背景には、この意識があるんじゃないだろうか。

●「~になります」にひそむ心理2
「~になります」にかわる言い回しはいくつかあるが、一般的なのは「~です」と「~でございます」だろう。
 敬度で考えると、
「~です」<「~になります」<「~でございます」
 だろう。
 客商売だと「~です」が使いにくい気持ちはわかる気がする。それなら「~でございます」を使えばいいと思うが、これを嫌う人も多いらしい。
 理由は、〈2〉で教えてもらった論文だと〈「高級店であればまだしも,ファミレスやコンビニで使うには堅苦しすぎる」と感じる〉らしい。職業差別じゃないかな。
〈3〉で見た『問題な日本語』にいたっては、〈「ございます」が用いられなくなったことを受けて〉と決めつけている。根拠は見当たらない(泣)。使う人は使うと思うよ。
 もうひとつ、「お~になります」との混同って説も捨てきれない。このあたりは〈2〉に詳しく書いた。

●遠慮がちな結論
「~になります」は文法的には間違っていない。料理をもってきたときなどに使うのは相当ヘンだと思うが、何も言う気はない。接客業の慣用句と考えればいい。
 ただ、接客の基本を考えてほしい。これだけ「~になります」が問題視されてしまうと、たとえ正当化する論理があっても使うべきではない。よけいなトラブルの元だもん。「それはおかしい」と指摘する客を論破して何かいいことあるの?
 どこかで読んだ気がある人は記憶力を誇っていい。下記で書いた結論をベースにしている。
693)【バイト敬語の話──「よろしかったでしょうか?」考 3】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2303.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1819433261&owner_id=5019671
「~です」では敬度が足りないと思うなら「~でございます」でいいじゃない。それで「バカ丁寧すぎる」と言うクレーマーは相手にしなければいいだけ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〈「拝+させていただきます」は誤用〉ですか?

 下記に質問をした。質問日時:2015/01/30
【〈「拝+させていただきます」は誤用〉ですか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8908533.html

 Commentに対する返信が400字しか書けなくなったようだ。
 しかたがないのでこちらに書いてリンクを張る。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

No.3 hakobuluさんへの返信。

 Commentありがとうございます。

「例によって個人的、且つ独断的見解」で、「典拠になる文献」もないのですか。
 某所で〈「拝読させていただきました」は誤用です〉と断定されていたので、何か典拠になるものがあるのだと思っていました。残念です。

>「拝見させていただきます」の構造を考えれば、
>『「わたしが拝見する、という行為」を、「あなたがわたしにさせること」を「わたしはいただきます」』

 元々はそうだったのだと思います。
 でも、現在では「使役」のニュアンスは薄れているようです。下記では「使役」とは別にしています。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B-510769#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
させる[助動]

[助動][させ|させ|させる|させる|させれ|させろ(させよ・させい)]《古語の助動詞「さす」の下一段化したもの》動詞の上一段・下一段・カ変活用の未然形に付く。
1 使役の意を表す。「子供にすきなだけ食べさせる」
2 (「させていただく」「させてもらう」の形で)相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す。「今月限りで辞めさせていただきます」「答えさせてもらう」
(以下略)
==============引用終了

 当方もずーっと半信半疑の状態ですが、「誤用」とする典拠を示している例を見たことがありません。
 下記(平成10年頃の資料?)を見ると、「拝借させていただけません(でしょう)か
」が「非常に丁寧」で「非常に改まっている」になっています。「拝借させていただきたいんですけ(れ)ど 」などという例文もあります。
「拝借させていただきます」よりさらにクドいと思いますが、誤用ではないようです。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kakuki/21/tosin03/17.html#pagetop
  ↓リンク切れ
http://kokugo.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kakuki/21/tosin03/17.html

 それなのに、世間では「誤用説」のほうが優勢な気がします。
 どこかに有力な典拠があるのかもしれません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

No.4 hakobuluさんへの返信。

 前半部は見たことがない論理なので、当方には是非の判断ができません。

>「させる」が使役だからこそセットになれば謙譲の意味が付与可能になる、という構造は現在でも変わらないでしょう。
 そうなのかもしれません。これも見たことがない論理なので、当方には是非の判断ができません。とにかく『大辞泉』は別にしています。

 当方がわかりやすい説明と思っているもののひとつに、下記のベストアンサーがあります。
「見せて」(正確には「見させて」ではないかと……)「もらう」
 を敬語にしたものが「拝見させていただく」でしょう。
 このかたは、削除された質問では「拝見させていただく」は問題なしと断言していました。
【「部屋を使用させていただきます」】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1362602693

 後半の〈「拝借させていただきます」が間違い〉の理由も説得力があるのですが、これは下記の文化庁の見解と異なります。どちらが妥当なのか、当方には判断できません。

 ↑の文化庁の下記の資料は、ちょっとショックでした。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kakuki/21/tosin03/17.html#pagetop
 でもそういうことなんだと思います。これを否定すると、「敬語の指針」も否定することになりそうで、そんな無謀なことはできません。
「委員も総入れ替え」……そうなんですか?
「5年も経たないうちにこういう体たらく」……どういう意味でしょう。

『敬語再入門』には(当方が見る限りでも)「拝+させていただきます」に関する記述はありません。「させていただきます」に関しては相当詳しく書いていますが。
 菊地氏がどう言いそうなのかは、当方にはわかりません。
 ただ、「誤用」とは言わないでしょう。誤用にする理由がないので。
 クドいというのは「誤用」とは別の概念のようです。
よくある誤用35──敬語編5 二重敬語〈2〉
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n133591

 書き忘れていましたが、No.3の〈「お~いただく」という謙譲語1の一般形が大枠です。〉はちょっと違うと思います。詳しくは『敬語再入門』のP.88〜をご確認ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

No.5 hakobuluさんへの返信。

>(「させていただく」「させてもらう」の形で)となっていますので、「させる」自体の意味を分化させているわけではないと思いますけどね。
 そうかもしれません。
 当方は「使役」とは別物だと考えています。
 以前、同じように品詞分類して「使役」がウンヌン主張する人がいました。当方が『大辞泉』の記述を引用したら、かなり不本意そうでしたが、納得してくれました。『広辞苑』にも同様の記述があることを確認したそうです。いくら不本意でも納得するしかなかったのでしょう。

>この方の論理だと、「拝見→見る→人の物を見させてもらう」という重複になるので「拝見させていただきます」は間違い、ということになります。
 そうかもしれません。
 当方はならないと思います。すでに書いたとおり、〈削除された質問では「拝見させていただく」は問題なしと断言していました〉。非常に説得力を感じるCommentでした。「主観」であってもこれくらい説得力があれば納得できます。
 しかもあのかたは、「主観」以上の根拠をお持ちのようです。
 疑問がございましたら直接ご本人にお訊きください。

>これは、かなり大雑把な内容ですよね。
 そうかもしれません。
 当方は、文化庁が「拝借させていただきたいんですけ(れ)ど 」を認めている貴重な資料だと考えています。
 疑問がございましたら文化庁にお問い合わせください。

 当方は典拠になりそうなものを3つあげました。
1)『大辞泉』
2)説得力のある(主観による)Comment
3)文化庁の資料

 それに対して〈例によって個人的、且つ独断的見解で、「典拠になる文献」〉もない意見を繰り返されるなら、これ以上Commentしても意味がないようです。


>しかし、誤用か否かと聞かれれば、明確に誤用である、と断言します。
 典拠も示さず断言されても……。

>「お書きに(なって)」の部分は尊敬語・・・というのは、著者も断わっているように「理詰めで言えば・・・」です。
 そうお考えなら、それでよろしいかと。重要なのはその前の部分では。「お」のつかない「書いていただく」でも尊敬語ですよね。
※いけね。「尊敬語」ではなく、「謙譲語(I)」だ。

>わたしの記述と何ら矛盾する点はないと思います。
 そうお考えなら、それでよろしいかと。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

No.7 OKATさんへの返信。

 Commentありがとうございます。
 ご無沙汰しております。
  
 現代語の「させていただく」は使役のニュアンスを失っていると思います。
 仮に失っていなかったとしても、大きな問題ではありません。
 どちらで考えてもそこは問題にならないはずなので。

>これらがokで「拝見させていただきます」が納得出来なければ、それは二重敬語になるというだけでしょう。
 世間に流布している「誤用説」は、まさに「二重敬語」と解釈しているようです。
 これは「二重敬語」ではなく「敬語連結」なので、「誤用」ではないはずです。クドい表現なので当方はよほどことがないと使わないと思いますが、言葉の丁寧な人なら使うのでは。

 二重敬語に関しては、「敬語の指針」を確認するのがわかりやすいでしょう。
【よくある誤用34──敬語編4 二重敬語 】 
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n133372

●「二重敬語」の定義/許容されている二重敬語
「敬語の指針」p.30から=====引用開始
(2)「二重敬語」とその適否
 一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」という。例えば,「お読みになられる」は,「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で,更に尊敬語の「......れる」を加えたもので,二重敬語である。
 「二重敬語」は,一般に適切ではないとされている。ただし,語によっては,習慣として定着しているものもある。
【習慣として定着している二重敬語の例】
・(尊敬語)お召し上がりになる,お見えになる
・(謙譲語I)お伺いする,お伺いいたす,お伺い申し上げる
================引用終了

●「二重敬語」と間違えられやすい「敬語連結」
「敬語の指針」p.30から=====引用開始
(3)「敬語連結」とその適否
 二つ(以上)の語をそれぞれ敬語にして,接続助詞「て」でつなげたものは,上で言う「二重敬語」ではない。このようなものを,ここでは「敬語連結」と呼ぶことにする。例えば,「お読みになっていらっしゃる」は,「読んでいる」の「読む」を「お読みになる」に,「いる」を「いらっしゃる」にしてつなげたものである。つまり,「読む」「いる」という二つの語をそれぞれ別々に敬語(この場合は尊敬語)にしてつなげたものなので,「二重敬語」には当たらず,「敬語連結」に当たる。
 「敬語連結」は,多少の冗長感が生じる場合もあるが,個々の敬語の使い方が適切であり,かつ敬語同士の結び付きに意味的な不合理がない限りは,基本的に許容されるものである。
【許容される敬語連結の例】
・お読みになっていらっしゃる
(上述。「読んでいる」の「読む」「いる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたもの。)
・お読みになってくださる
(「読んでくれる」の「読む」「くれる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたもの。)
・お読みになっていただく
(「読んでもらう」の「読む」を尊敬語に,「もらう」を謙譲語Iにしたもの。尊敬語と謙譲語Iの連結であるが,立てる対象が一致しているので,意味的に不合理はなく,許容される。)
・御案内してさしあげる(「案内してあげる」の「案内する」「あげる」をそれぞれ別々に謙譲語Iにしたもの。)
================引用終了

■■■■■■■■■■■■■

「拝見させていただく」は
「見せてもらう」の「見せて」「もらう」をそれぞれ別々に謙譲語にしたものでしょう。
 正確には「見せて」ではなく「見させて」だと思いますが、大差はありません。文末が丁寧語の「ます」になっても事情はかわりません。

 これがなぜ二重敬語扱いされるのか、当方にはサッパリわかりません。
 実際に「拝見させていただく」をどういうときに使うのか……というのはややメンドーな話になります。
 下記あたりですかね。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2270.html
【補足4】
「拝見させていただきます」が自然になる文脈を無理矢理考えてみる。
 
 リンク先に書いた車掌の使用例ならさほどおかしくないだろう。
================================
■世界の車掌から
 小見出しは単なるダジャレなんで、深く考えないように。(←オイ!)
「拝見させていただく」はどんな場面で使うか。
 真っ先に浮かんだのは、長距離列車の検札。車掌が乗客に向かって声をかける。現実には「お願いします」くらいで十分通じるだろうが……。
「切符を拝見させていただきます」
「切符を拝見させていただけますか」だともっと丁寧。
 これは、個人的には許容範囲。このへんが敬語のむずかしいところ。客という立場になると急にインネンをつける人がいるから、クドい表現だろうが二重敬語だろうが、とにかく下手に出ておいたほうが無難って気がしないでもない。
「拝見いたします」でもおかしくはないけど、これは厳密に言うと、お願いの形になっていない。
「拝見させてください」だともっと微妙になる。「~ください」を丁寧語だとしても、謙譲語+丁寧語だから二重敬語ではない。でも、印象としては、二重敬語っぽい。もしかすると「拝見させていただく」以上に二重敬語っぽいかも。さらに、「~ください」は命令口調って話も出てくる。
278)【「ください」は命令口調なのか?】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1459.html
 
 そういうモロモロのことを考えると、「切符を拝見させていただけますか」でいい気がする。
 これが「切符を拝見させていただきます」とどう違うかはまた微妙な問題で、やはり「(形式だけでも)相手の都合を確認するべき」なんだろう。
================================

 もちろん、業務としてやっているのだから、ここまでへりくだる必要はないと言えばない。でも相手がVIPだとしたら? たとえば新幹線に国会議員が乗っていて、「規則なので念のため……」なら、「切符を拝見させていただきます/切符を拝見させていただけますか」でおかしくないだろう。国会議員なら「無料パス」かな。
 あるいは、特別なはからいで門外不出の国宝級の骨董品を見せてもらうとき。「拝見させていただきます」が自然な気がする。逆に言うなら、そのくらいの場面でないと使う必要はないと思う。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【追記】
【「拝読させて頂きました」という言い方はヘンではないですか?】(2014/3/1)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12121770092
 itoshii_itoshii_yanさん(hakobuluさんのYahoo!知恵袋でのHN)は「拝読させて頂きました」を「間違った表現ではない」としている。

【敬語について、教えてください。】(2015/1/28)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11141244651/
 itoshii_itoshii_yanさんは〈「読ませていただきました」でも良いですが、「拝読させていただきました」は誤用です。〉と断定している。この間に何があったのだろう。

 肯定するにしても否定するにしても、典拠はないらしい。そうなると第三者は何も言えない。


 【追記】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9112538.html
===========引用開始
2015/11/18

原文の「見せる」が持つ使役性を尊重すれば、
「近日中にぜひ拝見させていただきたい」
「近日中にぜひ、お見せいただきたい」
のようになると思います。
===========引用終了
「拝見させていただきます」は「誤用」だけど、「近日中にぜひ拝見させていただきたい」ならOKらしい。なんで?
 ご自身の勘違いに気づいたのかもしれない。
 コメントのたびに主張がかわるのなら……。

突然ですが問題です【日本語編255】──お仕事(  )お疲れさまです お仕事(  )頑張ってください

 アップし忘れていたようだ。
 mixi日記2017年01月28日から。

【突然ですが問題です お品書き〈5〉】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1930761341&owner_id=5019671

 下記の仲間でもある。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【17】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950899196&owner_id=5019671

================================
【問題】
 下記の空欄に適当な言葉を入れて自然な文にしなさい。できれば助詞にしてね。
1)お仕事(  )お疲れ様です
2)お仕事(  )頑張ってください
3)長きにわたるお務め(  )ご苦労様です
4)英語がダメだったから、国語(  )頑張る
================================

【解答?例】
1)お仕事(  )お疲れ様です 
 ヲ△ ニ△ デ△

2)お仕事(  )頑張ってください
 ヲ○ ニ○ デ△

3)長きにわたるお務め(  )ご苦労様です
 ヲ○ ニ△ デ○

4)英語がダメだったから、国語(  )頑張る
 ヲ○ ニ△ デ○


【よくわからない解説】
 詳しくは下記をご参照ください。
1684)【助詞の話 お仕事(  )お疲れさまです お仕事(  )頑張ってください】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12186665800.html

助詞の話──「ノ」と「ガ」 Yahoo!知恵袋

 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【5】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1669912728&owner_id=5019671

mixi日記2011年03月18日から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1691851574&owner_id=5019671

 テーマサイトは下記。
【ニュースのアナウンス「の」「が」?】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1157901266

 質問文を一部加工して転載する。
================================
今ニュースで、「市の用意したバス」とアナウンサーが言いました。
それでふと思ったんですけど、

「市の用意したバス」
「市が用意したバス」

この二つって、何がどう違うんですか?
================================

 とっくに書いたと思ったが、見つからない。書いてみよう。
 助詞の話はあまり踏み込みたくないのでサラリと書く。
 とりあえず辞書をひく。『大辞泉』の記述はわかりにくいので、『大辞林』にする。

■Web辞書(『大辞林』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%AE&dtype=0&dname=0ss&stype=1&index=115246000000&pagenum=1
================================

1 (格助)
[2]従属句の主格・対象語格を表す。
  ぼく―読んだ本
  お酒―飲みたい人
  折節―移りかはるこそ、ものごとに哀なれ〔出典: 徒然 19〕
================================

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8C&dtype=0&dname=0ss&stype=1&index=102907300000&pagenum=1
================================

1 (格助)
体言および体言に相当するものに付く。
[1]主格を表す。古語では従属節の主格表現にのみ使用されたが、中世の頃より用法が広まり、一般に主格を表すのに用いられるようになる。
  ぼく―やります
  花―美しい
  先生―書いた本
  兼行―書ける扉〔出典: 徒然 25〕
================================

 表現は微妙に違うけど「主格を表わす」ってことでいいだろう。
 意味も用法もほぼ同じ。ニュアンスの微妙な違いを指摘する人もいるが、無視していいと思う。
 ただ、まったく同じというわけではない。微妙な違いを見ていく。古文と現代文で微妙に違うが、基本的に現代文に限定する。
 
1)単純な文だと「ノ」は使いにくい
 ↑の例文を見ればわかる。「ノ」の例文は「ガ」にもできるが、逆はできないものがある(単純な所有を表わす「僕ノ本」などは別の話)。
  1)-1 ぼく〈ノ/ガ〉読んだ本
  1)-2 お酒〈ノ/ガ〉飲みたい人
  1)-3 ぼく〈ガ/X〉やります
  1)-4 花〈ガ/X〉美しい
  1)-5 先生〈ガ/ノ〉書いた本

 ところが、1)-3や1)-4も、もう少し言葉を加えると自然になる。
  1)-3 ぼく〈ガ/ノ〉やった仕事
  1)-4 花〈ガ/ノ〉美しい地方

 理由を説明すると大変なことになる。「こういうものだ」と考えるほうがいい。

2)前後の助詞によって使い分けるべき
 意味も用法もほぼ同じだから、都合のいいほうを使えばいい。とくに前後の同様の助詞がある場合は、重複を避けるほうが自然な文になる(重複しても間違いではないが、わかりにくくなる)。
  2)-1 これがぼくノ読んだ本です○    これがぼくガ読んだ本です△
  2)-2 このお酒ノ飲みたい人いますか△  このお酒ガ飲みたい人いますか○

 下記の場合はどうするか。
  このお酒〈ノ/ガ〉飲みたい人がいる
 この場合はどちらでもいいと思うが、当方なら「ヲ」にする。

 以下は本題を離れたヨタ話になると思う。

3)「ノ」が目立つ文では「ガ」を使うほうがいい
「ガ」が連続する文が不自然なことはすぐにわかるが、「ノ」は目立たないせいか、連続して使われることが多い。「ガ」にできるものはしたほうがいい。単なる経験則で根拠はないが、「ノ」の連続は2回までにするほうが無難。3回になると異和感が生じる。
  3)-2 この新潟のお酒ノ飲みたい人いますかX
     この新潟のお酒ガ飲みたい人いますか○

4)個人的には原則的に「ガ」を使う
 個人的には、前後の助詞の制約がないなら「ガ」を使うようにしている。
 とくに「お酒〈ノ/ガ〉飲みたい人」の場合なら、「ガ」を使う。
 これは「ガ」と「ヲ」の使い分けに近いものがある。
195【「ガ」か「ヲ」か──「本ガ読める」か「本ヲ読める」か】2010年05月07日
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1205.html

5)話し言葉だと「ノ」を使うことも
 4)と矛盾するようだが、話し言葉だと「ノ」を優先させることがある。「ガ」はどうしても音が汚い印象がある。言葉として強い印象もある。
 本題に戻って、アナウンサーが「ノ」を使ったのも、これと同じような意識が働いたのかもしれない。

6)所有を表わす「ノ」と「ガ」
 これは本題とはまったく関係がないので、また今度(笑)。


 この現象は「ガノ交替」で、かの三上章が命名したものらしい。
 そこまではわかったが、ネット検索しても本格的な論文しか出てこない。何が書いてあるかわかんないよー。
プロフィール

tobi

Author:tobi
フリーランスの編集者兼ライターです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード